データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【移行・移動の仕方】のページです。パソコンの故障やエラーによる保管ファイルの喪失。そんな時にこそデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復や修理の手順など破損トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


こちらは『移行・移動の仕方』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧ページです。
移行・移動の仕方 のカテゴリ









ページ案内
下記のリストにてそれぞれのエントリーページの見出し文を新着順に掲載しています。

各文章の下部分にある、「エントリータイトル」と「続きを読む」と書かれたリンクから
コンテンツの本文と追記の一文が表示されたエントリーページへ入れます。

また、過去に作成したページも定期的に新しい内容に更新しています。

 


クラウドサービスに保存したデータを後から引き出しするには?
ネットワークからデータファイルを転送して保存することのできる
クラウドストレージ/オンラインストレージ(cloud storage/online storage)のサービスを使用して
データをバックアップしていて、ある時にアクシデントでパソコン等に保管しておいた
元のファイルが消失してしまった際にはどうすれば引き出しできる?という場合について。

クラウドのフォルダー

クラウドサービスの一例
  • Google Drive(グーグル・ドライブ)
  • One Drive(ワン・ドライブ)
  • iCloud(アイクラウド)
  • NEC Cloud IaaS
  • Dropbox
  • SafeSync
  • Box
  • ドコモクラウド
  • SugarSync
  • Evernote


まず、クラウドサービスはそれぞれが企業のサービスの設定や仕様によって
操作方法がある程度異なりますので、それぞれのガイドラインに沿った形で使っていきます。

方法としましては主に、専用の共有フォルダーをインストールしていた場合は
そちらを開いてから別のフォルダーにコピー&ペーストかドラッグ&ドロップ、

または、クラウドサービスの作成したアカウントにインターネットからログインして、
以前にアップロードないし自動転送されたデータをファイルマネージャーのページから
必要なものを個別に選択、または一括でチェックします。

そして、クラウドストレージのサーバ上から、パソコンのフォルダー、
または外付けHDDや自宅のNAS、DVD-Rなどにコピーし直す形でデータを引き出しします。
移行・移動の仕方 | クラウド・コンピューティング
外出先でデータを印刷できない時の対処方法は?
ビジネスでの出張や旅行、イベントへの参加、冠婚葬祭、社交といった目的で遠くの場所へ
外出して行った時、現地で急に何かのデータを紙面に印刷する事が必要になった場合、
プリンターを手持ちでないため、多くのケースではすぐに印刷するのが難しくなります。

そんな時に、どうすれば解決ができる?という疑問について。

旅客機での移動

【主なプリンターの製品の一覧】

・Canon(キャノン):インクジェットプリンタ PIXUS IP2700
・brother(ブラザー工業):A4インクジェットプリンター複合機/6/11ipm/無線LAN DCP-J137N
・EPSON(エプソン):複合機 Colorio EP-707A 無線 Wi-Fi Direct
・HP(ヒューレットパッカード):ENVY4500 A4カラー複合機 A9T80A
・日本電気(NEC):A4対応カラーレーザプリンタ MultiWriter 5750C PR-L5750C


(※こちらの一例では、主にリゾートホテルやビジネスホテルで宿泊した時のケースについて
 解説させていただきます。)


まず、ノートパソコンやモバイル端末を持ち運んで現地で合間に操作を行っている時に、
例えばツアーのプランや旅客機・列車・船舶の予約などに申し込んで
バウチャーチケットに印刷する事が必要になった際に、
プリンターを持ち運んでいない事がほとんどのため、そのままでは印刷ができません。

特に海外に来ている時はさらにプリントが難しくなりがちです。


そこでまず、ホテルのロビーのあるフロントにパソコン一式がサービスで設置されていましたら、
そこの機材の中にプリンターが置かれているか確認します。

そちらのパソコンに、プリントしたいファイルを保存したメモリーカードを差し込んだり、
インターネットのサービスのページやクラウドストレージにアクセスして、
必要なファイルを開いて用紙印刷を行ってみます。
移行・移動の仕方 | プリンター
複数のハードディスクのデータを一括保存して整理
以前に古いデスクトップパソコンやノートブックPC、
またNASやレコーダー、ビデオカメラといった電子機器を使っていて
もう今は使っていない場合、その機器の内部に「古いハードディスク」が
中身をバックアップしていないまま搭載されて残っていませんか?

