データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【Windowsの問題解決】のページです。パソコンの故障やエラーによる保管ファイルの喪失。そんな時にこそデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復や修理の手順など破損トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


こちらは『Windowsの問題解決』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧ページです。
Windowsの問題解決 のカテゴリ









ページ案内
下記のリストにてそれぞれのエントリーページの見出し文を新着順に掲載しています。

各文章の下部分にある、「エントリータイトル」と「続きを読む」と書かれたリンクから
コンテンツの本文と追記の一文が表示されたエントリーページへ入れます。

また、過去に作成したページも定期的に新しい内容に更新しています。

 


ウィンドウズのエクスプローラーで外付けHDDが読み込めない時は?
Windows(ウィンドウズ)のオペレーティングシステムをインストールしたパソコンに
[外付けハードディスク]をUSBコネクタから接続したら、
なぜかエクスプローラーの画面で表示されない、という場合について。

3.5インチ外付けHDD

まず確認として、外付けハードディスクの電源がしっかりと付いていて
「休止モード」などになっていない状態で、USBケーブルも
2.0または3.0の正しいUSBポートに入っているか見直してください。

外付けHDDのアクセスランプも正常に点灯していて、
ケースの中のディスクもうっかり抜き取ったままにしていなくて
正しい向きでしっかりと入って固定されているかも見直します。

もし他のパソコン本体を一台以上お持ちであれば、
試しにそちらでつなげ直して読み込めるかどうか確かめてみてください。

カートリッジの故障や接続のミスが特に出てなさそうであれば、
次にパソコンの起動時の「BIOSの設定画面」かブートオプション画面、
またはウィンドウズのデバイスマネージャーを開きます。

※「BIOS」はPCの電源を入れてからDeleteキーかF2キーを連打、
 「ブートオプション」はF8キーを連打、
 デバイスマネージャーのメニューは「コントロールパネル」⇒
 「デバイスマネージャー」⇒「ディスクドライブ」の項目で開きます。


これらのメニューでお使いの外付けHDDの製品名が一覧に表示されていれば、
ひとまずパソコンへのデバイスの認識自体はできている事になります。

それなのにマイコンピューターなどのエクスプローラーで開けない、
というトラブルが出ている時は、そのHDDのフォーマットの形式が
Windowsでは対応されていないのが原因で読み込めないパターンが多いです。


例えばApple社の[Mac OS X]がインストールされている
Mac ProやMacBook、iMac、Mac miniといったパソコンで先に、
「Time Machine」などのバックアップ用の機能で使うために
Macの機能でドライブを初期化すると、フォーマットがMac用に書き換わります。

そのため、Windows7やWindows8・8.1の通常のエクスプローラー画面では
ドライブのアイコンが表示されずに中身のファイルを開けなくなります。

Mac以外でもLinux系ディストリビューションのOSや
パソコン以外のコンピューターで使われているハードディスクを
同じように接続しても、同様にエクスプローラーで読み込めない事が多いです。

RAIDやNASに使用していたHDDも、前の機材で使っていた時の設定次第では
やはりマイコンピューターで読み込めない事もよくあります。



この状態を解決するには、まず前に使っていた元々のコンピューター製品に
もう一度その外付けハードディスクを内蔵か増設でドライブベイに繋げ直します。

中身のディレクトリに書き込んでいたすべての必要なファイルやフォルダを
他に用意したデータ記憶メディアにバックアップを取ります。

(何かの原因でHDDに不具合が出てしまい一般個人で読み込めなくなった時は、
プロのデータ復旧サービス業者に注文をして内部の抽出をしてもらってください。)

そしてもう一度ウィンドウズのパソコンにつなげ直して、
外付けの専用カートリッジ(ケース)かアダプターの電源を入れます。
Windowsの問題解決 | Windows 全般
Windows XPのIDEハードディスクのデータを取り出し
以前に使っていた「Windows XP Home Edition」のパソコンの一つに内蔵された
IDE方式のハードディスクの内部データが、OSの障害で開けなくなりました。

そのため先日、PCケースを開けてHDDを取り出して、
USB変換ユニットを使って別のWindows8 ProのOSを入れたPCから読み込みました。

そのついでに、他に2台ほど持っていたWindowws XPの本体の
古いデスクトップパソコンからもハードディスクを取り出しして、
一気にまとめて中身のファイルを確認して復旧する作業を行ってみました。

今回はWindows XPのOSを搭載していたPCの内部データを、
IDE方式のHDDから別のパソコンに繋げて読み込み直して復活させる手順について、
更に詳しく説明いたします。


Windows XPのパソコンはこれまでに5台ほど持っていたのですが、
そのうち最初の一台は内蔵ハードディスクの物理障害で故障。

他の2台はまだ正常に動いて、残りの2台は久々に開いたら
Windowsのファイルシステムの不具合が起きている様子で、
デスクトップが正常に開けないトラブルが起きていました。

