データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【サーバーダウンの復帰】のページです。パソコンの故障やエラーによる保管ファイルの喪失。そんな時にこそデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復や修理の手順など破損トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


こちらは『サーバーダウンの復帰』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧ページです。
サーバーダウンの復帰 のカテゴリ






ページ案内
下記のリストにてそれぞれのエントリーページの見出し文を新着順に掲載しています。

各文章の下部分にある、「エントリータイトル」と「続きを読む」と書かれたリンクから
コンテンツの本文と追記の一文が表示されたエントリーページへ入れます。

また、過去に作成したページも定期的に新しい内容に更新しています。

 


ファイルサーバーから削除したデータは復元できる?
LANやWANといったネットワークを通して複数のパソコンなどのコンピューターで
同じデータを必要とする人々、または複数のマシンで共有して
ストレージを使用できるファイルサーバー(file server)を使っている際に、

誤って必要なデータを共有フォルダーから削除してしまった場合は、
後から復元することはできる?という疑問について。

ファイルサーバ

[ファイルサーバの製品一覧]

・ロジテック:WSS2008R2搭載Cube型RAID5 NAS 4ドライブ 2TB
・QNAP:TVS-871T Thunderbolt2.0対応 10GbEインターフェース搭載
・NETGEAR Inc.:ReadyNAS NVX iSCSI対応 4HDD 8TBモデル RNDX4420-100AJS
・Turbo:NAS TS-859U-RP+
・Synology:RackStation RS2416RP+ クアッドコアCPU 冗長電源搭載12ベイNAS
・BUFFALO:テラステーション WSS R2 SE搭載 6ドライブ NAS 12TB WS5600DN1206S2
・アイ・オー・データ機器:WDRed搭載RAID6 NW接続HDD LANDISK XVW2.0T
・Thecus:3ベイ エントリーNASキット N3200PRO



まず、対象のファイルサーバーにWindowsやMac OS Xで言う「ゴミ箱」に当たる
予備の機能が備わってるかどうかを確かめます。

サービスで導入されているサーバのシステムの設定と仕様次第となるのですが、
例えばLinux系のマシンにある[.recycle](リサイクル)といったフォルダーがあれば、
そちらを開くと削除したファイルが移動されています。

「元に戻す」といった操作をするか、コピー&ペーストで復元します。

一定期間が過ぎると自動的にゴミ箱(trash box)から消去される設定になっている、
または管理側の運営で消去されていく可能性もあるため、
早めにデータを戻されることをおすすめします。
サーバーダウンの復帰 | サーバー
ファイルサーバの共有フォルダーにアクセスできない時は?
自宅もしくは自社内で運用されているNASなどのファイルサーバ(file server)を使用する際、
複数のパソコンなどで開く共有フォルダーにアクセスできない状態になった場合は、
何が原因で、どのようす対処すれば回復できる?という疑問について。

共有フォルダー

主なファイルサーバの製品一覧

・富士通:PRIMERGY RX1330 M1 16GB 4TB x4 (E3-1231v3/1U) WSS2012R2 STD
・Synology:RackStation RS18016xs+ クアッドコアXeon搭載 RS18016xs+
・BUFFALO:テラステーション WSS Windows Storage Server R2 NAS 24TB WS5600DN2406S2
・NETGEAR Inc. :ReadyNAS Pro iSCSI対応 12TBモデル RNDP6620-100AJS
・QNAP:Turbo NAS TS-869U-RP



まず、基本的なチェックの点として、サーバ本体の電源が付いているかどうかを確認します。

停電、ブレイカーの遮断で止まるとデータの喪失や故障の原因にもつながるため、
無停電電源装置(UPS)を購入して電源コードとの間に中継をされることをおすすめします。

サーバ本体がかなり過熱していたら、ルーム内の涼しく日の当たらない所に移動、
周囲に物を隣接して置かずにスペースを空ける、夏場はエアコンを付ける、
窓を開けておく、などの措置をします。

