データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【2007年12月】の日付ページです。パソコンなどに保管していたファイルの喪失。そんな時にこそデータ復旧。
ハードディスク・PC機材などの保存機器の復元、復活についての詳細を解説しています。
また他のコンピューター製品やシステムの修復、トラブル解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。
身近で出来るパソコンセキュリティ対策は?
インターネットや社内をはじめオンライン,オフラインを問わず、
データは常に外部ユーザーへの漏洩(ろうえい)の危機にさらされていると言えます。

なぜならば世間には悪質な利用者も少なからず存在し、
日本国内や海外からハッキングやクラッキング、スパイウェアといった
不正なアクセスの手段で他のネットユーザーのパソコンの中身などが狙われます。

営業妨害や重要な個人情報、登録情報などのデータの盗み見をしてくるためで、
事前に何も準備していないと非常に危ない状態なので、必ず防御対策を施す必要があります。

貴重なデータを保護するためにはまずデータセキュリティソフトやプログラムで
コンピューターのシステムへの侵入と流出をガードする事が必須です。

しかし、さらに基本的な対策として、オフラインでもデータのチェックを心掛ける事が最も大切です。

身近でも出来る事で行わなくてはならない要素もたくさんあります。


データー漏洩防止の方法


・ウイルス、スパイウェア対策ソフトの定期更新を必ず行う。
・定期的にウイルス、スパイウェア感染のチェックを行う。
・データ漏洩対策に必要経費としてなるべく予算を惜しまない。
・ウェブサイトは必ずプライバシーポリシーのページを作成する。
・業務用パソコンにパスワード(暗証番号)を設定する。
・パソコン本体は使わないとき鍵を付けて保管する。
・パスワードやキーワードは人に見られないよう注意する。
・重要機密はメモや書類になるべく書かない。
・使い終わった重要書類はシュレッダーにかけて処分する。
・他人にパソコンや携帯のモニタの文面を見られないようにする。
・社員、店員への情報保護の教育とはしっかりと行う。
・末端側のミスや企業スパイによる情報流出防止を常に心がける。
セキュリティ対策方法 | セキュリティ
データ漏洩予防・セキュリティの機能とは?
現在は比較的話題になっていないものの、以前に「データ漏えい」のトラブルが
かなり世間で騒がれていた時期がありましたね。

企業機密の流出は下手をすれば会社の致命的ダメージや信用損失にも繋がりかねなく、
想像以上に恐ろしいトラブルと言えます。

漏えい対策


WindowsやMac OS X、Linuxのオペレーティングシステムや
パソコン内部のスペックに拡張機能、ツール、またデータ漏洩対策用のアプリケーション
種類やバージョンの違いによって、情報漏洩をガードできる範囲も違っていきます。

例えばWindowsのOSやインターネットエクスプローラー(InternetExplorer)が
旧バージョンの場合、システムの安全性も最新のものと比べて無防備という話もあります。

また、Google Chrome(グーグルクローム)やSafari(サファリ)、
Mozilla Firefox(モジラ・ファイアフォックス)やLunascape(ルナスケープ)は
ウェブブラウザの利用者数がInternet Explorerより少ないことから逆に、
悪質なユーザーやワームウイルスからの攻撃を受けにくい、という利点もあります。

Mac OS Xを用いたアップルのMacintoshパソコンやiMac、MacBook Pro/Airも、
Windowsパソコンより有害プログラムの種類が少なく被害を受けにくい部分もあります。

しかしどのハードウェアやウェブブラウザを利用するにしても、
ネットワークに繋ぐ以上は外部からの攻撃対象となるリスクは常にあるため、
セキュリティー面での防護対策をある程度は必ず行う必要があります。
セキュリティ対策方法 | セキュリティ
新潟県新潟市のデータ復旧サポート業者一覧
新潟県の政令指定都市:新潟市の市内に所在地を置かれていますデータ復旧サービスセンターと、
ファイルの復元の業務を実施されていますパソコンサポート店の一覧リストページです。

