データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【コンピューター修理】のページです。パソコンの故障やエラーによる保管ファイルの喪失。そんな時にこそデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復や修理の手順など破損トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


こちらは『コンピューター修理』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧ページです。
コンピューター修理 のカテゴリ






ページ案内
下記のリストにてそれぞれのエントリーページの見出し文を新着順に掲載しています。

各文章の下部分にある、「エントリータイトル」と「続きを読む」と書かれたリンクから
コンテンツの本文と追記の一文が表示されたエントリーページへ入れます。

また、過去に作成したページも定期的に新しい内容に更新しています。

 


故障で操作できないパソコンをリモート接続でデータ救出
お使いのパソコン本体の液晶モニターに傷がついたり一部が割れて画面が映らなくったり
キーボードが壊れてまともな操作ができなくなった場合、
内蔵の「ハードディスクかSSD」(ローカルディスクC:などのボリューム)に
保存されているデータもそのままでは展開・閲覧が正常にできなくなってしまいます。

ノートパソコン本体

デスクトップパソコンならまだ液晶ディスプレイやキーボードが故障しても
そのまま修理したり新品に取り換えればいいのですが、
ノートブック型パソコンやディスプレイ一体型のPCの場合は一体化しているため、
モニターやキーボードのパーツが破損すると正常に動かせなくなってしまいます。

ですが、まだノートパソコンの電源自体が付いて、オペレーティングシステムが正常に立ち上げできれば、
もし事前に別にお持ちのパソコン本体とネットワーク回線を通して「リモート接続」による共有を
設定していれば、壊れたパソコンに閉じ込められた個人のファイルなどを救出できる見込みもあります。

※モニターやキーボードが壊れたままノートパソコンを動かし続けると
 場合によっては故障の状態がさらにひどくなるおそれがあります。

 もっと安全にデータ救出を行うには、2.5インチ型ハードディスクを取り出して別の予備のパソコンに
増設したり外付けHDDケースに射れてUSB接続で読み込んだり、パソコン修理サービスで破損した
モニターやキーボードを直してもらうか、 専門のデータ復旧サービスに故障したノートパソコンを出して
内部のファイルを取り出してもらう方をおすすめします。
コンピューター修理 | ネットワーク設定
電源が止まってデータを喪失するのを防ぐ対策
デスクトップ型パソコンやRAID、NAS、サーバー、レコーダーといった
据置型のハードウェア製品の多くは電源コンセントから電力を供給して稼働する分、
急に電力が遮断されるトラブルに弱い難点もあります。

電力供給遮断のトラブル例
  • 電源ケーブルをうっかり引っ張ってコネクタから抜けてしまった。
  • 間違えて電源スイッチをオフにしてしまった。
  • 専用機器を稼働させたまま動かしたら止まってしまった。
  • 停電で電力の供給が止まった。
  • 落雷で電化製品がショートしてしまった。


内蔵バッテリーが搭載されていて電源コンセント・アダプターがなくても起動を継続できる
ノートパソコンなどの機器は電源コードを差して充電中に使っている時に
急に電源が途絶えてもまだ電池に残った電気分だけしばらく継続して使い続ける事もできます。

ですがバッテリーが搭載されていない、予備電源が用意されていない機材は
電力が瞬間的に途絶えただけでもそのまま稼働が止まってしまいます。

電源ユニット

特にデスクトップPCやサーバ、外付けHDD、ネットワークドライブといった
「ハードディスクドライブ」を使用している機器が急に止まると危険です。

HDDは機材の起動中にスピンドル・モーターが常時回転して
プラッタ(円盤)にデータが読み書きされています。

メモリーカードの場合はある程度丈夫で壊れにくいのですが、ハードディスクは
コンピューターの中でも最もデリケートな精密機器であるため、正しい手順でのシャットダウン以外で
電源が突然止まるとハードディスクが故障してしまう恐れがあります。

HDDを二重化してデータを保存するRAIDシステムも落雷や停電によって二台同時に
故障する可能性もあり、上書き保存前のデータ喪失には弱い、という短所もあります。

また、機材そのものが壊れずに済んでも、作成中だったファイルや
起動中だったアプリケーションが破損したり、
上書き保存前に消えてしまい読み出せなくなるトラブルもよく起こります。
コンピューター修理 |
HDDを取り外して入れ替えする手順
パーソナル・コンピューター(personal computer)をはじめとする多くの電子機器には
代表的なデータ記録装置である[ハードディスクドライブ]が組み込まれています。

