データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【CD-R/RW】のページです。パソコンの故障やエラーによる保管ファイルの喪失。そんな時にこそデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復や修理の手順など破損トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


こちらは『CD-R/RW』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧ページです。
CD-R/RW のカテゴリ






ページ案内
下記のリストにてそれぞれのエントリーページの見出し文を新着順に掲載しています。

各文章の下部分にある、「エントリータイトル」と「続きを読む」と書かれたリンクから
コンテンツの本文と追記の一文が表示されたエントリーページへ入れます。

また、過去に作成したページも定期的に新しい内容に更新しています。

 


CD-RWを初期化した後に書き込みデータを復元
データの書き換えが可能な650MB、700MBのディスクメディア
「CD-RW」 (シーディーアールダブリュー/Compact Disc-ReWritable) は、
最大容量の範囲内で何度でもファイルを書き込みしたり削除する事ができます。

CD-RW

しかし注意として、コンピューターの外部の記憶メディアであるため
「消去」したファイルはパソコンのハードディスクのようにゴミ箱に移動せず、
自動バックアップ機能にも記録されずに、そのままなくなってしまいます。

また『クイックフォーマット』をかけて初期化すると、他の記憶メディアと同じく
それまでに記録していたファイルやフォルダが全て消去されてしまいます。

もしもうっかりCD-RWに書き込みしていた重要なデーターを、間違った削除や初期化によって
失ってしまった場合は後から復活させる事はできる?という疑問について。

まず、CD-RWやDVD-RW、USBメモリなどのリムーバブル記憶域のデバイスに
保存されている拡張子をパソコンのウィンドウ上で消去する場合、

例えばWindowsのエクスプローラーでは「このファイルを完全に削除しますか?」
という確認メッセージが表示されて、「はい」を押すと媒体から抹消されます。

ですがHDDやフラッシュメモリ型のメモリーカードと同じく、クイックフォーマットを掛けた後も
実際には「記憶域から削除した」という指示をディスクに与えているだけで、
すぐには完全になくならず、拡張子の「足跡」がまだ残っています。
CD-R/RW | リムーバブルディスク
CD-R/DVD-R/BD-Rのデータ書き込みに失敗したら?
パソコン用データ記録メディアの一種であるCD-R、DVD-R、BD-Rは、
安価である代わりに『一回きり』のファイル書き込みが可能なメディアです。

それぞれの媒体の最大容量以内でしたら拡張子ファイルやプログラム、フォルダを
何個、何MBでも自由に書き込みできるのですが、その代わり、1回で全部まとめて
コピー&ペースト」や「ドラッグ&ドロップ」「名前を付けて保存」等で行います。

最初にデータを保存する際に【追記モード】を選択すると、後から空き容量の分だけ
別のファイルを書き込んでつぎ足すことは出来るのですが、すでに書き込み済みの
データを上書きしたり削除・編集することはできません。
(パケットライト機能で例外的に同名ファイルを追加で保存する事は出来ます)

しかし保存する作業の進行中にエラーが発生して書き込みに失敗してしまったり、
書き込み作業の真っ最中に急にパソコンがフリーズしてしまったり、
停電や断線で電源が切れると、ファイルの書き込みが途中で止まってしまいます。

後者のような災害・人的なアクシデントはあまり頻繁には起こらないかと思われますが、
前者の場合は一度にたくさんの重い拡張子をスペックが低めなパソコンで
書き込みすると、OSやCPUやメモリの処理能力を越えてしまい失敗する事も多いです。
CD-R/RW | DVD-Rなどの光学メディア
CD・DVDディスクメディアの安全な保管の仕方
CD『Compact Disc・コンパクト・ディスク』や
DVD『Digital Versatile Disc・デジタル・バーサタイル・ディスク』などの
ディスクメディアは書き込まれているデータの読み込みを行う裏面が
直接むき出しになった媒体のものが多く、傷や汚れも付きやすい点があります。

CD-RW

CD・DVDの種類

:CD--R/RW/i/DA/G/EG/VMIDI/TEXT/SINGLE/EXTRA/ビデオ/スーパーオーディオ
:DVD-R/RW/ROM/RAM/+R/+RW/DL

その他のディスクメディア
  • BD
  • CBHD
  • EVD
  • GD-ROM
  • HD DVD
  • HS
  • HVD
  • LD
  • MD
  • ML-RMO
  • NGC-ROM
  • PD
  • UDO

