データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【ビデオカメラ動画の回復】のページです。パソコンの故障やエラーによる保管ファイルの喪失。そんな時にこそデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復や修理の手順など破損トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


こちらは『ビデオカメラ動画の回復』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧ページです。
ビデオカメラ動画の回復 のカテゴリ








ページ案内
下記のリストにてそれぞれのエントリーページの見出し文を新着順に掲載しています。

各文章の下部分にある、「エントリータイトル」と「続きを読む」と書かれたリンクから
コンテンツの本文と追記の一文が表示されたエントリーページへ入れます。

また、過去に作成したページも定期的に新しい内容に更新しています。

 


ビデオカメラが故障した時にデータを取り出しするには?
ビデオ動画を撮影する機器「ビデオカメラ」(video camera)を日々お使いの際、
強い衝撃や水濡れ、水没、高熱、低温、経年劣化、パーツの破損といった原因で
故障してしまった場合、まだ中に入っている録画した映像データのバックアップを
していなかったため取り出ししたい、という場合にサルベージをする方法について。

デジタルビデオカメラ

[ビデオカメラの製品一覧]

・JVC:Everio 8GB内蔵メモリー フルハイビジョンビデオカメラ GZ-E880
・Panasonic:HDビデオカメラ V360MS 16GB 高倍率90倍ズーム HC-V360MS-W
・SONY:XDCAMメモリーカムコーダーPXW-FS7K
・Canon:EOS C100 Cinema EOS Camera
・PowerLead:24MP3インチのタッチスクリーンデジタルカメラ FHD1080P30FPS



※こちらのページでは市販のデジタルビデオカメラの場合について解説いたします。

まず、撮影した映像データを拡張子ファイルにして保存する記憶媒体が
SDメモリーカードをはじめとするメモリーカードであれば、
ビデオカメラが壊れていても、まだメモリーカードは無傷で無事である可能性が高いです。

例として、本体の収納ソケットの蓋が壊れていなくて開けるようでしたら
そちらを開き、SDメモリーカードをデジタルビデオカメラ本体から取り出しします。

USBカードリーダー/ライターを購入して、そちらにSDメモリーカードを差し込み、
USBケーブルとコネクタを通してパソコンに接続します。

そしてWindowsのエクスプローラーやMac OS XのFinderからSDカードを開き、
録画した映像ファイルの拡張子のフォルダーを開き、
Cドライブや外付けハードディスクなどの場所にデータをバックアップして完了です。

メモリーカードは、例えばビデオカメラを水濡れ、水没させて故障した場合でも、
蓋をしっかりと閉じていればすぐには浸水せず、早めに水の中から取り出していれば
メモリーカードは濡れていないか、少し水分が付着してもすぐに拭き取れば乾きます。

ビデオカメラの中のメモリーカードまでが濡れた場合はすぐに拭いてから念のため、
ある程度時間をおいて乾かしてからパソコンで読み込んでください。

もし長時間放置していて錆びてしまったり腐食していた場合は、
プロのデータ救出サービスでの診断を行ってもらわれることを推奨します。
ビデオカメラ動画の回復 | コンピュータ関連
動画ファイルを削除した後で復元するには?
パソコンのムービー編集ソフトで作成した、またはビデオカメラなどの機器で撮影した映像を収めた
動画(movie・video)のファイルを誤って削除してしまった場合には、
普通の画像ファイルと同様に復元することはできる?という疑問について。

動画の映像

まず、動画ファイルを保存している場所がパソコンのCドライブやDドライブ内であれば、
例えばエクスプローラーの画面上で誤って消去した時には「ゴミ箱」のフォルダーに移動されています。

ゴミ箱へ移動

デスクトップからゴミ箱を開いて、ファイルが移行されていれば元の場所に戻します。

またMac OS Xのパソコンの場合は、SDカードやUSBメモリなどの
外部記憶装置に保管されたデータもゴミ箱に表示されます。

もしゴミ箱に入っていなかった場合には、Windowsなら「ファイル履歴」、
Mac OS Xなら「Time Machine」、あるいはバックアップソフトやクラウドサービスによる
自動更新バックアップを事前にセットアップしていれば、