試しにハードディスクなど部品を順に交換したりしてみれば
どこのパーツやシステムに問題が起きているかも大まかに調べられますね。

ですが今回ではその前に、ひとまず全てのWindowsXPのパソコンで使ってきた
ローカルディスクの中にあるデータをまとめて確認して、
改めてバックアップをして復旧させる作業を一台ずつ実行していきました。
Windowsの問題解決 | Windows XP
Windowsを初期化した後でファイルを復元
多くのパソコンで導入されているオペレーティングシステム(プラットフォーム)の
Microsoft Windows」(ウィンドウズ)は現在、各社のパソコンの製品に採用されて
世界中で非常に幅広いユーザー層に普及しています。

[この度、おそれながらページの内容を変更させていただきました。]

Windowsディスク

主なWindowsの搭載メーカー
  • Acer(日本エイサー)
  • ASUS(エイスース)
  • NEC パーソナルコンピュータ
  • 富士通(Fujitsu)
  • SHARP(シャープ)
  • Panasonic(パナソニック)
  • エプソンダイレクト
  • SONY(ソニー)
  • 東芝(TOSHIBA)
  • DELL(デル)
  • hp(日本ヒューレット・パッカード)
  • マウスコンピューター(mouse computer)
  • Faith(フェイス)
  • Tukumo(ツクモ)etc

電気店やパソコンショップにて販売されているWindows搭載のパソコンも、
アップル社のMac ProやMacbook Airと同じく、
OSの標準機能やアプリケーションを用いて様々なデータを取り扱えます。

メモ帳やウェブブラウザ、エクスプローラー、ノートパソコンのカメラ機能で撮影した写真画像、
またインストールしたユーティリティーのファイルなど、非常に多数のデータを保存します。

しかしOSのアップグレードや買い替えによるパソコンからの変更や
新しいマシンの新規購入をしてしばらく使い続けているとレジストリの肥大化などで
ある時、急にWindowsのOSが不具合を起こしてしまう、という事例もあります。

特にオペレーティングシステムの中でもまだ新しい最新版のWindows 8や、
またはサポートが終了したWindows95、98、2000などのプラットフォームでよく
システムやアプリケーション上の欠陥が稀に見受けられたり、
バージョンのアップデートに失敗した影響で不調が出てくるケースもあります。

そんな時には、一度WindowsのOSを「リカバリー」して購入時に近い状態に初期化すると、
OS上で故障した箇所も大体の場合で修復できます。

ですが、それまでにWindowsのデスクトップパソコンやノートパソコンに
溜めて保存していた個人のファイルやアプリケーションが消えてしまいます。

そこでバックアップを取っておいてから初期化して後からデータ復元を行う事はできる?
という疑問について。
Windowsの問題解決 | Windows 全般
ユーザープロファイルを読み込めませんでした、と出た時は?
Microsoft Windows(ウィンドウズ)のOSで使われている
「ユーザープロファイル」【user profile】は、コンピューター上で
ユーザー別のプライベート用にログインできるように設定した特殊なフォルダです。

要約すると使用者ごとにそれぞれ展開・使用ができる、保護された特別な領域です。

(注意:『ユーザープログラム』(user,s programs)は
ユーザーが開発したプログラムの事で、ユーザープロファイルとは別のものです。)

ですがある時、普段どおりにユーザー別でのログオンが急に失敗してしまい
アクセスできないようなアクシデントが出てしまう場合があります。

ユーザープロファイルが読み込めませんでしたので、
既定のシステムファイルを使ってログオンしました。


というエラーメッセージが表示されて、こうなると違う設定環境で開かれて、
ユーザープロファイルに保存してあったHDDの重要なデータが開けなくなってしまいます。

(初心者の方には少し難しいかもしれない作業が多いので、無難に直したい時には、
 専門のパソコン修理サポートやデータ復旧サービス業者の方に注文して、
 初期診断を受けてから修復の作業を行ってもらってください。)
Windowsの問題解決 | プロフィール
Windows XP Professionalでのデータ救出
Windows XP Professional [ウィンドウズ・エックスピー・プロフェッショナル]は
アメリカ合衆国のMicrosoft(マイクロソフト社)から発売されている
OS(オペレーティングシステム)です。

WindowsXPは徐々に新製品のWindows7やVisaに変わってきてはいるのですが
現在でもまだ世界中で多くのユーザーに親しまれて使用されています。

因みに略称で「XP-Pro」(エックスピー・プロ)と呼ばれる場合もあります。

家庭用のHome Edition(ホームエディション) と違い、
上級ユーザーとビジネス向けであるProfessional(プロフェッショナル)には
暗号化やアクセス制御機能など独自のデータ安全管理機能が搭載されています。

ビジネス・法人向けで使用される機会が多いため、重要なデータファイルの
セキュリティ機能はアプリケーションソフトウェアのインストール抜きでも
単独で数多く備わっており、重要なデータの入ったフォルダ等を第三者に
閲覧されないように保護するのにも適したなOSエディションです。

また、Professionalは『バックアップ ユーティリティ』の機能も備わっています。

スタートメニュー⇒すべてのプログラム⇒アクセサリ⇒システムツールにある
『バックアップ』という項目を選び、ツール上で指定したファイルやフォルダ群を
XP ProのPCから、別の外付けHDDやUSBメモリ等にコピーして格納します。