無線LANルーターの電源が付いているかどうかを確認します。

ルーターの方も過熱に弱い装置であるため、夏場は特に室内が暑くなりすぎないように注意します。

バッテリーが劣化してきたり熱で次第に膨張してきたら新品に交換します。

またNASのTeraStation(テラステーション)などの場合、
本体の電源を付けた時に、エラー音やエラーランプ、何かの問題発生のメッセージが
モニターに表示されていたりしないかどうかで、問題の種類を確認します。

たとえばファン(通気口)にホコリやゴミが溜まっていないかどうか、
ほか、内蔵されたハードディスクが故障していたりしないか、などが判別できます。

HDDが壊れている場合は、新品のハードディスクに交換をすれば直るのですが、
一台のみでRAID機能を使用していない場合に、中身の必要なデータが開けなくなって
バックアップもとれていない、という場合は、データリカバリーサービスに
壊れたHDDを出して、内部のファイルを救出してもらわれることを推奨します。
サーバーダウンの復帰 | サーバー
仮想ハードディスクのデータを修復するには?
仮想ハードディスク(Virtual Hard Disk:VHD)とは
コンピューター上の記憶領域に作成したフォルダやディレクトリをドライブとして
使用する技法の事で、通常と同じドライブ名を付けるなどして仮想的に運用します。

MicrosoftのOSでは、Windows7やWindowsServer2008 R2でVHDの作成が行える機能が
付与されて仮想化サーバなど仮想マシン【Virtual Machine:バーチャルマシン】を運営できます。

また、バーチャル・ハードディスクは『.vhd』という拡張子の特殊なファイルが
使われ、一台のパソコンやサーバに複数のOSをセットアップする手法を使えます。

データの記憶メディアといったリソースをシステム的に複数の論理リソースに
見せかけて仮想化する事で、実験的にいくつものオペレーティングシステムを
同時に起動させてアプリケーションを並行的に使う、といった手法も実現できます。

しかし通常の使い方に比べるとハードディスクやCPU、メモリへの負荷も高くなりやすく、
コンピューターのダウンやエラーをはじめとするトラブルがいつ起きるか分からないため、
ドライブ内の重要なデータは必ず他の外部記憶装置にバックアップを取ることも大切です。

Windows VistaやWindows7に標準で付いている『Complete PCバックアップ』、
あるいはウィンドウズサーバ2008の『Windows Serverバックアップ』でしたら
ディスクの仮想イメージをvhd形式でコピーする保存が使えます。
サーバーダウンの復帰 | 仮想化技術
サーバとストレージの違いとは?
「サーバ」(server)と「ストレージ」(storage)とは具体的にどのように違っていて、
またファイルの保護や失ったデータの復元を行う際の方法にはどのような違いがある?
という疑問について。

HDD

まず、ストレージ(storage)とは、「記憶装置」という意味です。
メモリー(memory)とも言います。

データを書き込みして保存しておき、後で読み込みできるようにしておくための装置で、
パソコンなどのコンピューターでは、主記憶装置であるメインメモリ(main memory)と、
補助記憶装置であるハードディスク(hard disk drive)またはSSD(solid state drive)

種類が分かれています。

CPUを高速でアクセスできるようにする記憶素子のメインメモリは一次記憶装置とも呼ばれ、
こちらは直接のデータの保存には使用されません。

ハードディスクやSSD、また外部の外付けHDDやUSBメモリ、SDメモリーカード、CF、DVD-R
などは電子データを拡張子のファイルとして保存する二次記憶装置となります。

また、RAIDも、複数のハードディスクで構成されたストレージとなります。

これらはWindowsやMac OS Xで増設やUSBコネクタからの接続により、
ストレートにアクセスして内部のデータを読み込むことができます。

最初にパソコンに繋げて正常に読み込めなかったら、一度取り外して再起動して、
またデバイスドライバの更新、削除をして再度つなげると修復されて開けることもあります。

パソコンを購入したばかりの時や、一度オペレーティングシステムを再インストールしてから
パソコン(Cドライブ)を初期化したばかりの状態の時は接続に関する一時的な問題は起きやすくなります。

