データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【Linux・Ubuntu OS】のページです。パソコンの故障やエラーによる保管ファイルの喪失。そんな時にこそデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復や修理の手順など破損トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


こちらは『Linux・Ubuntu OS』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧ページです。
Linux・Ubuntu OS のカテゴリ








ページ案内
下記のリストにてそれぞれのエントリーページの見出し文を新着順に掲載しています。

各文章の下部分にある、「エントリータイトル」と「続きを読む」と書かれたリンクから
コンテンツの本文と追記の一文が表示されたエントリーページへ入れます。

また、過去に作成したページも定期的に新しい内容に更新しています。

 


HDDが壊れた時にUbuntuで外部ストレージのデータ復旧
パソコンのオペレーティングシステムをインストールして
メインのローカルディスクとして稼働しているハードディスクドライブ
ある日、急にヘッドクラッシュなどの重度の故障が発生して壊れた場合、
中身のデータが正常に読み込めなくなるとOSも一緒に起動できなくなってしまいます。

HDDの取り外し

そんな時に緊急ですぐにデータをバックアップしていた外付けHDDやUSBメモリ、
デジタルカメラのSDカードなどの外部ストレージを開いて読み込んで展開したい、という際には

HDDを新品に交換してオペレーティングシステムをインストールし直したり、
別の予備のパソコンを起動させて一旦はコンピューター環境を立て直す事ができます。

ですが、もしかわりのパソコン本体や内蔵できるストレージを他にお持ちでないか、
予備のマシンも故障していたりと 何らかの理由ですぐに使えない、という場合は、

かわりにLinuxディストリビューションのオープンソース
「Ubuntu」(ウブンツ)などのディスクが役立ちます。

パソコンのハードディスクが壊れて何もインストールできなくなってしまっても、
DVD/CDからの「ブート機能」でLinux系のOSを立ち上げる方法があります。

最初に、UbuntuのインストーラーはLinux関連の書籍に付録で付いたディスクか、
Ubuntuの日本語サイトの方でパソコンに保存して入手できます。

まず、故障したハードディスクをそのままパソコンに入れておくと、電源を入れた時に
自動的にスピンドルモーターが回転して、壊れたヘッドやプラッタなどの回路がさらに傷む
おそれがあるので、できればパソコンケースの蓋を開けて、HDDを取り外しておいてください。

(※軽いアクセスエラーやWindowsの破損などのトラブルが起こっただけでハードディスク自体には
あまり破損がない時は、ドライブベイから取り外さずそのままにしてUbuntuを起動すると、
 デスクトップ画面から内蔵HDDのフォルダの方が開ける場合もあります。)

パソコンの電源ボタンを押して一回画面を立ち上げて、
すぐにDVDドライブのトレーを開けてUbuntuのインストールディスクを挿入します。
(ドライブ装置の付いていない薄型・小型のノートパソコン本体をお使いの場合は
 「外付けDVDドライブケース」を接続してそちらから読み込みする必要があります。)
Linux・Ubuntu OS | ubuntu
データを取り出す時に使うKNOPPIXが起動できない原因は?
Windows(ウィンドウズ)のオペレーティングシステムを使ったパソコンにシステムの深刻な
破損が発生してしまい、セーフモードやスタートアップ修復、システムの復元などの回復機能を
一通り試してみても、デスクトップまで起動できない障害が稀に起こりえます。

そんな時にはPCに内蔵したハードディスクまたはSSDの中に保存していた
貴重なデータが閉じ込められてしまい、バックアップがなかったらさらに大変です。

でもそんな時にOSの動かないHDDを開く方法は数多くあります。

そのうちの一つで[Linuxディストリビューション]の[KNOPPIX](クノーピクス)という、
インターネットやコンピューター関連の書籍からインストールで入手できる、
Windowsとは別のオペレーティングシステムでPCを開く、という手法もあります。

しかしこの方法はPC初心者~中級者のうちは実際にお手軽だと思ってやってみると、
意外といくつもの箇所でうまく進まずに作業が難航する場合も多いです。

そんな作業進行中のトラブルが出たらどう対処すればいい?という疑問について。

Knoppix7.0


[Knoppixを使うには何が必要?]

