データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【2008年12月】の日付ページです。パソコンなどに保管していたファイルの喪失。そんな時にこそデータ復旧。
ハードディスク・PC機材などの保存機器の復元、復活についての詳細を解説しています。
また他のコンピューター製品やシステムの修復、トラブル解決に関するアドバイスやレスキューサービスを掲載しています。
サイトのドメイン移転時に各部修正による変更とメンテナンスを行うには?
ウェブサイトのドメインを変えて、新しく別のアドレスに移設して改装する際には、
大量のHTML、XMLページや画像ファイルなどのデータを移動してアップロードをやり直したり、
各ページごとの校正をするなどの大作業になります。

FTP

ホームページ移行作業


当HPも、過去に旧URLアドレスから今のドメインに移転してきまして、
移設作業に勤しむ際にもかなりのコンテンツ変更やメンテナンスを行いました。

今までにこのHPも含めて何度もアドレス移転を行った経験があるのですが、その際には
適切な処置を行わなければ前のドメインでの不具合を引きずってしまう場合もあります。

実際の作業工程での体験に基づいたページのメンテナンスに必要な方法を記載いたします。

ホームページの移設をした時に行うメンテナンスは主に、
・リンク切れのある外部URLアドレスへのリンクタグをすべて削除する。
・やや内容不足と思われる一部のページには、補足の説明を追記する。
・各記事テキストの誤字・脱字を校正する。
・タグやテーマ等のお知らせのサービスを、前のドメインから書き換えて入れ替える。
・RSSフィードや個人運営サイトの外部リンクの変更を行う。
・新しいドメイン名とタイトルは、あまり大きく変更しない。
・更新前のHTMLデータは、別にバックアップを取る 、などがあります。

もしバックアップを取る前にホームページを削除して、後からデータが必要になった場合には、
以前に一度でもパソコンに保存していたファイルであれば、まだHDDに拡張子の痕跡が
残っている可能性があるため、プロのデータレスキューサービスに出して、
ドライブスキャンをして、失ったファイルの拡張子の復元を試みることもできます。
移行・移動の仕方 | お知らせ
レコーダー対応のデータ復旧サービス業者一覧リスト
映像や音楽コンテンツを記録・再生する電子機器「レコーダー」(Recorder)で取り扱う
HDDやDVD、BDなどの記憶メディアの取扱いに対応された、データ復旧サービス業者の一覧リストです。

ハードディスクレコーダー、ブルーレイレコーダー、DVDレコーダーの各種データ記憶メディアに
保存してあった以前に録画した番組や、撮影したムービー、作成・編集した動画などのデータが
消えてしまったり、HDDやDVD、BDのディスクが物理障害で破損して読み取れなくなった場合に、
記録していたデータを復元したい、という際に、ご参照ください。
ビデオカメラ動画の回復 | トラブル
アプリケーションソフトウェアのプログラムの障害を防ぐには?
パソコンのアプリケーションソフトウェア(Application software)を起動している最中に
下記のような動作上のトラブルが発生する場合、どうすれば防止できる?という疑問について。

・すぐフリーズして一時的に止まってしまう。
・動作が極端に遅く(重く)感じられる。
・いきなり電源が落ちてしまう。
・突然再起動してしまう。
・画面がフリーズしてマウスやキーボードが操作できなくなってしまう。
・エラーメッセージが表示されてアプリケーションが強制終了してしまう。


といったエラー障害に頻繁に遭われてしまわれる方も大変多いかと思われます。

InternetExplorer(インターネット・エクスプローラー)やPhotoshop(フォトショップ)、
コンピューターウイルスの検知、ディスククリーンアップ、ディスクデフラグ、
Microsoft Office、Windows Media Player
などの重いプログラムを
起動させている時に特によく発生してしまうアクシデントです。

これらのアプリケーションエラーが頻繁に起こってしまわれている場合は、
プログラムの仕組みではなくPCパーツであるCPUの情報処理能力(性能)が低い場合があります。

