データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【2010年11月】の日付ページです。パソコンなどに保管していたファイルの喪失。そんな時にこそデータ復旧。
ハードディスク・PC機材などの保存機器の復元、復活についての詳細を解説しています。
また他のコンピューター製品やシステムの修復、トラブル解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。
デスクトップの表示が消えた時に復活させるには?
デスクトップ(desktop)とは『机の上』を意味し、コンピューター上ではMicrosoftの
WindowsやApple社のMac OSをパソコンやサーバーで開いた時にあらゆる
アプリケーションソフトウェアやシステムを操作して使っていく時の入口(ENTER)となる画面です。

基本的に左上詰めでソフトのアイコンやフォルダが列になって表示され、
また下のタスクバーや、スタートメニューにも主なアイコンが出ています。

デスクトップに表示されているアイコンはいつでもマウスで好きな位置に移動したり、
右クリックで削除することが出来ます。

プログラムの追加と削除』でソフトウェアをいアンインストールすると、
ショートカットのアイコンも自動的に消去されます。

しかし間違えてまだ使うソフトのアイコンをデスクトップから消してしまった時は、
まだごみ箱ツールに入っているので元の場所にすぐ戻しましょう。

またはマイコンピュータのProgram Filesからそのツールのフォルダに移動し、同じ形のマークを
見つけて右クリックで送る⇒デスクトップ(ショートカットの作成)と指示すれば再び表示されます。

なお、『WINDOWS』のフォルダはCドライブ:Documents and Settings
ユーザー名のフォルダに格納されています。
コンピューター修理 | デスクトップ改造
メールの文字化けを修復するには?
電子メール(electronic mail、略称:Eメール)はネットワークを使用して
デスクトップパソコンやノートパソコン、メールサーバーといった電子機器から
端末同士でのメッセージのテキストや添付ファイルを送受信するシステムです。

インターネット回線や無線LANでの電波が届いていればすぐに相手からの
メールを受信したり、逆に送信する事ができまして、
また仮に電波が一時的に届かなくても、後に復活したに自動的に受信されます。

電子メールシステム(electronic mail system:EMS)は
Outlook Express(アウトルック・エクスプレス)やThunderbird(サンダーバード)、
Windows Liveメール(ウィンドウズライブメール)といった専用メールソフトウェアによる
転送、またははじめから搭載された機能により、通信システムで配送されます。

しかし、たまに電子メールのソフトウェアや搭載されたMAILプログラムが
テキストや拡張子に一部が対応されていなかったり相性が悪いと、
日本語が変になったリ、不可解な文字で表示される「文字化け」が出る事があります。
電子メールの復活 | メールトラブルの簡単解決法
不安定な動作状態からデータを復旧する工程
パソコンのOS動作や、キーボード・マウスポインタの操作が不安定になり、
コンピューターがいつもどおりに機能せずに、ファイルを開けなくなったり
別の保存メディアに保管ができない、という場合について。

例えばWindowsを立ち上げても、すぐにフリーズしたり再起動されてしまう場合、
長時間の正常な起動ができずに、Cドライブ全体のフルバックアップデータを
外付けHDDに保存できない不安定な状態になるトラブルもよく起こりえます。

オペレーティングシステムの調子が非常に悪い時は、まず一時的にでもその状態を直して、
正常に動くうちにバックアップを取るように各種専用プログラムの工程を試してみましょう。

システム回復オプションの実行


まずUSBケーブルやLANケーブル、スピーカーなどは全部外して
キーボード、マウス、モニタだけ取り付けて、パソコンを起動します。

BIOS画面が表示されたら、次にF8キー(またはF1キー等)を数回押して
「拡張オプションメニュー」を開き、セーフモードから起動するか、
前回正常起動時の構成でOSを開いてみましょう。

それでもなお動作状態が不安定である時は、PCに同梱されたWindows起動ディスクを挿入して、
システム回復オプションの「スタートアップ修復ツール」や、「システムの復元」「上書きインストール」
といったOS復旧プログラムをマニュアル手順の工程に沿って使用してみましょう。
データ復旧とは? | 不具合
パワーポイントのファイルが開けない状態を修復するには?
Microsoft Office PowerPoint(パワーポイント)とは
ExcelやWord、Accessと同じく、米国:Microsoft社より開発・販売されている
プレゼンテーション作成のためのオフィス・スイートです。

