データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【サーバーダウンの復帰】のページです。パソコンの故障やエラーによる保管ファイルの喪失。そんな時にこそデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復や修理の手順など破損トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


こちらは『サーバーダウンの復帰』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧ページです。
サーバーダウンの復帰 のカテゴリ









ページ案内
下記のリストにてそれぞれのエントリーページの見出し文を新着順に掲載しています。

各文章の下部分にある、「エントリータイトル」と「続きを読む」と書かれたリンクから
コンテンツの本文と追記の一文が表示されたエントリーページへ入れます。

また、過去に作成したページも定期的に新しい内容に更新しています。

 


仮想ハードディスクのデータを修復するには?
仮想ハードディスク(Virtual Hard Disk:VHD)とは
コンピューター上の記憶領域に作成したフォルダやディレクトリをドライブとして
使用する技法の事で、通常と同じドライブ名を付けるなどして仮想的に運用します。

MicrosoftのOSでは、Windows7やWindowsServer2008 R2でVHDの作成が
行える機能が付与されていまして、仮想化サーバといった
仮想マシン【Virtual Machine:バーチャルマシン】を運営できます。

また、バーチャル・ハードディスクは『.vhd』という拡張子の特殊なファイルが
使われ、一台のパソコンやサーバに複数のOSをセットアップする手法を使えます。

データの記憶メディアといったリソースをシステム的に複数の論理リソースに
見せかけて仮想化する事で、実験的にいくつものオペレーティングシステムを
同時に起動させてアプリケーションを並行的に使う、といった手法も実現できます。

しかし通常の使い方に比べるとハードディスクやCPU、メモリへの負荷も
高くなりやすく、コンピューターのダウンやエラーをはじめとするトラブルが
いつ起きるか分からないため、ドライブ全体にあるすべての重要なデータは
必ず他の外部記憶装置にバックアップを取っていく事も大切です。

Windows VistaやWindows7に標準で付いている『Complete PCバックアップ』、
あるいはウィンドウズサーバ2008の『Windows Serverバックアップ』でしたら
ディスクの仮想イメージをvhd形式でコピーする保存が使えます。
サーバーダウンの復帰 | 仮想化技術
サーバのデータをサルベージするには?
サーバ(server)の語源は「給仕・奉仕する」という意味で、
コンピューターではご存知、外部にあるパソコンや携帯電話などの装置から
発信される要求を受け付けて処理を実行するための電子機器の事です。

サーバーは一般的なPCと違い、一台の家庭用サーバから企業で導入されている
数十、数百、数千台以上もの大規模なサーバーシステムまで様々な形があります。

サーバー関連製品の一例


・BUFFALO iSCSI対応TeraStation IS ラックマウントモデル6.0TB TS-RIX6.0TL/R5
・BUFFALO RAID5対応Windows Storage Server搭載モデル 12TB WS-6V12TL/R5
・BUFFALO テラステーション ネットワーク対応HDD(NAS) 1TB TS-WX1.0TL/R1

またコミュニケーションやメール、プリント、データベース、ファイル管理、
アプリケーションなど、通信処理を実行するプログラムによって
それぞれ専用のサーバもあります。

パソコンやプリンター、モバイル機器といった他のコンピューターと違い、
サーバはネットワークを通して常時クライアントからの要求に対応する
必要があるため、24時間365日と稼動し続けられるように設計されています。

しかし、サーバールームの冷却設備が不十分であったり、
マシンのスペック的なパワーが足りないと過熱が出て、作動がダウンしたり
ハードディスクの破損など深刻な故障を引き起こしてしまう場合があります。

また、年間ほぼ不休で稼動し続けるため、サーバの装置が次第に老朽化して
いつかはやはりコンピューターとしての寿命が来てしまいます。
サーバーダウンの復帰 | サーバー
Windows Server2008の安全管理とデータの復旧
Microsoft Windows Server2008【マイクロソフト・ウィンドウズ・サーバ2008】
とは、マイクロソフトより発売されています、サーバー向けのWindows OSです。

名称の通り、り2008年にWindowsServer2003の後継種として登場しています。
現在の最新バージョンは『Windows Server 2008 R2』。

64Bitと32Bit(ビット)の環境に対応されており、
Windows PowerShell(ウィンドウズパワーシェル)のスクリプトや
Server Coreというインストールオプション、Hyper-V(仮想化マシンモニタ)
などの技術が新しく導入されています。