また、メモリの仮想データ保存の許容量(MB~GB)、
ローカルディスク(Cドライブ)の空き容量が少ない事が原因である場合が多いです。

割り当て

特に近年に発売された各ソフトウェアの最新バージョンやアップデート版は
十分に安定して稼動させるために高いスペックが要求されます。

そのため、数年前以前に購入されたPC本体やパーツでは処理能力が追いつかない事も頻繁に起こります。

またビデオカード(グラフィックカード)など、スムーズにプログラムを
読み込むためのパーツが必要な場合もあります。
プログラムが開けない | アプリケーションの障害
宮城県のデータ復旧サービス業者一覧
東北地方の宮城県内に営業所やラボを置かれています、
データ復旧サービスの業務を実施されているパソコンサポート業者の一覧です。

PCなどのコンピューターに内蔵されたハードディスクをはじめ、USBメモリ、SDカード、DVD-RW、
CD-RAM、MO、FD、SSD、RAID、NAS、サーバといった、電子データを保存している記憶媒体が
故障したり読み込みできない時に、何とかして内部のデータを引き出して救出してもらいたい、

または消えた拡張子をファイルの痕跡から復元してもらう必要がある、
といった際に、専門業者選びの参考までにお役立てできれば幸いです。


宮城県の市町村


塩竈市・加美町・角田市・丸森町・岩沼市・気仙沼市・栗原市・山元町・七ヶ宿町・
七ヶ浜町・柴田町・女川町・松島町・色麻町・石巻市・仙台市・川崎町・蔵王町・
村田町・多賀城市・大河原町・大郷町・大衡村・大崎市・登米市・東松島市・
南三陸町・白石市・美里町・・富谷町・名取市・涌谷町・利府大和町・亘理町
都道府県別の専門業者(東) | 宮城県
アプリケーションの起動中に強制終了してデータを失う問題とは?
パソコンに入れたソフトウェアを日々使っている最中で、

・InternetExplorer(インターネット・エクスプローラー)などブラウザでネットの閲覧中に強制終了が起きた。
・アプリケーションの稼動中にやや重い操作をしたら突然フリーズして強制終了されてしまい、
 プログラムのデータが保存する前に消えてしまった。
・間違えて名前を付けて保存しないままエクスプローラの×ボタンを押してしまった。

というアプリケーションエラーの苦い経験を誰でもお持ちではないかと思います。

そして強制終了後によく『ご迷惑をお掛けします~』と書かれたバルーンが表示
されるのですが、このような障害が起こる原因には主に以下のような問題のケースがあります。

よくある原因


・InternetExplorerなどで重いウェブページを開いた時。
・同時に10ページ以上を開いて展開させた時。
・いくつものアプリケーションを同時に起動した時。
・ウイルス検索など、稼動の重いアプリケーションが回っている時。
・Photoshopなどでサイズの大きい画像ファイルを編集している時。
・YouTube動画などを閲覧している時。
・ウェブページ上の確認ボタンや送信ボタンを押した瞬間など。

さらに、これらのエラーが起きる要因は以下のようなものが考えられます。

・PCの内部パーツ:CPUの性能やメモリの容量が足りずに処理能力の限界を
 超過してしまい強制終了やフリーズが起きてしまう場合。
・アプリケーションの開発プログラムにバグや問題があった場合。
・Microsoft .NET Frameworkなどアプリケーション起動に必要なプログラムが
インストールされていない場合。

上記で最も多いのが、やはりPCの空き容量やスペック不足によるエラーです。

新型のパソコンに買い換えたら今まで使っていた本体に比べてあまり強制終了など
突然の障害は起こらなくなった、という経験をお持ちの方も大変多いと思われます。
プログラムが開けない | アプリケーションの障害
山梨県のデータ復旧サービス、修理業者の一覧
山梨県内とその周辺エリアにご在住の方、またはオフィス・店舗をお構えの方
のための、データレスキューサービスとパソコンサポートセンターの一覧です。

甲府市をはじめ、中部地方にお住まいの方にぜひお役立ちいただけましたらと
思います。新規掲載のご依頼も随時受け付けています。

山梨県の市町村

芦川村・塩山市・鰍沢町・玉穂町・甲斐市・甲府市・山中湖村・山梨市・市川三郷町・勝沼町・小菅村
・小淵沢町・昭和町・上九一色村・上野原市・身延町・西桂町・早川町・増穂町・大月市・大和村・
丹波山村・中道町・笛吹市・田富町・都留市・道志村・南アルプス市・南部町・韮崎市・忍野村・
富士河口湖町・富士吉田市・豊富村・北杜市・鳴沢村
都道府県別の専門業者(東) | 山梨県
サイトやブログのデータシステムの構築ページが破損したら?
現在、ホームページまたはブログサイトを立ち上げて管理されている方は大変多いです。
個人・企業を年齢層を問わずにウェブページの製作と閲覧がとても一般的に浸透してきていますね。

