データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【デバイスが認識しない】のページです。パソコンの故障やエラーによる保管ファイルの喪失。そんな時にこそデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復や修理の手順など破損トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


こちらは『デバイスが認識しない』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧ページです。
デバイスが認識しない のカテゴリ






ページ案内
下記のリストにてそれぞれのエントリーページの見出し文を新着順に掲載しています。

各文章の下部分にある、「エントリータイトル」と「続きを読む」と書かれたリンクから
コンテンツの本文と追記の一文が表示されたエントリーページへ入れます。

また、過去に作成したページも定期的に新しい内容に更新しています。

 


MacBook Airに外付けHDDが読み込みできない時は?
Apple社から開発・販売されている薄型のノートブック型パソコン
「MacBook Air」はデスクトップPCではなく、
またデータ記憶装置にはメモリーカード型の薄いSSDが使われている仕様の製品です。

ハードディスクドライブの増設や交換ができず、そのため大容量のデータを保存するには、
USB外付けハードディスクドライブなどの記憶装置を使用していきます。

ですが接続の際に外付けHDDと内部のデータが読み込みできない場合は、
どうすれば復旧できる?という疑問について。

外付けHDDの接続

USBハブの確認


まず、MacBook Airはデスクトップパソコンや大きめのサイズのノートパソコンと違い、
USBポートが側面に一箇所付いているのみです。

そのままではUSB機器が一つしか使えないため、同時に複数のハードウェアを接続するためには
Mac OS Xに対応されているUSBハブを差し込みます。

もし、このUSBハブに差し込んだ際に外付けHDDが読み込みできない、という場合は、
一度コネクタを取り外して、USBハブを経由せずに直接MacBook Airのコネクタに繋げてみます。

プラグにゴミや埃が挟まっていないかどうかも確認してください。

もし水濡れの影響でコネクタが錆びていたり、強い圧迫の影響で割れていたりしたら、
USBケーブルが取り外し可能な製品であれば、メーカー先のカスタマーサポートセンターに
問い合わせて、代わりのUSBケーブルを取り寄せて交換します。

MacBook Airの方のUSBポートが破損している場合は、代わりになるUSBポートがないため、
アップルサポートか私設のパソコン修理サービス店に問い合わせて修理をしてもらう必要があります。
デバイスが認識しない | Macintosh
IDEのHDDがPCで認識しない時にSATA変換アダプターで復旧
PC/ATのハードディスクインタフェースの一種類である
「IDE」(Integrated Drive Electronics/インテグラテッド・ドライブ・エレクトロニクス)
のHDD製品を日々パソコンなどの電子機器で使用している際に、

一昔目のIDEのHDD用のパーツで構成されたパソコン本体が故障するなどして
読み込めずにデバイスが認識しない場合、最近のSATA方式用の新しいパソコンの方に
移し替えて接続するにはどうすればデータ復旧の措置ができる?という疑問について。

まず、IDE方式に対応されているデスクトップパソコンであればそのままPCケースを開きます。

SATA対応の最近のパソコンではIDE用のコネクタがなく通常では
SATA方式のみの仕様となっている製品もあり、
その場合には、別売の「IDE→SATA変換アダプター」を取り付ける必要があります。

主なIDE⇔SATa変換アダプターの製品一覧


・センチュリー:IDE→SATA変換アダプターセット IDEいかしてS-ATA
・センチュリー:IDE to SATA変換アダプター CROO-IS
・変換名人:IDE → SATA変換アダプタ L型 IDE-SATALD
・サンワサプライ:IDE-SATA変換アダプタ TK-AD40SATAD2
・タイムリー:HDDをUSB SATA&IDE-USB2.0変換アダプタケーブル UD-500SA
・玄人志向:セレクトシリーズ mSATA SSD IDE変換アダプター KRHK-MSATA/I9


IDEハードディスク

IDE仕様の 認識しない古いパソコンの本体ケースのカバーを開けて、
内蔵されているIDEハードディスクドライブを取り外します。

次に、お使いの新しい方のデスクトップパソコン本体のPCケースを開きます。

電源ユニットにIDEで使われる「4ピン電源コネクタ」が付いているかどうかを確認します。
(もしない場合には、別売の変換アダプターまたは変換用ケーブルが必要になります。)

HDDのインターフェースにあるピンが折れてしまっていると読み込みができなくなるため、
復旧の際には専門のデータリカバリーサービスで取り出ししてもらわれることをおすすめします。
デバイスが認識しない | パソコン
パソコンの内蔵ハードディスクが認識しない時の復旧方法は?
新しく購入したデスクトップパソコンを起動した時や、
内蔵HDDが壊れたため新品に交換した時、またはドライブベイに増設をした時、
BIOSやデバイスマネージャー、エクスプローラーで表示されずに認識しない、
という場合にはどうすれば復旧ができる?という疑問について。

内蔵ハードディスク

3.5インチ型HDDの製品一覧



・WESTERNDIGITAL(WD):内蔵ハードディスク 3.5インチ 1TB WD10EZEX SATA3.0
・Seagate(シーゲート):内蔵ハードディスク BarraCuda 2TB 3.5インチ SATA ST2000DM006
・HGST(日立):Ultrastar 6tb 7200 RPM SAS 12 Gb/Si 3.5インチハードディスクドライブ
・I-O DATA(アイ・オー・データ機器):Serial ATA III対応 2.0TB HDI-S2.0A7
・TOSHIBA(東芝):3.5インチ 6TB Generic Data Storage HDD MD04ACA600/N SATA3.0
・BUFFALO(バッファロー):3.5インチ Serial ATA用 内蔵HDD 2TB



まず、最初にパソコンを起動した段階では新しいドライブ装置を
コンピューターが認識ができない場合があり、もう一度起動をし直してみます。

一度ご自身でハードディスクを内蔵されていた場合は、
デスクトップパソコン本体のPCケースのカバーを開き直します。

(※店舗で完成品として購入した新品のパソコンの場合は、
 内蔵パーツをあまり分解したり取り外すと保証が無効になることがあります。)

