データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【修復料金・価格】のページです。パソコンの故障やエラーによる保管ファイルの喪失。そんな時にこそデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復や修理の手順など破損トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


こちらは『修復料金・価格』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧ページです。
修復料金・価格 のカテゴリ






ページ案内
下記のリストにてそれぞれのエントリーページの見出し文を新着順に掲載しています。

各文章の下部分にある、「エントリータイトル」と「続きを読む」と書かれたリンクから
コンテンツの本文と追記の一文が表示されたエントリーページへ入れます。

また、過去に作成したページも定期的に新しい内容に更新しています。

 


ハードディスクを読み込みデータ復旧をする機器を揃える際の価格
パソコン本体や外付けハードディスクケースが故障してしまい、
内蔵されたハードディスクに保存していたファイルが開けなくなった場合、
HDD自体が故障していなければ、それを壊れたコンピューターなどから
取り出して、別の機器に付け代えて読み込み、データ復旧をする手法があります。

ハードディスクまたはSDDを破損した装置から取り外して
別のパソコンにつなげて読み込みするのに必要な専用の機器を揃えるには
どのようなPC環境の時に何が必要で、いくらくらいの価格になる?という疑問について。

HDDの接続

※一般個人で行う際、何らかの想定外の接続不良や故障、破損の発生により、
 データの読み込みができずに費用がかかってしまうだけのケースもあることを、
 事前にご了承ください。
 
 また、HDD自体が壊れた場合のデータの救出は個人では行えず、専門業者の
 データ復旧サービスの方でのクリーンルームで行ってもらう必要があります。

主なHDD/SSD読み込み用の周辺機器の一覧


・サンワサプライ:下L型シリアルATA3ケーブル 0.5m TK-SATA3-05SL
・サンワサプライ:2.5インチHDD変換マウンタ(2台用) TK-HD252
・タイムリー:GROOVY HDDをUSB SATA接続2.5/3.5/5.25"ドライブ専用 UD-505SA
・ロジテック:HDDケース 3.5インチ 4Bay USB3.0 eSATA接続 RAID機能搭載 LHR-4BRHEU3
・玄人志向:3.5型HDDケース SATA接続 電源連動 USB2.0対応 GW3.5AA-SUP/MB
・玄人志向:電源ハーネス HDD電源コネクタ→SATA-HDD電源コネクタ x2変換 SATA-12V5VX2
・スターテック:電源コネクタ変換アダプタケーブル LP4SATAFM6IN
・スターテック:5.25インチベイSATA HDD頑丈リムーバブルケース DRW150SATBK
・変換名人:2.5 IDE HDD接続ケーブル 44ピン IDE-44BB
・ORICO:mSATA 外付けポータブルSSDケース 6Gbps 容量2TB USB3.0



まず、壊れていなくてパーツの増設をしても問題のないデスクトップパソコンを
別に一台以上、個人で所有されている場合は、
SATAケーブル(またはIDEケーブル)の予備がなければ、一本購入します。

値段はパソコンショップや電気店、通信販売店などで500円~800円ほどです。

IDE方式の仕様の古いパソコンまたはハードディスクの場合は、
IDE⇔SATA変換ケーブル/アダプター、電源コネクタ変換アダプタケーブルを購入します。

なるべく、汚れや異物の付着を防ぐための作業用のシートも購入します。

空いたドライブベイにHDDを差し込み、マザーボードとインターフェースに
SATAケーブルのコネクタを差し込んで、電源ユニットの中間コネクタを差し込みます。

パソコンの電源を付けてWindowsやMac OS Xを立ち上げて、
エクスプローラーやFinderで新しいボリュームのアイコンが表示されたらそちらを開いて、
フォルダー内の必要なデータをバックアップする形で復旧します。

2.5インチ型ハードディスクを取り付ける場合で、しばらくデスクトップパソコンで使う、
という際は、HDD変換マウンタ―を購入します。価格は500円~1200円ほどです。
修復料金・価格 | 周辺機器
壊れたパソコンからデータを取り出すのに掛かる予算は?
お使いのデスクトップ型パソコン、もしくはノート型パソコンの一台が故障して
完全にOS画面やBIOSが起動できなくなってしまうと、
内蔵のハードディスクにあるデータもそのままでは読み込みが出来なくなります。