そこで、通常のホームページとブログ形式サイトの両方を作って運営されている方も大変多いかと思います。
あるいは、どちらか片方のみ製作された方も多いかと思われます。

HomePageとWeblogは同じウェブページという種類でありながらも、
htmlファイルをはじめとするデータシステムの保存・投稿・送信の仕方が大分違います。

なので、まずはここが特に注意しなければならない点の一つです。

もしシステムが破損してしまった場合には、いつくかの手順での復元方法があります。

ホームページは基本的にまずレンタルサーバーまたはドメインを契約します。

次にホームページビルダーなどを用いて自分のPCのハードディスクの中で
HTMLページや画像ファイルといったHPを構成するデータベースを作成します。

各ページの組み合わせ方やタグは1ページずつ自由に変更できるのが強みです。
そして完成したらFTP機能などを用いてサーバー元にアップロードして完了です。

ホームページのデータは基本的に全て自宅のPC環境の中での管理になります。

なので、データのバックアップは必ず行うようにしてください。

ですが、もし間違って削除や上書きをされてしまうなどのミスをして構成が破損して動かなくなった場合でも、
多くの場合ははデータ復旧ソフトや復元サービスの方で、修復ができる見込みがあります。
インターネットのトラブル | データベース-DB
プログラムの追加と削除で必要なシステムを消した後での復旧
Windows-OSパソコンのローカルディスクに残っている空き容量が少なくなってきたり
パソコン動作が前に比べて遅い、重いと感じられた時は、

Windows XPの場合は画面右下の『スタートボタン』→『コントロールパネル(C)』
→『プログラムの追加と削除』
から過去にインストールした後ほとんど使っていない、
使用頻度の低い不要なプログラムを削除(アンインストール)する事で空き容量が大きくなります。

※Windows 7や8の場合は「コントロールパネル」から「プログラムと機能」を開いて選択画面から
削除したいアプリケーションを選択してダブルクリックをして、アンインストールを開始します。

アンインストール

しかしながらこの項目内には他に
・Windows XP・Vistaなどのサービスパック、
・ウイルスセキュリティのユーティリティー、
・IE(インターネットエクスプローラー)やSafari、Google Chrome、
・AdobeReader (アドビ・リーダー)
・Microsoft・Office(マイクロソフト・オフィス)


など、パソコンをスムーズに稼動させるのに非常に重要なプログラムも大量に含まれています。

そのため使用している容量が大きいからといってうっかり
必要不可欠なシステムまで消してしまわないよう十分にご注意ください。

『プログラムの追加と削除』で上記のような重要なシステムをもしもミスで
アンインストールしてしまったら、まずウイルス対策のセキュリティー機能など
インストールし直せるものはCD・DVDディスクやインターネットからダウンロードし直して、
アップデート完了の状態まで元に戻す事を最優先に行ってください。

もし再インストールなどで元に戻せないプログラムがありましたら、コントロールパネルの
『システムの復元』機能でアンインストール前の復元ポイントの状態に修復できます。
Windowsの問題解決 | Windowsの障害
CDやDVDのISOイメージファイルも復元できる?
CDやDVDメディアなどに書き込んだデータを1つにまとめて保存できる形式の
ISOイメージファイル」、このファイルをうっかり削除してしまったり、
ライティングソフトやリッピングソフトでCDに書き込む前にイメージファイルが壊れてしまったりした場合は、
どうすれば元の形に再生できる?という疑問について。

まず、ISOイメージファイルは再生に仮想CDドライブなどが必要なシステムです。

データが破損しているのではなく、仮想化ができていないため
現在の状態では再生できないだけ、というケースもあると思われます。

再生可能な状態がしっかり整っているかどうかをまずご確認ください。

インターネット上の配布サービスからインストールして入手していたデータが開けなかったり、
ファイルが壊れていた場合は、先に配布元のウェブサイトの管理者・運営者の方へ、
お問い合わせ用メールフォームやフォーラムの掲示板で連絡してください。