HDDに接続していますSATA/IDEケーブルと電源ケーブルが正常に
インターフェース部分に差し込まれているか、目視で確認をします。

またSATA/IDEケーブルがマザーボードのコネクタに差し込まれているか、
電源ユニットがマザーボードと接続できているか、確認をします。

オペレーティングシステム起動用のプライマリハードディスク(またはSSD)が
起動できない、という場合は、別のストレージが優先的に認識されていることがあります。

USBメモリや外付けHDD、DVDドライブなどをPC本体に接続していましたら、
それらを一旦パソコンから取り外して再度起動します。
デバイスが認識しない | デバイス機器
WindowsでUSB機器が使用できない時のデータ復旧
Windowsパソコンに別のパソコンやその他のコンピューター機器で使っていた
データ記憶装置などのUSB機器を新しくUSBケーブルから接続した際に、
エクスプローラーといったウィンドウに表示されず使用できない、という場合には、
何が主な原因で、どうすれば開ける、あるいは内部のデータ復旧ができる?という疑問について。

主な外部データ記憶装置の一例


・BUFFALO(バッファロー):ポータブルHDD 1TB ブルー HD-PNF1.0U3-BL/N
・SanDisk(サンディスク):USB3.0 128GB SDCZ48-128G 高速100MB/s
・Transcend(トランセンドジャパン):SDXCカード 128GB Class10 UHS-I対応 TS128GSDXC10U1
・I-O DATA(アイ・オー・データ):ポータブルブルーレイドライブ EX-BD03K
・富士フイルム(FUJIFILM):xDピクチャーカード 1GB タイプM+ DPC-MP1GB



まず、WindowsをXPから7、7から8、8.1から10などにアップグレードした場合、
それまでパソコンにインストールされていた、そのUSB機器を動かすためのプログラムである
専用の「デバイスドライバソフトウェア」が新しいOSでは非対応になっていて使用できない事があります。

また、Windows XPで使っていたUSB機器をWindows 10につなげ直して使う、といった場合に、
稀に同様の原因で開けない、等のケースも考えられます。

エクスプローラーにアイコンが表示されていましたら、プロパティ→ハードウェアと進んで
対象のデバイスを選択して、プロパティ→「ドライバー」の画面で、詳細を確認します。

ドライバの詳細

その場合はドライバーが作動できないため、まずはお使いの電子機器の製造メーカーの
ホームページを開いて、お使いのWindowsに対応されたアップデーターのソフトウェアが
配布されているか、確認をして、ありましたらそちらをパソコンにセットアップします。

これで、無事に周辺機器が認識できれば、エクスプローラーなどでデータが開けるか確認します。
デバイスが認識しない | USB機器
「場所が利用できません」とエラーが出てデータが開けない時は?
Microsoft Windows(ウィンドウズ)のパソコンでUSBメモリや外付けハードディスクなどの
データ記憶メディアに保存されているファイルを開こうとした時に突然、

場所が利用できません
 ~:¥は利用できません。このPC上の場所を指している場合は、デバイスやドライブが接続されているか、またはディスクが挿入されているかを確認してから、やり直してください。~
」(Windows10の場合)

というエラーメッセージが表示されてデータが見れない時は、
どのように回復すればいい?という疑問について。

コネクタ

[主なデータ記憶メディアの製品の一覧]

・I-O DATA:USB 3.0/2.0接続外付ハードディスク 3.0TB HDC-LA3.0
・I-O DATA:ポータブルハードディスク 1TB USB3.0/2.0対応、バスパワー対応 EC-PHU3W1
・BUFFALO:テラステーション 管理者・RAID機能搭載 2ドライブNAS 2TB TS3200DN0202
・BUFFALO:リンクステーション 高速モデル RAID1搭載 4TB LS420D0402C
・SanDisk:Cruzer Fit USBフラッシュメモリー 16GB SDCZ33-016G-J57
・Toshiba:SDHCカード 東芝日本製超高速 Class10 UHS-I 32GB
・Transcend:SDXCカード 128GB Class10 UHS-I対応 TS128GSDXC10U1
・Transcend:400倍速CFカード 32GB TS32GCF400
・富士フイルム:xDピクチャーカード 1GB タイプM+ DPC-MP1GB
・ASUS:バスパワー対応ポータブルDVDドライブ Windows Mac両対応 SDRW-08D2S-U LITE2014



接続の状態を確認


まず、「場所が利用できません」のメッセージの警告画面の一文の通り、
USBコネクタにUSBメモリーカードのコネクタ(connector)や
外付けHDD、カードリーダーなどのUSBコードがしっかりと差し込まれているかを確認します。

特にカードリーダーやアダプターを通して差し込みするデータ記憶メディアの場合は、
メモリーカードがしっかりと差し込みされているか、
異物は挟まっていないかどうかをよくチェックします。

USBカードリーダー/ライターをお使いの場合、製品が古いものだと、
新型のSDXCメモリーカードなどには対応されていないために読み込みできないこともあります。
デバイスが認識しない | USB機器
パソコンのHDDが動かない時にデータ復旧はできる?
パソコンの電源を付けてもハードディスクの稼働音がせず、動かない状態になっていたり、
BIOSで認識はされてもオペレーティングシステムやファイルの読み込みができない場合は、
起動できるようにしたり、データを復旧するにはどうすればよい?という疑問について。

hdd

まず、現在発生しているHDDの動かないトラブルは何が原因でどのような状態にあるかを
把握していく必要があります。

パソコンをはじめとする電子機器の場合によくある、電源スイッチがオフになっていたり、
電源コンセントやACアダプターがコネクタに差し込まれていない状態になっていないかを確認します。