特にマザーボードや電源ユニットなど、どこか重要なパーツが壊れていたりすると、
そのパーツを丸ごと交換する、等の手間や修理費用がどうしてもかかりやすいですね。

そんな時に、自分自身で先に、内蔵されたハードディスクドライブを
パソコン本体から取り外して、何とか中身のファイルやフォルダを取り出したい、
という際には、実行するのにどれくらいの予算がかかる?という疑問について。


[カスタマーサポートへの送付]

まず、最も基本的な解決手段としましてはやはり、購入したPCのメーカー先か販売店の
[カスタマーサポート]のサービスのコール先に
電話等で問い合わせをして、壊れたパソコンの修理の申し込みをする事ですね。

長期保証サポートの期間内なら、
軽度の障害くらいなら特に料金がかからずに直してもらえる場合も多いです。

ですが、状態次第では例えばマザーボードの交換などの作業に
1万円~2万円、時にはそれ以上かかる事もあります。

また、宅配便で送付先に送る時にかかる郵送の費用も、パソコン本体ケースの大きさや重量、
自宅・自社からの距離によって、1000円~3000円くらいの範囲で予算が別に掛かります。

保証サポートの適用範囲内の期間中でも、購入した時の金額以内での
PCの修理費用がある程度かかるケースはよくあります。
修復料金・価格 | パソコン修理・サポート
消えたデータの復活の費用は安い?
マイコンピュータ(Cドライブ・Dドライブ)の中に保存していた拡張子ファイルを
誤って削除してしまったり、USBメモリやMO、microSDカード、外付けHDDなどの
外部データ記録メディアをうっかり再フォーマットして初期化してしまった場合の
復活作業の注文でかかる費用は比較的安い?という疑問について。

まず各専門業者によっても違うのですが、どの記憶媒体に書き込まれていたデータが
どのようなアクシデントで消えたかによって値段の程も違ってきます。

間違えてごみ箱やフォルダから削除してしまった場合は最も復活が容易で、
特に直後の段階でしたらまだメディアに書き込まれていた『痕跡』が残っていますので、
安い料金で、また高確率で復旧してもらう事ができます。
修復料金・価格 | マルチメディア
HDDのデータ復旧に掛かる値段は?
データーをファイルフォーマットで記録するハードウェア製品は数多く存在するのですが、
一般的に特に多く使用されているのはやはり
大容量記憶システム(mass storage system:マス・ストレージ・システム)であり
特にパソコンに内蔵された、ハードディスクドライブ【hard disk drive】です。

磁気材料が塗布されたプラッタという回転盤(ディスク)が数枚入っていて、
この円盤のセクタという領域にデーターが書き込まれていきます。

他にも記憶媒体にはSDメモリーカードやUSBフラッシュメモリ、MO、BD-RE、
スマートメディア、マルチメディアカード、DVD-RAM、CD-RW、xDカード、と
色々あるのですが、これらの中で最もデータの復旧に掛かる値段が高いのは
HDD(中でも特に最大容量が1TB、2TB、と大きい製品)になります。

そこでバックアップといった方法で別の記憶メディアへのコピーを行うなどの
ファイル管理(data management:データマネジメント)が重要なのですが、
もしその作業の前にハードディスクが故障した時は、データ復旧サービスの業者にて
中身のファイルを機材の分解により読み込んでもらう事で一定の割合で直せます。

ただ、クリーンラボと高度な専門設備の中、専門スタッフの方が精密な作業で行われますので、
データの復元にかかる値段は数万円から数十万円と結構な高額の料金プランになります。

多くの企業の場合でしたらまだ許容範囲での出費かもしれないのですが、
一般個人でパソコンやサーバを使われてる方が依頼をする場合は料金が高いから
業者に注文せずに自分で何とかしたい、と思われる方も多いかと思います。

気持ちはとても分かるのですが、しかし残念ながら「物理障害」という
部品の構造的な原因の故障で壊れたハードディスクは一般ユーザーの個人で
直したりデータを引き出す事はほとんど不可能です。
修復料金・価格 | ストレージ
データ復旧代金の相場が各会社で違う理由とは?
パソコンでの作業中にデータ・エラー(data error)による異常が発生して
ファイルが破損し、アプリケーションソフトからが読み込めなくなった場合について。