「ビデオ」や「個別フォルダー」にあった分の予備のデータを引き出して
動画ファイルを復元できる見込みもあります。
ビデオカメラ動画の回復 | ファイルのサルベージ
Windows Liveムービーメーカーの動画ファイルを復元
Microsoft社より提供されている『Windows Live』のサービスの一つ
Windows Live Movie Marker」(ウィンドウズ・ライブ・ムービーメーカー )で
編集・加工していた動画や写真画像などのデータを誤って削除したりしてしまったら、
どのように対処すれば元の状態に復元ができる?という疑問について。

ムービーメーカー

まず、Windows Liveムービーメーカーのウィンドウを開いて編集をしている最中に
分割したカット画面などを間違えて削除した時は、まだウィンドウを閉じていなければ
他のソフトウェアと同じく、「元に戻す」(アンドゥ)で回復ができます。

キーボードで『Ctrlキー+Zキー』を入力するか、上部メニューにある左回りの矢印アイコンを
一回押していくたびに、一段階ずつ前の動作に戻していく事ができます。

元に戻す

(※パソコンに搭載されているメモリの容量によって復元できる回数に上限が出てきます。
 また、一度ムービーメーカーの画面を閉じると一時キャッシュメモリに記憶されていた
 履歴データが消去されて、アンドゥの回数がリセットされてしまうので注意してください。)

エクスプローラーの画面上などで間違えて「.wlmp」や「.wmv」の拡張子を削除した場合は、
内蔵ハードディスク(ローカルディスク)の中に保存されていたファイルであれば、
多くの場合すぐには消去されず、「ごみ箱」のフォルダーの中にまだ残っています。

デスクトップ画面のごみ箱アイコンを開いて、そちらにファイルが移動されていたら、それらを選択して
右クリック⇒「元に戻す」の操作をすれば、以前の「ビデオ」などのフォルダーの位置に戻すことができます。
ビデオカメラ動画の回復 | ファイルのサルベージ
レコーダーのハードディスクのデータを取り出しするには?
映像などを記録する装置「ハードディスクレコーダー」(hard disk recorder・HDR)が、
急に何かの原因で故障して動かなくなってしまうと、録画していた番組や撮影した動画などの
ビデオデータなどが多くの場合、閲覧できなくなってしまいます。

そこで、中身の内蔵ハードディスクをレコーダー装置の本体の内部から取り出しして
別の機器などで読み込んで再生したい時にはどうすればいい?という疑問について。

HDレコーダー

まず、故障したレコーダーの製品の他に、もしご自身でもう一台、
同じメーカー製品で別のレコーダーを所有されているか、知人が一台お持ちだった場合は、
そちらに一時的に移し替えたり、外部からUSBコードで接続をして読み込む方法があります。

(※注意として、ドライブに施された「フォーマット」の互換性やシステム設定の相性が合わないと、
 中身のフォルダーの読み込みができない事があるため、
 HDレコーダーの製品同士の違いによっては開けない可能性もありますのでご了承ください。)

その際、まずは故障したレコーダー本体の電源を切って、全てのケーブル(コード)や
メモリーカード、マウスなどの接続機器を一旦、取り外します。

ドライバーで螺子を外して、ケースのカバーを開けます。

基板と接続されているSATAケーブルと電源ケーブルをハードディスクから外します。

(接着のグリスで軽く固定されている事があるので、
コネクタの部分に油分が付着しないように、気を付けて丁寧に取り外してください。)
ビデオカメラ動画の回復 | レコーダー
MOV(QuickTime)の動画ファイルを削除後に修復
ビデオカメラやデジタルカメラ等で撮影したムービーの保存形式の「.mov」(エムオーブイ )は、
主にアップル社より開発された「QuickTime」(クイックタイム)で映像や音楽を再生するための
数ある映像コンテンツ用の拡張子の一つとして使用されています。

またWindows Media Playerなど他のアプリケーションでも互換性があって同じように視聴する事ができます。

近年では企業だけでなく一般家庭でもデジタルビデオカメラやデジカメ、またカメラ機能のある
モバイルコンピューターの端末が普及して、誰でも簡単に動画の撮影・作成・編集ができるようになりました。

しかしその分、うっかり間違えて自身で撮って作成していた.movなどの拡張子を、カメラの一括消去や
フォーマットの機能などでバックアップを取らないうちに削除してしまうトラブルもよく起こりえます。

そこで「.mov」(QuickTime)の拡張子で作られた動画データも、他の種類のファイルや
フォルダと同じように後から修復するにはどうすればいい?という疑問について、お答えいたします。