もし誤って保存していたファイルを削除しても、別のストレージやクラウドサービスへのバックアップ、
または復元用のシステムやアプリケーションを使って比較的、個人で復旧しやすい媒体です。

ですが、より確実に消えたファイルを元に戻したい場合には、
プロのデータリカバリーサービスへのでの診断を受けることをおすすめします。
サーバーダウンの復帰 | サーバー
サーバのデータをサルベージするには?
サーバ(server)の語源は「給仕・奉仕する」という意味で、
コンピューターではご存知、外部にあるパソコンや携帯電話などの装置から
発信される要求を受け付けて処理を実行するための電子機器の事です。

サーバーは一般的なPCと違い、一台の家庭用サーバから企業で導入されている
数十、数百、数千台以上もの大規模なサーバーシステムまで様々な形があります。

サーバー関連製品の一例


・BUFFALO iSCSI対応TeraStation IS ラックマウントモデル6.0TB TS-RIX6.0TL/R5
・BUFFALO RAID5対応Windows Storage Server搭載モデル 12TB WS-6V12TL/R5
・BUFFALO テラステーション ネットワーク対応HDD(NAS) 1TB TS-WX1.0TL/R1

またコミュニケーションやメール、プリント、データベース、ファイル管理、
アプリケーションなど、通信処理を実行するプログラムによってそれぞれ専用のサーバもあります。

パソコンやプリンター、モバイル機器といった他のコンピューターと違い、
サーバはネットワークを通して常時クライアントからの要求に対応する
必要があるため、24時間365日と稼動し続けられるように設計されています。

しかし、サーバールームの冷却設備が不十分であったり、
マシンのスペック的なパワーが足りないと過熱が出て、作動がダウンしたり
ハードディスクの破損など深刻な故障を引き起こしてしまう場合があります。

また、年間ほぼ不休で稼動し続けるため、サーバの装置が次第に老朽化して
いつかはやはりコンピューターとしての寿命が来てしまいます。
サーバーダウンの復帰 | サーバー
Windows Server2008の安全管理とデータの復旧
Microsoft Windows Server2008【マイクロソフト・ウィンドウズ・サーバ2008】
とは、マイクロソフトより発売されています、サーバー向けのWindows OSです。

WindowsServer2003の後継種として登場しています。バージョン名は『Windows Server 2008 R2』。

64Bitと32Bit(ビット)の環境に対応されており、Windows PowerShell(ウィンドウズパワーシェル)の
スクリプトやServer Coreというインストールオプション、Hyper-V(仮想化マシンモニタ)などの
技術が新しく導入されています。

コンピュータやユーザーの管理を行うディレクトリサービスシステムも
新しく、『Active Directory』(アクティブ・ディレクトリ)が使われています。

ウィンドウズ・サーバーの安全対策


サーバのシステムは、クライアントからの処理要求を常時受信して応答を行う装置であるため、
多くの用途の場合で24時間365日、長時間連続で起動して使用する事となります。

そのためパソコンや携帯電話といった他の電子機器よりもハードディスクドライブなどの
精密な回路を中心に部品への負担もかかりやすく、いつ故障やダウンの障害が
発生するかもしれませんのでシステムやデーターの安全対策が必要不可欠となります。

まずは基礎的な保全管理として、セキュリティガイドの案内に沿って
ウイルス対策ソフトやファイアウォールを導入しましょう。

サーバの購入やWindowsServer2008のOSダウンロードの前に、通常の動作が可能な
推奨スペックの基準を満たしているかも確認を行いましょう。

もしもスペックが足りない場合は必ず部品の交換をしてもらうなどして
動作環境の基準を満たす事も重要です。

設置場所の周辺には機械に悪影響を与える物を置かないようにして、
またサーバールーム内野温度や湿度の調節も行えるよう整える事も大事です。

時々、ホコリやゴミの除去のために掃除も行いましょう。
サーバーダウンの復帰 | Windows Server 2008
Windows Home Serverで使うデータを復旧するには?
Windows Home Server(マイクロソフト・ウィンドウズ・ホームサーバー)とは
マイクロソフトで提供されているMicrosoft Windows Serverの一種で、
家庭向けのメディアサーバー専用のオペレーティングシステムです。