二次記憶装置のハードディスクドライブ(HARD DISK DRIVE)は
重要なデータを記録しているため、定期的に整理して管理する事が重要です。

古いハードディスク

例えばそれぞれのコンピューター機材のフタを開けて、
IDE/SATAケーブルや電源ケーブル、固定ネジを取り外して、
マシンの本体から抜き出して別の安全な場所に収納します。

または電子機器の本体ごと、日光が当たらず高温や低温、埃、湿気、電磁波、水害など
外部からの影響を受けにくい、屋内の中でもある程度安全な位置に保管します。


しかしそれだけではなく、中身のすべてのファイルやフォルダは
そのままにしておくと、開きたい時にすぐに開けなかったり、
経年劣化でハードディスクが壊れたり、時には紛失するおそれもあります。

特にIDE方式で最大容量が100GBやそれ以下のものである古いHDDは、
動かしていなくてもわずかな湿気やゴミなどの異物の混入や
部品の老朽化などで、いつの間にか故障している可能性もあります。

そこで、より安全に保管するために、今まで使っていたハードディスクを
一度すべて開き直して、バックアップをしながら整理を行う事をおすすめします。


近年のハードディスクドライブは[1TB、2TB、3TB、4TB]と、
10年くらい前に普及していた製品よりはるかに大容量化しています。

以前の最大容量が数十GBくらいのハードディスクに入っているデータなら
数個分くらいは丸ごとコピーして一台でまとめて一括保存する事もできます。

また、以前よりも頑丈で簡単には壊れないように設計されているので
ヘッドクラッシュや自然な老朽化による破損のおそれも低くて済みます。

もちろん長期間の保存性があるDVD-RやBD-Rのディスクを数十枚購入して、
それぞれラベルをつけて分割して保存する方法や
LinkStationなどのNASに無線LANからつなげて保管する方法でも良いでしょう。

こちらの実例では、1TB(テラバイト)単位の「USB外付けハードディスク」を
パソコンで読み込んで、順番にバックアップしていく手順について解説します。


最初に、古いパソコンなどの本体からハードディスクを取り出します。

IDE方式かSATA方式か、また3.5インチサイズか2.5インチサイズかを、
ケーブルやコネクタの形状とHDDの大きさを見て確めます。

取り出したハードディスクを、今所有されている一番処理速度の速い
別のパソコン本体につなげて読み込みます。
移行・移動の仕方 | デジタル機器
読み込みできない時に別の装置に移し変えて接続する方法
CDやDVD、ブルーレイなどのディスクメディアや、SDカード、メモリースティック、
xDピクチャーカード、スマートメディアといったメモリーカードの記録媒体は、
主にその電子メディア媒体の単独ではデータの読み取りや書き出しを行う事ができません。

これらの媒体はパソコンなどに内蔵された「ドライブ装置」や「メディアプレーヤー」、
「レコーダー」、「デジタルカメラ」などの「使用している機器本体」といった
専用の機材に挿入して、モニターに表示してパソコンにデータの読み込みを行います。

ディスクやメモリーカードに傷や汚れがいなければ普通は読み込みできるのですが、
たまに専用の読み取り装置に何らかのエラーや故障が起きて、
一時的に、または何度機器への差込みを行っても読み取れない場合があります。

ディスクの読み込み

不調の原因としてはオペレーティングシステムやアプリケーションのエラーですね。

機器が認識できなかったり、ハードウェアのトレイやソケット部分に異物が入り込んだり、
製品の寿命でパーツが老朽化して壊れる、など多くのケースがあります。

しかし、上記のようなメディア媒体は読み込み可能な専用の装置を2種類以上個人で
簡単に入手ができている場合も多く、他の機材から別に読み込んでみる方法もあります。
移行・移動の仕方 | 記憶メディア
IEのお気に入りを別のパソコンに移すには?
Microsoftから提供されているインターネット閲覧用ソフト(ウェブブラウザ)の
Internet Explorer(IE・インターネット・エクスプローラー)では、
気に入ったウェブページをブックマークしていつでもすぐに見れるようにする
『お気に入りに追加』という便利な機能があります。

(SafariやFireFoxなど他のブラウザにも勿論あります。)