またノートパソコンの場合にはバッテリーが切れていたり、本体から外れていないかご注意ください。

バッテリーやACアダプターが経年劣化や強い衝撃で故障して破損していたら、
やはりパソコンに電源が通らずハードディスクも動かないため、新品に交換する必要があります。

デスクトップパソコンで、交換時にSATA/IDEケーブルや電源ケーブルのコネクタが
インターフェースにしっかりと差し込みされていない状態になっていないか
パソコンケースの蓋を開けて、外れかかっていたら差し込み直しをされてみてください。
デバイスが認識しない | HDDについて
ディスクの管理画面でボリュームが表示されない時に復旧するには?
普段使用している外付けハードディスクや、新しく接続したUSBメモリ、SDカードなどのデータ記憶装置が
なぜかMicrosoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のパソコンに接続してみたところ、
正常にデバイス機器がコンピューターに読み込みできず、

コントロールパネルに「管理ツール」→「コンピューターの管理」→『ディスクの管理』の
画面で確認をしてみたら、ボリュームが表示されない状態になっていた場合は、
どういった事が原因で、どうすれば復旧してデータを読み込みできる?という疑問について。

ディスクの管理

[主な補助記憶装置の製品一覧]

・TOSHIBA(東芝):3TB 6Gbps SATA対応 3.5インチ内蔵ハードディスクドライブ DT01ACA300
・Sandisk(サンディスク): USBフラッシュメモリ Cruzer Fit CZ33 16GB
・Transcend(トランセンドジャパン):SDXCカード 64GB UHS-I U3対応 U3シリーズ TS64GSDU3
・MARSHAL:USB3.0 2.0 両対応 外付けハードディスク PC 500GB MAL2500EX3/BK
・Transcend:400倍速CFカード 32GB TS32GCF4002010
・I-O DATA(アイオーデータ):ポータブルコンパクトサイズDVDドライブ Windows/Mac両対応 DVD-EC01K
・Intel(インテル):SSD 730 Series 240GB MLC 2.5inch 7mm BOX SSDSC2BP240G4R5
・富士フィルム(FUJIFILM):xDピクチャーカード 2GB TYPE-M
・TDK:データ用CD-R 700MB 48倍速対応 ホワイトワイドプリンタブル 50枚スピンドル CD-R80PWDX50PE
・イメーション:3.5インチFD DOS/Vフォーマット25枚入 紙箱×1 US仕様品 MF2HD-WIN-25KS



接続状態の確認


まず、例としてデスクトップパソコンの空いているドライブベイに増設した
HDDやSSDが読み込みできない、という場合は、ストレージを追加してから
最初の一回目の起動では読み込みされない場合があります。

パソコンを一度シャットダウンして再度立ち上げてみると、認識できることもあります。

または、電源ケーブルの中間コネクタやSATA/IDEケーブルのコネクタが、
ハードディスクのインターフェースやマザーボードにしっかりと差し込まれているか再確認してください。

(※他に、マザーボードなど何かの内部パーツを交換した後で接続に異常が起きた場合は、
 静電気が蓄積されていたりする事があるため、一度PCを閉じて電源コードを抜いてから、
 電源ボタンを数回空押ししてみると、静電気が抜けて正常に戻る事もあります。)


外付けHDDやUSBメモリ、DVDドライブなどUSBケーブルに差し込んだ外部デバイス装置が
読み取れない場合は、まず試しに、違うUSBポートに差し替えをしてみます。

あるいは、USB2.0ポートなど特定の製品に対応されていないコネクタに
間違えてつなげていないかどうか確かめてみます。
デバイスが認識しない | コネクタ、ケーブル全般
IDE方式のHDDが認識しない原因と復旧の方法は?
ハードディスクインターフェースの規格のひとつ
IDE(Integrated Device Electronics/インテグラテッド・デバイス・エレクトロニクス)
※別名:ATA(AT Attachment/アット・アタッチメント)が導入されたHDDを、

デスクトップパソコンなどのコンピューター機器で読み込みを行おうとしたら、
なぜかデータが認識できないため、原因と復旧の方法を知りたい、という場合について。

IDEハードディスク

【主なUltra ATA型ハードディスクの一覧】

・WesternDigital(ウェスタンデジタル):Caviar 3.5内蔵型HDD 80GB/U-ATA100 WD800BB
・Seagate(シーゲート):3.5インチ Ultra ATA/IDE 200GB HDD ST3200822A
・日立GST:Travelstar 5K160 40GB/ATA100/5400rpm/8MB HTS541640J9AT00
・東芝(TOSHIBA):2.5inch 内蔵型HDD 100GB IDE U-ATA100 MK1031GAS
・I-O DATA(アイ・オー・データ):Ultra ATA対応 7200rpm 3.5インチ内蔵型 HDI-250H7
・MAXTOR:4D080H4 Ultra ATA100 5400 rpm 80GB 内蔵ハードディスク
・BUFFALO(バッファロー):HD-NH80/M 2.5インチ UltraATA 内蔵HDD 5400rpm
・富士通(Fujitsu):MHV2080AT 80G/9.5mm/8M UltraATA IDE .5インチHDD



まず、IDEハードディスクの専用コードである『IDEケーブル』が正常に
インターフェースとマザーボードに差し込まれているか確認します。

テープ状のリボンケーブルが強く引っ張られてコネクタから少し切れてしまうと使用できないため、
もし破損していたら新品のIDEケーブルを購入して取り換えます。 

なお、近年のマザーボードはSATA方式(シリアルATA)のHDDの方に
対応されている仕様であるため、IDEコネクタが実装されていない製品も多いです。

新しいパソコンの方ででIDE方式のHDDを増設してデータを読み込みたい場合には、
IDE-SATA変換アダプタを別に購入して使う必要があります。
デバイスが認識しない | ハードウェア
データが保存されたハードディスクに接続できない時の復旧方法
コンピューターの外部記憶装置『ハードディスクドライブ』(Hard Disk Drive)を、
パソコンなどの装置に繋げようとした際に、既にフォーマットが掛かっていて
一回以上使用しているハードディスクドライブがなぜか開けず、正常に接続できない時には、
どうすれば内部の保存データにアクセスして復旧することができる?という疑問について。