まず、パソコンの内蔵ハードディスクかSSDにすでに動画ファイルをビデオカメラや
デジタルカメラからすでに移し替えていて、CドライブやDドライブの中で削除してしまった場合なら、

OSに標準搭載されている自動バックアップ機能やオンラインストレージサービスを「オン」の
状態にしていれば多くの場合、すぐにバックアップ先のフォルダを読み取る事で元に戻せます。

・MicrosoftのWindowsなら[システムの復元]や[ファイル履歴]、
・AppleのMac OS Xなら[Time Machine]や[iCloud]など。

しかしSDカードやCF、xDピクチャーカードなどのメモリーカードにまだmovファイルが残ったまま
パソコンに移し替えず、誤って削除した場合、PCのローカルディスクの外部領域なので
これらの標準機能では外部ボリュームの拡張子までは記録されず元に戻す事ができません。

メモリーカード

(また内蔵HDDの内部でも、バックアップ機能をオフ状態にしていたら
同様にファイルが自動的に外付けメディアに保存されません。)


先に、メモリーカード等に新しく別の写真や動画を上書きしてしまうと、
まだ残っている可能性の高い前の拡張子の痕跡が消えてしまいやすいため、
ひとまずは回復の作業を始めるまでそれ以上、使わないようにして下さい。

最初に、SDカードなどの記録装置をデジタルカメ本体差し込んだまま専用のUSBケーブルを繋げて
パソコンに接続するか、またはUSBカードリーダー/ライターに挿入してPCにデバイス認識させます。
ビデオカメラ動画の回復 | 拡張子
Everioのビデオカメラから削除した動画データを復元
家庭用デジタルビデオカメラで撮ったムービーや写真を誤って削除してしまったら、
どうすれば復旧できる?という疑問について、実践工程の説明付きで解説いたします。

ビデオカメラ

今回は、日本ビクター製の「Everio」(エブリオ)で撮影して保存していた
写真画像や動画映像のファイルを消去した状態からデータ復元の作業を実践しました。

こちらで例として表示するビデオカメラはSDカード挿入型の「GZ-117-R」のEverioです。

差し込みしたメモリーカードは「SDHCメモリーカード:32GB」(TOSHIBA製)です。
ビデオカメラ動画の回復 |
ハードディスクビデオカメラのデータを復旧するには?
ハードディスクビデオカメラ(HDDビデオカメラ:hard disk video camera)とは
名称の通り、デジタル式にビデオムービー(動画)を撮影するビデオカメラに
ハードディスクドライブがデータ記録装置として組み込まれている電子機器です。

DVDディスクやSDメモリーカードといった記録メディアを搭載する他のビデオカメラより
大容量の映像データファイルを一度に保存して長時間使用したりできるのが利点です。

主なハードディスクビデオカメラのメーカー
  • ソニー(SONY)
  • キヤノン(Canon)
  • パナソニック(Panasonic)
  • 東芝(TOSHIBA)
  • グリーンハウス(GREEN HOUSE)
  • コンツアー(Contour)
  • ビクター(Victor)

しかし、もし録画していたビデオムービーのデータが何かの原因で消えてしまった場合、
どうすれば復旧して元に戻せる?という疑問について。


データ喪失の主な原因


・内蔵ハードディスクを間違えてフォーマット(初期化)してしまった。
・動画ファイルをうっかり削除してしまった。
・拡張子が編集中などの時に破損した。
・上書き保存してしまった。
・パソコンやインターネットの接続時にコンピューターウイルスに侵入された。
・ビデオカメラ本体ごと紛失してしまった。
・エラーが起きて読み込みできなくなった。
・ハードディスクドライブの回路が物理的に故障した。
・うっかり固い床や水の中に落としてHDDビデオカメラを壊してしまった。
・液晶モニター画面やレンズが割れて見れなくなった。

まず上記のトラブルのうち、まず前半の拡張子ファイルそのものが失われた時と、
後半のHDDビデオカメラ本体に異常が出た場合とで復元の対処法が変わってきます。
ビデオカメラ動画の回復 | カメラ
東芝HDDレコーダーRDシリーズのデータの復活はできる?
DVD/HDDレコーダーの製品で東芝の『RD』シリーズをお使いの際、
番組を録画していたら掃除中にコードが抜けたり停電でブレーカーが落ちて止まった、
といった衝撃や、誤った削除操作で録画したデータが消えたり故障した場合に、
後から復活させることはできる?という疑問について。

