データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【初期化・フォーマット後】のページです。パソコンの故障やエラーによる保管ファイルの喪失。そんな時にこそデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復や修理の手順など破損トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


こちらは『初期化・フォーマット後』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧ページです。
初期化・フォーマット後 のカテゴリ









ページ案内
下記のリストにてそれぞれのエントリーページの見出し文を新着順に掲載しています。

各文章の下部分にある、「エントリータイトル」と「続きを読む」と書かれたリンクから
コンテンツの本文と追記の一文が表示されたエントリーページへ入れます。

また、過去に作成したページも定期的に新しい内容に更新しています。

 


ポータブルHDDをフォーマットで消したデータは復元できる?
データの保存・持ち運び用などで使用している外付けHDDの
ポータブル・ハードディスク」を使用中に間違えて、
クイックフォーマットなどを掛けて初期化してしまった場合、
保存していたデータは消した後から復元できる?という疑問について。

誤ってフォーマット

主なポータブルHDDの一覧

・Transcend(トランセンドジャパン):USB3.0/2.0 2.5インチ ポータブルHDD TS1TSJ25M3
・I-O DATA(アイオーデータ):ポータブルハードディスク 1TB USB3.0 EC-PHU3W1
・WD(WESTERNDIGITAL):ポータブルHDD 2TB Elements Portable WDBU6Y0020BBK-EESN
・BUFFALO(バッファロー):2.5インチ 外付けHDD 1.0TB ブラック HD-PCF1.0U3-BBD
・Seagate(シーゲート):ポータブルハードディスク 1TB USB3.0 Backup Plus Slim 1K9AA2



まず、フォーマットを掛ける前に、他のHDDやNAS、パソコン本体などのデータ記憶媒体、
あるいはクラウドサービスといった場所にバックアップを取っていれば、
そちらを確認して、コピーによって元に戻すことができます。

しかしバックアップがどこにもないと、フォーマットは普通の削除と違い
ゴミ箱にデータが移行されずにそのまま消去されてしまいます。


ですが、そのままデータを完全に消したというわけではなく、エクスプローラーなどでの
表示上はファイルがなくなっていますが、データの痕跡は残留している可能性が高いです。

初期化をした後でその上にさらに新しくファイルやアプリケーションを保存すると
以前のデータの拡張子の痕跡も次第に上書きされて消えていってしまいます。

そのためひとまず、新しくファイルをポータブルHDDに書き込まないようにご注意ください。

プロのデータリカバリーサービスであれば、
より高い割合と精度で消えたファイルを回復してもらうことができます。
初期化・フォーマット後 | フォーマット
オペレーティングシステムのドライブをフォーマットした時は?
パソコンやサーバ、ブート機能用ディスクなどの、
オペレーティングシステムをインストールしてあったハードディスクやSSD、メモリーカードに
間違えて「フォーマット」をかけて削除しまった、という場合について。

クイックフォーマット

例えばWindowsなどのOSをインストールしていたCドライブ(ローカルディスク(C:))を
一旦使わなくなったためドライブベイから取り外して
別のパソコンに外付けハードディスクとして使っていた時に、

別のリムーバブルディスクと間違えてクイックフォーマット(format)を掛けると、
そのまま表示形式を書き換えして初期化による変更ができてしまいます。

一回リムーバブルメディアの記録形式をフォーマットして上書きする指示を送り、
最終確認の入力画面でそのまま「はい」と押したら、
途中でキャンセルする時間もなくすぐに処理が終わって内容が書き換わってしまいます。

フォーマット完了

その後はWindowsのエクスプローラー上でも、
スーパーバイザーの中核にあたるカーネル(Kernel)や
個別にインストールして拡張したアプリケーション、デバイスドライバなど
ほぼ全て消去されているため、「このフォルダーは空です。」と表示されます。


