データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【MOのサルベージ】のページです。パソコンの故障やエラーによる保管ファイルの喪失。そんな時にこそデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復や修理の手順など破損トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


こちらは『MOのサルベージ』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧ページです。
MOのサルベージ のカテゴリ








ページ案内
下記のリストにてそれぞれのエントリーページの見出し文を新着順に掲載しています。

各文章の下部分にある、「エントリータイトル」と「続きを読む」と書かれたリンクから
コンテンツの本文と追記の一文が表示されたエントリーページへ入れます。

また、過去に作成したページも定期的に新しい内容に更新しています。

 


MOディスク・ドライブ装置が読み込みできなくなってきたら?
以前に日本国内で広く普及していたデータ記録メディアのひとつである
「MO」(光磁気ディスク・Magneto-Optical disc)は、
USBメモリやmicroSDカードなど他の記録メディアの大容量化などに伴って、
かつてのフロッピーディスクと同様に、次第に需要が縮小してきています。

MOディスクメディア

MOは最大容量が2.3GBなのに対しUSBメモリやSDカードは小型で32GBかそれ以上の
大容量がありリムーバブルメディアとしても非常に優秀な事もあり、
現在ではほとんどのメーカー企業でMOドライブ装置の生産販売が終了しています。

そして他のメモリーカード型の媒体の方に、大部分の用途が移行しつつあります。

しかし日本で長年広くメジャーな記録装置として多くのユーザーに親しまれて
使われてきたため、今もまだ容量の少なめなファイルの保存に使用したり、
一昔前にMOに保管していたバックアップデータを引き出す、といった用途もあります。

MOディスク1枚あたりにデータを書き込みしたり書き換えをできる回数の限度は
ハードディスクドライブ以上で100万回とも1000万回とも言われています。

なので保存性においてはある程度信頼できるのですが、ただ、2年~3年くらいの間
一枚のディスクをずっと使い続けていて、一日に平均数時間の間ドライブの電源を
入れて回転し続けていると、次第にディスクも劣化やダメージが蓄積されます。

時には数万回くらい書き換えしていただけである時読み込みができなくなってきて
そのディスクがやがて使えなくなる事もあります。
MOのサルベージ | 記憶メディア
MOディスクの書き込みエラートラブルを修復するには?
パソコン用のデータ保存メディアの一つ、光と熱の磁気効果を用いた光ディスク
『MO』(エムオー)[Magnet Optical:マグネット オプティカル]にファイルの書き込み
実行しようとしたら、エラーが出て保存ができない、というトラブルの原因と修復方法について。

MO

空き容量の確認


まず、そのMOディスクを今回初めて使用する場合、新品で空き容量も十分にあり
ライトプロテクトがかかっている状態でないかどうかをご確認ください。

それまで普通に使えていたのに急に読み込みや書き出しが出来なくなった場合、
やはりまずはディスクが使用領域で埋まっていないかどうかをプロパティで
確認して、プロテクトされていて上書きできない状態かを確認しましょう。

ファイルがいっぱいです』『ディレクトリ、またはファイルを作成できません
といったエラーメッセージが出た時は、データの一部を削除するか移動して
空き容量を増やしてみましょう。

MOの最大容量の128MB、230MB、540GB、640MB、1.3GB、2.3GB:~以上の重さの
ファイルやフォルダ群をコピーしようとすると入りきらないためご注意ください。
MOのサルベージ | リムーバブルディスク
MOドライブがコンピュータで認識しない時に修復するには?
MOはパソコン用の外部接続型データ記憶装置として最も普及した機材の一つです。

このMOを長いこと読み込み・書き出しを繰り返して使っていくうちに稀に、
読み込みができないというエラーに遭遇された方も結構おられるかと思われます。

ドライブ本体かディスクメディアか、どっちに異常が起きているか
一見判別がつきにくいのですが、わりと簡単に把握できる方法をお伝えします。

MOドライブ


MOエラーのチェック方法


MOドライブの電源がつかなかったり、電源を入れてもディスクが回らない時は
ドライブ機器本体が長時間の稼動による過熱や老朽化、衝撃などで破損している可能性があります。

