データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

[SSD内部の救出]のページです。パソコンの故障やエラーによる保管ファイルの喪失。そんな時にこそデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復や修理の手順など破損トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。
ページ案内

こちらは「SSD内部の救出」の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧ページです。
下記のリストにてそれぞれのエントリーページの見出し文を新着順に掲載しています。

各文章の下部分にある、「エントリータイトル」と「続きを読む」と書かれたリンクから
コンテンツの本文と追記の一文が表示されたエントリーページへ入れます。








SSDをメンテナンスして問題を修復するには?
フラッシュメモリを用いてデータの読み書きを高速化させる記憶装置の
「SSD」 (solid state drive disk/ソリッドステートドライブ)は、
ハードディスクよりも故障が少なくて安全性に優れている利点もあります。

内蔵SSD

ですがFlash SSDも、繰り返しデータを書き換えするハードウェア装置なので
ずっと使い続けていくと、そのうちエラーや摩耗による問題が発生しやすくなり、
また、いつかは製品の寿命が来て故障する可能性も徐々に高まってきます。

そんな時に備えて、パソコン本体の内蔵の二次記憶装置や
外部デバイスとして使用しているSSDに何かの不具合が起こる前、
もしくは不調になり始めた時に状態をチェックして、
メンテナンスと修復を施していくにはどうすればいい?という疑問について。



[容量を他のハードディスクに分散して保存]

まず、SSDは現在のところ ほとんどの製品の最大容量が16GB~512GBの間で
ハードディスクに比べてまだまだ低めです。

パソコンに一台使うだけではすぐに容量が埋まってしまいやすい点もあります。

空き容量がデータが埋まって圧迫されると読み込み速度の遅延やエラーが
多発しやすくなるので、そこで「他のデータ記憶装置」と併用すると便利です。

デスクトップパソコンであれば、PCケースの中にある余ったドライブベイに
500GBや1TB、または2TB以上の大容量を持つハードディスクドライブを増設して、
個別ファイルなどのデータ置き場として使っていきます。

SSDの方はインストールしたOSの専用で使うようにするとバランスもよくなります。

ノートパソコンの場合は外付けハードディスクなどの
外部ストレージに定期的にデータを移し替えて使っていきます。



[エラーチェックと最適化]

SSDにエラーが発生していないかチェックして、
最適化を実行して問題を解決するには、以下のような方法で実行していきます。

※こちらの一例では、Windows8.1のOSをインストールした
 デスクトップパソコンにCドライブとして搭載している
 SSDの状態をチェックして問題を修復する手順について解説してきます。


まず、エクスプローラー画面を開いて、[PC]を開きます。

ローカルディスク(C:)のプロパティ画面を開いて、ツールのタブを開きます。

[エラーチェック]の項目の「チェック」をクリックするとスキャンが始まり、
問題がなければそのまま画面を閉じます。

「最適化」をクリックすると「ドライブの最適化」という画面が出てきます。

エラーチェックと最適化

「状態」の項目の一覧にある「C:」のソリッドステートドライブの
現在の状態が「OK」ではなく、「未実行」「最適化が必要です」
表示されていたら、そちらを選択して、「最適化」を押します。

※Windows8.1では定期的にデフラグが自動的に行われるので、
 普段は特に手動で行う必要はありません。

 ですが専用のデフラグソフトウェアをインストールして使用すれば、
 更に高度なSSDの最適化を実行してメンテナンスする事もできます。
SSD内部の救出 | SSD
SSDから削除したファイルを復元する方法は?
データの読み書き速度が速く、フラッシュメモリを搭載した頑丈な記憶装置の
『SSD』(Solid State Drive-ソリッドステートドライブ)を使っていて、
ある時に間違えて保存していた大事なファイルを削除してしまった場合、
後から元に戻したい時にはどうすればいい?という疑問について。

SSD

まず、SSDもハードディスクドライブと同じく、
パソコンでオペレーティングシステムを使っている場合には、
「ごみ箱ツール」やWindowsの「システムの復元」(Windows8ではファイル履歴)、
Macの[Time Machine]、Ubuntuの「バックアップ」などのツールが使用できます。

「ゴミ箱フォルダー」はエクスプローラーなどで削除したファイルを
一度移動して取っておくための標準機能で、
「ゴミ箱を空にする」にしたり最大領域を越えなければ、ずっと保存されています。

なので、いつでも右クリックやドラッグ&ドロップで元の位置に戻せます。

(ちなみに増設や外付けで接続しているSSDやHDDの中のファイルを
 削除した場合でも、一旦自動的にゴミ箱に移動します。)

また、近年のOSには自動更新バックアップやクラウドコンピューティングの
アプリケーションソフトが同梱でインストールされていますので、
これらの機能を事前に「有効」にすれば、いつでもバックアップ分から引き出せます。