一回初期化をしてしまったハードディスクやSSDはOSも削除されて
セクタの中身もそのコンピューターの形式に書き換わっているため、

もう一度パソコンのドライブベイに入れ直してオペレーティングシステムを
起動しようと試みると、

「An operating system wasn't found. Try disconnecting any drives that don't
contain an operating system.
Press Ctrl+Alt+Del to restart」

「オペレーティングシステムが見つかりません。
 OSを含んでいないすべてのドライブを外して、起動を再開してください。」


という意味の、黒い背景に白文字の画面になって、立ち上がらなくなってしまいます。
初期化・フォーマット後 | OS
フォーマットした外付けハードディスクのデータを復元
外付け用に使っているリムーバブル・ハードディスクなどに
誤ってフォーマットをかけてボリュームを初期化してしまった場合には、
どうすれば消えたデータを元に戻せる?という疑問について。

ディスクのフォーマット

例えばWindowsのパソコンなどに専用の外付けカートリッジを通して
USBでの接続をした時に、

「フォーマットしますか?」といったメッセージが出てきて
うっかりよくわからずに勢いで「はい」や「OK」を選んでしまい、
ドライブをリセットしてしまうミスなどがよく起こりえます。

また、エクスプローラーやディスク管理の画面で間違えて
別のドライブを選択してしまった、というトラブルもありますね。

ですが、HDDがフォーマッティングで区分けし直された直後の段階であれば、
まだ『表示上ではファイルが見えなくなっているだけ』で、
セクタにあるデータの消去はまだ完全には実行されていない状態です。

残った「痕跡」からサルベージする形で元に戻せる見込みが十分にあります。



[作業前の注意点]

「フォーマッティング」とはデータ記憶メディアを初期状態に戻す事なのですが、
正確には記録形式の再構成が行われた「初期化済みディスク」(formatted disk)
として新たに区分けした状態に変更されます。

例えばWindowsの場合はプロパティ画面にある
「クイックフォーマット」をはじめとする、
「初期化」(イニシャライズ・initialization)の動作を実行するための
「フォーマッタ」(formatter)の標準機能などで処理が行われます。

外付けハードディスクや単品の二次記憶装置の製品を購入する前の
まだ一回もフォーマットがされていないブランクディスクの状態ではなく、

初期化の作業を行ったオペレーティングシステムに合わせたフォーマットに
データの初期設定になる書き換えが、一回以上行われている状態になります。

※なので、Windowsパソコン以外のコンピューターのシステムを使って
 外付けハードディスクの初期化を行った場合、
 その機器に対応された互換性のないフォーマットに変わってしまい
 Windowsで正常に読み込めなくなる、といった可能性もあります。

その場合は、専門のデータ復旧サービス業者の方で診てもらってください。

新しくセクタを作成する物理フォーマットよりも
新しくファイルシステムを作成する論理フォーマットの事例がほとんどなので、
こちらの参考例ではそちらの状況からの救出の手順について、説明を記述します。
初期化・フォーマット後 | フォーマット
クイックフォーマットによるファイル消失のミス
パソコンの二次記憶装置や外付けの記憶媒体として使う
「ハードディスク」の値段は、時期によって一気に高騰する事も多いですね。

メーカー先は、東芝製、SEAGATE製、WD製、日立製、I-O-DATA製と数多くあり、
最大容量が500GBで5000円、1TBで7000円、2TBで11000円、3TBで14000円、
という具合に、製品の種類にもよるのですが容量が大きいほど値段も高くなります。

HDD

大量のデーターを運用して使うには複数のHDDがあると大変便利なので、
筆者も数多くのハードディスクを購入して様々な用途で使っています。

ですが時には、急に大容量のファイルを保存できる媒体が新しく必要になり、
しかし事情でHDD等をすぐ補充するのが難しい、というパターンも起こりえます。

そんな時には、古くなった容量の低い方のハードディスクや
USBメモリ、SSDなど別の記憶メディアに[クイックフォーマット]をかけて、
出荷時のほぼ白紙の状態に初期化させて使い直す、という手法も役立ちます。