うっかり拡張子を丸ごと削除で消してしまった場合は、最入手が可能なファイルであれば、
もう一度ネットワーク上の配布元から入手したり、
あるいはCD、DVDディスクから再度パソコンにコピーをします。
CD-R/RW | プログラミング
岐阜県内のデータファイル復元サービスセンター
岐阜県とその周辺エリアにお住まいの方、通勤・通学の方のための
データ復元サービス・パソコンサポート会社の一覧ページです。

パソコンやメモリーカード等、ハードウェア製品内部に保存していた
プログラムファイルやデーターを失ってしまった時の復旧依頼にご活用ください。

岐阜県内の市町村一覧

安八町・羽島市・下呂市・可児市・海津市・各務原市・笠原町・笠松町・関ケ原町・関市・岐南町・岐阜市・
郡上市・恵那市・御嵩町・高山市・坂祝町・山県市・七宗町・上石津町・神戸町・垂井町・瑞穂市・瑞浪市・
川辺町・多治見市・大垣市・大野町・池田町・中津川市・土岐市・・東白川村・白川村・白川町・八百津町・
飛騨市・美濃加茂市・美濃市・富加町・北方町・墨俣町・本巣市・柳津町・揖斐川町・養老町・輪之内町
各地域別の業者一覧(西) | 岐阜県
過去に削除していたメモリー内部のデータも修復できる?
パソコンの内蔵HDDやSSD、またはUSBフラッシュメモリーカードやSDカード、
外付けハードディスク、RAIN、NAS、DVD-R、MO、フロッピーディスクなどの
外部接続型のデータ記憶メディアは遠くにある社内パソコン同士で必要な分のファイルを移動したり、

デジタルカメラやネットワークドライブ、オーディオプレイヤーで保管したデータを
カードリーダーや専用アダプターを通してパソコンに移し変えたりするのに大変便利です。

しかしその分、使っていくうちに何十回、あるいは何百回、とデーターの書き込み・消去を
繰り返していくので保存機器の中でもかなりメモリー内部の移送の状況が多い媒体となります。

ずっと前に記憶していた過去の画像ファイルなどをある日無くしてしまい、
USBカードあるいはSDカードを探してみても以前に消してとっくに
他のファイルと入れ替えてしまっていた、という経験がある方も多いかと思われます。

そんな時はどうすれば一度消したデータを復元できる?という疑問について。
消去した拡張子を直す | データ消失
岡山県岡山市のデータ復旧サポート業者一覧
岡山県の県庁所在地「岡山市」に事業所を置かれている、
データ復旧サービスを実施されたPCサポート業者の一覧リストです。

市内の各区とその付近の地域にお住まいの方、お勤めの方であれば、緊急時のデータ喪失の
トラブルの際、ファイルの復元やハードディスクからの取り出しの注文に
ぜひ参考にいただければと思います。

[解説] デスクトップパソコンやノートPC、RAID、NASサーバなどで使う「ハードディスクドライブ」や
「メモリーカード」は今やあらゆる電子機器に搭載に使用されていて、
PC関連のみならず大変需要の大きなメディア媒体に発展しています。

その中で急に壊れたHDDやフラッシュメモリは、自分で新しい代替品と交換して修理することも可能です。

自作パソコンを作られた事のある方にはなじみの深い作業であるかと思います。

ですが、機器の本体から取り除いた方の故障したHDDやメモリーカードには
まだ大事なデータが残っていて、取り出せない状況になる事も多いです。

そんな時、読み出せないファイルの抽出や、破損した拡張子の修復を
専門のデータ復旧サービスに依頼して行ってもらう事ができます。

※通常のパソコンやNAS、レコーダーなどのハードディスクを交換すると、
メーカー修理保証の期間がまだ残っていた時、効かなくなる場合があるので
予め、HDDの交換や内部データの救出の注文をされる前に必ずご確認ください。

岡山市の区画
北区/南区/中区/東区
データ復旧サービスセンター | ハードディスク
ハードウェアとソフトウェアの意味の違いは?
当サイトでも文章記事やカテゴリー名で、『ハードウェア』と『ソフトウェア』という単語をよく使います。