日本語版も販売されて一般ユーザーの間でも自宅サーバーといった形での普及も始まっています。
略称はWHS。またPower Pack3(パワーパック)という拡張機能も提供されています。

ウィンドウズホームサーバーの回復機能


長時間マシンを連続稼動させて使用する事が多いサーバーは内部回路の負担もかかりやすく、
ネットワークを通して大勢のユーザーと共有してアクセスしたりサービスを提供するため、
システムにも負荷を受けやすい点もあります。

そのため、急なシステムダウンや故障による停止トラブルに備えて
OSや更新データの状態を回復するための機能も備わっています。

まず、WHSの機能をリモートで管理できる『Windows Home Serverコンソール』が
いざという時の障害回復に役立ちます。

例として、「コンピュータとバックアップ」でログファイルやボリュームを元に戻したり、
『サーバーの記憶域』でストレージの追加や削除といったサーバーのリモート操作が行えます。

また、『バックアップの構成ウィザード』でホームコンピュータを10台まで管理して
バックアップを手動または定期的な自動設定で行い、たとえコンピュータが丸ごと物理的に故障しても
全ファイルとシステムをそのままの形でデータ保存媒体から別のマシンに書き写す事も出来ます。
サーバーダウンの復帰 | 自宅サーバー
システムダウン障害を早急に復旧させる為には?
Webサーバやメールサーバをはじめとするネットワークシステムを構築する際には
セキュリティポリシーの設定やLAN・ネットワーク構成の見直し、そしてファイアウォールサーバーの
設定やセキュリティホールの穴埋めなど数多くのセキュリティ対策が必要になります。

また簡単にマシンが異常を起こさないように、冷却設備やUPSを設置するなど、
コンピューターの環境整備も重要です。

しかし、ネットワークやハードウェアの防御をどれだけしっかりとしていてもシステムダウンは
ふとした事で頻繁に起こりえます。インターネットのウェブサービスや管理コンピューターでもよく
ダウン障害と復旧対策の話題が出てくるのが、わかりやすい一例ですね。

システムダウンが起きてしまうとそのサーバーやパソコンに発生した故障や
データ・プログラム破損の問題を解決するまで、公開中のウェブサービスや
コンピューターがずっと復旧できず停止したままになってしまいます。

システムが止まってしまう障害からすぐに切り替えて早急に運用を回復するには、
様々な対策を事前にコンピューター環境に施しておく事がとても重要です。

まず、停電により電力の供給が止まるアクシデントを防ぐには、
UPS【ユーピーエス・無停電電源装置】を購入して設置する事で、落雷や台風・地震による停電や
電気の瞬断による電源障害でコンピューターが使えなくなる事態を数時間ほど防止する事が出来ます。

次に、サーバー機器が過熱やシステムの破損で壊れてしまう場合を見越して、
なるべく予備のマシンを1台以上用意しておく事も大切です。
サーバーダウンの復帰 | サーバー
データ便の大容量転送サービスとは?
ネットワークを経由して 取引先の企業内パソコンやホームページのレンタルサーバー
(ファイルマネージャ)、家族や友人・友人にメールやFTPを使ってファイルを送信したい時、