新宿区

またハードディスクドライブがヘッド障害で故障して開けなくなるトラブルなど、
重い物理障害や論理障害が出た場合は、専門のデータ復旧サービス店にて
リカバリーや分解による修復をしてもらわなければ、ほぼ直りません。

ただ、データ復旧作業のご注文にかかる代金には、故障した状態や各会社おきの
違いによって結構な幅で違い、相場が一定的ではない、という点もあります。

まず、ファイルを修復する難易度と諸経費が破損のパターンによって違うのが
一つの相場の違いの要因ですね。

一例として、数十GB~数TBと最大容量が大きいHDDやSSDよりも、
普通のUSBフラッシュメモリやDVD-RW、CD-RW、MO、FD、microSDカード
といった小型で容量の低いデータ記憶メディアは基本的に値段が安いです。

間違えて必要なファイルをしてしまったり、うっかりメディアを再フォーマットしてしまい、
間もない状態の論理障害でしたら物理的な機材の損壊によるデータ損失の時よりも代金は安くなります。

コンピューターに組み込んでいるOSやライティングソフトウェアのバージョンやサービスパックによっても
システム復旧で対応できるサービスの度合いや値段が違ってくる場合もあります。
修復料金・価格 | 修理業者
HDDデータ復旧サービス業者の評判・評価
データ復旧の業者は日本全国に100社以上があり、またパソコン修理業者でも
多くの店舗で簡単なデーターのレスキューサポートも実施されています。

データ障害の回復やファイル復元といった注文の中で最も依頼が多い
機器はやはりハードディスクドライブで、また修復作業にかかる料金も特に高くなります。

HDDデータ復旧サービスは主に費用、成功率、お預かりに掛かる時間、
といった要素でユーザー側からの評判や評価が分かれる傾向がありまして、
特に金額の面で評判に差が出やすい場合もあります。

パソコンやサーバ、レコーダー、ワークステーション、NAS、カーナビなど、
ハードディスクドライブは近年、多くの電子機器に使われる記憶装置です。

基本的に論理障害の場合は値段が安く、物理障害の場合は値段が高くなります。

また、ファイルやフォルダが削除された場合は痕跡からの修復をしてもらい、
内部データが読み込めない場合はプラッタなど記憶領域を取り外して
他の記憶媒体にコピーして抽出してもらう処置をしてもらいます。

ただ物理障害の場合、注文にかかる料金の基準が高くてなかなか依頼に
抵抗がある、という事も多いかと思われます。

HDD1個のデータ復旧につき数万円、高ければ数十万円もかかる時もあり、設定された料金が
高すぎる、との評価が出る場合もよくあるのですが、近年では日本データ復旧協会の設立などの
進歩で少しずつ業界全体のより良い健全化の傾向に向かっています。
修復料金・価格 | レビュー
microSDHCカード等のデータ復旧料金は比較的に低価格?
現在では携帯電話やデジタルカメラをはじめ、データの保存やコピーに
microSDHCカードなど小型のメモリーカードを使える機器が大変普及しています。

ただその一方で、携帯機器の持ち歩きでの衝撃や水濡れのダメージでカードの
読み込みができなくなるデバイス認識の負荷状態やコントローラーの不良、
また長く使う内に割れたり折れてしまい壊れる、といった障害が発生する可能性もあります。

パソコンやの移し変えの際に間違えて削除してしまったりフォーマットのエラーで
初期化させてしまうミスや、記憶したはずのファイルが壊れている、
といったデジタル関連でのトラブルもよく起こりがちです。

ですがメモリーカードはパソコン本体(ハードディスク)と比べて比較的、
だいぶ低価格でのデータ復旧をリカバリーサービスで行ってもらえます。

リムーバブルメディアのファイル救出料金


まず、データタイプの違いではあまり料金の変動はありません。

特に大きな違いは、記憶媒体の最大容量で、
例えば64MB~256MBくらいのメモリーカードは低価格で済みまして、
1GB~2GBは平均的、16GB~32GBくらいのものだと次第に高額になります。

xDピクチャーカードやスマートメディア、コンパクトフラッシュ(CF)、
メモリースティック(MS)、トランスフラッシュ、SDメモリーカード、といった媒体の中でも
数世代前で、保存できる容量が1ギガバイト未満の規格でしたら、大分低価格になります。

データ復旧サービスによっても設定料金は大きく異なる場合もあるのですが
安い所でしたら5000円~8000円~10000円、高い場所でも20000円台や30000円台
あたりの値段でファイルの復元を注文できる業者が多いです。