ですが、『Hardware』と『Software』の具体的な違いがよく分からない、という方も多いかと思われます。

大まかに分けた簡単な分類を含めて説明していきます。


主なハードウェア


・デスクトップパソコン
・ノートパソコン
・ハードディスクドライブ
・RAID
・モデム
・NAS
・USBメモリ
・マザーボード
・マイクロドライブ
・サーバ
・複合機 など。


コンピューターの筐体や、その周辺機器などの製品がハードウェアに当てはまります。
ハードウェアの症状 | ソフトウェア
SDカードのフォルダーが読み込みできなかった時の復旧方法は?
先日、使用しているモバイル機器に付属されていたmicroSDメモリーカードを、
リムーバブルディスクや写真読み取りの機能からではなく、パソコンから読み出そうと試みました。

初期設定状態で作成されていた大部分のフォルダは普通に開けたのですが、
ところが写真画像の入った「DCIM」や自分で作成した「新しいフォルダ」などの
一部の重要なフォルダが、なぜかその機能では開けませんでした。

SDHCメモリーカード

もちろんマイコンピューターやエクスプローラーからは「PHONE CARD」という名前でしっかりと表示されて、
デバイスマネージャのポータブルデバイスの項目にもちゃんと認識されています。

なので、モバイル機器のカメラ機能で撮影した写真画像やムービーなどのデータは
しっかりとパソコンに簡単にバックアップして開くことができます。

対象のフォルダのプロパティを開いて見たところ、
「読み取り専用」となっていたため外部の機能からの操作ができないようでした。

(※読み取り専用でも操作できるフォルダやSDカードもあったりします。)

デジタルカメラの方で使っているSDHCメモリーカードの一部も、
同じように特定のツールではフォルダが読み取りできない物もありました。
SDカード | セキュリティ
山口県のデータ復元サービス、パソコンサポートの一覧
山口県に所在地の置かれているデータ復元サービス・PCサポートセンターの一覧リストです。

山口県とその周辺地域にお住まいの方、またはオフィスや販売店をお持ちの方でしたら、
いざという時のPCトラブルの際にぜひお役立てください。

全国各地のデータ復旧業者様からの新規掲載依頼も随時受け付けています。

山口県の市町村 参照


阿東町・阿武町・宇部市・下関市・下松市・岩国市・錦町・玖珂町・光市・山口市・
山陽小野田市・周東町・周南市・周防大島町・秋芳町・上関町・長門市・田布施町・萩市・
美川町・美東町・美祢市・美和町・平生町・防府市・本郷村・柳井市・由宇町・和木町
各地域別の業者一覧(西) | 山口県
電源が入らないパソコンのHDDからデータを引き出すには?
パソコンに突然、ブルースクリーン画面など重度のエラーやシステムの破損の状態が表示されて
セーフモードなどでもデスクトップ画面が開けなくなったり、
CPUやメモリ、電源ユニット、マザーボードなどのパーツが経年劣化(老朽化)や
強い衝撃、熱暴走などで壊れてパソコンの電源がまともに入らなくなって動かせない場合に、

中身のハードディスクのデータを一旦引き出すためには
主にどのような復旧の方法がある?という疑問について。

IDE方式のHDD

まず、HDDの認識(読み込み)そのものに障害を起こしたパソコンはそのままでは
WindowsやMac OS X、LinuxなどのOS自体が開かずに、内部に記録された
ファイルやフォルダ、システムなどもやはり壊れたままだと読み取る事ができなくなります。

パソコンの一部を分解して故障した箇所の機材を
新品に取り替えすればまたパソコンが開ける可能性は高いです。

しかし具体的な故障の原因がわからなかったりすぐにパーツの換装による修理が注文できそうにない、
という場合はひとまず、ハードディスクだけPC本体から取り外す方法が有効です。

それぞれの技法でどのように機器を取り扱って読み出していくか、ご参考までにご熟読ください。
Dataの取り出しの案内 | データファイルの復旧・復元
USBメモリの故障によるデータの喪失をある程度防止するには?
USBメモリ(Universal Serial Bus-flash memory card)は現在SDカードと並び最も普及している
大変便利な小型の補助記憶装置で、すでにお持ちのお方も多いかと思われます。

小さい基盤でありながら数百MBのカードから~数十GBもの容量を持つSSDまであり、
上書き・消去も自由に行えて、持ち運びにも便利なので大変扱いやすいUSB端末として重宝されています。