HDDの付け替え

【主なハードディスク関連の製品の一覧】

・I-O DATA(アイ・オー・データ):USB 3.0/2.0対応 EC-PHU3W1
・WD(WESTERNDIGITAL):内蔵HDD Green 2TB 3.5inch SATA3.0 64MB Inteilipower WD20EZRX
・Transcend(トランセンド・ジャパン):USB3.0 ポータブルHDD StoreJet2.5 2TB TS2TSJ25H3B
・BUFFALO(バッファロー):USB3.0用 外付けHDD 2TB HD-LL2.0U3-BKD
・BUFFALO:RAID 4ドライブNAS ラックマウント 24TB TS5400RH2404
・MARSHAL(マーシャル):MAL1060EX/SV Micro SHELTER 外付けポータブル MAL1060EX2/SV
・LaCie(ラシー):ポータルブルハードディスク USB3.0/2.0対応 rikiki 1TB LCH-RK1TU3S
・東芝(TOSHIBA):DT01ACA100 1TB SATA 6Gbps対応3.5型内蔵ハードディスク
・HGST:TOURO Mobile 1TB 外付けポータブルハードディスク USB3.0対応 0S03805
・Omix:USB 3.0/2.0対応 2.5インチ ポータブルハードディスク 750GB OM-MHDD-750G
・Infortrend:EonNAS 1008C 32TB(ESATA HDD搭載モデル)



まず、ハードディスクの仕組みで回転しているプラッタ(磁気媒体の円盤)のあたりから
カタカタ…コトコト…といった音が鳴っていたり、金属の焦げたような異臭がしたりしたら
ストレージが物理的に故障している危険があるため、すぐに電源を止めて停止してください。

固定ディスク自体が壊れていると一般の個人では読み込みが不可能になるため、
専門サポートの[データ復旧サービスセンター]に診てもらう必要があります。

特に異常は見られないけれどコンピューターにハードウェアが認識されず接続ができない、
という場合は、エラーランプが点灯していたり、
異常の状態と原因を知らせるビープ音が鳴っているかどうかで判断をしていきます。

例として、電源ユニットの中間ケーブルやSATA/IDEケーブルがしっかりと
差し込まれていないか、コネクタやコードが破損していたら、新品に交換する必要があります。

また、外付けHDDケースやNAS、RAIDケースなどの機器の場合も、
ストレージのインターフェース(コネクタ)の差込口に正常に接続されていなかったり、
小さなゴミなどの異物が間に挟まっていると、読み込みのエラーが起こるおそれがあります。

※特にRAIDの場合はディスクアレイ構成の崩壊に繋がる危険があるのでご注意ください。
デバイスが認識しない | 不具合
Macパソコンで外部デバイスが認識しない時に復旧するには?
「Mac Pro」や「Macbook Air」、「iMac」といったアップル社製の『Mac OS X』が
インストールされたパソコンも、プリンターや外付けDVDドライブ、マウス、外付けHDD、LinkStation、
またUSBメモリなどの[外部デバイスの装置]を読み込みする機会はとても多いです。

しかし、USBポートなどのコネクタに接続した時に
何らかのエラーや障害が起きて、PC上に認識できない事があります。

そんな時、何か原因で認識できず、どうすればMacパソコンのデスクトップ上で
正常に読み込んで復旧することができる?という疑問について。


まず簡単な判別方法として、お使いの外部デバイスの製品が
MacintoshのコンピューターやMac OS Xのオペレーティングシステムに
対応されているかどうか、パッケージの箱や取扱説明書から確認してください。

さらに今現在使われているマシンの種類やOSのバージョンが新しい場合は、
その機器でも正常に読み込めるかどうかをチェックしてください。

※原因が分からない時はアップルのサポートの受付サービスかパソコン修理業者の方に
 問題を伝えて解決方法のアドバイスを訊かれてみてください。

Mac OS Xでデバイス機器が実際に認識自体はできているかを確認するには、
デスクトップ画面左上の「アップルマーク」をクリックして、
optionキーを押すと「このMacについて」の項目が「システム情報」と変わります。

そしてoptionキーを押したまままその項目をクリックすると、
ハードウェアやデバイス名の一覧の画面が表示されます。

システム情報

ここの「USB」や「カードリーダー」「プリンタ」といった項目を開いていくと
今つながっている外部デバイス装置の詳細が表示されます。
(しっかり認識ができていないと何も表示されない可能性もあります。)


[設定の違いによる理由]

パソコンに対応された大抵の電子機器なら、Windowsで認識できればMacでも
認識できる製品が多いのですが、中にはWindows限定でしか読み込みができない商品もあります。

また、Windowsで使用していくと何らかのプログラムによって
使用設定の環境がWindows向けに最適化される場合があります。

そのために後からMacのパソコンでつなげてみると
読み取れないデバイスとしてエラーメッセージが出るケースもあります。

他に例えばMacにインストールして稼働させているアプリケーションによっては、
USB接続をしてから「新しいドライブが検出されました。」といった
メッセージが出た時には大抵は普通に開けます。

しかしアプリケーションの種類によってはアクセスが遮断される可能性も出てきます。

その場合は、一時的にそのユーティリティーの機能を無効にしてみましょう。
デバイスが認識しない | macユーザー
「ディスク構造が壊れているため、読み取ることができません。」の問題解決
Windowsのパソコンで別のハードディスクを外付けで接続して、ドライブの中身が自動的に
エクスプローラーが表示されないためマイコンピューターを自分で開いてアクセスしようとしたところ、
新しいドライブのアイコンは表示されていても、そこを開こうとすると

「場所が利用できません。:¥にアクセスできません。ディスク構造が壊れているため、読み取ることができません。」
という「赤い×マーク」のエラーメッセージが出てデータを開けない問題について。