ですが、ゴミ箱の中を「空にする」や「ディスククリーンアップ」で削除すると、
上記のような普通の方法では復活できなくなってしまいます。

ゴミ箱を空にする

更にゴミ箱に移動せずに直接消去した時や、バックアップ機能も無効にしたままで
手動でのコピー保存も行っていなかった場合は、また別の回復手段が必要になります。


エクスプローラーやFinderの表示の上では拡張子が完全になくなったように見えても
まだ実際はSSDの記憶領域には痕跡のデータが残っています。

そこから別のプログラムを書き込んで上書きを行っていないうちなら、
まだ削除したばかりのファイルなら修復できる見込みが十分にあります。

(ファイルを失ってから数か月以上時間が経過して多くの更新を行っていた後でも
まだ痕跡が残っている事もよくあるので、復元の作業を試してみてください。)
SSD内部の救出 | SSD
SSDを外付けで接続して内部ファイルを抽出するには?
フラッシュメモリを導入したデータ記憶装置の
『SSD』(Solid State Drive:ソリッドステートドライブ)を内蔵したパソコンが、
ある時、故障などの何らかの原因で正常に使用ができなくなり、
SSDが読み込みできなくなった場合に内部のディレクトリを開き直す方法について。

SSD

[主な故障の原因]

・オペレーティングシステムが破損してデスクトップが開けない。
・BIOSが損傷してSSDが認識できない。
・パソコンのマザーボードや電源ユニットが故障して起動できない。
・ノートパソコンの液晶ディスプレイが割れて画面が見れない。
・他、不明なトラブルが起きてパソコンが正常に使用できない。


まず、SSDはハードディスクドライブと同じく、
CドライブにインストールしているOSが破損したりしても、
内部のメモリーに書き込まれたファイルやフォルダーはそのまま残っています。

なので外付けで接続をしてリムーバブルディスクとして開き、抽出する事もできます。

正常に起動できる別のパソコン本体に外部からUSB接続をしたり、
あるいはドライブベイに増設して組み込む形で読み出す事も可能です。

※今回はデスクトップパソコンでWindows 8のOS用に使用している
インテル製の[INTEL SOLID-STATE DRIVE 335 SERIES]
FOR DESKTOP AND MOBILE SYSTEMS(240GB)
のSSDを、
USBケーブルから外付けでノートパソコンに接続する実践例を解説します。


まず、SSDを他のパソコンに外部から接続して読み込むには、
「S-ATA方式に対応されたUSB変換ユニット」か
「SSD向けのポータブル外付けケース」
が必要になります。

※1:外付けハードディスクケースだとサイズやコネクタの位置が
 メモリディスクの形と合わない場合があります。

※2:ハードディスク専用のUSB変換ユニットでも読み込みはできます。
 ですがなるべくならSSDに正式に対応された製品を使うのが適切です。

※3:パソコンの別のパーツが壊れただけでSSD自体に問題がなければ、
 別のコンピューターに交換か増設をして読み込む方法でも大丈夫です。
SSD内部の救出 | SSD
MacBook AirでSSDが読み込めなくなったら?
MacBook Air(マックブック・エアー)のノートパソコンで前に、
Mac OS Xが突然正常に開かなくなってデスクトップ画面が操作できず、
SSDに保存してあったデータも一時、読み込めなくなった事がありました。

マックブック・エアー

その時はひとまず一度電源のシステム起動終了をして閉じてから
再度キーボード上の電源ボタンから起動した時にすぐ
[Shiftキー」を押し続けてセーフブート(セーフモード)で立ち上げました。

最初の画面は一旦グレーの背景上にAppleマークが表示された状態で、
そこからMac OS X Lionx10.7のデスクトップ画面を開く事が出来ました。
SSD内部の救出 | MacBookAir
SSDの寿命が来る前に新品に交換する対策
ハードディスクに寿命があり、数年ほど使っているとそのうち
物理的に回路が故障して使えなくなるように、SSDのメモリディスクにも
やはり寿命があり使用限度がある、という事をご存知でしょうか?

Solid State Drive[ソリッドステートドライブ]は将来的にHDDに代わるとも
言われている安定した高性能の記憶媒体です。

フラッシュメモリの装置であるためヘッドやモーター、プラッタといった部品がなく
消費電力や発熱も少ないため故障が起こりにくく、
また小型で衝撃にも強いという様々な利点があります。

その反面で容量がまだハードディスクより少なかったリ、価格が高額であるという
難点もあるのですが、こららも今後の技術進歩により改善されていくでしょう。

しかしフラッシュメモリには書き換え可能な回数に数千回~数万回と限度があります。

数年ほどSSDが導入されたネットブックなどのパソコンを使用して、
その一定の回数を越えるとデーターの書き込みに支障が出始め、
やがては製品としての寿命を迎えて使えなくなってしまいます。