主なレコーダーの製品一覧

REGZA(レグザ):RD-Z300・RD-R200・RD-R100
VARDIA(ハイビジョンレコーダーヴァルディア):RD-X9・RD-S1004K・RD-S304K・RD-E1005K・RD-E305K

まず、レコーダーに搭載されたハードディスクドライブやDVDが故障していなければ、
まだ中身の保存したファイル自体は無事である可能性が高いです。

1テラバイト以上の大容量を用いて大量の録画を撮ることができるDVDレコーダーですが、
数年間使用しているとやはり内蔵のHDDが大分傷んできて老朽化し、
いつかは物理的に故障してしまいます。

そのため、HDD/DVDレコーダーを買ってからある程度の年月が過ぎて、
少しずつ機材にガタが出始めたら、念のために予備のハードディスクまたはDVD-RAMなどに
必要なファイルは全てバックアップをしていった方が良いです。

ですがバックアップを取っていなかった場合、それまでに録画したデータ
が全部壊れたハードディスクに残ったままであると、
HDDレコーダーからの読み込みがそのままでは出来なくなってしまいます。

また、いきなり操作を間違えてしまい、録画した番組リストを一括で削除してしまったり、
誤った初期化で消してしまうトラブルが出てしまうケースもありえます。

何かの操作か弾みで「ディスク保護」がかかっているかどうか、
クイックメニュー→ディスク管理→ディスク情報を開いて、確認されてみてください。

詳しくは製品の説明書を開くか、カスタマーセンターで聞いて、解除を実行します。

データが読み込みできなくなった場合は、「ネットdeナビ」でパソコンに直接接続して
ライブラリ機能に、消えた記録が残っているかどうか確認してみます。
ビデオカメラ動画の回復 | レコーダー
壊れた動画ファイルを修復するには?
パソコン上で動画のファイルを開いて視聴や編集をしようとした際、
『ファイルが壊れていて開けません。』『ファイル形式が無効です。』
といったエラーメッセージが表示されて再生や展開ができない場合について。

ビデオカメラのSDカード

まず、動画ファイルの拡張子はWMV・AAC・AC3・MMF・MP3・OGG・OMA・WMA・MOVといった種類が
数多くありますので、開こうとしているデータがアプリケーションソフトウェアで対応されているか、
再確認をしてみましょう。

拡張子にしっかりと対応されていたら、次に動画ファイルを格納してある
フォルダをマイコンピュータから開いて、プロパティ画面で異常のある動画の状態を確かめます。

サイズ(byte)や更新日時などのパラメータが正常に表示されていないと
動画ファイルのプログラムは破損している可能性が高いです。

もう一度どこかから同じものを入手できる場合はダウンロードし直して、
壊れた動画ファイルの方は削除しましょう。

しかしご自身で撮影したり編集をして作成した映像などの場合は、
バックアップが無ければ何とか修復を施す必要が出てきます。
ビデオカメラ動画の回復 | 動画
ハードディスクレコーダーが故障して動かなくなったら?
ハードディスクレコーダー【Harddisk Recorder,略称:HDR】とは
テレビ番組を映像データとして記録する装置で、ビデオデッキと違う所は
PCでも使われている、ハードディスクドライブに保存する仕組みの点です。

ビデオカセットテープやDVD/ブルーレイレコーダーに使うディスク一枚より
HDD一台で100GBから200GBと、ずっと多くの大容量で番組録画が出来るのが
デジタルマルチトラック式のビデオレコーダーの利点です。

主なHDRのメーカー製品


・日立マクセル(maxell):ハードディスクIVDR用レコーダーVDR-R1000
・ソニー(SONY):デジタルハイビジョンチューナー内蔵HDDコーダーBRX-A320
・バッファロー(BUFFALO): 地上,BS,CSデジタルチューナー搭載 LT-H91DTV
・アイオーデータ(I-O DATA):デジタル放送対応Rec-POT EX1TB HVR-HD1000EX
・パナソニック(Panasonic):HDD搭載ハイビジョンDVDレコーダーDMRXE100K
・COWON(コウォンジャパン):A3-80G-SL
・東芝(TOSHIBA):地上デジタルチューナー内蔵 HDD320GB D-H320