これにより、簡単にバックアップができるの、ある日突然OSやハードディスクが
故障して大事なファイルが開けなくなったとしても、バックアップ分から
他のPCや修理完了後のマシンに移動させてデータを救出させる事もできます。
Windowsの問題解決 | Windows XP
システム回復オプションを使いWindowsを復活
Windows XPや2000、HomeServer2003の旧ウィンドウズOSでは、
急にパソコンやサーバの起動ロゴ画面が開かなくなるトラブルが起きた時、
付属のCD/DVD-ROMディスクを挿入して回復コンソールを
立ち上げて修復する方法がありました。

ですが、最近のOSであるWindows7やVista、Home Server 2008では、
付属のオペレーティング・システム インストール用DVDディスクに
『システム回復オプション』という復活用ツールが導入されています。

XP以前の回復コンソールよりも画面が青くグラフィック化されて
操作方法もよりわかりやすく使いやすい仕様に出来ています。

コンピューターの電源ボタンを押してBIOS画面が表示された後に
正常にOSロゴやデスクトップが表示されず困ってしまった場合に、
まずは製品に同梱されている、Windows Vista/7/HomeServer2008の
インストールDVDをドライブ装置に挿入します。
Windowsの問題解決 | ファイルシステムの回復
スタンバイ状態からデスクトップの起動を復帰できない時は?
Microsoft Windows(マイクロソフト・ウインドウズ)のパソコンは
起動を終了する際に、スタート⇒終了オプション⇒『電源を切る』
または『再起動』で行うのが正規の手順です。

電源スイッチを切ったりリセットボタンを押すのは
OSにエラーやフリーズが発生したなど緊急時にのみ使うようにします。

『コンピュータの電源を切る』の画面の左側にあるオレンジ色の
スタンバイ(S)』ボタン(stand-by・準備)は、
起動中にパソコンで行った直前までの作業状態をメモリに保存して
電源をほとんど落とす状態です。

次回の起動時にスタンバイ直前の状態に復帰させる事ができますので、
少しの間パソコンから離れたい時などに便利です。

電源スイッチで戻せなくなるエラー


しかし注意する点として、メモリの状態を維持するための電力の供給は
行われていますので、電源スイッチをオフにしたりコンセントを抜くと
スタンバイが解除されてしまい、起動中に更新したデータ等も
ハードディスクに保存されないまま消えてしまいますのでお気をつけ下さい。

ただ、スタンバイ状態は完全に休止しているわけではなく
上記の通りメモリを動かしためにわずかに稼動している状態で、

パソコンの使用状態やスペックの質によっては稀に、
ハングアップ(フリーズ)やシステムエラーが起きてしまい
スタンバイモードから戻せない場合もあります。

一度起動ボタンを押し直してからデスクトップ画面が復帰するまでには
数秒~数十秒のタイムラグがあるのですが、1分~数分以上待っても
開かない時は、エラーが出ている可能性が極めて高いです。
Windowsの問題解決 | デスクトップ
レジストリ最適化・整理・変更時の注意点
WindowsパソコンをOSを特に再インストール等の整理をせず長い間使うと、
アプリケーションソフトウェアやプログラムファイルが次第に増えて
レジストリが肥大化し、パソコンの起動や操作時に読み込むデータが
多くなったため PCの動作が重くなっていく場合もあります。

レジストリはOSを動かすための中核とも言えるシステムですので、
レジストリ最適化/エディタ/クリーナーのソフトウェアを使い、
手順に従って再構築や変更を行う事で最適化をする事もできます。

しかしパソコンのマニュアルや参考書、ソフトウェアの解説には
レジストリの操作や編集による設定変更を行う際には、
「全て自己責任の上で行うように」、との注意書きがよく書かれています。

なぜならば、レジストリはパソコンごとに設定や書き込みデータが違いまして
ユーザーごとのプロファイルや使用ポート、アプリケーションの関連付けなど
全て組み合わせも設定も異なるためです。

そのためレジストリの書き換えに失敗してエラーが発生しても、
業者の方で以前と同じ構造に修復してもらう事が出来ない難点があります。

そのためレジストリの再編成や整理で書き換えを行う際には必ず事前に
レジストリエディタなどのツールでバックアップを取る必要もあります。
Windowsの問題解決 | マシンの最適化
Windows XP起動ディスクとは?
WindowsパソコンのOS画面が起動しない!
という緊急事態は、オペレーティング システムの中でも
特に歴史の長く需要の多い、Microsoft Windows XPによく見られるトラブルです。

Windows XP

Windows XP(ウィンドウズ エックスピー)は2001年に登場して以来、
2007年にWindows Vista(ウィンドウズ ビスタ)が発売されるまでの間
6年間の長期間、主流だったので現在でも最も利用者数の多いOSです。

そのため、Windows XPの画面が起動できないエラーや故障を
修復する処理作業はわりと一般的にも普及しています。

セーフモードからの起動といったシステム回復方法のほかに、
Windows XP 起動ディスクを使ったリカバリー方法があります。

XPが起動できないトラブルは、前回起動時でアプリケーションソフトウェアの
インストールや操作の影響で起こる場合も多く、

電源の立ち上げ直後にF8キーから開くセーフモードで間単に復活できる場合と、
セーフモードでは直せない、やや深刻なパターンがあります。

MBR【マスターブートレコード】が壊れている状態等がその一つですね。

Windows XP自体が開けないのでパソコンにある程度詳しい方でなければ
原因の特定さえも難しいのですが、
Windows XP起動ディスクをあらかじめ作成して用意しておけば大丈夫です。