HDDの差込口

まず、この読み込みエラーの原因はハードディスクにある
MFT」(Master File Table/マスターファイルテーブル)という、
中身のファイルやディレクトリの位置を差し示すための領域が破損して、
ディスク構造が壊れているために、読み取ることができなくなっています。

このエラーが出ているとWindowsのオペレーティングシステムからでは上記のようなエラーメッセージが
何度開こうとしても出てきて、いつまでたってもアクセスできない状態が続きやすいです。

ですが、ハードディスクの読み込み中に正常に「ジー…」という音が鳴るだけで
「カタカタ…」「コトンコトン…」「キコキコ…」といった変な音が鳴らず、
マイコンピューターにドライブの認識自体も一応できていれば、
中身のプラッタやヘッドには深刻で物理的な故障が出ていない可能性が高いです。

そこで、まずは読み取りができない緊急時での開き方をいくつか解説いたします。
デバイスが認識しない | ディスクドライブ
増設したハードディスクが認識されない時に復旧するには?
デスクトップパソコン本体のケースの中にある空いたドライブベイに新しく「ハードディスクドライブ」を
増設した時、最初はなぜかコンピューターに認識がされず読み込みできない場合があります。

HDの増設

筆者も以前、DドライブやEドライブとして使用するために取り付けして
いざパソコンを起動してマイコンピューターなどを確認したところ、
新しいローカルディスクのアイコンが何も表示されていないことがありました。

このような時にはまず、一旦起動をシャットダウンして、
しっかりとIDEケーブルまたはS-ATAケーブルがHDDと
マザーボードのIDE/SATAケーブルコネクタにしっかり差し込まれているかを確認します。

電源ケーブルの方は、メインのCドライブに使っているディスクに繋げている
ケーブルの間に付いている、スペアのコネクタを差し込んでみます。

うっかりコネクタの向きや位置がずれてしまわないように注意してください。

最初に接続した段階では たまたまデバイスに認識されないケースがあり、
何回かパソコンの立ち上げを繰り返すうちに自然に読み込みする場合もあります。

新しく増設したハードディスク(またはSSD)がまだ新品で購入したばかりで
一度も使っていない場合は、最初にフォーマットをする必要があります。

(※RAIDやNASといったパソコン以外の特殊な用途で使ったディスクドライブを Dドライブ用に
増設する場合も、フォーマットや設定の上書きなどの特別な作業が必要になる時もあります。)

※また、1TB、2TB、4TB以上の大容量記憶デバイスを増設される場合は、
パソコンの他のパーツやオペレーティングシステムの動作環境も一定以上のスペックを
満たしていなければならない場合もあります。

電源スイッチも一度オフにしてからもう一度電源ボタンを押して起動します。
デバイスが認識しない | デバイス機器
USBハブからの接続でパソコンに正常に認識しないエラーの修復
まざーぼーどやハードディスク、電源ユニットなどのパーツを
埃や衝撃から保護するためのPCケースが小さめなサイズの
デスクトップパソコンやノートパソコン、NASなどのコンピューター機器では
USBポートの数が少なくてコネクタが一度に多く差し込めない場合が多いです。

マウスやキーボード、USBメモリ、プリンターといったおなじみの周辺機器だけでなく、
近年だとデジタルカメラやビデオカメラ、USB無線LANカード、外付けHDD、
またRAIDケースやLinkStation、TeraStation、Landiskといったファイルサーバーなど

USBコネクタからケーブルで接続するタイプの[デバイス](device:コンピューターが認識する
すべての外部周辺機器)が非常に数多く登場してきています。

パソコンのUSBポートの数が少ないと、差し替えの手間がいつも少し大変ですね。

そこで、最近では補助装置の「USBハブ」(こちらの写真の機種はBUFFARO製)を使って
各ポータブルデバイスの接続をお手軽にできるように使用しています。

USBハブ

USBポートの数が4個~7個の製品が一つあれば、
コネクタの数に非常に余裕が持たせられてとても助かりますね。

また、デスクトップパソコンから離れた位置に置いてある機材はUSB延長コードを
専用コードとコネクタの間に経由して接続したりもしています。

しかし時々、USBハブや延長のケーブルを経由して接続すると
パソコンにデバイスが認識しないエラーのトラブルが出てしまうこともよくありました。
デバイスが認識しない |
カードリーダーからデータを読み込まない場合の復旧の仕方とは?
SDメモリーカードやxDピクチャーカード、コンパクトフラッシュメモリーカード、FD、
スマートメディア、メモリースティックDuo Pro、マルチメディアカード
など、

パソコンやデジタルカメラで使用されるデータ記録用カードのメディア媒体を
カードリーダー(メモリーカードリーダライタ:memory card reader/writer)に差し込んで
パソコンに接続した時、なぜか中身を読み込まない、という場合の復旧の仕方について。

・まず、PCのUSBコネクタに挿入したカードリーダーがしっかりとデバイスに
 認識されているかどうか、アクセスランプ(LED)が点灯しているかで確認します。

・次に、差し込んだ記録メディアが、いくつかあるカードの差込口のうち
 対応されている箇所に正しい向きで差込みができているかどうか確認します。

カードメディアが間違えた箇所に入っていたり、向きが逆になっていたりしたら
メモリーカードリーダライタの表面に書かれているアルファベットのアイコンや
取扱説明書を見て、また小さなごみや汚れも取り除いてから接続し直します。

※ICカードリーダなどの媒体で起きたトラブルの対処法も最初は大体同じです。

MinSDカードなど一部の媒体は付属の専用アダプターが必要な製品もありますので、
読み込みに必要なアダプターを箱から探してみて下さい。
デバイスが認識しない | その他
認識できないプログラムがこのコンピュータへのアクセスを要求しています とは?
Microsoft Windows Vista(ウィンドウズ・ビスタ)のオペレーティングシステムを
搭載しているパソコンで新しいアプリケーションをインストール使用した場合などに、