お気に入りに追加して新しくブックマークしたページは、IEの場合では
パソコンの中のユーザー別フォルダにファイル拡張子として保存されています。

なので例えば、デスクトップPCで普段ネットを見ていて、ある日に旅行や出張で
自宅や自社の外部の宿泊地で同じようにインターネットのお気に入りページを
閲覧したい場合、持参するノートパソコンやiPad、USBメモリなどの記憶媒体に
「お気に入り」だけをコピーして、他のパソコンに移す事で見れるようになります。
移行・移動の仕方 | Internet Explorer全般
iTunesのデータ移動を短時間で実行する場合
iPodシリーズやiPhone、iPadなどのアップル社製モバイル機器のデータを
パソコン上にデータ移動/コピーしたり、新しいコンテンツをダウンロードして
管理するためには、iTunes(アイ・チューンズ)というソフトウェアを
PCのOS上にインストールして使用していきます。

iTunesは頻繁に最新版へのアップデートのお知らせが表示されて、
iPhone4やiPod nano、iPad2などっをUSBコードで接続して同期させるたびに
何かのプログラムを更新する部分があるほど、頻繁に出てきます。

ですが必ずしも毎回アップデート作業をする必要はなく、購入したアプリの
移し変えやiTunes Library(アイチューンズ・ライブラリ)へのデータの移行
のみを優先して行って、後から時間的に余裕のある時に他の更新作業を
実行する順番でも大丈夫です。
移行・移動の仕方 | iTunes
筆ぐるめの住所録等のデータ移行を行うには?
ソフトウェア開発企業の富士ソフト株式会社から販売されている
「ハガキ作成ソフト」で、筆まめ、筆王とともに高い市場シェアを持つ
はがき制作ソフトウェアである「筆ぐるめ」を使用する際に、以前に登録した
住所録などのデータの移行をするにはどのようにすればいい?という疑問について。

[主な製品のソフトウェアシリーズ]

・筆ぐるめ Ver.18 ジャングル (DVD-ROM 2010) 他、Ver.17、Ver.16~
・筆ぐるめ 年賀状[卯]
・筆ぐるめ 年賀状2010 [寅] ジャングル

CSV形式で保存する手順


まず、筆ぐるめを起動して住所録のデータを一通り打ち込んだ後にメニューバーの
「保存」を押して別形式保存を選択、しすてCSV形式】に合わせてOKを押して、
住所録ファイルを作成します。

このファイルを他のソフトウェア、例えば筆王や筆まめ、またはエクセルなどの
対応されているソフトで開く事で別のアプリケーションへのデータ移行が出来ます。

また作成・編集した葉書のファイルは、例えば年賀状等の場合、
一年後の同じ年末年始の時期にもう一度編集し直して使い直すと
宛先住所やメッセージの入力し直しの手間が省けて大変便利です。
移行・移動の仕方 | 年賀状作成
ファイルまたはフォルダの移動/コピーエラーが出たら?
新たにファイルやフォルダを別の場所に移動しようとしたら

『~フォルダを削除できません。ほかの人またはプログラムによって
使用されています。ファイルを使用している可能性があるプログラムを
すべて閉じてから、やり直してください。』


というメッセージの赤い×マークが付いたダイアログボックスが出て、
他の空き領域(別の階層ディレクトリやバックアップ用に接続した二次記憶装置など)
の中ににデーターの移動やコピーが完了できない時があります。

(コピーの場合は『ファイル名~をコピーできません。』と表示されます。)

これは、現在そのFileが別のアプリケーション等で使用中のために
消したり書き換えることができないために起こるエラーです。

プログラム起動中はロックされている状態なのが主な原因ですので、
この引っ掛かりを取り除くには、まずは開いているすべての
アプリケーションソフトウェアのウィンドウを一度全部終了しましょう。

他のフォルダに移行させる時にエラーが出た時は、送信先の領域への
コピー作業だけは完了していても元の使用領域の方にはまだ残っていますので
すべてのプログラムを閉じた後で確認して、その後『すべての選択』や
左クリック+Shiftキー/Ctrlキー】で選んで、手作業で消していきましょう。

ネットワークやLANケーブルで共有して使っているコンピューターでは、
他の方が会社内外部のパソコンからイントラネットを通じて使用している、
という共同作業でのトラブルもありえますので、業務の内容を確認して、
同意を得た上で相手側の作業の終了後にコピーや移動処理をすると良いでしょう。
移行・移動の仕方 | フォルダ
Windows XPからVista・7にデータを移行するには?
新しくWindows Vistaやwindows7のOSのパソコンを購入した後に、
今まで使用していたXPパソコンの方のデータを移行する方法について。