主な製品のバージョン


・Microsoft Office PowerPoint2010 (DVD-ROM)
・Microsoft Office PowerPoint2007 アカデミック版 (CD-ROM版)
・Microsoft Office Professional Academic 2010 (DVD-ROM版)

用途はプレゼンテーション(Presentation)をコンピューター上で作成する事で、
.pptという拡張子でファイルを作り、展開・保存します。

この.pttをPowerPointで開く時、稀に【[ファイル名] を読み込めません。】といった
エラーメッセージのバルーンが表示されて開けない場合があります。

アイテムなどを作成する際に一時的な機能上でのエラーが発生したり、
パソコンのオペレーティングシステムの関係でたまたま問題が出ている場合なら
一回PowerPointのウィンドウやOSのシステムを再起動して開き直すか、
別のパソコンにインストールしたパワーポイントで開くことも大体できます。

しかし「上記のファイル名が壊れているため読み込めない」、という
警告文が出た場合は拡張子そのものが破損しているために開かない可能性が高いです。

まず、ファイル名が不自然な文字に変わっていたり、アイコンマークの表示にエラーマークが付いて
おかしくなっている、または容量サイズが0バイトになっている、などの普段と違う状態に
なっていないかどうかをプロパティ表示画面で確認してみましょう。

PowerPointのバージョンをアップした後で急に開けなくなった場合は、
もう一度前のバージョンにダウングレードしてみるか、
もしくは修正プログラムのパッチを付けて修復してみましょう。
Excel・Word Office | PowerPoint/パワーポイント
Xperia(エクスペリア)のデータを復元するには?
Xperia TM【エクスペリア】とはNTTドコモのスマートフォン(多機能型携帯電話)で
ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズにより開発された機種です。
搭載されているOSはXPERIA X1が「Windows Mobile 6.1」で、
Xperia X10 Mini Proが「Android 1.6」(アンドロイド)など。

アップル社(Apple)のiPhoneと同じくミュージックや動画を視聴できたり、
写真画像の撮影やインターネットのコミュニケーションなど多くの機能が使えます。

NTT docomoのXpediaはスマートフォンであるため、普通の携帯電話で使えるサービスが
一部使えない、という場合もあるのですが、
Androidの機能が使用できたりと便利なものが多数備わっています。

しかし一方でモバイルパソコンと同じく、取り扱うデータの量も使えば使うほど、
通常のケータイ以上に蓄積されていくため、時には膨大なデーターを保存することにもなります。

そのため、いつかXperiaがシステムの不具合を起こして動かなくなったり、
製品の寿命や強い衝撃などの影響で壊れてしまう事態に備えて、
写真画像やEメール、住所録といった重要なデータのバックアップを時々、外付けハードディスクや
RAID、NAS、DVD-R、個人サーバなどの装置に、いつでも復旧できるように取っておくことも大切です。

電話番号の登録や住所、メールアドレスなどはメモ帳に書き写す事でも代用できますが、
デジタル上で一括で簡単にコピーするには、同梱されているmicroSDHCメモリカード(16GB)に
移してパソコンに移行して保存されておかれる事をお薦めします。
外部接続型周辺機器 | XPERIA
東芝HDDレコーダーRDシリーズのデータの復活はできる?
DVD/HDDレコーダーの製品で東芝の『RD』シリーズをお使いの際、
番組を録画していたら掃除中にコードが抜けたり停電でブレーカーが落ちて止まった、
といった衝撃や、誤った削除操作で録画したデータが消えたり故障した場合に、
後から復活させることはできる?という疑問について。

主なレコーダーの製品一覧

REGZA(レグザ):RD-Z300・RD-R200・RD-R100
VARDIA(ハイビジョンレコーダーヴァルディア):RD-X9・RD-S1004K・RD-S304K・RD-E1005K・RD-E305K

まず、レコーダーに搭載されたハードディスクドライブやDVDが故障していなければ、
まだ中身の保存したファイル自体は無事である可能性が高いです。

1テラバイト以上の大容量を用いて大量の録画を撮ることができるDVDレコーダーですが、
数年間使用しているとやはり内蔵のHDDが大分傷んできて老朽化し、
いつかは物理的に故障してしまいます。

そのため、HDD/DVDレコーダーを買ってからある程度の年月が過ぎて、
少しずつ機材にガタが出始めたら、念のために予備のハードディスクまたはDVD-RAMなどに
必要なファイルは全てバックアップをしていった方が良いです。

ですがバックアップを取っていなかった場合、それまでに録画したデータ
が全部壊れたハードディスクに残ったままであると、
HDDレコーダーからの読み込みがそのままでは出来なくなってしまいます。