しかし二次記憶装置の初期化にはいつくかの注意点もありまして、
そのあたりの部分も踏まえて一通り、作業の手順を解説いたします。
初期化・フォーマット後 | フォーマット
Macパソコンを初期化した後でデータ復旧をするには?
Mac ProやMacbook Air、iMacといったMacintoshパソコンの
Mac OS Xに不具合が起きたためにクリーンインストールで直そうとした際に、

間違えてデータのバックアップを行ったりイメージディスクを作成する前に
「commandキー」+「Rキー」の長押しで再起動して、

Mac OS X ユーティリティ』を起動して「Time Machineバックアップから復元」や
「Mac OS Xを再インストール」、「ディスクユーティリティ」などのリカバリー機能で
パソコンを以前の状態に戻したり、OSの初期化(フォーマット)をして
必要なデータを消去してしまった場合、どうすれば復元できる?という疑問について。

[大変おそれながら、ページの内容を変更させていただきました。]

Mac OS Xユーティリティ


主なMacパソコンの製品一覧

・MacPro ME253J/A
・Apple MacBook Pro with Retina Display ME865J/A
・MacBook Air 1.3GHz Dual Core i5/13.3"/4GB/256GB MD761J/A
・iMac Core 2 Duo/1G/250G/8x SuperDrive DL MB323J/A
・Mac mini 2.5GHz Dual Core i5 /4G/500G/USB3/Thunderbolt MD387J/A



リセット後のパソコンの状況を確認


※まず、AppleのMacintoshパソコンにインストールしているバージョン

・Mac OS X v10.10 Yosemite
・Mac OS X v10.9 Mavericks
・Mac OS X v10.8 Mountain Lion
・Mac OS X v10.7 Lion
・Mac OS X v10.6 Snow Leopard
 

などの違いによって、操作方法などが少し異なります。

Macパソコンの内蔵ドライブ(パーティション)を購入前の状態にフォーマットすると、
それまでに内蔵のHDDやSSDに保存していたデータは消去されます。


ですがオペレーティングシステムのバージョンが初期化されているので、
インストールしていたアプリケーションはイメージディスクなどを作成していなければ、
もう一度インストールし直したりバージョンの更新を行う必要も出てきます。

ひとまず間違えて機器を初期化してしまった後は、
一通りすべてのシステムの設定やメモリーカードの状態を見直してみてください。
初期化・フォーマット後 | Mac
ファイルシステムをFATからNTFSに変更して使用
ハードディスクを新しく購入して内蔵したり、パーティションを分割したり
新しい外付けHDDを使用する際には、まず一度、論理フォーマット(初期化)をして
ファイルシステムを作成する必要があります。

ファイル・システムの形式には現在の標準的な『NTFS』(NT File System)と
『FAT32』(ファイル・アロケーション・テーブル/File Allocation Table)の二種類があります。

Windowsのパソコンの場合では2000やXP以降のOSでは多くのものがNTFSなのですが、
それ以前のパソコンに入っているHDDや、あえてFAT16やFAT32で設定しているものの場合、
たまに大容量の拡張子ファイルが書き込みできない場合があります。

FATに設定していた場合、そのハードディスク内で取り扱いできるファイルの最大サイズが
2GBや4GBまでで、それを超える大きさの拡張子の保存や移動ができなかったり、
最大ドライブサイズが2TBまでの製品でしかFATが対応できないなどの難点があります。
初期化・フォーマット後 | システム管理
フォーマットできない原因とは?
microSDHCメモリーカードやメモリースティック、MO、xDカード、CF、MMC、
CD/DVD-RW、BD-REといった、データの記録用媒体の多くは、新品を購入して
最初に読み込み装置に挿入してからすぐに使えるわけではなく、
フォーマット(Format)という初期化の処理が必要になります。

また、ある程度使ってからファイルやフォルダが溜まってきて一度中身を
全て白紙に戻したいときにも、フォーマットで削除ができます。
しかし、なぜかフォーマットできないという場合、いくつかの原因が考えられます。