しかしながら、長所の多い反面でいくつかの短所もありますので
USBメモリの故障によるデータの喪失トラブルをある程度まで防止するために、
特に下記の要因には注意点として視野に入れておいてください。

まず、USBメモリは外面が透明のプラスチック製であるものが多く、強い圧迫などの衝撃を受けると
プラスチック部分が割れて内部の剥き出しなICチップ部分に傷が付いてしまい、また埃や水分などの
異物に触れてデータの損壊が起きてしまう可能性もあります。

また、使用後のキャップの取り付け忘れにより差込口に異物が挟まってしまう恐れもあります。
特に持ち運びの際には、うっかり押し潰してしまわないように保管方法には十分にお気をつけください。

flashmemorycard

次に、CD-RやFDと違いメモリ内の書き換えや削除が可能な分、うっかり必要な
ファイルを削除してしまうミスを起こしてしまったり、データ移行の際に間違えて
同名ファイルの上書きをしてしまう、といった誤りを起こしてしまうケースもあります。
USBメモリー | USBメモリー
非表示になったファイルを復元してデータ復旧をするには?
Windowsパソコンのエクスプローラーの画面や、MacintoshパソコンのFinderの画面から
間違えて必要なファイルを削除してしまうと、その画面上では非表示の状態になって
開けなくなります。

また、フォルダー内部のファイルだけでなく、クイックフォーマットや再インストールで
補助記憶装置のボリュームごと、またはオペレーティングシステムごと消去すると、
それまでに保存していたすべての個人用ファイルが非表示になります。

その場合、後からファイルを復元することはできる?という疑問について。

ボリュームの削除

まず、表示の上ではファイルがフォルダーから消えているのですが、そこからあまり
新しいファイルを上書きしていなければ、まだハードディスクやメモリーカードの
「セクタ」には、拡張子の痕跡データが残っている可能性が高いです。

※ネットワーク上のレンタルサーバにあるデータベースから削除した場合は、
 ゴミ箱フォルダー以外では個人ユーザーでは復旧できないことが多いのでご注意ください。

電子クライアントメールを使用していて、パソコンやクラウドストレージに
データをバックアップ状態で、ゴミ箱から削除してしまったものは、
フォルダーで非表示になった状態からメールを元に戻せる?という場合は、

まず、『上部のメニュー』で エクスポートしてDドライブや外付けHDD/RAID、NASなどに
バックアップデータを取っていれば、ファイルを『インポート』で取り込んで復元できます。

バックアップでのメールの予備データを取っていなくて、ごみ箱からも消してしまった場合は、
Macの「Time Machine」などで、少し前の状態にパソコンを戻すと復旧できる可能性もあります。

また、上記のようにまだファイルの痕跡がハードディスクに残っている可能性もあります。

ローカルディスク(C:)は、常にデータが上書きされていくので、できるだけ早いうちに
専門のデータ復旧サービスに注文をされてみることを推奨します。
Dataの取り出しの案内 | データファイルの復旧・復元
ウェブサイトのURLアドレス移転とHTML更新の仕方は?
ホームページやウェブログのドメインやURLアドレスを新しく取得した
別の外部サイトに移転して運営を更新する際、今までに更新したログの分や
HTMLファイルのソース(マークアップ言語)、またファイルマネージャにアップロードした
中身のデータなどは、どのような仕方で取り扱えばいい?という疑問について。

当サイトも以前にURLのアドレスを移転いたしました。
前のサイトドメインの方で、おそらく外部的に深刻な不具合が出てしまいまして、
ドメインの移転による措置を行い時間を取って、現在は順調に運営しています。

サイト移転後も内部コンテンツはそのまま移動していますので、
今までどおりご閲覧をいただけましたらと思います。

旧ページにリンクを貼っていただけている皆様、大変お手数で申し訳ないのですが、
URLアドレスの変更の方を何卒よろしくお願いいたします。

そこで、実際の移転作業を行った際に身に付けたコツや注意点について
他のウェブマスターの方々にもお役立てできますよう、解説をしていきます。


ドメイン全体の修正箇所


まず、ファイルマネージャーでは、画像やページを大量にアップロードしている場合は
削除していった方が良いのですが、その前にエクスポート機能か、右クリックの保存で
ファイルマネージャーの必要な分のデータをバックアップして、
移動先のドメインにそのままアップロードし直すとよいでしょう。