また、いきなり操作を間違えてしまい、録画した番組リストを一括で削除してしまったり、
誤った初期化で消してしまうトラブルが出てしまうケースもありえます。

何かの操作か弾みで「ディスク保護」がかかっているかどうか、
クイックメニュー→ディスク管理→ディスク情報を開いて、確認されてみてください。

詳しくは製品の説明書を開くか、カスタマーセンターで聞いて、解除を実行します。

データが読み込みできなくなった場合は、「ネットdeナビ」でパソコンに直接接続して
ライブラリ機能に、消えた記録が残っているかどうか確認してみます。
ビデオカメラ動画の回復 | レコーダー
MP4ファイルの破損を修復するには?
MP4(エムピー・フォー)とは同じく動画や音声データを記録する
ファイルフォーマットの一つで、.mp4というファイル拡張子名で保存されます。

MPEG-4(エムペグ・フォー:ISO/IEC 14496)[Moving Picture Experts Group]という
動画フォーマットを用いて、ストリーミング配信や衛星、無線などでの使用を
目的としているほか、デジタルカメラのビデオ撮影機能で記録した
ムービーの保存ファイルなどでも使われています。


MP4プレーヤーの一覧


:動画も写真も見れる、ムービーも撮れるMP4プレーヤー『NX-M5』(エフアールシー)
:CREATIVE ZEN Style100 4GB ブラックZN-S14GB-BK(クリエイティブ・メディア)
:MPEG4/WMV/H.264/MP3/WMA/AAC/WAV対応デジタルメディアプレーヤー(ケンウッド)
:超薄型コンパクト 8GBポータブルミュージックプレーヤー MP3/MP4 SL5008
 (LYRA SLIDER DIGITAL MEDIA PLAYER)
:ポータブルAVプレーヤー スライド式5インチ大型液晶搭載
MP4動画再生可能 カメラ機能付き V50 (Hallods)


まず、デジカメやデジタルビデオカメラでムービーを撮って作成した
MP4ファイルを間違えて削除してしまった場合について。

パソコンかデジタルカメラ、またはメモリーカードのどこかにまだ同じ元データかバックアップした
拡張子ファイルが残っていればそちらからコピーでPCのフォルダなどに移行すれば大丈夫です。

しかし一個しかないmp4ファイルが消えてしまい、ゴミ箱ツール等にも
残っていない場合はひとまず、すぐにその保存機器の使用を中断します。
プログラムが開けない | フォーマット
デジカメ内蔵メモリの写真を再度復元するには?
デジタルカメラ【Digital camera】は撮影した写真画像やビデオ動画映像を、
SDメモリーカードやxDピクチャーカード、スマートメディア、マイクロドライブ、
メモリースティック、マルチメディアカード、PCカード型ハードディスクといった
メモリーカード媒体に通常はファイルが保存されます。

ですが、デジカメの中には本体そのものにもフラッシュメモリまたは
バッファメモリが内蔵されていて、メモリーカードが無い時でも
写真を撮影して保存できるタイプも、最近では多く出てきています。

SDカードのように4GB・8GBほどの高い容量は無いのですが、ある程度の
写真画像の枚数は緊急用として記録して保持する事が可能です。

デジタルカメラ本体をUSBケーブルとUSBコネクタを通して
パソコンに接続すると、マイコンピュータにリムーバブルディスク(E)
といった表示のアイコンが出て、これを開くと内蔵フラッシュメモリの
フォルダを開いて写真を閲覧したり、画像ファイルをバックアップする事も出来ます。

普段のデジカメ操作中に、内蔵メモリに保存してあった写真画像や動画を
間違えて指定して削除してしまったり、うっかり一括で全てのデータを消してしまった場合は、
まず、それ以上は新しく写真を撮ってメモリに書き込まれないようにご注意ください。
デジタルカメラの写真画像 | コンパクトデジカメ
富士通パソコン:FMVのデータ復旧
富士通(読み:ふじつう・Fujitsu Limited)から開発・販売されているパーソナルコンピューターは主に
FM(FUJITSU MICRO)シリーズ、そして近年のデスクトップパソコン・ノートパソコンのFMVなどがあります。

最近のモデルではデスクトップのESPRIMOシリーズ(エスプリモ)や
ノートPCのLIFEBOOK(ライフブック)など。

富士通では通常のパソコンカスタマーサポートの他に、AzbyClub(アズビィクラブ)という会員サポートで
「技術相談窓口Azbyテクニカルセンター」などのサービスを受けられます。