起動ディスクを作成する手順はまずフォーマット済みフロッピーディスクを6枚用意し、
マイクロソフト サポート オンライン【Microsoft】のホームページから
OSのバージョンに合わせたWindows XP起動ディスクのプログラムをダウンロードします。

ローカルディスクのどこかに保存したら、【実行】で開き、
デスクトップ上に作られた専用アイコンをクリックで開きます。

使用許諾契約書を確認したら同意をして、セットしたフロッピーディスクに
一枚ずつ順に手順に従ってコピーをして、完成です。

パソコンがすでに故障してしまっている場合は別のパソコン本体を通して作成しましょう。
Windowsの問題解決 | リカバリー
Windows Meのファイルシステム復元機能とは?
少し前の世代のマイクロソフトウィンドウズのオぺレーティングシステム:
Microsoft Windows Millennium Edition【Me】こと
マイクロソフトウィンドウズ・ミレニアムエディションは、

システムリソースが多く占有する仕組みのためフリーズ(ハングアップ)や
ブルースクリーンのエラートラブルが発生しやすいという難点もありました。

しかしWindowsMEには、98や95など以前のヴァージョンにはない、
システムファイルの保護機能:【Windowシステムファイルプロテクション】が
搭載されています。

うっかり一部のOSプログラムを削除してしまったり
強制シャットダウンや停滞等の影響で壊れてしまっても
このWindowシステムファイル・プロテクションというツールを用いて
MEの復旧や内部データーの改修、復元などの対処を試みる事が出来ます。
Windowsの問題解決 | Windowsの障害
Windows Vista搭載のバックアップと復元センター機能とは?
パソコンで頻繁に起こりうるデータ損失トラブル対策のため、
マイクロソフト社の「Windows Vista」(ウィンドウズビスタ)のオペレーティングシステムでは
最新のセキュリティ対策のヘルプ機能:【バックアップと復元センター】が搭載されています。

このツールでは特定のファイルをバックアップしたり、自動的に保存する事ができます。

まずはスタートメニュー⇒コントロールパネルより、バックアップと復元センターを開きます。

・ファイルのバックアップ
・コンピュータのバックアップ
・ファイルの復元
・コンピュータの復元


の項目で、コピーまたは復活させるデータの範囲を指定して、実行します。
Windowsの問題解決 | Windows Vista
上書きインストールでWindowsを修復する手順とは?
Windows OSにシステム障害が起きてどうしても起動できない時は
リカバリCDによって再セットアップをする事で回復できます。

しかし新規インストールで行うとそれまでの全てのデータが
出荷時の状態にまで初期化されて、
今までのデータや設定が全て消えてしまうデメリットもあります。

ですがもう一つの復元パターン:【上書きインストール】でしたら、
ユーザーが作製・保存したファイルや、カスタマイズの状態を維持したまま
一定の可能性でシステムを元に戻す事もできます。

まずはパソコンの取扱説明書(マニュアル)を参考に、
BIOSの設定をWindows CDディスクから起動できるように変更します。

次にCD/DVDドライブにディスクを挿入して再起動、

Windows XP Home Edition セットアップ(各OSのバージョン表示)
【再セットアップの開始】の画面が出たらEnterキーを押します。

【ライセンス契約】の画面が表示されましたら、F8キーを押します。

【次のインストール済みのWindows ○○の1つが壊れている場合は、
修復を思考できます。】の画面でRキーを押します。

インストールが始まりますので、完了して再起動されるまでお待ち下さい。
Windowsの問題解決 | インストーラー
Windowsのバージョンアップ後に起こりうる不具合とは?
2009年10月22日より、ウィンドウズの最新バージョンである
Microsoft Windows 7の一般発売が開始される予定です。

Windows Vistaの後継版として、ビスタからの上書きアップグレードも
可能、とされているのですが、XP以前のOSの場合は
クリーンインストールを行う必要がある様です。

WindowsXPの期間が2001年~2007年と大変長かったため、
現在でもXP対応のソフトウェアやシステム環境が大変多いです。

大手の開発メーカーより販売されています有名なソフトウェアでしたら
最新バージョンにアップデートされたアプリケーションプログラムを
導入する事で最新のOSにも対応ができます。

しかし、フリーソフトや古いソフトの中には、新しいオペレーティングシステムに
インストールすると、動作に不具合が出る可能性もあると言われています。

また、Photoshopといったソフトウェアのバージョンが大分前のものである場合、
Windows7では完全に機能が使用できる保障がない、という話題も聞きます。
Windowsの問題解決 | Windows 全般
レジストリのリストアでWindows XPを起動する方法とは?
Windows XP」(ウィンドウズ・エックスピー)のオペレーティングシステムが
インストールされたパソコンを起動して使用している最中に