コンピュータやユーザーの管理を行うディレクトリサービスシステムも
新しく、『Active Directory』(アクティブ・ディレクトリ)が使われています。

ウィンドウズ・サーバーの安全対策


サーバのシステムは、クライアントからの処理要求を常時受信して
応答を行う装置であるため、多くの用途の場合で24時間365日、
長時間連続で起動して使用する事となります。

そのためパソコンや携帯電話といった他の電子機器よりも
ハードディスクドライブなどの精密な回路を中心に部品への負担も
かかりやすく、いつ故障やダウンの障害が発生するかもしれませんので
システムやデーターの安全対策が必要不可欠となります。

まずは基礎的な保全管理として、セキュリティガイドの案内に沿って
ウイルス対策ソフトやファイアウォールを導入しましょう。

サーバの購入やWindowsServer2008のOSダウンロードの前に、通常の動作が可能な
推奨スペックの基準を満たしているかも確認を行いましょう。

もしもスペックが足りない場合は必ず部品の交換をしてもらうなどして
動作環境の基準を満たす事も重要です。

設置場所の周辺には機械に悪影響を与える物を置かないようにして、
またサーバールーム内野温度や湿度の調節も行えるよう整える事も大事です。

時々、ホコリやゴミの除去のために掃除も行いましょう。
サーバーダウンの復帰 | Windows Server 2008
Windows Home Serverで使うデータを復旧するには?
Windows Home Server(マイクロソフト・ウィンドウズ・ホームサーバー)とは
マイクロソフトで提供されているMicrosoft Windows Serverの一種で、
家庭向けのメディアサーバー専用のオペレーティングシステムです。

2008年より日本語版も販売されて一般ユーザーの間でも自宅サーバーといった
形での普及も始まっています。略称はWHS
またPower Pack3(パワーパック)という拡張機能も提供されています。

ウィンドウズホームサーバーの回復機能


長時間マシンを連続稼動させて使用する事が多いサーバーは
内部回路の負担もかかりやすく、ネットワークを通して大勢のユーザーと
共有してアクセスしたりサービスを提供するため、システムにも
負荷を受けやすい点もあります。

そのため、急なシステムダウンや故障による停止トラブルに備えて
OSや更新データの状態を回復するための機能も備わっています。

まず、WHSの機能をリモートで管理できる『Windows Home Serverコンソール』が
いざという時の障害回復に役立ちます。

例として、「コンピュータとバックアップ」でログファイルやボリュームを
元に戻したり、『サーバーの記憶域』でストレージの追加や削除といった
サーバーのリモート操作が行えます。

また、『バックアップの構成ウィザード』でホームコンピュータを10台まで
管理してバックアップを手動または定期的な自動設定で行い、
たとえコンピュータが丸ごと物理的に故障しても全ファイルとシステムを
そのままの形でデータ保存媒体から別のマシンに書き写す事も出来ます。
サーバーダウンの復帰 | 自宅サーバー
システムダウン障害を早急に復旧させる為には?
Webサーバやメールサーバをはじめとするネットワークシステムを構築する際には
セキュリティポリシーの設定やLAN・ネットワーク構成の見直し、
そしてファイアウォールサーバーの設定やセキュリティホールの穴埋めなど
数多くのセキュリティ対策が必要になります。

また簡単にマシンが異常を起こさないように、冷却設備やUPSを設置するなど、
コンピューターの環境整備も重要です。

しかし、ネットワークやハードウェアの防御をどれだけしっかりとしていても
システムダウンはふとした事で頻繁に起こりえます。

インターネットのウェブサービスや管理コンピューターでもよく
ダウン障害と復旧対策の話題が出てくるのが、わかりやすい一例ですね。

システムダウンが起きてしまうとそのサーバーやパソコンに発生した故障や
データ・プログラム破損の問題を解決するまで、公開中のウェブサービスや
コンピューターがずっと復旧できず停止したままになってしまいます。

システムが止まってしまう障害からすぐに切り替えて早急に運用を回復するには、
様々な対策を事前にコンピューター環境に施しておく事がとても重要です。

まず、停電により電力の供給が止まるアクシデントを防ぐには、
UPS【ユーピーエス・無停電電源装置】を購入して設置する事で、
落雷や台風・地震による停電や電気の瞬断による電源障害で
コンピューターが使えなくなる事態を数時間ほど防止する事が出来ます。