次に、ホスティングサービスでは、アカウントを削除すると、
今までの全てのページがホスティングサービスから無くなってしまい、
ドメインもいずれ他の方が使われることもあるため、そのまま残して、
リフレッシュタグや移転先のリンクを貼り付けておかれる事をお薦めします。

過去ログのデータでは、ブログ記事等のログ(アーカイブ)もエクスポートで
全部パソコンに保存できますので、新しいドメインに1ページずつ書き直すより
インポートのサービス機能から投稿することで、ずっと楽に移転作業が行えます。

誤ってバックアップをする前にアカウントを削除して大事なログデータが消えた場合は、
もし以前に同じデータをパソコン上でエクスポートなどで保存していたことがありましたら、
まだ拡張子の痕跡が残っている可能性がありますので、データリカバリーサービスに
コンピューターのハードディスクなどを提出して、復元してもらう方法もあります。
移行・移動の仕方 | 近況報告
失ったデータを復旧してもらう検査のための状況報告とは?
パソコンの操作中に、まだ開く予定だったデータファイルの拡張子を誤って削除してしまい、
ゴミ箱にも残っていなかった場合や、間違えてフォーマットをかけてすべて消去した場合、

あるいはハードディスクドライブがヘッドクラッシュで壊れて稼動しなくなったり、
メモリーカードが物理的な強打や水没などで壊れて、開かなくなってしまった場合でも、
まだ後からデータを元に戻せる見込みは十分にあります。

TeraStation

パソコンや外付けHDD、RAID、NAS、サーバといった電子機器が壊れてしまい、
パーツの故障やエラーにより中身のファイルがデータ記憶メディアの内部に残ったまま
読み込めなくなり、ご自身ではどうしても修復ができない、という場合には、

プロのコンピューターサポート業者である、データ復旧サービスセンターに問い合わせて、
対象のデータ記憶装置を持ち込みや送付、出張サポートなどで出して、
内部回路のプラッタやメモリチップから抽出して、別の機器に移し替えてもらうことができます。

その際に、どのような障害が起きたのかを、初期診断で調査してもらいます。

また、対象のデータを保存している機器が故障する直前に、
どのようなエラーが起きてしまったのかなど、詳しい検査のために、
データ復旧サービスのアドバイザーの方に、状況報告を行う手順になります。
データ復旧とは? | データファイルの復旧・復元
ハードディスクを複数搭載したRAIDやNASでデータを復旧
ハードディスクドライブを複数台搭載してデータの安全性を高める
「RAID」を自身で導入するにはどうすればいい?という疑問について。

ハードドライブ

RAID(レイド)は2台以上のHDDを搭載して稼動させるため、
まずハードディスクをもう1台か3台、5台くらい買って入手する必要があります。

前に使っていた古いパソコンのハードディスクを取り出して
RAID用に使い直す方法もあるのですが、その際はIDE方式かSATA方式か、
また最大容量は十分か、データを初期化しても大丈夫かを確認してください。

デスクトップパソコンをお使いであれば、PCケースのドライブベイの空いた引き出しの数が
1か所以上あれば、そこにハードディスクをそれぞれ収納して、増設してみましょう。

またパソコンに増設する際には他に追加するドライブ装置の台数分、ATAケーブルないしIDEケーブル、
マザーボードの空いたコネクタ、そして電源ケーブルの空いた分のコネクタ、が必要です。

RAIDを自身で構築するにはどれか専用のアプリケーションを入手してパソコンにインストールして
その仕様の手順に沿って進めていくか、Windows8(ウィンドウズ・エイト)や10のコントロールパネルにある
「記憶域」などの機能を使って設定して作成することができます。

データバックアップ用の外付けハードディスクを多重化する場合は、
専用の外付けHDDケースを使うか、2台以上の外付けケースでUSB接続します。

またはBUFFALOの「DriveStation」(ドライブステーション)のように4台以上のハードディスクが
収納されたRAID用のハードディスクケースも販売されているので、そちらを使います。

TeraStation(テラステーション)やLinkStation(リンクステーション)などのNASは
最初からRAIDシステムと複数のハードディスクが製品のケース内に
搭載されている方の商品をはじめに選んで購入される事をおすすめします。