このようにメーカーによって様々な種類があるのですが、内蔵されている
HDDもまた製作元が違ったりもします。

ハードディスクレコーダーはノートパソコンやiPodと違い通常、持ち運びの機会は
少ないのでそれほど衝撃や外部環境の影響で異常を起こす事は少ないです。

しかし長時間の連続使用で部品に負荷がかかったり、周囲に熱しやすい物や水気を出す物が
置いてあったりすると装置の故障の原因になる可能性もあります。
ビデオカメラ動画の回復 | レコーダー
MTR(マルチトラックレコーダー)の録音データが破損したら?
MTR【Multi Track Recorder 読み:マルチトラックレコーダー/マルチトラッカー】は
近年でアナログ式の録音装置であるアナログテープレコーダーのほかに、
ハードディスクドライブが内蔵された8/16/32トラックでデジタル式の多重録音機も普及しています。

またS-VHSビデオテープだけでなく、CDやMOディスクに音声/音響の
レコーディングデータを書き込む事も可能にもなり利便性も日々向上しています。

主なMTR販売メーカー
  • BOSS
  • FOSTEX
  • KORG
  • Zoom
  • オーディオテクニカ
  • ティアック
  • ローランド


しかしながら、内蔵ハードディスクドライブがある日壊れて反応しなくなってしまい
MTRの中に録音してあった音楽が再生できなくなってしまった、という
ハードウェアのトラブル事例も、時より発生している部分もあります。

以前ではCDカッティング用マスターテープが無くなってしまったり
録音した音質が悪くなってきた、という事態も多かったのですが、
やはり近年ではこういったデジタル化特有の破損が出てしまう一面もありますよね。

内蔵HDDやCD・MOに保存していたレコーディングデータを間違えて削除してしまった、
という場合でしたら、パソコン環境をお持ちであれば、MTR(エムティーアール)から
記憶媒体を取り外してUSBコネクタやドライブ装置から接続します。

そしてデータ復元ソフトウェアをPCにインストールして使えるようにして、
消去ファイルの痕跡から修復して元に戻す方法を取る事も出来ます。

ただ、そのソフトに対応可能な形式ではない場合もあるかもしれませんので、
事前によく使用環境や対応機器の説明文を確認されてみてください。

ですがアナログテープや、物理的に壊れたハードディスクはパソコンのソフトウェアでは
読み込めないため、専門のデータ復旧サービス業者に注文を取って、
機器の奥にある区画のデータを吸い出してもらうのがほぼ唯一の方法になります。

(※故障した機材を上下に振ったり分解するのは非常に危険なので止めましょう。)
ビデオカメラ動画の回復 | レコーダー
HDDメディアプレーヤーで動画・映像が見れない時の直し方は?
外付けHDDメディアプレーヤー【HDD MEDIA PLAYER】とは、
撮影した映像・画像データやソフトウェアで作成・編集した動画ファイルを
再生して鑑賞するためのレコーダー機器です。(価格は5000円~50000円程)

パソコンにはUSBから接続して、別売のハードディスクドライブを購入した後に
外付けHDDメディアプレーヤーに取り付けてパソコンのフォルダから動画データの交換や移し変えを行います。

外付けHDDは3.5インチ型を使う事が多く、交換によって
いくつものハードディスクに保存して画像を取り貯めておく事も出来ます。

しかし、HDDが老朽化やヘッドクラッシュ、接続不良などその他破損が原因で
読み込めなくなると動画の再生が出来なくなってしまいます。

外付けHDDメディアプレーヤーに動画や音楽・写真ファイルを移し変えた後
パソコンに入っている方のデータはそのまま消される前に、
他の捕縄記憶装置にも予備のバックアップを取って置かれたほうが良いでしょう。
ビデオカメラ動画の回復 | 音楽プレーヤー
画像安定装置でビデオ映像を綺麗に補正できる?
以前、ビデオテープに録画した映像・画像ムービーをDVDディスクに移し変えをしたいという際、
時には書き換え後の映像がビデオの時よりも目に見えて劣化して画質が悪くなる可能性もあります。