インターネットの電子メールサービス等では制限があるため、容量が数十MBや数百MBと、
大型サイズの容量である場合、相手先のサーバ元に送信できない事があります。

そんな時の助っ人として、ファイル転送サービスの【データ便】が大変役立ちます。

画像やテキスト、動画ファイルなど、デジタルデータでしたらほぼ転送可能で、
メールの添付で送れない大型のファイルでも相手先のサーバに送信が可能です。

また、メール添付で送るよりもセキュリティが強化できる強みもあります。
サーバーダウンの復帰 | データベース
ディレクトリサーバーと内部ファイルが壊れた時の復旧
一般個人や企業用に幅広く普及した大容量記憶装置『ディレクトリサーバー』(ファイルサーバ/NASなど)
を使って、複数のコンピューターの端末にネットワークで接続してデータを取り扱ったり、
様々な種類の大容量のデーターやプログラムをディレクトリ化(階層化)して保管・運営する方法を
導入すると、個人・法人のデータや提供サービスなどのコンピューターを運営するのに非常に便利です。

UNIX系OSのルートディレクトリやカレントディレクトリなどの構成でファイルシステムを整理するなど、
コンピューターのシステムにフォルダで階層構造を構成する事でユーザーおきに、
またはジャンルごとに区分けする方法が大変役立ちます。

NASの認識

しかしながら長時間の連続稼動や、外部クライアントからのアクセス・ログインの集中により
一台のサーバーに負荷がかかったり、また記憶データをHDDの容量ギリギリまで埋めてしまったり、
PCウイルスやスパイウェアなどの有害なファームウェアが混じってしまう事で
ディレクトリまたはファイルが壊れてしまう場合があります。

あるいは、誤った必要なファイルを消去したり、NASのRAIDのディスクアレイ構成の
設定変更などの作業で間違えてフォーマットしてしまった場合など。

そんな時、どのようにすればディレクトリサーバーとその内部のデータを復旧できる?という疑問について。
サーバーダウンの復帰 | サーバー
各種サーバーの故障時にデータ復旧を行う時には?
ネットワークに接続して多数のクライアントコンピュータにデータを共有して提供するための
電子演算装置:サーバにはその用途に応じた様々な種類がありまして、主に
  • FTPサーバー
  • ウェップサーバー
  • ファイルサーバー
  • プリントサーバー
  • データベースサーバー
  • アプリケーションサーバー
  • メールサーバー
  • DNSサーバ
とそれぞれ分類されています。


主なマイクロサーバーの製品一覧


・[HP](ヒューレット・パッカード): MicroServer マイクロサーバー N54L proliant-500
・[I-O DATA](アイオーデータ):Windows Storage Server 2003 R2搭載サーバー HDLM2-G1.0WIN
・[BUFFALO](バッファロー):RAID1対応 Windows Storage Server搭載モデル WS-WV2.0TL/R1
・[Logitec](ロジテック): Windows Storage Server 2003 R2搭載 LSV-5S8000/4R
・[Synology](シノロジー):DiskStation DS713+ NASサーバー CS4122 DS713+
・[富士通](Fujitsu):PRIMERGY TX100 S3 OSレス-250GB×1 PYT10PZD2U
・[サイレックステクノロジー]:Wireless USBデバイスサーバ SX-DS-3000WAN
・[PLANEX](プラネックス):USBプリントサーバ機能搭載4ポートBBルータ BRL-04UR


これらは24時間フル稼働で使用するものが多いため、内部に搭載されている
ハードデイスクドライブなどにも負荷が非常にかかりやすく、システムダウンや
レイドコントローラー、またはファイルシステム、コンフィギュレーションの損壊、
起動が突然できなくなる、といった故障にいずれは見舞われてしまいます。

そのため、バックアップや予備で稼動できるためのシステム管理などをこまめに行う必要もあります。

サーバのファイルシステムはFAT16やFAT32・VFAT・NTFS5・ext2hfs・FFS・UFSなどがあり、
これらが破損を起こしてしまうと復元が困難になりますので日々管理や保管を念入りに行われてください。