ただしこれらはシステム的な論理障害のトラブルでの場合の値段で、
カード本体が破損した物理的な障害内容の場合はまた数段高くなります。

最近のmicroSDHCカードやSDXCメモリーカード、16GBのUSBフラッシュメモリ、
4GBのマルチメディアカード(MMC)といった容量の高いカード媒体は
30000円~50000円、場合によっては80000円以上かかる事もあります。

ですが100GB~2TBほどもの大容量であるハードディスクドライブに比べると
はるかに格安で復旧を行ってもらえますので金銭面での負担も大分下がります。

復元の作業期間初日から2~3日くらいの目安で済ませて貰えます。
メモリのメーカーによって多少、必要な値段や日数が変わる場合もあります。
修復料金・価格 | SDメモリーカード
データ復旧サービスの価格も比較してみるとお得?
近年ではパソコンやサーバー、外付けHDD、USBフラッシュメモリ、コンパクトフラッシュ、
microSDHCメモリーカード、ファイルサーバー、DVD-RAMなど大容量のデジタルデータを
保管できる大容量記憶媒体が企業・家庭間を問わず一般的に普及してきました。

その分で今度は、機材の故障や誤った動作で貴重なデータやアプリケーションを
損失してしまうアクシデントが非常に多きなっています。

そのため、消えたファイルを復元したり、故障して読み込みできない補助記憶装置から
ファイルやプログラムを取り出して救出してもらう、プロの[データ復旧サービス]が
パソコン修理サポート、とともに日本全国各地にて事業展開がなされています。

TS


データサルベージ・コーポレーションおきの違い


各都道府県にはそれぞれ、東京都や大阪府、愛知県などの大都市圏には
少なくとも数十箇所ものデータ救出サービス会社(data salvage corporation)があります。

また、地方でも各県おきに数箇所~10箇所以上の店舗があります。

容量が1テラバイト以上あるハードディスクやリンクステーション、サーバ、テラステーション、
ソリッドステートドライブといった容量の大きい記憶装置の内部のデータの修復は
どこの会社でも費用は結構高くなりがちです。

ですが、逆に料金の差額もそれなりに大きく違ってくる時もあります。
修復料金・価格 | データファイルの復旧・復元
外付けメディアの削除ファイル復活に必要な費用は?
誤った操作ミスによる消去や上書き、フォーマットなどで消してしまったプログラムや
PCファイルを修復してもらうためには、持ち込み、または郵送受付や、
出張対応を実施されているデータ復旧サービスに注文する事で高確率で元に戻す事が可能です。

近年のテクノロジーは高い復元率を誇るだけでなく、
作業料金の低価格化(コスト削減)の方でも日々少しずつ進歩しいます。

NASのRAID

パソコンに搭載されている内蔵HDD・または外付けのハードディスクは
記憶媒体の中では特に費用が高めで、おおよそ3万~十数万円あたりが相場です。

iMacやMacBook、サーバ、RAID、TeraStation(テラステーション)、
LinkStation(リンクステーション)、その他のネットワークドライブなど
HDDが搭載されているハードウェアの回復は基本的にまだまだ最も料金が高くなり、
また物理的な損傷の場合はさらに金額がかかるようになります。
修復料金・価格 | 周辺機器
データリカバリーサービスに依頼をした方が安い時も多い?
パソコンのハードディスクドライブやSSD、サーバ、NAS、RAID、USBメモリといった
周辺機器などに保存した後で操作ミスにより消えてしまったデータを復元したり、
ハードウェアのどれかが故障して読み込みできなくなったファイルを復旧する方法は、
中には一般個人でも試行ができる様々な技術があります。

しかし、やはり最も成功率が高くて確実的な方法はやはり、プロフェッショナルの
[データリカバリーサービス](復旧業者)にて注文をして適切な診断を受けることです。

90%以上と非常に高い復旧率を誇るサービスも数多く、
どのような故障でも迅速かつ確実に対応してもらえます。

川崎市


すぐに復旧依頼をした方が安価の時も?