次に、サーバー機器が過熱やシステムの破損で壊れてしまう場合を見越して、
なるべく予備のマシンを1台以上用意しておく事も大切です。
サーバーダウンの復帰 | サーバー
データ便の大容量転送サービスとは?
ネットワークを経由して 取引先の企業内パソコンや
ホームページのレンタルサーバー(ファイルマネージャ)、
家族や友人・友人にメールやFTPを使ってファイルを送信したい時、

フリーメール等では制限があるため、容量が数十MBや数百MBと、
大型サイズの容量である場合、相手先のサーバ元に送信できない事があります。

そんな時の助っ人として、無料転送サービスの【データ便】が大変役立ちます。

画像やテキスト、動画ファイルなど、デジタルデータでしたらほぼ転送可能で、
メールの添付で送れない大型のファイルでも無料で相手先のサーバに
送信が可能です。

また、メール添付で送るよりもセキュリティが強化できる強みもあります。
サーバーダウンの復帰 | データベース
ディレクトリサーバーと内部ファイルが壊れた時の復旧
一般個人や企業用に幅広く普及しています大容量記憶装置
ディレクトリサーバー』(ファイルサーバ、NASなど)を使って、、
複数のコンピューターの端末にネットワークで接続してデータを取り扱ったり、

様々な種類の大容量のデーターやプログラムをディレクトリ化(階層化)して
保管・運営する方法を導入されてみると、
個人・法人のデータや提供サービスなどのコンピューターを運営していくのに非常に便利です。

UNIX系OSのルートディレクトリやカレントディレクトリなどの構成で
ファイルシステムを整理するなど、
コンピューターのシステムにフォルダで階層構造を構成する事でユーザーおきに、
またはジャンルごとに区分けする方法が大変役立ちます。

NASの認識

しかしながら長時間の連続稼動や、外部クライアントからのアクセス・ログインの
集中により一台のサーバーに負荷がかかったり、

また記憶データをHDDの容量ギリギリまで埋めてしまったり、
PCウイルスやスパイウェアなどの有害なファームウェアが混じってしまう事で
ディレクトリまたはファイルが壊れてしまう場合があります。

あるいは、誤った必要なファイルを消去したり、NASのRAIDのディスクアレイ構成の
設定変更などの作業で間違えてフォーマットしてしまった場合など。

そんな時には、どのようにすればディレクトリサーバーとその内部のデータを復旧できる?
という疑問について。
サーバーダウンの復帰 | サーバー
各種サーバーの故障時にデータ復旧を行う時には?
ネットワークに接続して多数のクライアントコンピュータにデータを共有して
提供するための電子演算装置:サーバにはその用途に応じた
様々な種類がありまして、主に
  • FTPサーバー
  • ウェップサーバー
  • ファイルサーバー
  • プリントサーバー
  • データベースサーバー
  • アプリケーションサーバー
  • メールサーバー
  • DNSサーバ

とそれぞれ分類されています。


主なマイクロサーバーの製品一覧


・[HP](ヒューレット・パッカード): MicroServer マイクロサーバー N54L proliant-500
・[I-O DATA](アイオーデータ):Windows Storage Server 2003 R2搭載サーバー HDLM2-G1.0WIN
・[BUFFALO](バッファロー):RAID1対応 Windows Storage Server搭載モデル WS-WV2.0TL/R1
・[Logitec](ロジテック): Windows Storage Server 2003 R2搭載 LSV-5S8000/4R
・[Synology](シノロジー):DiskStation DS713+ NASサーバー CS4122 DS713+
・[富士通](Fujitsu):PRIMERGY TX100 S3 OSレス-250GB×1 PYT10PZD2U
・[サイレックステクノロジー]:Wireless USBデバイスサーバ SX-DS-3000WAN
・[PLANEX](プラネックス):USBプリントサーバ機能搭載4ポートBBルータ BRL-04UR



これらは24時間フル稼働で使用するものが多いため、内部に搭載されている
ハードデイスクドライブなどにも負荷が非常にかかりやすく、システムダウンや
レイドコントローラー、またはファイルシステム、コンフィギュレーションの損壊、
起動が突然できなくなる、といった故障にいずれは見舞われてしまいます。