まず、CDブートでOSを立ち上げるために、4.7GB以のの容量ののDVD-R、また
はDVD-RW、DVD+RW、DVD-RAM、BD-R、BD-REといったディスクメディアを一枚用意します。

(CDブート用のイメージングファイルも用意されているのですが、
 できればDVD版のKNOPPIXを使った方が良いでしょう。)

次にインターネットが繋げられる環境の「別のパソコン本体」一つと、内蔵/外付けDVDドライブ、
そしてファイルの保存に使う外付けHDDやUSBメモリなどのデータ記憶メディアが一つ必要になります。)

※ですが、デスクトップパソコンなどの初心者の方にはOSをデュアルで
セットアップして切り替えて立ち上げるような設定の手順が少し難しいです、

予期せぬ操作手順のミスによるエラーの発生や故障を防ぐためにも、
最初はパソコンのサポート業者の方に代行しれもらった方が安全です。
Linux・Ubuntu OS | Linux
Ubuntuのデータをバックアップして復元する手順
Deianベースの1CD Linuxディストリビューションのオペレーティングシステム
「Ubuntu」(ウブンツゥ・ウブントゥ)は、WindowsやMac OS Xと同じく
使いやすい便利なアプリケーションが標準の状態で数多く搭載されています。

【Ubuntu 13.04 Dsektop 日本語 Remix】など新しいバージョンでは、Windows 8の「ファイル履歴」や
Mac OS Xの「TimeMachine」のように、システムの状態やフォルダの中のデータを定期的に
バックアップして、問題が発生した時にいつでも復元ができるようにするツールも存在します。

この機能をセットアップするには、まずパソコンを起動して、
ハードディスクにインストールしてあるLinuxのUbuntuを立ち上げます。

次に、データのバックアップ先として使用する内蔵ドライブを確認、
または外付けハードディスクなどの外部記憶メディアをUSBコネクタに接続します。

デスクトップの「ランチャー」にある「システム設定」を開きます。

黒い金庫のアイコンの「バックアップ」をクリックします。

まずは「バックアップ設定を表示のみ」の項目を選びます。

次のウィンドウの「概要」のタブにある「自動バックアップ」を「オン」にします。

バックアップ設定

次に、「記憶装置」のタブでバックアップ保存場所のフォルダを選択します。

「Ubuntu One」(ウブンツ・ワン)にすでにサインアップして使っている時は、
クラウドコンピューティングのオンラインストレージサービスで用意されている
専用のフォルダー先がデフォルトのバックアップ先に設定されています。

これを変更する時は、まず「バックアップの保存場所」の欄で指定するハードウェアを一覧から選択します。

次に、ランチャーのアイコンからそのデータ記憶メディアを開いて、保存用の新しいフォルダを作成します。

そしてそのフォルダをCtrlキー+Cキーで「コピー」して、
「フォルダー」の記入欄に貼り付けするか、フォルダ名を入力します。

次に【フォルダー】のタブに移り、バックアップしたいファイルが含まれたフォルダを選択していきます。

「+」のマークを押して「デスクトップ」や「ファイルシステム」などを選択して
「開く」を押すと、一覧に追加されていきます。
Linux・Ubuntu OS | ubuntu
KNOPPIX起動でデータ救出するスムーズな使い方
WindowsのOSにファイルシステム破損やフリーズ、レジストリ損傷などの
不具合が発生してデスクトップ画面などが起動できない状況に陥った時には、
Linux(リナックス)の「KNOPPIX」(クノーピクス)など別のOSから
パソコンをマウントしてハードディスクの中に閉じ込められたデータを開く手法もあります。

Knoppixメニュー

ただ、KnoppixはUbuntu(ウブンツ)と同じく、CDまたはDVDディスクからブートで読み込んで
起動させる使い方になるため、普段WindowsまたはMac OS Xなどのパソコンで
最初からハードウェアの搭載HDD/SSDにインストールされているシステムを使うより
一部が複雑で、データのトラブルも起こりやすい場合もあります。