ウィンドウズビスタ・ウィンドウズセブンには新しく【Windos転送ツール】が
付属されていますので、これを用いて移動を行う事ができます。

ただ、XPや2000、Meでは使えてもVistaや7では使えないプログラムや、
移行が出来ないファイルも中にはありますので事前にご注意下さい。

転送実行の手順


まずはVistaのスタートメニュー⇒すべてのプログラム⇒
アクセサリ⇒システムツール⇒Windos転送ツールを起動し、

新しい転送を開始する⇒新しいコンピュータ⇒
転送ツールケーブルを経由、またはUSBフラッシュメモリなどに
転送ツールをコピーして、XPにもインストールする方法を使います。
移行・移動の仕方 | VISTA
パソコンの引越し設定でデータ移動後に前と同じ問題が出たら?
新しいパソコンを購入して前の古いマシンから引っ越しする時や、
メインのハードディスクを新品に交換してOSをコピーして移動する時には、

今まで使っていたアプリケーションを1からインストールし直したり
オペレーティングシステムのユーザー登録や環境設定の変更、
そして大事なデータの移行と、面倒な作業を数多く行わなければなりません。

大変な作業を一通りこなして新しいパソコン(またはHDD、SSD)への
セットアップのし直しが完了して、いざ改めて使っていこう、という際に、

なぜか前のPC本体の時と同じエラーや故障、破損が起こってしまったり、
または全く別の不具合が発生してしまった、という場合の原因と対処について。

パソコンの移行

デバイスドライバの変更によるエラー


まずは基本として、前に使っていたパソコンの性能と、
最後の方の状態を思い返して、パーツやOSをチェックし直してみます。

例えばハードディスクを古いパソコンから別のパソコンに入れ替えて使った場合、
中身のパーティションにインストールされたOSをそのまま使い続けようとすると、

マザーボードやインターフェースカード、メモリなどのパーツが丸ごと変わり、
各部品のデバイスドライバーも、OSへ記録されたデータも若干違うため
システム上の問題が起こり正常に動かない場合が多いです。

また市販のオペレーティングシステムは基本的に、
一台のコンピューターにしか使用してはいけない決まりなので、
同じOSを使い続ける時は必ずその新しいパソコンに、
起動ディスクからインストールをし直して、使用を続けます。
移行・移動の仕方 | トラブルシューティング
サイトドメイン移転時の各部修正・変更とメンテナンス方法
ウェブサイトのドメインを換えて新しく別のアドレスに移設し改装する際には
大量のHTML/XMLページや画像ファイル等のデータを移動してアップロードを
やり直したり、各ページごとの校正をすいるなどの大作業になります。

ホームページ移行作業の経験談


当HPも過去に旧URLアドレスから今のドメインに移転してきまして
移設作業に勤しむ際にもかなりのコンテンツ変更やメンテナンスを行いました。

今までにこのHPも含めて何度もアドレス移転を行った経験があるのですが、
その際には適切な処置を行わなければ前のドメインでの不具合
そのまま引きずってしまう場合もありますので、実際の作業工程に基づいた
ページのメンテナンスに必要な方法を記載いたします。

ホームページ移設時に行うメンテナンス
  • リンク切れのある外部URLアドレスへのリンクタグを全て削除する。
  • やや内容不足と思われる一部のページにはに補足説明を追記する。
  • 過剰と見られる強調タグを削除する。
  • 各記事テキストの誤字・脱字を校正する。
  • タグやテーマ等のお知らせサービスを前のドメインから全て書き換えて入れ替える。
  • RSSフィードや個人運営サーチエンジンなど、外部リンクの変更を行う。
  • 新しいドメイン名とタイトルはあまり大きく変更しない。
  • 更新前のHTMLデータは全て別にバックアップを取る。
移行・移動の仕方 | お知らせ
ウェブサイトのURLアドレス移転とHTML更新の手際
ホームページやウェブログのドメインやURLアドレスを
新しく取得した別の外部サイトに移転して運営を色々と更新する際、
今までに更新したログ分やHTMLファイルのソース(マークアップ言語)、
またファイルマネージャにアップロードした中身等のデータの取扱いについて。