そのため、バックアップや予備で稼動できるためのシステム管理などを
こまめに行う必要もあります。

サーバのファイルシステムはFAT16やFAT32・VFAT・NTFS5・ext2hfs・FFS・UFS
などがあり、これらが破損を起こしてしまうと復元が困難になりますので日々管理や
保管を念入りに行われてください。

基本的にパソコンよりも容量が多く、特に企業のように何台~何十台ものサーバを
運営させている場合はソフトウェアを用いたデータの復旧では回復できる範囲にも
限界がありますので、故障やダウンによりファイルが失われてしまった場合は
大手のデータ復旧サービスセンターにご依頼をされる事をお薦めします。
サーバーダウンの復帰 | サーバー
ファイルサーバーの障害を防止・修復するには?
ファイルサーバ [FileServer]とはネットワーク上にて他の外部コンピューター機器と
LANやWANを通してデーターを共有管理し合う機能を持つハードウェア装置です。

これによりUSBカードやMO、DVD-Rなどのリムーバブルメディアにその都度
データをコピーして持ち運ばなければならない手間と時間を省けます。


またネットワークを介して、共有フォルダーなどで一括で管理して編集を行う事が可能です。

他に プリンターを共有できるプリントサーバ [PrintServer]や、
専用装置のNAS [Network Attached Storage](ネットワークアタッチストレージ)といった
家庭用・法人用の小型のサーバ製品も販売されて、幅広く普及しています。

注意点としては、本来複数のPCで保管・管理する機能を一括で稼動させているため
より負荷がかかりやすくなります。

クライアントからのアクセスが集中した場合に起こりやすい
システムダウンが発生してしまう可能性に、気を配る必要があります。

また、パソコンと同じく内部にはハードディスクドライブが搭載されています。

そのためいつかはヘッドクラッシュ障害などが発生する事を念頭において、
なるべく多重化のRAID方式を用いてHDD一台あたりのリスクを分散させたり、
バックアップをこまめに取っておくなどの対策を取るようにしてみましょう。

アプリケーション・スイッチ(Application switch)やモデム(Modem)など
インターネットの経由機器が壊れてしまうアクシデントの障害が発生した場合も、
インターネットが切断されてWebアプリケーションサーバーなどが
連鎖的に使えなくなりますので、他の機器の状態にも気を配る事も大切です。

リンクステーションやテラステーション、ランディスクを企業用にフル稼動で使う場合でしたら、
真夏に熱暴走などの障害が起きないように、置き場にも気を付けなければなりません。
サーバーダウンの復帰 | サーバ
WEBレンタルサーバー上で消えたデータは元に戻せる?
インターネット上にはホームページやウェブログ、電子メール、ブックマーク、RSS、
掲示板、SNS、クラウド、アップローダー、アプリなどの便利な機能を使える
WEBレンタルサーバーの1スペースをドメイン登録して使用する事ができる
大変便利なWEB環境の提供サービスがたくさん用意されています。

そしてその中に、サーバーの一部をスペースの貸し出しという形で運用できる
「レンタルサーバー」(rental server、ホスティングサービス)もあります。

ネットワークシステム

主なレンタルサーバー(またはアカウントサービス)に
Google Apps、Yahoo!1Japan、XREA.COM、FC2、seesaa、goo、excite、biglobe、
nifty、忍者TOOL、ぶっとびねっと、Netcom、インフォシーク、さくら、バリューネット、
livedoor など、非常にたくさんのサービスが存在します。

しかしながらパソコン内部のハードディスクドライブや外付けのRAID、
またLinkStationやLandiskなどのNASや自宅・自社内のサーバとは違い、
自分では全システムの管理や、無くなったファイルを再帰させる操作を行う事はできず、
サーバ元の運営管理会社にある程度のデータの保管を任せる形になります。

ファイルマネージャのデータベース


サーバー上のファイルやテキストを間違えて上書きや削除をしてしまったり、
管理元でのデータベースエラーによる損失のアクシデントが起こった場合について。

万が一、レンタルサーバースぺース内のデータが破損してしまった場合は
保存された領域が外部サーバーにあるために、OSに標準搭載された回復機能や
データ復元ソフトなどでの修復が基本的にユーザー側では行えません。