必ずその製品の機能で初期化


まず、デジタルカメラやに携帯電話などのモバイル機器に使用する
SDカードやメモリースティックはUSB2.0カードリーダ/ライタに差し込んで
パソコンにもつなげて読み込めるのですが、フォーマットする時には必ず、
デジカメやケータイの方に最初に挿入して、そちらの機能で行いましょう。

いきなりPCで読み込んで初期化しようとすると、失敗したり、
後からカメラや携帯機器で対応されずに認識できないおそれがあります。
初期化・フォーマット後 | フォーマット
未フォーマット状態になるエラーを復元するには?
外付け型のパソコン用記録メディアをUSBコネクタに接続して読み込んだ時、
それまでは普通にフォルダを開けていたのが急に未フォーマット状態に
認識されて開けない、というエラートラブルが出た場合について。

外付けハードディスクドライブやUSBフラッシュメモリ、SDメモリーカード、
MO、コンパクトフラッシュ、CD-RW、DVD-RW/RAM、メモリースティックなど、
主に外部取り付けのUSB記憶装置に稀に起きる症状です。

ディスクはフォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか?
といった表記のバルーンが出た時、「はい いいえ」のコマンド選択ボタンで
うっかり勢いで「はい」と押さないようにご注意下さい。

OKを選んでしまうとディスクやメモリに含まれているファイルやフォルダが
全て初期化の影響で削除されてしまいます。

未フォーマットとなるのは読み取りのエラー障害による場合が多く、
中身の書き出しデータは大抵そのまま保存されて残っていますので
もう一度上手く再読み込みをすれば復元できるパターンも多いです。

まず一度ハードウェアの安全な取り外しを実行してUSBポートから
取り外し、PC本体を閉じて、外部記憶装置のドライブの電源も閉じます。

数十分から数時間ほど時間を置いて、他の余分なコネクタを
全て取り外してからパソコンを再び起動して、もう一度
外付けメディアを接続して読み込みを再度実行してみましょう。
初期化・フォーマット後 | フォーマット
Cドライブのリカバリーで消えたデータの復元をするには?
Cドライブとは、パソコンのハードディスクドライブの容量と領域とを
パーティション分割して分けたうちの一区画にあたり、
基本的にメインで使うプライマリパーティションになるドライブ領域です。

Windowsメニュー画面のマイコンピューター上では、
パーテーション分けをしていない場合は『ローカルディスク(C:)』、
という具合に表示されます。

Cドライブで日々パソコンOSを操作していくうちにシステムファイルや
アプリケーションソフトのプログラムに深刻な破損がして壊れてきた時は
WindowsCDインストールディスクを使ってOSの再セットアップを行い、
またリカバリ領域を作成するなどしてシステムを直す事もできます。

しかしCドライブに保存してある必要なデータをシステムの修復前に
バックアップしていなければ、クリーンインストールによる初期化などの
影響でファイルフォーマットが消えてしまうトラブルもあります。

リカバリー領域を作成する場所は通常はDドライブ、
フルバックアップの保管場所はEドライブまたは外付けハードディスク内、
という具合に、用途に分けて各ドライブを使い分けていきましょう。
初期化・フォーマット後 | ディスクドライブ
フォーマットしますか?とメッセージが表示されたら注意!
フォーマット(FORMAT・ふぉーまっと)は新しいデータ書き込み用ディスクや
メモリーカードの類を、パソコンのドライブ装置やUSBコネクタに挿入して
接続する時に一回、初期化・イニシャライズさせて使えるようにする作業です。

例えば、新しく買ったまだ一回も使っていないフロッピーディスクを
FDドライブに挿入したら、

Microsoht Windows ドライブA:を使うにはフォーマットする必要があります。
フォーマットしますか?