特に、ビデオテープは購入して開封、録画してから数年間そのままにしておくと
一度しか録画していなくても画質が悪くなっている場合も多いです。

また保存状態が悪いとカビが生えてしまう場合もありますので
十分慎重にしてテープの保管をする事も大切です。

そこで録画移し変えの際に、【画像安定装置】という専用設備を使う事で
綺麗な画質に整えて行う方法があります。

画像安定装置はビデオスタビライザービデオ編集機とも呼ばれる装置で、
一般的におおよそ1万円前後の価格です。

画像の調整機能で画面の明るさや色合い、色の濃さ、コントラストを調整し、
ノイズフィルターで粗いノイズを除去できます。

かつて撮っていたビデオテープからDVDディスクにデジタルデータとして
再作成する際に、その画質の補正に大変心強い装置です。
ビデオカメラ動画の回復 | ビデオ編集
デジタルビデオカメラの録画映像データも復元できる?
近年のデジタルビデオカメラ 【digital video camera】は、今まで従来として使われてきました
アナログ式のビデオテープだけでなく、デジタル専用の磁気テープカセット:MiniDVや
小型インチのHDD(ハードディスク)・DVD・SDカードといった記憶媒体に
録画映像をハイビジョンで記録できる製品も数多く登場しています。

デジタルビデオカメラ

主なデジタルビデオカメラのメーカー
  • SONY-ソニー
  • panasonic-パナソニック
  • EXEMODE
  • 日本ビクター
  • キャノン
  • 三洋電機


[Digital Video Cameraで撮ったムービーの復帰]

また一方でデジタルビデオカメラで撮影した保存映像をうっかり上書きやフォーマット・ファイルの
破損などで失ってしまっても、パソコンからのデバイス接続により、個人での読み出しや
復元作業によるファイルの復活をを試みる事ができるようにもなり、
今はリカバリーの面でもデジタル化が進んでおりまして大変便利になっています。
ビデオカメラ動画の回復 | ビデオ編集
ICレコーダーの音楽データは復元できる?
音楽や音響データを録音する専用のフラッシュメモリ・マイクロフォンが搭載されたオーディオ機器
ICレコーダー」(digital voice recorder-デジタルボイスレコーダー)からデータが消えた時に
復元することはできる?というご質問について。

まず、パソコンに接続不可能なレコーダーなどの電子機器に保存していたデータを失った場合、
HDDなど取り出し可能なデータ記憶装置が使われていましたら、
そちらを取り外してパソコンに外付けHDDケースなどの経由でつなげてみます。

多くの場合、ファイルシステムが異なるためそのままではデータが読み込みできないのですが、
「復旧天使」など、特定のファイルシステムでも認識できるソフトウェアはあります。

しかし、ハードディスクドライブに何度も上書きを行っていた場合は
以前の拡張子の痕跡データが消えていくため、復旧率は下がってしまう場合もあります。

レコーダーなどの機器にも対応されている専門のデータ復旧サービスの方でしたら、
もちろん高い復旧率での修復を行ってもらうことができます。
ビデオカメラ動画の回復 | レコーダー
ビデオカメラの液晶画面で映像ファイルを消去しても復旧できる?
エブリオなどのビデオカメラの液晶画面で動画を見ている際に停止しようとして、
誤って停止ボタンの下の削除ボタンに指が触れて、「動画ファイルを削除しますか?」 「Yはい」
を押して消去してしまった場合後から映像ファイルを復旧することはできる?というご質問について。

まず、過去にパソコンのハードディスクに事前いバックアップしていたデータが
残っていたら、フォルダーに保管されている映像ファイルを探されてみてください。

一度誤って削除しただけであれば、まだ多くのファイルは
表示の上で消去されているだけでまだ十分に復元できる見込みがあります。

お使いのビデオカメラの製品でフォーマットされているファイルシステムが
パソコンとも互換性があり、SDカードをUSBカードリーダー/ライターで開いたり、
USBケーブルをパソコンのUSBコネクタに接続してリムーバブルメディアとして
読み込みができれば、個人でPCからでも復旧できる見込みがあります。

誤操作で消去してしまった時、他のデータに影響はない?という疑問につきましては、
動画ファイルのうちの一個~数個を誤操作で削除したのみでしたら、
他のムービーや写真のファイルは基本的にはそのまま残っています。

ビデオカメラのシステムの方も基本的には大丈夫です。

影響のない残ったデータ動画の一覧を見直して再生してみるか、SDメモリーカードを取り出して
パソコンで読み込んでバックアップしてみると、 他のファイルが大丈夫かどうかすぐに確認できます。
ビデオカメラ動画の回復 | ハードウェア
レコーダー対応のデータ復旧サービス業者一覧リスト
映像や音楽コンテンツを記録・再生する電子機器「レコーダー」(Recorder)で取り扱う
HDDやDVD、BDなどの記憶メディアの取扱いに対応された、データ復旧サービス業者の一覧リストです。