ディスク型の記録メディアは今や非常に数多くの種類の製品が普及しています。

その分、取り扱う機会も多いため、なるべく製品の寿命を少しでも延ばせる
ように安全な方法で保管をする仕方を知っておかれると良いです。


Disc媒体の寿命を延ばす保存方法


・円盤の表面に埃やごみ、指紋や油分、水分を付けないようにする。
・ラベル・シールをあまり貼らない。
・汚れたり濡れた手では触れないように気を付ける。
・ディスクや収納ケースの上に物を乗せない。
・直射日光が当たる場所に置かない。
・湿気の強い室内には保管しない。
・高熱や低温を発する電化製品の近くに配置しない。
・ドライブに挿入する際、内部や裏面にホコリなどが付着していないか確認する。
・データの読み込みや書き込みの回数はなるべく少なめにする。
・水平方向ではなく、垂直方向に立てて安全に保管する。
CD-R/RW | マルチメディア
データの書き込み中のエラーを修復するには?
アプリケーションソフトやオプションツール・インターネット上の機能等で作成した
拡張子ファイルをパソコン内のCドライブやDドライブDVD/CD/BDに書き込みをしている最中に
CD 書き込みウィザードを完了できません』といったエラーメッセージが表示されて
中断してしまったり、正常にデータの記録ができなかった場合の対処方法について。

CD-R

記録に足りる空き容量の確認


まず、書き込む際にエラーが出た場合は他のアプリケーションを全て閉じて、
メモリとCPUの使用に必要な量を確保してみてください。

またHDDやCD/DVDディスクの空き容量が足りているかもチェックされてみてください。

空き領域が少なかったりギリギリである場合、記録するデータの総量が大きいほど作業途中で
データ書き込みエラーが発生し、保存のための動作が中断されてしまう可能性があります。

CD-RWやDVD-ROMなどの複数のディスク媒体に対応されている最新の
コンボ・ドライブCombo Drive)であるほど書き込みトラブルも少ないですので、
余裕があれば新しい装置に交換されてみることも考慮してみましょう。

デバイスのドライバに問題があるときは、コントロールパネルのデバイスマネージャーを開き、
DVDドライブの項目を削除(アンインストール)して再起動すると、
多くの場合でエラーが修復できます。
CD-R/RW | DVD-Rなどの光学メディア
CDやDVDディスクが再生できない時の原因と復旧方法は?
お使いのパソコンやオーディオ装置、ドライブ装置で『CD』(Compact Disc/コンパクトディスク)や
『DVD』(Digital Versatile Disc )のディスクメディアをお使いの際に、

ディスクに書き込まれているデータを再生しようとしたら何も出てこなかった、
またはひどく画像や音声がブレていたり、ザー・・・とした灰色または黒い画面しか
映らなくなってしまった時にはどうすればいい?というトラブルの解決方法について。


CD-RやDVDR/RW/RAMのフォーマットができない場合の原因は、DVDのディスクをどのように
使用するかによって対処方法も少し違うのですが、 外付けのDVD-RWドライブか、または
内蔵のドライブ本体がPC環境によってデバイスマネージャに認識できていない可能性もあります。

またDVD自体が書き込み禁止の設定になっていないかどうかも確かめてみてください。

まず、CD・DVDディスクの版面の方に問題が出ているか、あるいはCD・DVDドライブなどの
再生装置の方のどちらに問題が出てしまっているのかを確認する必要があります。

試しに別のディスクを再生、またはデータの記録をしてみて、
問題がなければ、ドライブ装置などのハードウェアの方には異常はないでしょう。

※ですが、他のコンピューター装置で特殊なデジタルデータを書き込みしたり
フォーマットを掛けたCDディスクの場合は、別のコンピューターでの
フォーマットの形式やファイルの互換性がないために再生ができないといった例外もあります。

CD-RWやDVD-Rのディスクも数十回~数百回~と重ねがけて再生や書き換えを繰り返していくと、
摩擦による劣化や摩耗、汚れの蓄積などで次第に読み込みに不具合が出てきます。

そのため、CDやDVDやブルーレイといったディスクメディアは、
長期間での書き換えでの使用にはやや不向きなデータ記録媒体でもあります。

また、強い湿気や水気により版面が傷んでしまったり、日光や高温、低温、磁気に
さらされてしまうと製品の寿命が短くなるため、保管場所には十分に注意してください。
CD-R/RW | ハードウェア
CD・DVDのISOイメージファイルも復元できる?
CDやDVDメディアなどに書き込んだデータを1つにまとめて保存できる形式の
ISOイメージファイル」、このファイルをうっかり削除してしまったり、
ライティングソフトやリッピングソフトでCDに書き込む前にイメージファイルが壊れてしまったりした場合は、
どうすれば元の形に再生できる?という疑問について。

まず、ISOイメージファイルは再生に仮想CDドライブなどが必要なシステムです。

データが破損しているのではなく、仮想化ができていないため
現在の状態では再生できないだけ、というケースもあると思われます。

再生可能な状態がしっかり整っているかどうかをまずご確認ください。

インターネット上の配布サービスからインストールして入手していたデータが開けなかったり、
ファイルが壊れていた場合は、先に配布元のウェブサイトの管理者・運営者の方へ、
お問い合わせ用メールフォームやフォーラムの掲示板で連絡してください。