突然のフリーズ(ハングアップ)が発生して強制終了が起こったり、
停電・断線などの障害でUPSがなかったためにパソコンが閉じてしまうと、
カーネルに深刻なエラーなどの問題が起きる可能性があります。

再びPCの電源を入れ直しても、何らかのエラーやシステムの破損で
Windows XPの画面が起動できなくなるトラブルが発生したら、
どのように対処すればいい?という疑問について。

まず起動直後に、マザーボードのロゴのウィンドウが表示された時に、
F8キーを数回押して開ける(あるいは自動的に表示される)
セーフモード画面で「通常起動する」や「前回起動時の構成」、「セーフモード」
などの指示をして、復旧させる手順が使えます。

しかしそれでもウィンドウズが正常に開けずにパソコンが使用できない場合や、
またはその途中でブルーバック画面(ブルースクリーン)が出て止まってしまったり、
ウィンドウズのデスクトップ画面の展開後にすぐシャットダウンしてしまうケースもあります。

そんな時のために、レジストリのリストアという修復機能が用意されています。
Windowsの問題解決 | トラブル対処ナレッジ
WindowsXPの起動修復ツール:回復コンソールとは?
Windows XP OSパソコンの起動ファイルMBR(マスターブートレコード)や
ブートセクタのシステムがフリーズや強制終了などコンピューターエラーの影響で
破損してしまいWindowsの通常起動やセーフモードから起動できなくなった場合は、

Windows XPオペレーティングシステムのCD-ROMに搭載されている
回復コンソール』をいうプログラムツールによって修復させる事ができます。


起動までの手順



1:まずはCD/DVDドライブにWindowsディスクを挿入したまま電源を起動する。

2:『セットアップの開始』画面にて『Rキー』を押す。

3:キーボード確認画面で『半角/全角キー』を押す。

4:『以下のキーボードが選択されました』のメッセージが出たら『Yキー』を押す。

5:修復したいOS(主に1番)を選択して『Enter』キーを押す。

6:次の画面でAdministratoのパスワードを設定していない場合はEnter、
 設定している時にはパスワードを入力してEnter。

7:『C:¥WINDOWS』が表示されたら回復コンソールを使用できます。


その後ウィンドウズが正常に起動できたらリカバリー成功です。
Windowsの問題解決 | 初心者のために・・・
Windowsパソコンをセーフモードで開いてデータを回収
MicrosoftのWindowsのOSをインストールしたパソコンが
起動中に急にフリーズを引き起こして操作が利かなくなった時は、

まだデスクトップ上のカーソルが何とか動けば
全てのアプリケーションの作業を中断して閉じてから
パソコンをシャットダウンすれば、次の起動の時に大抵は回復します。

32bitのWin8

しかしOS自体の動きが完全に止まってハングアップした場合は、
電源ボタンの長押しなどで強制的にパソコンを閉じたら、
その後でデスクトップ画面が開けなくなる事があります。

また、パソコンがいきなり強制終了してしまったり、停電などで電源がダウンして
閉じてしまった後に再起動が繰り返されるループを引き起こして
いつまで経っても起動できなくなってしまうケースもあります。

他にも長期間パソコンを使っていなかった後で電源を起動すると
立ち上げの際にエラーが起きてウィンドウズの画面が開けなくなるトラブルも稀に起こりえます。



上記のような起動時の不具合が発生してしまった場合は、
まず、電源を閉じた後は電源コードとUSBコード、LANケーブルなどを
マシンの本体から全部抜いて、しばらくPCを冷まして休ませます。

それから数十分~数時間後に起動すると、
また正常に立ち上がって元に戻ってウィンドウズが立ち上がる事が多いです。

ですが、それでもまだ直らない時はWindowsに備わっている
セーフモードでパソコンを立ち上げて、
中身の大事なデータのバックアップによる回収の作業を試みてください。

Windowsでは「コマンド選択画面」からメニューの
「セーフモード」を選んで実行して、オペレーティングシステムの
デスクトップ画面を省エネのような最低限のモードで起動できます。
Windowsの問題解決 | Windows 全般
ウェブブラウザのお気に入りブックマークを復元するには?
パソコン上でインターネットを閲覧するにはIEをはじめウェブプラウザの
インストールが必要になります。


主なウェブプラウザ



・Internet Explorer(インターネット・エクスプローラー) [Microsoft Corporation]
・Google Chrome(グーグルクローム) [Google]
・Safari(サファリ) [Apple]
・Sleipnir(スレイプニル) [フェンリル]
・Lunascape(ルナスケープ) [Lunascape]
・Mozilla Firefox(モジラ ファイアフォックス) [Mozilla Foundation]


各プラウザには一度開いたウェブページ(WorldWideWebでハイパーテキスト)を
いつでもすぐに閲覧できる「お気に入り」(Favorite・Bookmark)という
大変便利な機能が付いています。

お気に入りのページはインターネット画面のツールバーにいつでも新規追加や削除を
する事ができるのですが、もしうっかり間違ってお気に入り内のデータを
削除されてしまった場合での復元方法について。