基本的にパソコンよりも容量が多く、特に企業のように何台~何十台ものサーバを
運営させている場合はソフトウェアを用いたデータの復旧では回復できる範囲にも
限界がありますので、故障やダウンによりファイルが失われてしまった場合は
大手のデータ復旧サービスセンターにご依頼をされる事をお薦めします。
サーバーダウンの復帰 | サーバー
ファイルサーバーの障害を防止・修復するには?
ファイルサーバ [FileServer]とはネットワーク上にて他の外部コンピューター機器と
LANやWANを通してデーターを共有管理し合う機能を持つハードウェア装置です。

これによりUSBカードやMO、DVD-Rなどのリムーバブルメディアにその都度
データをコピーして持ち運ばなければならない手間と時間を省けます。

またネットワークを介して、共有フォルダーなどで一括で管理して編集を行う事が可能です。

他に プリンターを共有できるプリントサーバ [PrintServer]や、
専用装置のNAS [Network Attached Storage](ネットワークアタッチストレージ)といった
家庭用・法人用の小型のサーバ製品も販売されて、幅広く普及しています。

注意点としては、本来複数のPCで保管・管理する機能を一括で稼動させているため
より負荷がかかりやすくなります。

クライアントからのアクセスが集中した場合に起こりやすい
システムダウンが発生してしまう可能性に、気を配る必要があります。

また、パソコンと同じく内部にはハードディスクドライブが搭載されています。

そのためいつかはヘッドクラッシュ障害などが発生する事を念頭において、
なるべく多重化のRAID方式を用いてHDD一台あたりのリスクを分散させたり、
バックアップをこまめに取っておくなどの対策を取るようにしてみましょう。

アプリケーション・スイッチ(Application switch)やモデム(Modem)など
インターネットの経由機器が壊れてしまうアクシデントの障害が発生した場合も、
インターネットが切断されてWebアプリケーションサーバーなどが
連鎖的に使えなくなりますので、他の機器の状態にも気を配る事も大切です。

リンクステーションやテラステーション、ランディスクを企業用にフル稼動で使う場合でしたら、
真夏に熱暴走などの障害が起きないように、置き場にも気を付けなければなりません。
サーバーダウンの復帰 | サーバ
WEBレンタルサーバー上で消えたデータは元に戻せる?
インターネット上にはホームページやウェブログ、電子メール、ブックマーク、RSS、
掲示板、SNS、クラウド、アップローダー、アプリなどの便利な機能を使える
WEBレンタルサーバーの1スペースをドメイン登録して使用する事ができる
大変便利なWEB環境の提供サービスがたくさん用意されています。

そしてその中に、サーバーの一部をスペースの貸し出しという形で運用できる
「レンタルサーバー」(rental server、ホスティングサービス)もあります。

ネットワークシステム

主なレンタルサーバー(またはアカウントサービス)にGoogle Apps、Yahoo!1Japan、XREA.COM、
FC2、seesaa、goo、excite、biglobe、nifty、忍者TOOL、ぶっとびねっと、Netcom、インフォシーク、
さくら、バリューネット、livedoor など、非常にたくさんのサービスが存在します。

しかしながらパソコン内部のハードディスクドライブや外付けのRAID、
またLinkStationやLandiskなどのNASや自宅・自社内のサーバとは違い、
自分では全システムの管理や、無くなったファイルを再帰させる操作を行う事はできず、
サーバ元の運営管理会社にある程度のデータの保管を任せる形になります。

ファイルマネージャのデータベース


サーバー上のファイルやテキストを間違えて上書きや削除をしてしまったり、
管理元でのデータベースエラーによる損失のアクシデントが起こった場合について。

万が一、レンタルサーバースぺース内のデータが破損してしまった場合は
保存された領域が外部サーバーにあるために、OSに標準搭載された回復機能や
データ復元ソフトなどでの修復が基本的にユーザー側では行えません。

何とかして消えたファイルを復活させたい場合には、
レンタルサーバー上で何かの回復機能が用意されていればそちらを使います。

または、システム管理をされているスタッフの方々に行ってもらう形になります。
サーバーダウンの復帰 | サーバー
サーバー対応のデータ復旧サービス業者一覧
ネットワークで通信先のクライアントにサービスを提供するコンピューター装置
『サーバー』(server)、またはそのシステムを搭載したNASなどの機器で、