ユーザーアカウント制御のウィンドウが出て
「認識できないプログラムがこのコンピュータへのアクセスを要求しています」
という黄色の!マークでの警告メッセージが表示される事があります。

アプリケーションのプログラム名の下に「認識できない発行元」と書かれていて、
その下には「キャンセル このプログラムの発行元も目的もわかりません」
「許可 このプログラムを信用します。発行元がわかっているか、
このプログラムを以前使用したことがあります。」という二つの項目が出てきます。

PCショップやインターネットから購入するアプリケーションの機能の中には
信頼性が不明な製作元のもので稀に、コンピューターウイルスや
スパイウェア、トロイの木馬などの有害なファイルが含まれている可能性があります。

「認識できないプログラムがこのコンピュータへのアクセスを要求しています」と
エラーメッセージが出たら、ひとまずあまりそれ以上はソフトウェアの稼働を控えます。
デバイスが認識しない | Windows Vista
カードリーダー/ライターが認識しない時に修復するには?
カードリーダーとはご存知、USBコネクタからパソコンに接続してデータメディアを
読み取ったり、書き込みをするための補助記憶装置(デバイス)です。
正確には『メモリーカードリーダライター』 (memory card reader/writer)
と呼びまして、プリンターやUSBメモリと同じく、USB端子のコードで繋げます。

USBカードリーダー

メモリーカードリーダライタ自体にファイルが書き込まれているわけではなく、
microSDカードやxDピクチャーカード、コンパクトフラッシュ、メモリースティック、
スマートメディア、マルチメディアカード、フロッピーディスクといった、
PCの裏側に直接差し込めない記憶メディアを読み取るための役割です。

BUFFALO(バッファロー)のUSB2.0カードリーダー/ライターなど、電気店やPCショップで
数千円くらいで発売されています。
※良く似た名称であるハードウェアの『メモリ・カートリッジ』(memory cartridge)は
フラッシュメモリやSRAMといった記憶メディアの事を指します。

【主な製品】

・PLANEX(プラネックス): 35メディア対応
 小型USBメモリーカードリーダー/ライター ブラックPL-CR35UB
・BUFFALO(バッファローコクヨサプライ):カードリーダー/ライター
  43+7メディア対応 ホワイトBSCRA26U2WH
・ELECOM(エレコム):メモリリーダライタ ケーブル一体型
  SDXC対応・SD+MS対応 ホワイト顔MR-C22WHF1
・ALL-WAYS(オールウェイズ):USBカードリーダー R3SD-AW
・SANWA SUPPLY(サンワサプライ):公的個人認証サービス e-Tax対応
  接触型ICカードリーダライタ ADR-RW5100

デバイスを読み込めない場合


SDHCカードやメモリースティック等をカードリーダーに差し込んで
パソコンや接続したらなぜか中身のデータがデバイスに認識しない場合の修復方法について。

まず、ACCESSランプ(アクセスランプ)が点灯しているかどうかを確認して、
次に、カードがそれ専用でない間違えたメモリーカードの差込口に差さっていないか、
また、表裏が逆向きに差し込まれていないかを再確認してみましょう。

古いカードリーダーや、対応メディアが限定されている低価格の製品の場合は、
一部のデータ記録メディアが読み込めず、専用の新しいメモリカードリーダを
購入しなければ認識できない、というケースもありますのでご注意下さい。

一応マイコンピューターに認識はされたけど新しいドライブE,F,G,H,I,J,K~と
いくつも出てきてわかりにくい、という場合はひとまずEあたりから順に、
一つ一つのフォルダを開いて、どこにデータが入っているかを再確認してみましょう。
デバイスが認識しない | マルチメディア
リムーバブルディスクが開けない時に復旧するには?
リムーバブルディスク(removable disk)とはディスク部分を取り出す事が可能な
ハードディスクドライブなどの補助記憶装置です。
※リムーバブルとは、『移動させる/取り出す事が可能』という意味です。

ですが、MOやフロッピーディスク、CD-RW、DVD-RW、DVD-RAM、BD-REといった
他のdisc媒体や、USBメモリ、SDカード、メモリースティック、xDカードなど
他の記憶メディアも混同してリムーバブル・ディスクと呼ばれる事も多いです。

(上記の意味合いでこちらのページに辿り着かれた方も多いかと思われますので、
 PCで認識できる外部データ記録メディアの全てを対象として説明いたします。)

外付けデータ記憶メディア

専用画面が出てこない


パソコンやミニコン、スパコン、メインフレームをはじめ、デジタル信号で動作している
デジタル・コンピューター(digital computer)にはUSBコネクタやCD/DVDドライブ装置といった
外部の記憶メディアを読み込む挿入口が設置されていて、
それに接続してディスク等のデータを読み込みます。

[主なリムーバブルメディア一例]

・I-O DATA(アイオーデータ):iVDR-S 規格対応リムーバブル・ハードディスク 250GB IVS-250
・ラトックシステム:USB3.0リムーバブルRAIDケース(外付2ベイ)SA-DK2-U3R
・BUFFALO(バッファロー) USBメモリー バリュータイプ 4GB RUF2-K4GE-WH
・東芝(TOSHIBA): SDHCカード 32GB Class4 Toshiba SD-K32GR6W海外パッケージ品
・三菱化学メディア:KR640W1X5S 3.5MOディスク640MBX5枚

正確にはWindows等のOSに含まれる、コンピューターを管理する役割の
モニタ・プログラム(monitor program)が起動している最中に
デバイスを接続して、デバイスドライバに認識させる、という仕組みです。
※インターネット上で電子メールや添付ファイルを読み取るのとはまた違います。

普通はリムーバブルメディアをUSBポートや内蔵ドライブに挿入しただけで
自動再生で読み込まれて、D,E,F,G~とアルファベットが付けられたデバイス画面が
表示されるのですが、たまにそれが出てこない時もあります。