ハードディスクレコーダー、ブルーレイレコーダー、DVDレコーダーの各種データ記憶メディアに
保存してあった以前に録画した番組や、撮影したムービー、作成・編集した動画などのデータが
消えてしまったり、HDDやDVD、BDのディスクが物理障害で破損して読み取れなくなった場合に、
記録していたデータを復元したい、という際に、ご参照ください。
ビデオカメラ動画の回復 | トラブル
HDDレコーダーから削除したデータを復元するには?
デジタルオーディオでのビデオムービーの保存や音声の録音といった用途で使う装置
ハードディスクレコーダー』 [Harddisk recorder・HDR]を日々使用している際に、
録画して保存していたムービーのファイルを誤って「削除」や「初期化」の動作で
消去してしまった場合は、どうすればHDRのデータを復旧できる?という疑問について。

ハードディスクレコーダー

まず、そのHDレコーダーの製品で「データの自動的なバックアップ」の機能などが存在していて、
その設定がオンになっているかどうか確かめてみてください。

もしバックアップファイルが定期的に作成されていて、どこかの領域に保存されていれば、
そちらから引き出して再生できます。

やはりバックアップデータがなかった場合は、ひとまずそれ以上新しいファイルが
ハードディスクに上書きされないように、録画などは一旦控えてください。

ハードディスクは見たところ壊れてはいないようで、
これまでに録画して撮り貯めていたのデータが消えたため復元したい、という場合、

レコーダー内蔵のHDDさえ故障していなければ、元に戻せる確率は高いです。

まだ閲覧をしたい録画データを、リモコンからのメニュー操作などで間違えて
一括消去してしまったら、HD/DVD/BDレコーダーにはパソコンのように
自動バックアップ機能が豊富に搭載されているというわけではありません。

また、BD・HDDレコーダーに録画したものを誤操作で消してしまったあとでは、
電源を切ってケーブルを抜いても、削除操作を行った後ではそのままでは元に戻りません。

そのためお取り扱いの解説書を見ても特に復活操作の項目が見当たらなかったら、
レコーダー本体か、またはハードディスクをデータ復旧サポートセンターに
持っていって、状態を診てもらわれるのが一番無難です。

ムービーのデータ消去後に別のデータを後から録画してしまうと、前にあったデータの痕跡が
高確率で上書きにより消えてしまいますので、できるだけすぐに直してもらうことをお薦めします。

個人で行ってみる場合には、こちらの実例では、ネットワークカメラ用のハードディスクレコーダーに
搭載されている3.5インチサイズでS-ATA方式のハードディスクを本体装置から取り出して、
Windows8.1のパソコンに接続して、消えたファイルを復元した時の手順を解説していきます。


内蔵HDDの取り外し


まずはハードディスクレコーダーの電源をシャットダウンして、全てのコードを取り外します。

次に、ケースの全面を一通り見て、どこのネジやカバーを取り外せば
内蔵のHDDを取り出しできるかを目視で確かめます。

製品に同梱されている取扱説明書などに、
ハードディスクの交換の仕方がどこかに書かれていないかどうか確かめてみてください。

ケースのカバーを開けるのに必要な分だけの固定ネジを、ドライバーで回して外します。

レコーダーの製品によっては、シールで隠れていて気づきにくい箇所に螺子がある事もあります。

カバーを開けたら、中身のマザーボードに付いている電源ケーブルとS-ATAケーブルを
ハードディスクから取り外します。
ビデオカメラ動画の回復 | ハードウェア
WMV(Windows Media Video)の動画ファイルを修復するには?
マイクロソフトより開発・販売されて現在、動画圧縮コーデック (装置)・
ファイル圧縮形式の一つとしてWMA-[Windows Media Audio]オーディオコーデックと
共に広く普及しているWMV -Windows Media Video[ウィンドウズ・メディアビデオ]。

ビジネスのプレゼンテーションに使用したり、インターネットに投稿するためにビデオカメラや
ネットワークカメラで作成したりソフトウェアで編集していたこのWMVファイルを、うっかり消去してしまったり
フォーマットして消してしまった時、どうすれば復元できる?という疑問について。

ネットワークカメラのSDカード

まず、WindowsのエクスプローラーやMac OS Xのマイファイルのウィンドウ上で
ムービーのファイルを誤って削除してしまった場合は、
「ゴミ箱」のフォルダーを開いてみると、そちらに移動している見込みがあります。