といったダイアログメッセージがデスクトップ画面上に表示されます。

最初はどのディスク媒体も、ファイルが何も書き込まれていない状態なので
二つある選択肢のうち、『ディスクのフォーマット』を押してOKです。

しかし、すでに一度フォーマット済みで何度もデーターを保存して
使っているディスクをある時挿入した時にこのメッセージが出てきたら要注意です。

本来ははじめの使用前に一度初期化させてばその後は必要ないのですが、
まれにディスクの中身に何らかの問題が出た時や、読み込み装置が故障を
起こしている時にメディアの内容と状態がしっかりと認識されずに、
「フォーマットしますか?」と再び選択画面が出てきてしまう事があるのです。

ここでもし勢いで『ディスクのフォーマット』を選んでしまうと
もう一度初期化されて、中身の書き込みファイルが全部消えてしまい
貴重なデータが失われてしまいますので、特に気をつけて確認をしましょう。
初期化・フォーマット後 | フォーマット
物理フォーマットでデータは全消去される?
データ記憶メディアをフォーマットする、とは、一度初期化させて
中身のファイルを全部消して真っ白にする事ないし、
新しいデータを書き込みできる状態にする作業の事です。

論理フォーマットによる初期化


種類は『物理フォーマット』(ローレベルフォーマット)と
『論理フォーマット』に分かれていまして、書き込みディスク等を
一番最初に使う前には一度、物理フォーマットを行う必要があります。

その後、新しいファイルやシステムを書き込んでいく作業が
論理フォーマットになります。

しかしその上から更に物理フォーマットをかけるともう一度
初期化してまたデータの書き込み容量を真っ白にした状態にできます。

ハードディスクドライブのセクタを書き直す作業、
またMOやCD/DVD/ブルーレイディスクなどの外部記録媒体の埋まった容量を
白紙に戻す際には便利です。

ローレベルフォーマットで全消去したデータは、普通にファイルを削除するよりも
データの痕跡が残りにくく、誤って必要なファイルまでまとめて初期化で消すと
元に戻せなくなる可能性が高いのでご注意下さい。
初期化・フォーマット後 | フォーマット
誤ったフォーマットで初期化したMOディスクは復旧できる?
現在もパソコンの外部接続型記憶メディアとして普及しています
MO』(Magneto-Optical disk・光磁気ディスク・エムオー)は、

最初の段階では『フォーマット』という初期化するための作業を行わなければ
データの書き込み記録ができないため、まずはMOドライブにディスクを差し込んで
USBポートから接続してリムーバブルメディアとして認識させます。

次にマイコンピュータを開き、MOのリムーバブルアイコンを右クリック、
そしてフォーマット(A)を実行する事で完了します。

(もしくは、mkfsコマンドを実行してフォーマットを行います。)

以上の作業が完了しましたらMOにファイルを保存できるのですが、
その後、稀に一時的な認識エラーで「フォーマットされていません」という
エラーメッセージが出てしまう場合があります。

ここでうっかりフォーマットの選択画面で「はい」と押してしまうと
それまでMOに保管されていた全てのデータが消えてしまいます。

間違えてはずみで押されてしまわないようにくれぐれもお気をつけください。

ハードディスクドライブと違い外付けの記録専用媒体のため、
「システムの復元」ではMOデータ復旧が範囲外のため元に戻せません。

しかしフォーマットされてしまった直後でしたらまだ完全には消滅しておらず
「消去しました」という情報が書き込まれただけで、痕跡の部分はまだ残っています。

別のOSのパソコンなどの電子機器からフォーマットを掛けてファイルシステムを変更すると、
ウィンドウズやマッキントッシュのパソコンで読み込みできない可能性があるのでご注意ください。
初期化・フォーマット後 | 記憶メディア
フォーマットしたxDピクチャーカードのデータを復元
富士写真フイルムとオリンパス光学工業のフラッシュメモリーカード
「<xDピクチャーカード」(xD-Picture Card)を、
間違えてデジタルカメラかパソコンの操作で写真データが入ったまま
フォーマットをかけて初期化してしまった、という場合について。

xDピクチャーカード

まず、デジタルカメラなどにに差し込んで撮影して保存した写真画像を
フォーマットで丸ごと削除してしまうと、表示の上では消去されているので
バックアップを取っていなければそのままでは消えたままになります。