その時はまず「スタート」からマイコンピュータを開き、新しいハードウェアの
アイコンが追加されていたらそれをクリックして専用画面を表示させてみましょう。
デバイスが認識しない | リムーバブルディスク
I/Oエラーで開かないドライブ装置の修復
MicrosoftのWindows(ウィンドウズ)のパソコンのUSBコネクタから
内蔵または外付けで接続したCDドライブやDVDドライブなどのトレイに
データディスクを差込みしてデバイスに読み込ませようとする時、稀に、

「D/E/F/G:~にアクセスできません。」「I/Oデバイスエラーが発生したため、要求を実行できませんでした。」
というエラーメッセージが発生してドライブ装置が読み取れない事があります。


I/Oデバイスエラーとは


コンピューター用語のI/O(アイ・オー)はinput-output[インプット・アウトプット]
の略称で、入出力(入力・出力)という意味になります。

そして、CD/DVDドライブや外付けHDD、RAID、ネットワークドライブ、SDカードといった
外部装置がデバイスマネージャから読み取れない状態が、[I/Oデバイスエラー]です。

ファイルデータや、それらが書き込まれているディスクの問題ではなく
ドライブ機器の装置本体そのものがコンピューターに認識されていないため、
ディスクメディアを入れ替えても反応しない場合が多いです。

I/Oエラーの警告メッセージが出た時はひとまず、USBポートからコードを抜いて、
一度ドライブ装置の電源も切ってから差込口の小さなゴミや埃を除去されてみてください。

念のためにパソコン本体も一度再起動するか、シャットダウンしてから
再度起動をして、その後でもう一度USBコネクタに接続してみましょう。
デバイスが認識しない | ディスクドライブ
Eドライブが認識しないエラーを直すには?
Eドライブとはパソコンのマイコンピューター上に表示される区画の一つです。

HDDのパーティションがいくつに分割されているかでその内容が違ってきます。

パーティションが1つのみの時はこのような具合になります。
[Cドライブ=ハードディスク Dドライブ=CD/DVD-ROM ドライブ Eドライブ=USB装置]

(しかし画面上ではリムーバブル ディスク(E:)と表示されるため、
正確にはEドライブとは少し意味が違います。)

パーティションを2区画に分割している時は
[C=プライマリパーティション D=セカンダリパーティション E=ドライブ装置]、

そしてパーティション区画が3分割以上の時は
C、D、Eドライブ全てがハードディスク ドライブとして表示されます。

パソコンを使っていてもし急にEドライブに当たる部分の装置が
認識しない状態になった場合、まず、直前に何かUSBメモリやプリンター、
USBカードリーダーといった装置の接続をしていないかご確認下さい。

それらが認識されない場合、デバイスマネージャからのハードウェアの
読み込みにエラーが出ている可能性があります。
デバイスが認識しない | ディスクドライブ
Drive Image(ドライブイメージ)でデータを拾い出すには?
Drive Image2002/5.0日本語版(イメージドライブ)とは、
パーティションのWindows用のバックアップソフトウェアです。

パソコンのローカルファイルやネットワークファイル、CD-RW/DVD-RWなどに保存されている
データのボリュームが長い蓄積で肥大化してついには入りきらなくなった時に昔に入れた分を
別の記録用ディスク等のリムーバブルメディアに移動させたり、もしものコンピューター障害で
データが抹消されてしまった時に別の保存先から拾い出すために役立ちます。

一つの使い方として、例えばDVD-RWにパーティションの内容をコピーするには、
まずDrive Imageを起動させて初期バックアップウィザードを選択して
OKボタンを押し、次にCドライブを選択してまた「次へ」を押します。

すると、バックアップ可能なリムーバブルメディアの一覧が出ますので、
ここでDVD-RWなどを選んで「完了」を押します。

そして[今すぐ操作を実行しますか?]で「はい」を押して、開始されます。
容量が大きいと、複数枚のディスクに交換して挿入しながら行う必要もあります。

セットアップウィザード」の方では、新しくHDD内にパーティションを作成する
パーティショニング(Partitioning)をして、こちらにバックアップする手法です。
イメージファイル名は【新しいパーティション】という感じになるのですが、
自由に覚えやすい名前を変更する事も出来ます。
デバイスが認識しない | PCメディア
ディスクデフラグで最適化に失敗してデバイスが認識しない時は?
Micorosoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のOSの機能の一つであるディスクデフラグツール
(ドライブの最適化とデフラグ)を実行した際に、外付けハードディスク、またはメモリーカードや
増設したドライブ最適化に失敗して、パソコンからデバイスとして認識しなくなった場合、
どのような方法で外付けハードディスクなどのデータを復旧させることができる?というご質問について。

まず、デバイスが認識される可能性のあるパターンと修復の方法を紹介します。

ファイルシステムのエラーが発生している可能性があるため、
そこで「chkdsk」(チェックディスク)を実行することで読み込みができる時もあります。

chkdsk

「スタートメニュー」→「ファイル名を指定して実行」(または「ここに入力して実行」)
→「cmd」と入力して、コマンドプロンプトを右クリックで「管理者として実行」で開きます。

「chkdsk g:」(対象のボリュームのアルファベット)と入力すると、
チェックディスクの機能が動いてファイルシステムのエラーチェックと修復が行われます。
デバイスが認識しない | パソコンサポート
USBデバイスを認識しない時の復旧
USBドライバ[USB Driver・USBデバイスドライバ]とは、
インストールしたパソコンに付属の卓上ホルダとUSBケーブルを接続して、
データ通信などを行う事ができるドライバーの機能です。

主にプリンター、スキャナー、RAID、USBメモリ、カードリーダーなどがあります。

USBメモリの接続

パケット通信サービスでモバイルパソコンなどを用いて
ウェブページの閲覧やアプリケーションのサービスを利用することもできます。


USB Driverがインストール時に読み込めなかったら?