FMVのパソコンを操作中、誤操作でファイルやフォルダを消去してしまったり、OSが破損して
Windowsが動かなくなるトラブルに見舞われた場合、また急にハードデイスクが
物理的に故障してしまった時など、貴重なデータが読み込めなくなってしまった場合について。

ノートパソコンを落として壊してしまった場合などでは、HDDが無事であれば他の壊れた部品を
新品に交換したり、またはパソコンだけ買い換えてハードディスクを差し替えるかデータをコピーすれば
解決できるのですが、ファイルそのものがバックアップも無くて開けない時は対処方法も違ってきます。
デスクトップパソコン | 富士通 FMV
RAM(メインメモリ)の容量不足を解消
RAM(ラム)とはRandom Access Memory(ランダムアクセスメモリ)の略語で、
半導体素子の使われているデータ記憶装置です。

DRAM(ダイナミックRAM)とSRAM(スタティックRAM)の二種類に大きく分けられ、
DRAMは集積度が高く安価で、SRAMは高速アクセスが出来て省エネなのが特徴です。

コンピューター上ではパソコンのマザーボードに取り付けられるメインメモリを
指す場合が多く、ハードディスクドライブと違い、一時的にデータを保存するための
装置で、一度PCをシャットダウンして電源を切ると内容がリセットされます。

再書込みのできないRやROMと違い、パソコンを再起動するとRAMは初期化されて
また使用領域がほぼ0の状態から使い直す、といった仕組みです。

エラー・フリーズの要因


ですが一回のパソコン起動の中でも、常駐ソフトでメモリの容量を使いすぎたり、
元々のRAMの容量が少ないとエラーやフリーズが出るトラブルもよく発生します。

各アプリケーションソフトウェアの動作速度が遅くなってきたり、ファイルの読み込みが重い、
と感じてきたら、Ctrlキー・Altキー・Deleteキーの3箇所を同時に押してタスクマネージャを開き、
パフォーマンスのタブでCPU使用率やページングファイル使用量を確認してみましょう。

また、プロセスのタブでメモリが何のプログラムにどれくらい使用されているかも
チェックして、状態を確認されてみて下さい。
メモリーカード | メモリ
パソコンの液晶画面が壊れた時にデータを救出するには?
デスクトップパソコンに接続する「液晶ディスプレイ」
(LCD;Liquid Crystal Display/リキッド・クリスタル・ディスプレー)や、
ノートパソコンをはじめとするコンピューター機器に付いている液晶画面が壊れてしまい、

オペレーティングシステムを起動してもデスクトップやスタート画面が映らなくなり、
ハードディスクやリムーバブルディスクなどの保存データが読み込めなくなった場合について。

液晶画面


モニタのトラブル事例


・床や硬い地面に落として画面が割れてしまった。
・圧迫や強打などの強い衝撃を受けてヒビ割れしてしまった。
・液晶画面に大きな傷が付いて、モニターの一部が見えなくなった。
・システム的なトラブルで画像の表示が出来なくなった。
・バックライトや液晶パネルなどの部品が壊れて正常に映らなくなった。
・真夏の高温による過熱で故障してしまった。

まず、液晶パネル(Liquid crystal panel)という液晶ディスプレイの表示部に故障が発生して画面が
映らなくなると、キーボードやマウス、ボタンを押してもどのように表示されているか見れなくなります。

なので、たとえ電源は付いてシステムに問題がなくても、そのままの状態では
普通に使用するのが難しくなってしまいます。

モニターの表示装置が割れた状態を長時間放置しておくと、液晶パネルや偏光版、ガラス基板、
カラーフィルター、配向膜、導光パネル、バックライト、蛍光管、フレームといった部品の
破損した部位から小さなゴミや湿気、埃、水分などの異物が入って故障が悪化する危険もあります。

あまりそれ以上は無理にモニターを使用されずに、一度ディスプレーの製品、
またはノートパソコンの本体をNECやAppleなど、
製造メーカー先の修理サポートに出してモニタ画面が直るかどうか、見てもらいましょう。

メーカー製品の機種にもよるのですが、私設のパソコン修理サービス店でも
割れた液晶画面の交換による修復作業を行ってもらえる業者も多くあります。

しかし急な故障のためにすぐに中身のデータを救出したい、という場合について、解説していきます。
デスクトップパソコン | 液晶


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-date-201011.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.