※Mac OS Xの場合は、パソコン本体の内蔵ストレージのみならず、
ビデオカメラのSDカードや外付けハードディスクなど、外部のデータ記憶メディアに
保存していたWMAのファイルを消去した場合も、ゴミ箱に移行するのでそこから復旧できます。

また、保存していた場所が内蔵ハードディスクの内部であれば、
Windows 8/8.1の『ファイル履歴』やMacのTime Machineなどの機能を
事前にセッティングしていれば、バックアップされたデータから復旧させる事ができます。
ビデオカメラ動画の回復 | 動画
動画・映像編集データが破損した際に復元するには?
YouTubeやヤフー、ニコニコ動画からダウンロード、または投稿予定に
編集・作成した動画ファイルが開けない、見られないというトラブルに陥った時、
データ復元サービスや修復用ソフトウェアが役立ちます。

デジタルビデオカメラ

動画ファイルが壊れた場合


下記にて主な動画ファイルの破損事例を記述しました。

・PCやビデオカメラが衝撃や水などのクラッシュで壊れてしまった。
・PCやビデオカメラの電源が入っている際にカードを引き抜いてしまった。
・動画制作作業中にパソコンやカメラをシャットダウンしてしまった場合。
・データ保存中にエラーが起こりファイル、フォルダが壊れてしまった。
・容量や不読み込み速度のスペック不足で保存や投稿に失敗してしまった。
・不意にカメラやコンピュータがシャットダウンした場合。
・別のパソコンやデジカメで動画データを再フォーマットしてしまった。
ビデオカメラ動画の回復 | データファイルの復旧・復元
ムービー・フラッシュ映像動画ファイルのトラブル対策とは?
現在ネットではYouTube(ユーチューブ)、ニコニコ動画、Yahoo!動画(ヤフー)をはじめとした、
ビデオ映像をインターネット上で閲覧できる「動画ムービー」がのサービスが大流行しています。

動画サイトとは、デジタルカメラや、デジタルビデオカメラ、ネットワークカメラなどの撮影機器で
撮影した映像をネット上にアップロードしたり、公式配信や商品の紹介、宣伝プロモーション動画、
映像フラッシュ編集、変換フリーソフト、市販ソフトウェアで加工した映像を投稿するコミュニティです。

Video Camera

また面白動画を発掘してピックアップしたナビゲーター、サンプル紹介サイトに
動画専門検索エンジンやブックマーク、更には小型の電子機器からも観られるようになったりと
YouTubeの登場以来、ここ2~3年で爆発的広がりを見せています。


ムービーのデータを管理


しかしながらこれだけ広範囲かつ一般的になると、まだブームが広まって
月日が浅い分その分映像mp3などのMPEG形式のデータ・拡張子ファイルの編集や
投稿の際でのトラブル対応も同様に進歩していかなければなりません。

PC内に保管しているファイルは物理的な故障や溜まった削除・フォーマットなどで
消えてしまう事も多いため、バックアップやセキュリティの管理も必要になります。
ビデオカメラ動画の回復 | 動画
ビデオカメラの録画映像テープが破損したら復元できる?
ビデオカメラ(video-camera-びでおかめら)とは、
ビデオ映像動画を撮影して録画するためのカメラ機器です。

主にVHS、DVD、8ミリテープ等の記憶媒体を用いて録画データを保存します。

比較・ランキングサイトや購入サイトに行くと新品、中古、レンタル、
デジタル、ハイビジョン、バッテリー、ケ-ス、等さまざまなビデオカメラと
その周辺機器が閲覧できますね。 さらにSONY(ソニー)、ビクター、
パナソニック、キャノン、日立など大変多くのメーカーが存在します。

ビデオカメラには用途、大型または小型サイズ等によって様々な分類ができます。

ビデオカメラの分類


・放送用ビデオカメラ・業務用ビデオカメラ・民生用ビデオカメラ・固定型ビデオカメラ
・スタジオカメラ・肩乗せカメラ・手持ちカメラ・据え置きカメラ 等

撮影に欠かせないビデオカメラですが、使い方、動かし方という理由からおそらく
保存データが破損してしまう可能性はパソコンと同じくらい高い事でしょう。
ビデオカメラ動画の回復 | 動画
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-category-33.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.