内部のハードディスクなどのデータ記憶装置に保存されていたファイルを間違えて削除してしまったり、
物理障害の影響で故障してしまった時にデータ救出のサポートに対応されている、日本全国各地の
「データ復旧サービス業者」の一覧リストコーナーです。

個人や自社内のファイルサーバーから誤って削除や初期化操作で消去してしまったり、
サーバーダウンの障害やOSのシステム障害、アクセスエラーなどで読み込みできない時や、
HDDやサーバー本体の物理的な破損による故障で開けなくなった際にもお役立てください。
サーバーダウンの復帰 | サーバー
サーバーが故障または内部データが破損した時は?
サーバーは膨大な管理データを24時間毎日フル稼動で処理し続けるため、企業・個人用問わず
常に故障の危機と隣り合わせ、といえます。そのトラブルにも様々な一例が挙げられます。

故障の事例
  • 一時的なアクセス増加による負荷でエラーが発生しサーバーダウンした。
  • 間違ってシステムファイルを削除してしまった。
  • ディレクトリやプログラムファイルが壊れた。
  • フォーマットの指示が出た。
  • 停電などで電源が落ちた。
  • 落雷や水害でショートしてしまった。
  • ぶつけた、落とした、倒したなどの物理的衝撃で故障した。
  • エラー音・電磁警告音が鳴った。

サーバ障害の回復


ネットワークのクライアント側のアクセス増大により処理速度が鈍くなる、
など一定時間経つと解消されて自動的に戻る程度の軽い負担も多いです。

また、Windows Server2008(ウインドウズ・サーバー)や
Mac OS X Server(マッキントッシュ製のサーバー)等のシステムが一時的にエラーを引き起こしていて、
ある程度時間をおいて様子を見るか、回復プログラムを起動して修復ができることもあります。

ですが、例えば高密度サーバー(ブレード・サーバー)に使われているCPU
(中央演算処理装置)が処理性能の不足で激しく発熱して他の部品と共に
焼き焦げやショートを起こしてしまい機械そのものがクラッシュしてしまうと
マシン全体が壊れて瞬時に停止してしまう危険も高くなってしまいます。
サーバーダウンの復帰 | サーバ
サーバーダウンによるデータ障害とその復旧方法は?
サーバー(サーバ、server)とは元々コンピュータ間で役割分担を担う呼称で、
パソコン同士の膨大なアクセス・クライアントのデータをスムーズに処理するための装置です。

ソフトウェアのサーバーとハードウェアのサーバーの二種類が存在します。

Windows Server2008や2003、HomeServerといったウィンドウズサーバーのOSで
稼動するコンピューターが一般的にも特に有名ですね。


サーバ稼動時の多大な負荷


使わないとき電源をオフにできるパソコンや周辺機器と違いサーバーは24時間
年中、つまりは動かし始めたら機械の寿命が来るまで稼動し続けなければ
ならないため、内部パーツへの負荷もはるかにかかります。

アプリケーション・パーティショニング(Application Partitioning)という、
複数のサーバを使って分散して管理し、マシーン一台辺りにかかる負担を
分散させたり障害の回復に強くする機能も説教区的に導入していきましょう。

また外部コンピュータからのクライアントにほぼサーバーが応えているので、
オンラインストレージや電子メール、ソーシャルネットワークのように
時間帯によって一度に莫大なアクセスが来るとデータ処理に多大な負荷がかかる事もあります。

DOS/Vマシーンのように耐久性もその分、高く設計されているのですが、
それでもこの負荷がかかりすぎるといわゆるサーバーダウンが起こり
サイトにアクセスできなくなり、一時的にウェブサービスなどページが閲覧できなくなります。

また、症状が重い時はサーバー内のデータが破損してしまう可能性もあります。
サーバーダウンの復帰 | サーバ
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-category-6.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.