市内にご在宅の方、またはお勤めの方に、いざという時の失ったデータ復旧に
ぜひご参考までにお役立ていただければと思います。

※ひとつ注意すべき事としまして、データの復元作業を注文する際に、
 壊れた状態からの内部のファイルの回収によって救出できる機器は
 SDカード、DVD-R、CD-R、MO、USBメモリ、外付けHDD、NASなど各サービスセンターにより
 受付ができるか、コンピューターなどを出されてみる際に確認を行われる事をお薦めします。

普段ご家庭や法人で使われているパソコンも、高性能化や補助記憶装置の大容量化によって
ハードディスクやSSDといったパーツの安全性が求められる時代になってきました。

家庭用パソコンやNASにも、外付けハードディスクドライブを使用して
バックアップを行っていくように設備を整えていく事も大切です。

使用環境の改善と安全のために、これからは自宅や社内で使用しているPCなどでも、
全ての必要なデータはきちんと他の記憶メディア媒体に定期的にバックアップの作業で
こまめに保存していく事も、セキュリティのために必須となります。

また、壊れたハードディスクやメモリーカードを診てもらう時は、
深刻な症状の進行を防ぐために、一度、故障したと認識した後はできるかぎり
コネクタにそれ以上は差し込まず、使用されないことが重要です。
データ復旧サービスセンター | ハードウェア
ハードディスクドライブの異常による故障から復旧するには?
お使いのパソコンに入っている「ハードディスクドライブ」の状態はいかがでしょう?

HDDは大体使い始めてから3年~10年ほどの期間が製品として寿命の一つの目安です。

特にPC内蔵のローカルディスクやDドライブとしてディスク回転の頻度が高い状態で
使い続けていくうちに読み込み速度や反応が鈍くなったりと、次第に劣化の症状が表れていきます。

2.5インチハードディスク接続

HardDiskDriveの故障パターン


・数年以上の長期間の間使っていると、徐々に読み込みや動作が遅くなります。
・カリカリ音が鳴り始めたらヘッド吸着が起きている可能性があります。
・コントローラーやプラグなど表面の部品が割れたり欠けたりすると壊れてしまいます。
・ポータブルデバイスとして接続したらエラーが出て開けない、という事もあります。
・OSが起動せず、妙な音がPC内部から出始めたら高確率でヘッドクラッシュの状態です。

HardDiskDrive(データストレージ)を設置しているあたりの位置から
怪しい音がし始めたり、突然パソコンが止まってしまう、といった傾向が出た場合は、
特に要注意なのでただちに予備データのバックアップ保存をおすすめします。

ですが、PCを普段から使わなくとも、頻繁に使用していないHDDは
内部に湿気が充満したりする事が原因で、逆に壊れやすいとも言われています。
ハードディスクドライブ | HDDについて
ソフトウェアのプログラムのデータ破損トラブルから復旧するには?
パソコンにアプリケーションソフトウェアをインストールして使う時は、
内蔵ハードディスク(Cドライブ)にプログラムがセットアップされて保存されます。

使っていてしばらく経った後に、急にデータの読み込みができなくなったり、
ソフトウェアのウィンドウがパソコンおかしくなる時があります。

そんな時には、どのようにすれば復活できる?という疑問について。


ユーティリティ関連のアクシデント


・インストール時に中断エラーが出てしまう。
・CD/DVDドライブに挿入する際に、版面部分にキズが付いてしまった。
・システムのスペックやハードウェア環境が合わずに起動できない。
・初期状態のバージョンでよく起こるバグに遭遇してしまった。
・Discを放置していたら日光や高温、低音、高電圧、湿気などにやられてしまった。


WindowsやMacなどHDDのOSの状態が良くない、またはスペックが低くて最新ソフトウェアの
データが読み込めない場合と、ユーティリティ自体がおかしい場合に
ダウンロードまたはプログラム起動時に異常が起こることがあります。

どのプログラムをインストールしても異常が起こった場合はハードディスクや
OSの故障の可能性、一つか二つのソフトのみバグやエラーなどの異常が起こった場合、

または他のパソコンでもインストール時に異常が出た場合は、
最近のOSとの大きなスぺックの差やDiskそのものでのトラブルの可能性があります。
ソフトウェア | ソフトウェア


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-date-200712.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.