SSDに保存データを書き換えできる回数や期間は、製品の種類や使用している頻度、
取り扱うファイル、インストールしているアプリケーションソフトの数や
PCの配置している環境など、様々な要素によって個人で変わってきます。
(搭載しているフラッシュメモリによってはおよそ10万回。)
SSD内部の救出 | SSD
SSD メモリディスクがBIOSに認識されない時は?
ハードディスクドライブのかわりにパソコンのマザーボードに接続した
SSD(メモリディスク)が認識されていない、というトラブルについて。

シリコンディスク(ソリッドステートドライブ)はハードディスクドライブとは
また別の記憶装置で、磁気ディスクやモーターやヘッド、アームといった部品は無く
フラッシュメモリ搭載のFlash SSDやRAM搭載のRAMディスクといった種類があります。

SSDとはsolid state drive(ソリッドステートドライブ)の略称です。

HDDよりもさらに高速化が実現し、また低電力で使えて過熱の心配も特に無く、
小型でさらに衝撃の耐性も高い、と非常にメリットの高い記憶装置です。

しかしSSDによってはハードディスクほどのデバイス情報が無く、
パソコンのBIOSで認識できないという場合もあります。

SATAカード等の別の部品をマザーボードに増設して補助しなければ
使えない事もありますので、SSDを購入される場合には
動作環境やマザーボードの型番・スペックをよくチェックされてみて下さい。

またACアダプターの駆動を切り替えたり、BIOS(バイオス)の設定画面を
開いて一通り状態を見てから一度再起動して、もう一度起動をお試し下さい。

他には、単純に接続作業時のミスで認識しない、という場合もあります。
メモリディスクのパソコンへの組み立て・取り付けのマニュアルも
確認されてみましょう。
SSD内部の救出 | SSD
Flash SSD ソリッドステートドライブのデータを復旧するには?
現在最も普及しているハードディスクドライブから将来替わる、とも言われている
半導体メモリディスク:「Flash SSD」
[ Flash Solid State Drive-ソリッドステートドライブ] は、

ヘッドやモーターなどのHDDに組み込まれているパーツを使わずに、半導体記憶素子を
使用した構成になっているためヘッド吸着などの故障の心配がありません。

またHDより消費電力も少ない上に読み込み時間も速く、さらには衝撃による
クラッシュや熱暴走にも強く、頑丈に造られている、と様々な利点があります。

このように物理的な障害には対しては強い耐性を備えた、大変心強い
新型のフラッシュメモリ型記憶装置であると言えます。

しかしながら、SSDもまたデータ保管メディアであるため、

・誤ったデータの削除やフォーマットのミス、
・コンピューターウイルス感染や
・プログラムファイル・システムのエラー、

といった論理的な障害に対しては従来のハードディスクや
USBメモリ、DVD-RW、MO、SDカード、CFなどの他のメディアと同じく、
事前に何もバックアップのシステムをセットしなければファイルが消えてしまいます。

なのでデータファイルのバックアップ管理やセキュリティ対策については
まず、自身でしっかりと行っていく必要があります。
SSD内部の救出 | USBメモリー
SSD-フラッシュメモリドライブに故障が起きる場合とは?
SSD -Solid State Drive(エス・エス・ディー)とは
シリコンディスク・フラッシュメモリドライブ(FlashMemorydrive)とも呼ばれる、
ハードディスク(HDD)に取って代わるかもしれないとも言われている
新型のフラッシュメモリ/ストレージです。

従来のハードディスクは内部の磁気ディスクに読み取り装置(ヘッド)を用いて
データを記憶する構造になっているのですが、SSDは半導体メモリーにデータを
保存する構造になっているためモーターの稼動音がなく、またヘッドを使わないので
ヘッドクラッシュといった障害が発生しません。

さらに稼動に必要な電力もHDDよりかからず、またデータの転送速度も早くなります。

HDDより値段は高いものの、次世代的な新型の記憶媒体として
現在注目を浴びています。

Solid State Drive内のデータ障害


SSDはフラッシュメモリドライブのためデジカメやUSBメモリと違い、
ハードディスクと同じく機器に負荷がかかりやすいという点もあります。

そのためハードディスクとほぼ同じデータ障害の例が見受けられます。

・液晶モニタ画面が開かない。
・パソコンが急にフリーズ、または再起動や強制終了のシャットダウンが起こる。
・SSDがデバイスドライバから読み込めない・認識されていない。
・外付けディスクやKNOPPIXでも読み込めない。
・インターフェースが故障してしまった。

ハードディスクより耐衝撃性に優れているものの、やはりデータ保存媒体
である以上、エラーやデバイスからの認識不可、強い衝撃やショートによる
破損の可能性も出てしまいます。
SSD内部の救出 | PCパーツ








URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-category-37.html
Copyright (C) 2007-2014 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.