何とかして消えたファイルを復活させたい場合には、
レンタルサーバー上で何かの回復機能が用意されていればそちらを使います。

または、システム管理をされているスタッフの方々に行ってもらう形になります。
サーバーダウンの復帰 | サーバー
サーバー対応のデータ復旧サービス業者一覧
ネットワークで通信先のクライアントにサービスを提供するコンピューター装置
『サーバー』(server)、またはそのシステムを搭載したNASなどの機器で、

内部のハードディスクなどのデータ記憶装置に保存されていたファイルを
間違えて削除してしまったり、物理障害の影響で故障してしまった時に
データ救出のサポートに対応されている、日本全国各地の
「データ復旧サービス業者」の一覧リストコーナーです。

個人や自社内のファイルサーバーから誤って削除や初期化操作で消去してしまったり、
サーバーダウンの障害やOSのシステム障害、アクセスエラーなどで読み込みできない時や、
HDDやサーバー本体の物理的な破損による故障で開けなくなった際にもお役立てください。

(2014年7月更新)
サーバーダウンの復帰 | サーバー
サーバーが故障または内部データが破損した時は?
サーバーは膨大な管理データを24時間毎日フル稼動で処理し続けるため、
企業・個人用問わず常に故障の危機と隣り合わせ、といえます。
そのトラブルにも様々な一例が挙げられます。

故障の事例
  • 一時的なアクセス増加による負荷でエラーが発生しサーバーダウンした。
  • 間違ってシステムファイルを削除してしまった。
  • ディレクトリやプログラムファイルが壊れた。
  • フォーマットの指示が出た。
  • 停電などで電源が落ちた。
  • 落雷や水害でショートしてしまった。
  • ぶつけた、落とした、倒したなどの物理的衝撃で故障した。
  • エラー音・電磁警告音が鳴った。

サーバ障害の回復


ネットワークのクライアント側のアクセス増大により処理速度が鈍くなる、
など一定時間経つと解消されて自動的に戻る程度の軽い負担も多いです。

また、Windows Server2008(ウインドウズ・サーバー)や
Mac OS X Server(マック・オーエス・テン・サーバー)等のシステムが
一時的にエラーを引き起こしていて、ある程度時間をおいて様子を見るか、
回復プログラムを起動して直せる事もあります。

ですが、例えば高密度サーバー(ブレード・サーバー)に使われているCPU
(中央演算処理装置)が処理性能の不足で激しく発熱して他の部品と共に
焼き焦げやショートを起こしてしまい機械そのものがクラッシュしてしまうと
マシン全体が壊れて瞬時に停止してしまう危険も高くなってしまいます。
サーバーダウンの復帰 | サーバ
サーバーダウンによるデータ障害とその復旧方法は?
サーバー(サーバ、server)とは元々コンピュータ間で役割分担を担う呼称で、
簡単に書くと パソコン同士の膨大なアクセス・クライアントのデータをスムーズに
処理するための装置です。

ソフトウェアのサーバーとハードウェアのサーバーの二種類が存在します。

Windows Server2008や2003、HomeServerといったウィンドウズサーバーのOSで
稼動するコンピューターが一般的にも特に有名ですね。


サーバ稼動時の多大な負荷



使わないとき電源をオフにできるパソコンや周辺機器と違いサーバーは24時間
年中、つまりは動かし始めたら機械の寿命が来るまで稼動し続けなければ
ならないため、内部パーツへの負荷もはるかにかかります。

アプリケーション・パーティショニング(Application Partitioning)という、
複数のサーバを使って分散して管理し、マシーン一台辺りにかかる負担を
分散させたり障害の回復に強くする機能も説教区的に導入していきましょう。

また外部コンピュータからのクライアントにほぼサーバーが応えているので、
オンラインストレージや電子メール、ソーシャルネットワークのように
時間帯によって一度に莫大なアクセスが来るとデータ処理に多大な負荷がかかる事もあります。

DOS/Vマシーンのように耐久性もその分、高く設計されているのですが、
それでもこの負荷がかかりすぎるといわゆるサーバーダウンが起こり
サイトにアクセスできなくなり、一時的にウェブサービスなどページが閲覧できなくなります。

また、症状が重い時はサーバー内のデータが破損してしまう可能性もあります。
サーバーダウンの復帰 | サーバ
 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-category-6.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.