2009年より当サイトもseesaaからこちらのFC2へアドレス移転いたしました。

前のサイトドメインの方で、おそらく外部的に深刻な不具合が出てしまいまして、
ドメインの移転による措置を行い時間を取って、現在は順調に運営しています。

サイト移転後も内部コンテンツはそのまま移動していますので、今までどおり
ご閲覧いただけましたらと思います。外部リンクもほぼ更新作業が終わりました。

旧ページにリンクを貼っていただけている皆様、相互リンクをして頂けている
皆様、大変お手数で申し訳ないのですが、URLアドレスの変更の方を
何卒よろしくお願いいたします。


そこで、実際の移転作業を行った際に身に付けたコツや注意点について
他のウェブマスターの方々にもお役立てできますよう、解説をしていきます。

ドメイン全体の修正箇所


ファイナルマネージャ
画像やページを大量にアップロードしている場合は削除していった方が良いのですが、その前にエクスポート機能か、右クリック保存でファイルマネージャの必要な分をバックアップして、移動先のドメインにそのままアップロードし直すとよいでしょう。
ホスティングサービス
アカウントを削除すると、今までの全てのページがホスティングサービスから無くなってしまい、ドメインもいずれ他の方が使われる事もあるため、無料サービス等でしたらそのまま残して、リフレッシュタグや移転先のリンクを貼り付けておかれる事をお薦めします。
過去ログデータ
ブログ記事等のログ(アーカイブ)もエクスポートで全部パソコンに保存できますので、新しいドメインに1ページずつ書き直すよりインポートで投稿する事でずっと楽に移転作業が行えます。
HTML表記
移転のついでに、マークアップ言語がどこか文法的に間違えていたりしないか、あるいはスパム的な表記をしていないかどうかをテンプレート、スタイルシート、ブログパーツともに見直しをする事も大切です。
細部の見直し
テキスト文章に誤字や脱字、不適切な表現が含まれていないかどうか、細部も一通り確認して、以前よりもさらにコンテンツが良くなるように改善していきましょう。
移行・移動の仕方 | 近況報告
新しいパソコンの設定時に役立つデータ移行ソフトとは?
今まで使っていたパソコンから新しく購入したパソコンへ全データ・ファイルを
移コピーして移し変える時、フォルダやプログラムを一つ一つハードウェアに
コピーして貼り付け、の繰り返しやインストールし直すと大変長い作業になりますよね。

そこでデータの移設を簡単にできる、専用ソフトがあるのをご存知でしょうか?

ソースネクストのデータ移行ソフト『引越おまかせパック 2 GOLD』では
・お気に入り ・メール ・アドレス帳 ・クッキー ・インターネット設定 ・壁紙
などのあらゆるバックアップや再設定をプログラム機能により行う事ができます。

また近日需要の高いWindowsVista(ウィンドウズビスタ)や
Windows7(ウィンドウズセブン)への移行やユーザー設定もお手軽に行えて、
さらに今まで使っていたパソコンを廃棄する際に、第三者による
復元防止のための完全削除機能も搭載されていますので大変役立ちます。
移行・移動の仕方 | パソコン操作の基礎知識
新しいパソコンにデータを移行する前には?
今までに使っていたパソコン本体の調子が悪くなってきたりスペックが不足しきてたため
新しいパソコンを買い換えた時や、新型でより快適かつスムーズに動くパソコンを買った時、
またWindows XPからWindows 7や8のパソコンにする時など、

長く使っていくとPC本体を定期的に買い換える時がありますね。

新型のパソコンは最初はデータが初期状態のままなので、
インストールしたプログラムやお気に入りのブックマーク、フォルダの保存ファイルなど

前のパソコンに入っている必要なデータを接続コードや周辺機器
(MO、DVD-ROMなど)を用いて移し変えると作業が大分早く済みます。

しかし移動の前にいくつか注意すべき点もあります。


データ移動前の注意点



データの移行で注意しなければならないのは、まず移し変えの前に必ず前の
パソコン全体にウイルスチェックとスパイウェアチェックをかける必要がある事です。

万が一感染していた場合、移行したデータを通してせっかくの新しいPC本体に
コンピューターウイルスなどが蔓延してしまう可能性があります。

そして新しいパソコンにもデータ移行の前に必ずアンチウイルスプログラムを
インストールする必要があります。

インターネットからダウンロードし直す際も同じです。
移行・移動の仕方 | パソコン初心者
 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-category-45.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.