IEやLunascapeの「お気に入り」の保存場所は、マイ コンピュータの
ローカルディスク内に初期設定時から作成されて含まれているフォルダの一つ、

Documents and Settings」→「ご自分のアカウント名フォルダ」
の中にある星(☆)マークのアイコン型フォルダ『お気に入り』の中にあります。


※Firefoxの方はIEと違い、通常では一つのファイル内に上書きされて保存される
システムなのですが、フォルダを作りIEのように管理する事もできます。

インターネットの閲覧中、ウェブプラウザ画面から→クリック機能で削除した
ブックマークのHTMLファイルは、削除の時に出るバルーンにも表示されるように
ごみ箱に移動されます。

なので、いきなりコンピュータ内から消えるのではなく、
まずはごみ箱フォルダの方に一旦移動されてそちらに保管されています。

元に戻したい場合は、Documents and Settingsのお気に入りフォルダにコピーや移動をして、
もう一度ウェブプラウザを開き直すと削除したブックマークが復活しています。
Windowsの問題解決 | インターネット
WindowsのOSの再インストール時にデータ復旧をするには?
Windows 7や8、XPや2000などのオペレーティングシステムがインストールされたパソコンに
システムエラーなどの障害やレジストリの肥大化、コンピューターウイルスの感染といった障害が発生して
機能しなくなった時には、重度の論理障害である時にはOSの再インストールが必要になる事もあります。

ですが内蔵ハードディスクのリカバリーを行うと、それまでに保存していたすべてのデータも消えてしまいます。

そこで、再インストールを実行する前や、またはすでに実行してしまった後に、
保存したファイルを復旧させる事はできる?という疑問について。



まず、上記の通り、HDDの交換や初期化などの修理作業の際に再セットアップによる
OSのリカバリーを実行すると、パソコンが一旦初期化(購入前の状態にまで戻る)されます。

そこで、もしWindowsのデスクトップ画面やスタートの画面がどうしても起動できずに
CドライブやDドライブに保存したファイルがどうしても開けない場合には、
一度電源を止めて、パソコンの蓋を開けてドライブベイから取り出しをします。

そちらのドライブを外付けHDDケースのカートリッジに差し込みして別のパソコンに
リムーバブルディスクとして接続するか、別のPCの空きのドライブベイに増設します。

これで、そのWindows自体は起動できなくても、内部のプラッタに保存されている
すべてのフォルダーやファイルは読み込みできるので、
ここからバックアップを取る形でデータ復旧ができます。

その後、もう一度元のパソコンにドライブを差し込み直して、オペレーティングシステムを
Windows-OSの起動ソフトウェア(ユーティリティー)より再インストールを行う必要があります。
Windowsの問題解決 | 初心者のために・・・
プログラムの追加と削除で必要なシステムを消してしまったら?
Windows-OSパソコンのローカルディスクに残っている空き容量が少なくなってきたり
パソコン動作が前に比べて遅い、重いと感じられた時は、

Windows XPの場合は画面右下の
『スタートボタン』→『コントロールパネル(C)』→『プログラムの追加と削除』から
過去にインストールした後ほとんど使っていない、使用頻度の低い不要な
プログラムを削除(アンインストール)する事で空き容量が大きくなります。

※Windows 7や8の場合は「コントロールパネル」から「プログラムと機能」を開いて
選択画面から削除したいアプリケーションを選択してダブルクリックをして、
アンインストールを開始します。

アンインストール

しかしながらこの項目内には他に

・Windows XP・Vistaなどのサービスパック、
・ウイルスセキュリティのユーティリティー、
・IE(インターネットエクスプローラー)やSafari、Google Chrome、
・AdobeReader (アドビ・リーダー)
・Microsoft・Office(マイクロソフト・オフィス)


など、パソコンをスムーズに稼動させるのに非常に重要なプログラムも
大量に含まれています。


そのため使用している容量が大きいからといってうっかり
必要不可欠なシステムまで消してしまわないよう十分にご注意ください。

『プログラムの追加と削除』で上記のような重要なシステムを
もしもミスでアンインストールしてしまったら、

まずウイルス対策のセキュリティー機能などインストールし直せるものは
CD・DVDディスクやインターネットからダウンロードし直して、
アップデート完了の状態まで元に戻す事を最優先に行ってください。

もし再インストールなどで元に戻せないプログラムがありましたら、
コントロールパネルの『システムの復元』機能で
アンインストール前の復元ポイントの状態に修復できます。
Windowsの問題解決 | Windowsの障害
ウィンドウズの古いOSのPCで作成したデータは救出できる?
日本国内、そして世界的にも最も需要の高い、パソコンのOS[オペレーテイングシステム]の
『Microsoft Windows-マイクロソフト ウィンドウズ』には、
それぞれの時期で発売されたバージョンおきに主に以下のような種類があります。

ウィンドウズ オペレーティングシステムのバージョン
  • Windows1.0
  • Windows2.0
  • Windows3.0
  • Windows3.1
  • Windows95
  • WindowsNT
  • Windows98
  • Windows2000
  • WindowsME
  • WindowsXP
  • WindowsVista
  • Windows7
  • Windows8
  • Windows8.1