ですが、まだxDピクチャーカード内のメモリにあるセクタ部分には、
前に書き込まれていた拡張子の「痕跡」が残っている事が多いです。

消したファイルをそこから復元させる手順を試みる事ができます。

(※フォーマットしてしまった後にそのxDピクチャーカードで
新しく写真を撮って保存すると前のデータの痕跡が自動的に上書きされて
消えるおそれがあるので、それ以上は使わないように注意してください。)
 


最初に、フォーマットしてしまったxDピクチャーカードを、
お使いのデジタルカメラに差し込んだまま
USBケーブルでパソコンにつなげて読み込みします。

USBケーブルがない時には、USBカードリーダー/ライターに
xDカードを差し込んで同じくリムーバブルディスクとして認識させます。

xD-Picture Card

そして、エクスプローラーなどの画面で
フォーマットされたxDピクチャーカードのアイコンが表示されて
中身のディレクトリが開けるかどうかチェックします。

デジタルカメラの機能で誤って初期化した場合は
「DICM」などの基本的なフォルダはあるのですが、
それまでに撮影して保存した写真画像のファイルは削除されています。

Windowsの方でクイックフォーマットをかけた場合は
何も入っていない「このフォルダーは空です。」という表示になります。
初期化・フォーマット後 | フォーマット
クイックフォーマットしたディスクのデータを復元するには?
お使いのパソコンに内蔵されているハードディスクドライブや外付けHDD、
MO、SDカード、USBメモリ、フロッピーディスクなどの記憶メディアの媒体に

「エクスプローラー」のプロパティ画面や「フォーマットしますか?」のバルーンで
「クイックフォーマット」をかけて全データをリセット/初期化した後に、
消去されたファイルやアプリケーションが必要になった時、
クイックフォーマットからの復旧を実行して、ファイルを元に戻せる?という疑問について。


まず、フォーマットは保存領域のうち、記録の管理している部分のみを
「初期状態」に戻す作業ですので、データそのものはこの時点ではまだ削除されていません。

またチェックディスクで不良セクタの検出による書込みトラブルの防止も兼ねて行われます。
(クイックフォーマットとは時間短縮のかわりに不良箇所の検査をしない作業の事です。)


うっかり勢いなどで誤った初期化の作業を行ってリセットされた直後の段階なら、
100%全てのファイルを救出できるとは限らないのですが
ファイル復元のアプリケーションやデータ救出サービスなどにより、元に戻す事が可能です。

ただしOSの再セットアップをしたHDDのフォーマットからデータ復旧をする場合は
早めにインストールの取り消しの手順を実行して前の状態に戻す必要があります。

しかしフォーマットの後に他のファイルを上書きしてしまうと
以前に保管していた痕跡が断片化したり消えてしまうなどで、
不完全に再生されてしまったり修復できなくなる場合もあります

必ず新しいファイルが書き込みされる前に、復元作業を行ってください。
初期化・フォーマット後 | hdd修復法
CFカードを間違って初期化した時にデータ復元をするには?
デジタルカメラで撮影した写真画像ファイルの記録による保存などで普段お使いの
CFカード』(CompactFlash・コンパクトフラッシュメモリーカード)を、
データの読み込みや移し変えのためパソコンのカードリーダー、
またはデジタルカメラ本体の機能などで読み込んだ時にファイルが認識されず、

『初期化しますか?』または『フォーマットしますか?』というメッセージの
バルーンが表示されて、勢いで誤ってコンパクトフラッシュメモリーカードの
記憶領域全体を初期化してしまい、

コンパクトフラッシュメモリーカードの内部データを全部消去してしまった場合は
どうすればjpgの写真画像といった拡張子の復元ができる?という疑問について。


CF CARD内のデータ復旧



パソコンへのアクセスが拒否されて内部データがバックアップできない時は、
デバイスマネージャの画面で接続機器の項目に『!・?・×』マークが
付いていないかどうかをまず確認してみてください。