MOの復元をするには専門のサービスで内部のディスクのキズや汚れを
研磨して修繕してもらうか、新しいMOに書き込んでもらう方法があります。

ですが、寿命が近いディスクを読み込ませていると変な音がして読み込めない、という場合もあります。

なので、普段使っていない別のディスクも試してみてください。

MODメディア(MOディスク)が故障しておらずドライブが壊れている可能性もあります。

知人やオフィス内から借りた別のMOドライブで一度読み込みを試みてみると、
どちらが破損しているか把握がしやすいです。
MOのサルベージ | パソコン豆知識
MOがフォーマットされていません、と表示された時の復旧方法
データファイルを保存していたMOディスク(magnet optical:マグネット・オプティカル)を読み込もうとしたら
『ディスクはフォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか?』 『はい いいえ』

というエラーメッセージが表示されてディスク内のデータが開けなくなった。
というアクシデントに遭遇してしまった時はどう対処すれば良い?という疑問について。

MOドライブ


MOデータを安全に復旧


まず、上記の『はい いいえ』のコマンドで『はい』を押してしまうとMOが再フォーマットされて
内部データをすべて喪失してしまうのでくれぐれも『はい』を押さないようご注意ください。

もし勢いで押されてしまった場合でもまだ復旧できる可能性はありますので
「フォーマットされていません」の警告メッセージがどうしても消えない場合はそれ以上
MOディスクへの上書きをされずに、すぐにお近くのデータ復旧センターに問い合わせてみてください。

データが読み込めない原因は主に、

・数万回以上の書き込みでディスクの寿命が来てしまった。
・湿気や加熱でディスク面が傷んでしまった。
・MOドライブ本体が故障している、またはディスクの差し入れが良くない
・お使いのパソコンとの相性が悪くデバイスマネージャに認識されない。
・前回の保存時に書き込みエラーまたはウイルス感染が起きてしまった。
・データ保存の最中に抜き出しボタンを押して強制的に中断していた。
・ハードディスクと同じように使って容量の重いプログラムを展開していた。
・MOにディスクデフラグを行ってしまった。
・読み込みに必要なアプリケーションを削除してしまった。
と、様々な故障の事例があります。

マイ コンピュータ画面にリムーバブルメディアの表示が出ていない時は
デバイスマネージャの画面から一旦『!・×・?』マークの付いたデバイスを削除して、
「フォーマットされていません」の所では「いいえ」を選び、再度ドライブを
接続し直してみてください。または別のパソコン本体に試しに繋げてみてください。
MOのサルベージ | PC周辺機器
MOディスクの記録ファイルが読み込めなくなった時の復旧方法は?
パソコンで使用する外付けデータ記憶媒体のひとつである
『MO』(エムオー・光ディスク)は、230M、640M、1.3Gバイトといった容量の製品があります。

MO

一般的におよそ1万回ほどの書き込みが可能と言われていて普通に使っていれば
1枚で2~3年ほど使えて、ドライブ本体も非常に長く使えます。

各メーカー製品の一例

日立マクセル
『maxellデータ用3.5型MO640MB Windowsフォーマット5枚パックMA-M640.WIN.B5P』

ソニー
『SONY 5EDM-640CMF3.5型MOディスク』
『SONY EDMG23C3.5MOメディア2.3GB GIGAMO』

三菱化学メディア
『KR640W1X5S3.5MOディスク640MBX5枚』
『KR640W10SN MO640MB Windows用ID付10枚入』


MOメディアの寿命による劣化


MOディスクに数千・数万回と書き込みや読み込みを繰り返して使っていく
うちに寿命に近づくにつれて読み込みや書き出しに支障をきたすようになります。

最後には溜めていたデータの一部が破損するなどの症状が起こることになります。

そうなる前に予兆が出た段階ですべてのデータを別の記憶メディアに
移し変えておく事でMOのデータ破損を回避できます。

ですが、もしその前に機材などがクラッシュして壊れてしまった時は、
MOデータ修復のため少し特別な作業の依頼が必要になります。
MOのサルベージ | 記憶メディア
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-category-42.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.