そのため、いつものデスクトップ画面が起動できないパソコンをLinuxで
一時的に開いて中身のフォルダからバックアップとデータ救出を実行するだけなら
最小限のスムーズな操作手順を行うだけで十分に役割が果たせます。
Linux・Ubuntu OS | Linux
HDDを別のパソコンに入れ替えてUbuntuでデータ移行
Windowsがトラブルを起こして開かなくなってしまったパソコン本体を
何とかして起動させる方法のひとつに、LinuxディストリビューションのOS
Ubuntu」(ウブントゥ・ウブンツ)からPCを立ち上げる手法があります。

Ubuntuデスクトップ画面

Ubuntuは誰でもすぐにインストールができるOSなので、
CDーRやDVD-R、USBメモリなどの外付けのデータ記憶メディアに焼きこんで、
OSを丸ごと書き込みする形でブートオプションの方で使う事もできます。

なのでWindowsが起動しようとする前にBIOSのBOOT設定をDVDドライブやUSBの方を
優先して読み込むように変更する事で立ち上げすることが可能です。

しかし、もしもWindowsだけでなくパソコン本体の別のパーツ、メモリやCPU、クーラー、
マザーボード、電源ユニットなどが故障していて起動自体ができない、
もしくは起動しても数分以内にすぐに電源が落ちてしまう、という場合について。

たとえば、CPUやファンの部品に破損があると冷却などができなくなって
電源ボタンを押してからすぐにまた電源が落ちてしまいます。

また、もしUbuntuを開く事ができてもCD-RのディスクやUSBメモリといった
外部の記録媒体から読み出ししているので、ハードディスク上にセットアップを
しっかり行ってあるWindowsに比べて読み込み速度が遅くなりがちです。

そのため、ある程度の時間の間Ubuntuの起動が持続できなければ
HDD内部のデータのチェックとバックアップによる移行作業ができません。

特に、数年~10年以上年前の年代のスペックの低いパーツを使ったマシンで、
さらにそれの一部が経年の劣化や破損で壊れていたら、
Linux系のOSからでも正常に開けない場合もよくあります。
Linux・Ubuntu OS | ubuntu
Linux対応のデータ復旧サービス業者一覧
サーバーやNAS、RAID、パソコンをはじめ、Linux系(リナックス/ライナックス)の
OSが搭載された各種コンピューター装置のサルベージに対応されています、
各地のデータファイル復旧サービスセンターの一覧リストです。

WindowsやMacだけでなくUNIX・Linux・BSD・SolarisといったOSの
ディストリビューションで管理されているデータの救出を行われている業者様も
下記リストを含め、日本全国各地に数多くあります。

新規掲載のご依頼も随時承っています。
Linux・Ubuntu OS | Linux
ファイルシステムエラーを自動的に修復する手順
Windows XPやWindows Vista、Windows 7のOSが搭載されているパソコンでは、
内蔵ハードディスクドライブを長く稼働させていくうちに
[ファイルシステム]にエラーが溜まっているどうかを確認する機能があります。

オペレーティングシステムを正常に使えるために重要な
ファイルシステムがもし急に壊れてしまうと深刻な症状が出てしまいます。

またパソコンやサーバーを日々使われている時には大事な拡張子ファイルを間違えて
誤削除してしまったり、ハードディスク全体の誤った初期化やコンピューターウイルスの拡大感染、
ハードウェア面の破損といったトラブルでデータ障害が起きてしまうアクシデントもあります。

Linuxディストリビューションのようにディスクメディアに入っていてそれ自体のデータの内容を
更新しないように設定されているOSと違い、WindowsなどのOSは頻繁にアップデートが行われていくため
不具合の起きる割合もその分上がりやすくなります。

特に、急に「ハードディスクにエラーが発生しました」といった警告メッセージが表示された場合は、
速やかにエラーチェックをしてHDDの様子を検査していきましょう。
Linux・Ubuntu OS | ファイルシステムの回復
Ubuntuの起動でデータ救出をする方法とは?
Ubuntu(読み方:ウブントゥ・ウブンツ)とは、LiveCDからインストールできる
DebianベースのLinuxディストリビューションのOSです。

Ubuntu

1枚のCDディスクのみで簡単にUbuntu全機能のインストールが可能で、
パソコンのデスクトップやサーバーなどに使用出来ます。

ウブントゥの派生系としてEdubuntuやXnbuntu、Kubuntuといった
リナックス・ディストリビューションも存在します。

また、UbuntuはKNOPPIXと同じくCDメディアから起動させることも出来ますので、
いざという時にWindowsなど他のOSで動いているパソコンの内部データ救出を実行する使い方もあります。