※注意として その製品のスペック(specifucation/仕様)の方で
 対象のシステムを動かすのにコンピューターのパーツが低くて不十分だと、
 最新のRAIDシステムを満足に動かせる動作環境に満たない可能性があります。

 古い部品やOSのパソコンで導入される際には予め仕様を確認してください。
RAID・ミラーリング | コンピュータ
パソコンのメモリの容量不足で起こるエラーを修復するには?
パソコンの内部パーツのひとつ『メモリ』(メモリー)は、稼動中の
プログラムやソフトウェア・テキスト(文書)などのデータを一時的に記憶するための装置です。

ハードディスクドライブとはまた違った役割を持っています。

128MB、256MB、512MB、1GB、2GB、4GB、8GB〜と、データの容量の大きさによって種類があります。

数字が大きいほどより多くの作業、またスペックの大きいプログラムをスムーズに行う事ができます。

しかしながらこの容量が足りない場合はエラーが起きてしまうため、
どうすればこれらの問題を修復できる?という疑問について。

例えば近年のハイスペックかつ大容量なソフトウェアプログラムをインストールする際に、
メモリの容量不足による動作環境の基準未満であるため、稼働が完了できない場合があります。

例えば製品のパッケージや取扱説明書に書かれている必要最低限の動作環境
512MB(メガバイト)であった場合、256MBのメモリーを一枚のみ搭載しているパソコンでは
スペックが足りないためインストールやアプリケーションの進行が正常にできないおそれもあります。

またはセットアップや起動・稼動ができないケースもあります。
デスクトップパソコン | トラブル
石川県金沢市のデータ救出サービス事業一覧
石川県の金沢市に所在地のあります、データ復旧サービスの事業と、
ファイルの復元サポートなどを実施されていますパソコン修理店の一覧リストページです。

市内をはじめ、石川県内とその周辺地域にお住まいの方、または会社や事務所をお持ちの方でしたら、
パソコンやサーバ、NAS、RAID、USBメモリといった機器からのいざという時の
データ救出の際にぜひお役立てください。

PCトラブルサポート関連の掲載依頼も随時承っています。
データ復旧サービスセンター | 石川県
MiniSDカード内の記録メモリが消えた時にデータ復元をするには?
SDカードは近年でUSBメモリと並ぶ最も需要の高い小型のフラッシュメモリーの媒体です。

主にパソコンへのデータ移行や手軽な持ち運びといった用途に使われています。

他にもデジタルカメラ、デジタルビデオカメラ、モバイル端末のコンピューターなどの
メディア用記憶媒体として幅広く流通しています。

miniSDカード』[ミニ・エスディーカード]とはSDメモリーカードがより小型版された、
11ピン端子の型のメモリーカードです。

USBカードリーダー/ライターやデジタルカメラのUSBケーブル、アダプターを通して
パソコンなどに接続して保管メモリのデータの移動やコピーなどができます。

しかしながらminiSDカードも、小型コンピューターの機器などに差し込んだままの持ち運びや
差込み、差し抜きの回数が多い分、メモリーカードの回路やコネクタの物理的な破損や、
誤ったファイルの消去によるデータ喪失のアクシデントも、時々起こりえます。

そんな時にはどうすれば失った写真画像などのファイルを復元できる?という疑問について。
SDカード | memorycard sdhc flash
サーバー対応のデータ復旧サービス業者一覧
ネットワークで通信先のクライアントにサービスを提供するコンピューター装置
『サーバー』(server)、またはそのシステムを搭載したNASなどの機器で、

内部のハードディスクなどのデータ記憶装置に保存されていたファイルを間違えて削除してしまったり、
物理障害の影響で故障してしまった時にデータ救出のサポートに対応されている、日本全国各地の
「データ復旧サービス業者」の一覧リストコーナーです。

個人や自社内のファイルサーバーから誤って削除や初期化操作で消去してしまったり、
サーバーダウンの障害やOSのシステム障害、アクセスエラーなどで読み込みできない時や、
HDDやサーバー本体の物理的な破損による故障で開けなくなった際にもお役立てください。
サーバーダウンの復帰 | サーバー


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-date-200812.html
Copyright (C) 2007-2018 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.