現在はこの中でも特に、XP、7、8.1あたりは最も需要の高いOSです。


ですが、ME、2000、98、95といった旧バージョンのOSもまだ多少の需要があります。

現在発売されている最新レベルのアプリケーションソフトウェアも、
まだ旧OSで起動できるものも多いのですが、

逆にカーネルのスペック・動作環境の不測で起動ができないものも多くなってきています。

それでは、旧世代のオペレーティングシステムを使用して作成したファイルを
誤って削除したりフォーマットをかけて喪失してしまったり、
そのパソコンが動かなくなってしまう、といったトラブルが発生した場合は、
どうすればデータファイルを救出させることができる?という疑問について。
Windowsの問題解決 | Windows 全般
Windowsのメモリークリーナー・めもりーくりーなーとは?
Windows OSパソコンのメモリは日々パソコンを使っていくたびに次第にに
空き容量が埋まっていき、時々整理をしなければ動作が鈍くなったり
データ読み込みや検索が遅くなってしまう場合もあり、場合によっては
システム障害に繋がるおそれもあります。

そんなトラブルや動作遅延を防ぐには めもりーくりーなー(メモリークリーナー)
というフリーソフトのプログラムを使ってメモリの掃除をする事ができます。

空き容量の管理による快適化


めもりーくりーなーの主な機能としてWindowsパソコン内の余分なデータ領域を
整理して解放をしたり、未開放領域を開放し空き容量を大きくする動作、
またスワップファイルやCPU、物理メモリの使用状況などの監視が可能で、
正しくメモリを使うことができるようになり、よりスムーズにPC活動ができます
Windowsの問題解決 | Windows 全般
システム上の復元機能でデーターを復旧できない時の対処方法は?
パソコンのハードディスクを誤って再フォーマットを掛けて初期化したり
うっかり必要なデータを削除してしまった時、またはフリーズやエラー、
クラッシュによる障害でシステムや保存ファイルが故障してしまった場合、

こういったトラブルが起きた時には多くの場合、
Windows 8/8.1搭載の「ファイル履歴」やMac OS X搭載のTimeMachineなどの機能で、
トラブル発生前の状態にバックアップデータを使ってある程度、元に戻す事ができます。

ウィンドウズの例では、コントロールパネル→ファイル履歴→個人用ファイルの復元
→逆時計回りの形をした『元の場所に復元します』のアイコンを押します。

前回に外付けハードディスクドライブなどにバックアップした、
それぞれのフォルダー(ピクチャやドキュメントなど)のファイルを修復できます。


しかし、例外として、[Program Files]など別のフォルダーに含まれているファイルや、
リムーバブルディスクに保存されているデータは機能せ保存できる対象外になります。

オペレーティングシステムを破損した状態から復旧させる標準機能の一つ
『システムの復元』は以前にセーブされた復元ポイントの時点まで
コンピューターを遡って元に戻す機能です。

その仕組み上、復元ポイントのそれ以降の時間に保存したシステムの変更箇所は戻せず、
ポイントの日付が大分前だった場合、かなりの量のアプリケーションソフトや
更新した設定が消えてしまう事もありますので事前にご注意ください。
Windowsの問題解決 | データファイルの復旧・復元
Windowsレジストリの復元・バックアップ機能とは?
Windows OSシリーズの『レジストリ』 (Registry読み:れじすとり)とは
Windows-ウインドウズ内部のデータベースで、パソコンを自由に操作するための
OSやアプリケーション設定など大切な情報が書かれたシステムです。

ウィンドウズ8

このレジストリは自分で設定、更新する事もできるのですが誤って必要な
データまで消してしまうとWindowsの操作に支障が出てしまうこともあります。

レジストリを安全に扱うためには?


エラーやウイルス感染、ショート、物理的な衝撃などの要因でレジストリが
破損して内部の設定やデータが読み込めなくなってしまうケースもあります。

そんな万一の事態に備えてあらかじめレジストリをバックアップしたり、
故障した時に前回正常起動時の構成に復元できる機能も備わっています。
Windowsの問題解決 | Windows 全般
Windows Vista パソコンのデータを修復するには?
Windows Vista(ウインドウズ ビスタ)とは、2007年1月に
Microsoft(マイクロソフト)より発売されたWindows最新のパソコン用OS
(オペレーティングシステム)です。

内部バージョンはNT5.1のWindows XPより
数段アップした NT6.0で、エディションは主に

  • Starter (スターター)
  • HomeBasic (ホームベーシック)
  • HomePremium (ホームプレミアム)
  • Business (ビジネス)
  • Enterprise (エンタープライズ)
  • Ultimate (アルティメット)
  • Home Basic N
  • Business N
といった種類があります。

ウィンドウズビスタでの消失ファイル救出方法


Windows Vistaは07年初頭に発売されてまだそれほど日が経っていないので
XPや2000に比べると対応しているデータ復旧ソフトウェアがまだまだ
少ないのが難点です。そこで、最新の対応ソフトを2つ紹介します。

一つはAOSテクノロジーズから発売されているデータ復元ソフト
ファイナルデータ2007 特別復元版

Windows Vistaをはじめ、XP、2000、NT4.0、Me、98、95と幅広く
対応されていて市販のソフトというのもあってリカバリー成功率にも
信頼ができます。値段は各バージョンで10000円前後です。