例えばウィンドウズのXPや2000、Vista、7などのオペレーティングシステムにプログラム的な障害が
発生して、デスクトップ画面が映らなくなった場合、ハードディスクに入っている
全てのファイルやフォルダーを開く事が出来なくなってしまいます。

そんな時、HDDの機能自体がまだ無事であれば、システムが破損したWindowsのかわりに
Ubuntu9.10やKNOPPIXといった別のOSを起動して内部データを開き、その間に
USBフラッシュメモリや外付けHDDにコピーをして回収する方法が大変役立ちます。
Linux・Ubuntu OS | UbuntuおよびUbuntu派生
KNOPPIXで応答しないWindowsのデータ復旧ができる?
Windowwsパソコンのオペレーティングシステム(OS)がエラーやウイルス破壊といった論理障害を
引き起こしてしまい、Windowsデスクトップ画面の起動が正常に立ち上がらなくなったら一大事です。

USBデバイス機器の接続を外したり、セーフモードや上書きインストールから
起動できれば良いのですが、もしどうやってもウィンドウズが
立ち上げられなくなったら、パソコン内部のデータが回収できなくなります。

しかしOSが壊れていてもHDDに記録してあったデータファイルは
ウイルス感染の拡大でも起こっていない限りは大抵無事ですので、
Windows以外の方法で読み込みができれば内部の復旧(救出)が可能です。

そのうちの一つに、UNIXのLinuxディストリビューションのひとつ、
KNOPPIX】(クノーピクス)日本語版 という配布サービスのOSを使い
パソコンを開いて初心者にも簡単にデータ復旧を行える方法があります。

KNOPPIX起動画面

まずは他の正常なパソコンからインターネットに接続します。

・ダウンロード配布の行われているHPからCDディスクに書き込みする。
・知人から借り受ける、パソコン雑誌など本の付録CD-ROMから入手する。

などして KNOPPIXの入ったCD/DVDディスクをなるべく日本語版の最新バージョンで作成します。

Windows OSが故障したパソコンを起動すると同時にクノーピクス
CD/DVDをディスクドライブに挿入して読み込みを始めます。
Linux・Ubuntu OS | Linux
Vine Linux(ヴァイン・リナックス)のOSの利便性と安全性
Unix系オペレーティングシステムの一系統であるLinuxディストリビューションの一つ
Vine Linux【ヴァイン・リナックス】とは、Red Hat Linuxの派生から独自に開発が進み、
日本製の日本語対応バージョンが中心に国内で広まっています。

Linuxの特徴として、いつでもインストール配布サービスからダウンロードして
PC他、自宅サーバーやワークステーションなど多くの機器に使用できます。

Vine Linuxは日本製なので日本人にはなじみが良く、
ファイル管理コマンドの入門書等を読み、独自の操作方法を覚えていけます。

ユーザー数が全体の大多数を占めるWindoiws OSと比べてずっと少ないのですが
その分、セキュリティの安全性が結果として高いという利点もあります。
Linux・Ubuntu OS | Linux
BSD Unix系パソコンOSのデータも復旧できる?
1968年、米国AT&T社にて開発されたマルチタスク・ユーザー機能を搭載する
オペレーティングシステムUNIX(ユニックス)は、
現在に至るまでにBSDやLinuxをはじめ様々な派生OSが配布・販売されています。


UNIXオープンシステムのトラブル


これらUNIX系のオープンシステムに書き込んだデーターが、急なエラーや破損、読み込み不可に
なってしまう事故が出た場合、WindowsやMacのパソコンと同じように復旧できる?という疑問について。

主なユニックス系配布プログラム
  • GNU/linux リナックス
  • GNU/Hurd ハード
  • 386BSD
  • FreeBSD フリー
  • NetBSD ネット
  • OpenBSD オープン
  • Solaris ソラリス
  • Minix ミニックス