たとえば、Windowsパソコンの[マイ コンピューター](エクスプローラー)にある
リムーバブルディスクのアイコンが表示されていない場合は
CFのUSBポートへの接続ミスか一時的な読み込みエラーが起きている可能性があります。

もう一度コードやカードリーダーのアダプターを差し直してみたり、
別のパソコンにコンパクトフラッシュを接続してみるなど試してみてください。

[初期化]のメッセージが表示された場合は、保存した画像ファイルの読み取り装置の接続不良や、
または衝撃などによるCF内部の故障、カードリーダーの破損の可能性も考えられます。
初期化・フォーマット後 | 周辺機器
MacパソコンでフォーマットしたUSBメモリのデータ復元
Apple社から開発・販売されているMac OS Xのパソコンで使用していたUSBメモリに
Macパソコンから誤ってフォーマットをかけて初期化して、
メモリーカードに保存していたファイルを消去してしまった場合、
どうすれば消えたデータを復元できる?という疑問について。

Macで使うUSBメモリ

まず、USBメモリはMacintosh HD(ハードディスクやSSD)とは別の領域の
外部デバイスなので、ファイルのフォーマットをしてしまうと
ゴミ箱フォルダーに移動せずにそのまま消去されます。

フォーマット

ですが、まだUSBメモリのセクタには以前のデータの「痕跡」が残っていて
そこからファイルのサルベージを施して復旧できる見込みがあります。

(※フォーマットを掛けた後で新しいファイルを書き込みしてしまうと
 前のデータの痕跡が上書きで抹消される可能性が高いので注意してください。)
初期化・フォーマット後 | データファイルの復旧・復元
CD-R/RWメディアを誤って初期化した時にデータを復元するには?
「CD-RW」 (Compact Disc-ReWritable/コンパクトディスク・リライタブル)
データの書き込み時に色素を焼き切るため一度しか保存できないCD-Rと違う、
何度でも書き込み、消去が行えるコンパクトディスク(光ディスク)です。

CD

そのためすべての書き込みデータを一度消して初期化する事も可能です。

CD-Rも通常は初期化ができないのですが専用プログラムを使う事で可能とされています。

CD-Rをドライブにセットして読み込みを始めた時、

『準備ができていません』
『初期化しますか?』
『今すぐフォーマットしますか?』


などのメッセージが表示されてファイルやプログラムが開けない時の対処法について。


読み込み時にエラーメッセージが表示された場合



初期化・フォーマットのメッセージに表示される選択肢のコマンドで
『はい』と押してしまうとCD-RWが初期化・再フォーマットされて保存していた
データがすべて消えてしまいます。

なので、決して『はい』を押さないようにご注意ください。

もし間違えて初期化してしまった場合でも、まだデータの復旧ができる可能性があります。

ディスクへの上書きをされずにデータ復旧センターにお問い合わせをされてみてください。

読み込みエラーの主な原因として、

・ディスクの盤面にキズがついている。
・別のパソコン・ドライブから読み込みをしていた。
・今までの書き込みでディスクの寿命が来てしまった。
・湿気や加熱でディスク面が傷んでしまった。
・CDドライブ本体が故障している、またはデバイスが認識されていない。
・前回の保存時に書き込みエラーやウイルス感染が起きてしまった。
・読み込みに必要なプログラムを消去してしまった。


と、様々なエラーの事例があります。
初期化・フォーマット後 | PC周辺機器
初期化してしまった全データを復旧する方法とは?
パソコンに内蔵されたHDD(Dドライブや増設したもの)や外付けハードディスク、
USBメモリやDVD-RWなどのデータ記録装置に間違えてクイックフォーマットをかけたり
「フォーマットしますか?」の選択肢で勢い余ってで「はい」を押してしまうと、
それまでに書き込みして保持していたすべてのデータがなくなってしまいます。

ですが一見、記憶メディアからデータを全部消してしまったように見えても、
この段階なら実際は『初期化しました』という認識を書き込んでいる状態なので、
データそのものはまだ復元可能です。