もう一つは株式会社ジャングルから発売された
完全データ復元PRO2008

ファイナルデータと同じくビスタをはじめ各OSにも対応されています。値段は
10080円(税込)で購入の前に体験版をダウンロードしてお試しもできます。
Windowsの問題解決 | データ復旧について
WindowsXPパソコンのデータをリカバリーするには?
現在日本国内のみならず、今も世界で最も普及しているパソコンのOの一つは
Microsoft[マイクロソフト]のWindows XP[ウインドウズ エックスピー]といえます。

モニタ画面

Windows2000や最新OSのWindowsVistaはまだ、若干人気が高くない
ようなので やはり現在の主力はWindows XPのようです。

Edition(エデイション)の種類には、
Home Edition(ホームエディション)とProfessional(プロフェショナル)に
大きく二分されておりまして、他にも用途に特化した
・MediaCenter
・TabletPC
・64-bitItanium
・Professionalx64
・WindowsFundamentals for Legacy PCs
・Embedded
・Starter
といったバージョンがあります。

ちなみにSPとは、Service Pack(サービスパック)の略称で、1,2,3が出ています。

XP-OS[オペレーティングシステム]搭載のパソコンが故障したり
エラーが起きたときの対処法やデータ復元方法もやはり最も多くあります。

再セットアップはWinXP修復のツールとして有名なのですが、
HDDに保管してあるデーターが一緒に消えてしまいますので、基本的には
リカバリーディスク以外の方法で基本的にXPファイル復元を行います。


XP-OSパソコンのデータ復旧


現在のデーター回復の市販ソフトウェアはほとんどのものがindowsXPに
対応しています。

また、データ復旧サービスセンターももちろんほぼ全てといっていい
くらいにWindows XPパソコンに対応されています。

シェアが大変優れたOSなので対応のサービスも非常に幅広くあり、
そういった要素でも大変便利なOSといえますので、これからXPのOSが
搭載されたパソコンを購入されてみようかと思われる方にもぜひお薦めします。
Windowsの問題解決 | データ復旧について
ウィンドウズをリカバリーした後でデータは復元できる?
MicrosoftのWindows8や7、Vista、XP、2000など、
ウィンドウズのパソコンでカーネルに異常が発生してしまい、
起動ディスクなどを使って再インストール(再セットアップ)で初期化した後に、

・誤って必要なファイルがまだ残っていて一緒に消去してしまった事に気づいた。

・ハードディスクドライブを取り出してデータを先に回収するのを忘れていた。

・ストレージの内部ファイルを先に取り出しできる方法があることを知らなかった。


といった場合に、リカバリーの後からでもデータ復元をする事はできる?
という疑問について。

[2015年6月更新]


まず、ウィンドウズの再インストールをしたりHDDにフォーマットを掛けた後は、
それ以上新しいデータがセクタに上書きされると、まだ残留している拡張子の痕跡が
上書きされて修復が難しくなっていくため、それ以上の使用はひとまず控えます。
Windowsの問題解決 | Webサービス
Windows(ウインドウズ)のOSのデータ復旧を行うには?
皆様はマイクロソフト社のWindowsとアップル社のMac OS X、LuinuxのUbuntuなど、
どちらのカーネルがインストールされたパソコンをお使いでしょうか?

世界的にはWindowsの方がやはり普及率が高いですが、ウィンドウズにも
今現在にかけて多くの種類のOS(オペレーティングシステム)のバージョンが存在します。

下記にて各Windows OS(ウインドウズ・オーエス)の種類をまとめてみました。


歴代ウインドウズの型番



  1. Windows1.0
  2. Windows2.0
  3. Windows3.0
  4. Windows3.1
  5. Windows95
  6. WindowsNT
  7. Windows98
  8. Windows2000
  9. WindowsME
  10. WindowsXP
  11. WindowsVista
  12. Windows7
  13. Windows8
  14. Windows 8.1


この中で現在最もメジャーなのがXPとVista(ビスタ)、7、8/8.1あたりですね。

特にウィンドウズVistaと7は次世代的なデザインが好評でこれから先も期待です。

64bitのWin8


Microsoft Windowsのパソコンをしようしていると、やはり操作の中で
膨大なデータファイルを取り扱います。

これらをもしうっかり間違えて必要なファイルを削除してしまった時のために、
ウィンドウズでは予備の保護機能が複数、標準で搭載されています。

また、市販のアプリケーションを用いて、便利なデータ復旧の機能を拡張する事もできます。



まず、デスクトップ画面の「ゴミ箱」のアイコンを開くと、
これまでにエクスプローラーの画面から削除したファイルやフォルダーが
こちらに表示されます。

エクスプローラーやダイアログボックスの画面でデータを消去する動作を取ると、
通常は「このファイルをゴミ箱へ移動しますか?」といったメッセージが出てきます。

コンピューター上からはすぐには消えないので、後から復旧する事もできます。

ゴミ箱フォルダーの中のまだ使うファイルを選択して、
「選択した項目を元に戻す」のメニューを押すと、以前のフォルダーの位置に戻ります。
Windowsの問題解決 | Windows 全般
 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-category-50.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.