まずUNIXの中でもlinux(リナックス・ディストリビューション)は
もっとも有名かつ需要の高いフリーのオープンシステムであります。

『日本データ復旧サービスセンター』 『有限会社IUEC』などの
多くのデータ修復サポートセンターにてサービスが対応されています。
Linux・Ubuntu OS | Linux
破損したLinux OSのダウンロードCDを復元するには?
Linux[リナックス]OSはWindowsやMacのOSと異なり、インターネット上から
ダウンロードしてお手持ちのCD-Rに書込みインストールして使用する仕組みです。

更にLinuxにも様々な種類がありまして、GNU/Linuxシステムを公式または
一般のユーザーがカスタムして頒布形態にしたLinuxディストリビューション
(Puppy Linux・KNOPPIX・KANOTIX・Slackware・Ubuntu)といったものがあります。

CDという媒体で作成するのでどのパソコンからでもOSを起動できる利点があるのですが、
ディスクデータ障害などで読み込めなくなると内部データが開けなくなってしまう難点もあります。

バックアップ機能で復元


LinuxのデータもEXT2/EXT3ファイルシステム復旧に対応されている
ソフトウェア:たとえば事前に「バックアップ」の機能を使っていれば、
後で保存先の外部記憶装置から引き出して自分で復元させる事ができます。

他にも市販のデータ復元ソフトウェアといった復旧プログラムソフトを用いて、
LinuxのEXT2/EXT3ファイルシステムを復元させる事もできます。
Linux・Ubuntu OS | Linux
UNIXサーバのエラー障害・故障を防止するには?
マルチユーザー機能を有するUNIX (ユニックス)OSが搭載されて構築された
RISCサーバー(通称:UNIXサーバー)は耐障害性の高いUNIXを用いるため
エラーや障害に強い面を持つと言われています。

しかしパソコンと違いサーバであるため、24時間365日稼動し続けなければ
ならない事から使い込んで行くほど常に負荷によるダウンやエラーの危機に晒されています。


サーバ障害の予防保守機能・サービス


UNIXサーバの突然の故障やそれに伴うデータの損失を防ぐために、
様々な破損予防策や管理システム・復旧サービスが存在します。

よく行われている基礎的な運営方法として、日曜の深夜など来訪者の少ない時間帯に
一時的にサーバーのWEB運営を停止させ、故障のチェックや
パッチ当て作業を定期的に行う事でサーバーを長く運用させることができます。

普段にご訪問いただいているウェブユーザーの方々にも通知を行うために、
事前に提供ホームページやメールマガジンにて数日前からの
一時的なサーバーメンテナンスを行う告知も行いましょう。

自分自身でチェックを行う際には故障・障害の予防保守機能が搭載された
サーバ管理ソフトウェアという便利なソフトが役立ちます。

なお、光熱費がかかるのですが数十台以上のサーバを運営している企業では
サーバを管理している部屋の加熱を防ぐため24時間エアコンの稼動も行われています。
Linux・Ubuntu OS | コンピュータ
UNIX(ユニックス)OSの故障したPCからデータを復旧するには?
UNIX[ユニックス]は古い歴史を持ち、安定性の高いシステムとしてミニコンピューターや
スーパーコンピューター、サーバーなどにも使われている
マルチユーザーOS(オペレーティングシステム)です。

MacOS XもUNIXの一つとして認定されています。

また、Linux(リナックス)は直接パソコンにインストールする他に、
DVDディスクに起動プログラムを書きこみして、ブート起動をする使い方もあります。

WindowsといったOSと違う点の一つに、再起動をせず電源を付けたまま
(OS本体)を起動させたままプログラムやシステムを終了させることができます。

そのため長時間の稼動が可能なのですが、その分機体に負荷もかかりやすいため、
ある日突然、システムダウンしてしまう可能性も出てきます。


UNIXを安全に復旧


もしエラーやダウンにより起動しなくなって、
データが読み込めなくなった場合は、負荷やショートによることが多いです。

そのため無理に稼動させようとした場合、逆に余計に内部パーツが破損してしまう可能性もあります。

物理的な故障が起きている時には、マザーボードやメモリ、電源ユニット、CPUなど
そのパーツを新品に交換する事で大抵の故障は修理できます。
Linux・Ubuntu OS | UNIX
LinuxのOSのパソコンからデータ復旧
パソコンのOS(オペレーティングシステム)といえば今WindowsやMacが
主流ですが、では少しマイナーなLinux(リナックス、ライナックス)を
搭載したパソコン本体用PC-UNIXもユーザー間で親しまれて使われています。