うっかり拡張子を丸ごと削除で消してしまった場合は、最入手が可能なファイルであれば、
もう一度ネットワーク上の配布元から入手したり、
あるいはCD、DVDディスクから再度パソコンにコピーをします。
CD-R/RW | プログラミング
バックアップのためのリカバリーCD/DVDディスクとは?
『リカバリーCD(Recovery CD)とは、簡単に説明しますと、パソコン内のあらゆるデータやシステムを
CD-RやDVD-Rのディスクに焼いて万が一の際にすぐにオペレーティングシステムを
修復できるように備える、バックアップした保管ディスクの事です。

パソコンが論理障害で故障した際に、購入した直後(出荷前)の状態を再現するために再セットアップ用の
ディスクを事前に作成したり、インストールしたプログラムやHDD内の保管ファイルをいつでも
復元できるようにバックアップしたりと、CD/DVD/BD-Rのディスクは使い方も様々です。

また、パソコンの製品に同梱されている、WindowsなどのDVDの起動ディスクが
再インストールという方法でのリカバリーディスクの役割も一部果たしています。

Eee PCディスク


リカバリ作業の準備と手順


今現在のウィンドウズなどのオペレーティングシステムの状態を丸ごとコピーするには、
まず、大容量のデータ移送が行えるPC環境が必要なため、以下のものを準備します。

・外付けもしくは内蔵のCD/DVD/BDドライブ。
・コピーする容量以上のサイズのデータを保管できるCD-R、DVD-R/RWなどのディスクメディア。

CD・DVDメディアをドライブ装置にセットしてウィンドウズのコントロールパネルコントロールパネルを開きます。

プログラムに従い、コピーしたファイル・システムの書き込みを行います。

「ディスクに書き込み中です。」とメッセージが出ますので、OKが出るまで待ちます。

書き込みが終了したらディスクに名前を付けて、ドライブ装置のトレーから取り外して作業完了です。
CD-R/RW | ソフトウェア
CD-RWの書き込みデータが消えた時に復元するには?
「CD-R」・「CD-RW」「CD-ROM」(シーディーアール・ダブリュー/
Compact Disc-ReWritable/コンパクトディスクリライタブル)は、
CDのディスクを用いたパソコン用のデータ読み込み専用記憶装置です。

cd

主に、パソコンなどで使う保存ファイルの書き込みなどで広く普及しています。

CD-RやCD-ROMはMOやUSBメモリと違い上書きや消去、ユーザーによる書き込みが
できない仕様なのですが、そのかわり安価で700MBの容量まで保存する事ができます。

CD-RWの方はデータの書き換え画可能な記憶媒体です。


CD-RWがドライブ装置でファイルが読み込めない場合


CDはディスクの裏面が傷つきやすく、使い込むほど次第に痛んでいくため、
データの読み込みに異常が出てスムーズに再生・インストールができなくなったり
保存ファイルが開けなくなる、というトラブルが出る事も稀にあります。

こういったアクシデントが起きたときは、それ以上CD-RWのディスクを再生したり、
新しく書き込みするのはデータ破損の更なる悪化を招くおそれがあるのですぐに中断して、
可能であればパソコンから他の保存媒体に無事なデータを移行するのが望ましいです。
CD-R/RW | ハードウェア
音楽CD・DVDのデータを損失した時の復元方法とは?
世間には音楽CDや映画DVD等を筆頭に、さまざまなディスク型の
再生・書き込み用メディア媒体がありますね。

特に多く普及しているのは音声データを書き込み、74分収録が可能な
CD-DA(Compact Disc Digital Audio:コンパクトディスク・デジタルオーディオ)などが挙がります。

近年ではブルーレイという最先端の記憶メディアも登場しました。

そして徐々に旧世代に移行しつつあるものの、家庭用ビデオテープや
音楽テープにもまだまだ需要があります。

劣化や傷みで再生が出来なくなる損害


DVD等は保存性が非常によく、物によって100年媒体が保つとも言われています。

こうした便利な録画用のデータ保存媒体ですが、誤って上書きしてしまったり、
ディスク裏面またはテープにキズがつく、暖房の熱などでやられてしまう等で
データを破損されてしまう損害のケースも多いかと思われます。

また何千回も再生をしているうちに劣化したり表面が傷んできまして、
そしてこうなると自分で修復するのは非常に困難です。

CDディスクやDVDディスクにパソコンを用いて書き込みしたデータなどは削除してしまっても、
直後の段階でしたらデータ救出ソフトウェアの機能を用いて直せる場合もあります。

PCにダウンロードした音楽ファイルももちろん大丈夫です。

しかし、ディスクにキズが付くなどしてデバイスから読み込めなくなったり、
データ復旧ソフトを用いても修復が不可能であった場合は自力で直すことは
ほぼ不可能になってしまいます。

また、カセットテープなどのアナログ媒体も同様です。

ただ、パソコン上に保管していた音楽ファイルや作曲の編集用データが
消えてしまった、という場合でしたら自力で修復できる見込みもあります。
CD-R/RW | データベース
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-category-36.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.