au W45T USB DriverといったUSBドライバですが、DVDのディスクからインストールする時に、
システムエラーにより『unspecified error』というメッセージが表示されて
デバイスで認識できない、またはアンインストールができない事例もあります。


あるいはHDDの故障やデータの破損が起きたために再セットアップ後にデバイスドライバを
再インストールしてみたら、今度はなぜかWindowsやMacのパソコンからポータブルデバイスが
認識されなかった、というケースもあります。

まずは一度、対象の電子機器の製品に付属された『インストールマニュアル』を参照に、
スタートメニュー→コントロールパネル→『デバイスマネージャー』、
または『プログラムの追加と削除』を開きます。

[ポータブルデバイス]などの項目に表示されていますUSBメモリなどの
ドライブ装置の削除を右クリックによる操作で実行されてみてください。

(Windows 8/8.1の場合は「プログラムの機能」からアンインストール、
 Mac OS Xの場合はゴミ箱へアイコンをスクロールして消去します。)
デバイスが認識しない | USBメモリー
パソコンのトラブルで読み込めない保存データを復元するには?
パソコンをお使いの際にうっかり貴重なプログラムファイルやフォルダを削除してしまった、
または急に何らかのエラーアクシデントでデーターが開けなくなった、または動かなくなってしまった、
といった主なトラブルのケースを下記に掲載してその対処方法とともに
短文にまとめて記述しました。急なアクシデントが起こった時のためにぜひお役立てください。

PC操作

下に行くほど故障のトラブルの状態は深刻になります。

PCデータの主なアクシデント一覧


1・保存ファイルを誤って削除してしまった。
2・記録していたファイルが消えてしまっり、壊れてしまった。
3・保存ファイル(フォルダ)が開かない。
4・コンピューターウイルスにかかってしまった。
5・WindowsやMacのOSが開かない。
6・電源を入れたら画面が真っ黒のままで何も出ない。
7・PCの電源が付かない(パソコンが起動しない)
デバイスが認識しない | エラー
外付けHDDに異音が鳴り認識しない時にデータ復旧を行うには?
外付けハードディスクをデータのバックアップや引き出しなどで日々使用している際に、
ある時、急にコトンコトン、カコンカコン、と異音が鳴りだして、
さらにデバイスマネージャーで認識しない場合、データ復旧はできる?という疑問について。

まず、異音が鳴り出した場合は、ハードディスクの内部パーツのプラッタという、
データを記録するためのディスクに、データを読み書きするためのアームに付いた
ヘッドという回路が常時吸着してしまっているヘッドクラッシュという
物理的な故障が発生しているおそれがあります。

ハードディスクドライブは精密機器で、中を開くと外気の湿気や小さな異物の混入により
さらに破損がひどくなる危険が非常に高く、この状態になると、一般個人ではほぼ
修理することができなくなります。

外部に取り付けられているコントローラー(基盤)が壊れた場合は、
IDEの方式など古いハードディスクの場合は全く同じ形の基盤に交換することで
修復できることもあるのですが、近年の新しいHDDは認識番号が一台一台に
設定されていて、交換ではデータの読み込みによる復旧ができない場合が多いです。

専門のデータリカバリーセンターではそんなあらゆる故障分野に的確に対応されていて、
外付けHDD、またメモリーカード、RAID、USB、MO、DVD、CDなどの
ほとんどの補助記憶メディアで、パソコンなどに認識しない場合や、
誤ってファイルを削除した場合での復旧の依頼を請け負われています。
デバイスが認識しない | データファイルの復旧・復元
Universal Serial Busの読み込みができない時の接続手順
パソコンのUSBポート(差込口)から接続して使用するUniversal Serial Bus
(ユニバーサル・シリアル・バス-USB)機器にはデータ保存装置やマウスをはじめ
数多くのリムーバブルメディアがあり、パソコンには欠かせない重要な機器でもあります。

USBメモリー

主なUSB接続機器
  • マウス
  • キーボード
  • USBハブ
  • スピーカー
  • プリンター
  • イメージスキャナ
  • 複合機
  • デジカメ
  • デジタルフォトフレーム
  • 外付けRAID
  • MOドライブ
  • CD/DVD-R
  • BD
  • 外付けHDD
  • Webカメラ
  • チューナー
  • 音響機器
  • ケーブル
  • コントローラー
  • カードリーダー/ライター

このらの機器は全て、コントロールパネルにあるデバイスマネージャーに
正常に認識される事によって使用することができます。

しかし場合によっては稀に不明なデバイスと扱われたりまたは読み込みが出来ずに
パソコンで使う事ができない、というトラブルが発生してしまいます。

まず、マウスポートやキーボード、USBカードリーダーなど簡単に読み込みができる
標準インターフェース(standardinterface)の媒体が突然読み込めなくなった時は

・USBポートへの接続不良、あるいは差込口の間違い。
・ケーブルのコードまたはコネクタ、記憶メディアの回路の故障。
・延長コードを使っている場合にたまに起きる読み込みエラー。

などのサプライにおける問題の発生が考えられます。

たまに、起動した直後に動かない事は時々、端子が正しく差さっていなかったり、
しばらく待ってみるかもう一度再起動されてみると今度はちゃんと認識される、
というケースもありますのでまずは様子を見て判断されてみてください。

次に複合機やレーザープリンターなど大型である容量のインストールが必要なマシンの場合、
セットアップとUSB接続の手順を間違えてしまうと正常にデバイスが認識されない時があります。

まずは解説書やインストールのマニュアルをよくチェックされてみてください。

手順に失敗してしまった時はアンインストールを行ってもう一度やり直してみましょう。
正常に読み込まれているかどうかは、液晶モニタ画面の右下のアイコンや
『スタート→コントロールパネル→システム→デバイスマネージャ』の表示で確認できます。
デバイスが認識しない | 周辺機器
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-category-52.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.