Linuxは正確はオペレーティングシステムのカーネル部分にあたるのですが、
アプリケーションやインストーラーも付属で付いていますのでディストリビューションと読まれています。

開発手法はオープンソースであり、インターネットでも頻繁に
バグの発見・修正やセキュリティに関するお知らせが更新されています。

またKNOPPIXやUbuntuはパソコンにOSをインストールせずとも、
CDディスクからドライブに差し込んで起動する事も可能です。
(ただCDブートで使う場合パソコンを閉じた後でシステム設定は初期化されます。)

「Ubuntu」(ウブンツ・ウブントゥ)んでは「バックアップ」という保護機能が標準であります。
これをセットアップしておくと外付けハードディスクなどの場所に、
主要なファイルがコピーで保存されるので、いざというとこにはいつでも復元ができます。

UbuntuやKnoppixなどのOSを起動してパソコンを使用している際に
間違えて必要なファイルをフォルダーから削除してしまった時には、
すぐに「ゴミ箱」を開いて確認して、元に戻していきましょう。
Linux・Ubuntu OS | Linux
Linux(リナックス)のOSが立ち上がらずデータが開けない時は?
『Linux』(リナックス、ライナックス)とはパソコンオペレーティングシステムの名前で、
UNIX/OS系のディストリビューション(カーネル)の総称です。

一般的に使用されている頒布用形態はLinuxディストリビューションと呼ばれています。

主なLinuxディストリビューション
  • KANOTIX
  • KNOPPIX
  • MEPIS
  • sidux
  • Ubuntu
  • Xandros
  • Fedora
  • Arch
  • Foresight
  • Gentoo
  • IPnuts
  • Mandriva
  • Momonga
  • Vine


Windows・Macとの主な違い


市販のパソコンの基本ソフトとして普及されているマイクロソフトのWindows[ウインドウズ]や
アップル社のMac[マッキントッシュ]のOSとまた違う、フリーでの再配布も可能なソフトウェアです。

主にアプリケーションソフトウェアの製作やネットワークの構成、
またPCに限らずモバイル端末にスーパーコンピュータなど多彩に使用されています。

BSD系をはじめ、派生系が大変多く、フリーとしてダウンロードできるオープンソースのOSです。

Ubuntu(ウブントゥ)やKNOPPIX(クノーピクス)など、
DVD/CDブート版で、パソコンにインストールせずに使用する事もできます。

なので、例えばパソコンのMicrosoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)がシステムの障害で
開けなくなった時にも、内蔵HDDの内部データのバックアップに使えるなど幅広い用途があります。
Linux・Ubuntu OS | Linux
KNOPPIX クノーピクスによるデータ回収方法とは?
KNOPPIX[クノーピクス]とはパソコン内にOSをインストールする必要がなく
CD-ROM・DVD-ROMからリナックス環境を間接的に起動することができる、
Linuxディストリビューションのプログラムです。

【Knoppix6.7バージョンを起動した時のロゴ画面】

KNOPPIX

クノーピクスの優秀な特徴として、WindowsやMacといった、Linuxでない
オペレーティングシステムのパソコンでも[CDブート]で起動できる点です。

CD・DVD-ROM/R/RW/RAMなど、プログラムを書き込みしたディスクから操作するので
PCの電源を切った時に更新分の書き込みデータは消えて元に戻ってしまうのですが、
その前にUSBメモリや外付けHDD、MOにデータを保存して回収することでも活用できます。


KNOPPIXでDATAの救出


WindowsやMacのOSがシステムファイル破損やレジストリの肥大化といった原因で
デスクトップ画面が開かなくなり、内部のファイルが閲覧できなくなった時、
このKNOPPIXをDVDドライブなどから外部接続して読み込みます。

すると他のOSと同じようにパソコンのデスクトップ画面が開けるので、閲覧すると
ハードディスクドライブに保存してあったフォルダ・ファイルに高い確率でアクセスすることができます。

物理的なショートなどハードディスクや他パーツの損傷がひどい場合には
難しくなりますが、ファイルエラーなどの論理的な故障でしたら有効な方法です。
Linux・Ubuntu OS | Linux
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-category-41.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.