ウィンドウズのエクスプローラーやMac OS XのFinderで間違えて消去した拡張子の
データ復旧は、自分自身でも専用のソフトウェアなどを使って行う事ができます。

しかし、重度の論理障害(データのエラーや破損で読み込みできない場合)やパソコンウィルスの
感染などにかかった場合、あるいは消去されてからは相当時間が経っていて拡張子の痕跡が
上書きされて、データ復元ツールを使って復活ができないことも大変多くなります。

かえって結果的に料金や時間、手間が結果として余分にかかってしまう事もあります。
修復料金・価格 | データファイルの復旧・復元
格安料金で注文できるデータ復旧のサービスとは?
データ復旧やパソコン修理のセンターへ依頼をする際に、数万円から数十万円
かかる、という見積もりを聞いて驚かれた方もおられるかと思います。

壊れたハードでィスクや大容量記録メディアからのデータレスキューや
メモリの修復、パソコン本体修理は基本的に結構な費用がかかってしまいます。

MOやUSBメモリ、DVD-ROM、SDカードといったリムーバブルディスクは
比較的小額、パソコン本体、ハードディスクドライブ、サーバー、RAID、NASといった
大容量のメディア機器は大体の場合で数万円から数十万円の高額料金です。

基本的に機材の値が高額なものほど容量も大きくなり、内部の精密機器や
プログラムも複雑になっていくため取り出し作業にかかる予算も上がっていきます。


低予算での復旧サポート


しかしながらデータ救出サービスの需要にも競争率があるため、業界水準より大幅に
安く請け負っている拡張子ファイルやOS状態のレスキューサービスもあります。

また期間内のお得意様サービスもあるので故障のタイミングに
よっては大変役立つ、限定的にお得なリカバリーサービスです。

全国各店の中には機材や症状の度合いによって10000円以下
データレスキューの作業を受けられる格安プランなどもあります。

HDD復旧の格安プランはそれでも他のメモリーカードなどに比べて高いですが、
『格安データ復旧サ-ビス』の実施期間中の店舗に
注文をして安く済ませる、といった工夫もされてみると良いかと思います。
修復料金・価格 | データファイルの復旧・復元
ハードディスク交換にかかる費用は?
パソコンやサーバ、レコーダー等のコンピューター機器に搭載された
データ記録装置[ハードディスクドライブ](hard disk drive)は、
オペレーティングシステムやファイルなどほぼ全てのデータを保管しています。

HDD

このパーツがなければコンピューターが動かせない重要な装置なのですが、
何かの理由でHDDを交換しなければならなくなる場合もあります。

HDD交換の主な理由
  • もっと大きな容量の製品に付け替えしたい。
  • 新しいパソコンの方にHDDを移し替えたい。
  • RAIDを設置するため配置を変更したい。
  • 物理障害で故障してしまい交換しなければならない。
  • データ復旧に出すため一旦本体から取り外したい。

しかし自身でHDDを交換する作業を行うのにあまり自信が無く、
専門業者の人に代わりに換装作業をしてもらいたい、という場合、
それぞれのトラブル解決の作業で費用はどれくらい違う?という疑問について。
修復料金・価格 |
データ復旧のリカバリーサービスの費用は?
パソコン・外付けHDD・CD-RW・DVD-RW・USBメモリ・SDメモリーカード・MOなど、
データ保存メディアで誤って削除したり、破損したファイルを元に戻してもらうための
「データ復旧(復元・修復)のサービスセンター」に依頼を行う時、まず気になるのが
やはりデータの復元にはどれくらい値段が必要なのか、主に金額の面ですね。

HDD


データ復旧サービスの料金


まず、基本的にハードディスクドライブやSSD(メモリディスク)のように、
80GBや100GB、300GB、500GB、1GB、2TBと最大容量が高い保存装置は高額になりやすく、
100000円を上回ることも珍しくありません。

逆に、フロッピィディスクやxDピクチャーカード、PD、CD-RW、MO、スマートメディアといった
小規模で容量の低い記憶媒体でしたら、数千円から数万円くらいの料金で請け負ってもらえます。

こればかりはデータ復旧サービス会社、その各パーツでのプラン、補助記憶メディアの種別、
論理障害と物理障害の場合、RAIDやNAS、サ-バに搭載されたハードディスクの数量、
破損状態、配送距離、経済状態、その他あらゆる場面において差と変動があります。

一概にこのくらいの値段とは言えないのですが、参考までに一例を下記にて表記します。
修復料金・価格 | データファイルの復旧・復元
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-category-35.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.