フォーマット
ファイルの形式・様式・書式の意味。記憶メディアを書きなおせる状態にする事です。
初期化
記憶媒体の中身を購入時の状態にデータ消去して真っ白にし、空き領域を拡張する事です。
電子媒体
電子計算機や音響・映像機器・補助記憶装置・ストレージなどのデジタル機材の事。
ファイルシステム
パソコンのOS(オペレーティングシステム)の機能。ファイリングシステムと意味あら派生した単語でもあり、データの記録を管理するシステムです。

この後で何度も上書きしてしまうと初期化前のデータは本当に消えてしまうのですが、
その前にすぐに専門のデータ復旧サービスセンターに注文をして、
初期診断の後で痕跡からの復旧作業を行てもらって元に戻すことができます。


初期化後のファイル復元


例えばWindowsのパソコンの場合でしたら、リカバリーをした後でも
スタートメニュー→すべてのプログラム→アクセサリ→システムツール
→「システムの復元」と操作し、以前に復元ポイントを作っていた地点まで
Cドライブに保存していたシステムやデータを復活させられます。

(Windows8の場合は「Windows 7のファイルの回復」などの機能を使用します。)
 
しかしリカバリーディスクから再インストールを行い、
丸ごとOSをリセットさせた場合にはシステムの復元からはできなくなります。
初期化・フォーマット後 | データファイルの復旧・復元
再セットアップでデータを消した時に復旧するには?
お使いのパソコンにエラーなど論理的な故障が起きたりデータが入りすぎて
重くなってしまった場合、製品に同梱されている起動ディスクで再セットアップをして、

ハードディスクを一度、再インストールを掛けてすべて初期化した後に
OSをインストールし直す事でほとんどのエラーは直って
またパソコンをスムーズに使う事ができるようになります。

Eee PCディスク

しかしこの際にデータのバックアップを忘れて消してしまったり、
消したファイルがまた必要になってきた場合どうすれば復元できるのか?という疑問について。

フォーマット後でも修復は可能?


再セットアップをする際に大抵はハードディスクをフォーマットして
すべて初期化(上書き)する作業を行うと思われます。

この場合、ごみ箱からの修復やシステム復元と違ってデータ構造もすべて
消えてしまい、こうなってしまうと自分自身(一般の方)では復旧するのが非常に困難になります。
初期化・フォーマット後 | トラブル
フォーマットで削除したデータを復元するには?
パソコンやデジタルカメラ、NAS、サーバ、タブレット端末などのコンピューター製品では、
オペレーティングシステムシステムや設定機能にさまざまな形で
システムやデータをリセットして購入時の状態に戻す「初期化」の機能が搭載されています。

装置に設定されているジャーナリングファイルシステムの形式で「フォーマット」を掛けると、
販売される前の出荷時の段階に基本状態の設定や二次記憶装置が元に戻ります。

これで多くのエラーやアプリケーションソフトの破損が修復されて直るのですが、
しかし、メーカー製のパソコンの内蔵ハードディスク(Cドライブ)や内蔵フラッシュメモリ、
NASのハードディスクなどに保存していたファイルはすべて消去されます。

もし、誤ってバックアップを取っていなかった拡張子が消えてしまったら、
フォーマットを掛けた後でにデータ復旧はできる?という疑問について。


痕跡からの回復


まず、ハードディスクやUSBメモリ、SDカード、SSD、コンパクトフラッシュ、DVD-RWなどの
各種のデジタルデータの記憶メディアは、書きこみしていたファイルが消えてからすぐの段階で
まだ何も新しいデータをフォーマットの上から上書き保存をしていなければ、
多くの場合で拡張子の「痕跡」がセクタに残されています。

画面上の表示ではWindowsのエクスプローラーやMac OS XのFinderなどで
表示されていないのですが、まだ、この痕跡データは残されている事が多く、
ここからサルベージする形でファイルを復元していきます。
初期化・フォーマット後 | 中古パソコン
 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-category-40.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.