HDDはもともと消耗品の一種で物理障害により壊れやすい面があり、
内部回路のスイング・アームやプラッタが密着して傷が付くヘッドクラッシュ
物理的にクラスターが壊れる破損クラスターといった故障の影響で
ある日、急に異音が鳴ると同時にデータが読み込めなくなることがあります。

そんな時にはパソコンやサーバ、RAID、外付けHDDケース、レコーダーなどの
電子機器の中に搭載されているハードディスクを一旦ケースから取り外して
新品に入れ替えたり、壊れたHDのデータを復旧してもらう事で修理を行う必要があります。

またそれ以外に、もっと最大容量の高い製品に交換したくなった時や、
もう一基のドライブを増設したくなった場合、または新しいPC本体を買って
そちらに入れ替えしたい場合などでも、換装作業を行う事になります。
コンピューター修理 |
パソコン本体を動かして急にOSが終了した時の復旧方法は?
デスクトップパソコンまたはノートパソコンの電源を入れて普通に使っている最中、
少し本体の位置をずらして動かしたり、持ち上げて置き場を変えた時に、
急に電源が切れてOSが閉じてしまった、というトラブルが起きた場合の復旧方法について。

OSが一瞬で終了してしまった原因はやはり、本体を持ち上げたり動かしたときの
物理的なショックでほぼ間違いないです。

内部の回路に衝撃を与えてしまうと、
デリケートなデスクトップ機や衝撃吸収性能が低いケースのノートブックPCでは
受けたダメージに耐え切れず、OSの起動が終了してしまう事もあります。

また少し位置をずらした時に、電源のコードや周辺機器のUSBケーブルやLANケーブル
ぐいっと引っ張られて本体のコネクタから抜けたり、他のコードと絡み合ったりすると
そのショックでプシューッという音と共にデスクトップ画面が消える事があります。

その逆に、PC本体は動かさなくても、起動中にケーブルコードを動かしたり
絡まった部分をほどいて引っ張ったりすると、その影響で
電源の供給が一瞬途絶えて、本体の電源が落ちてしまう事も多いです。


再起動後の対処


デスクトップ本体またはノートパソコン本体の電源が一度落ちた後は、
電源ケーブルのコンセントが本体のコネクタや電源コードがら抜けていなければ、
本体の部品の回路がショックで壊れたり外れていなければすぐ自動的に再起動して、
ふたたびOS画面が前回と同じく開きます。

パソコンが正常に起動できなくなった場合は、一度を電源を止めて、ケースを開いてメモリが
ちゃんと差し込んであるか、あるいはハードディスクや電源ユニット、マザーボードが
焦げ臭くなっていないか、どこかの配線が外れていないか、などを見て確認してください。

もしどれかのパーツが破損していたら部品交換の修理による対処がどうしても必要になります。

起動し直してからデスクトップ画面が正常にを開けたら、すぐに画面を見渡して、
どこかのソフトウェアやシステムが異常を起こしていないかどうか確認して下さい。

特に変わらず普通に開ければ問題ないのですが、もしどこかのツールが使えなくなったり
アプリケーションや周辺機器の動作に明らかな異常が出ていたら、一旦「システムの復元」や
「リカバリー」「再インストール」等の手段でOSを修復しなければならなくなる可能性もあります。
コンピューター修理 | 不具合
断片化されたファイルの修復を実行するには?
パソコンを購入してからしばらくソフトウェアをインストールしたりファイルを作成・保存するなどして
色々と使い続けていくうちに、ファイルやフォルダを保存するハードディスクドライブが
『断片化』を起こして、読み込みが遅くなっていく事が多くあります。

断片化とは、HDDの中にあるデータを書き込むセクタという記憶領域に
書き込みする際に、ファイルがバラバラの位置に記憶されている状態の事です。

まとまった位置に配置されていないため、ひとつのデーターを読み込む際に
コンピューターのシステムが複数のセクタ位置から読み取りをする事になり、
開くまでに時間がかかったり動作が遅くなっていく原因になります。

この断片化されたファイルの修復をまとめて実行するには、
まず最初に、Windowsの場合は、すべてのプログラムからアクセサリを選び、
システムツール⇒ディスククリーンアップを開きます。

このディスククリーンアップの機能は、ドライブ上にある余分なデータを
圧縮したり消去するためのツールで、まずはこれを使って簡単な最適化をして、
次に、システムツールの項目にあるディスクデフラグを起動します。

このツールはハードディスク上で断片化したファイル群を整理して
最適化するための機能で、これを使ってスキャン⇒実行します。

これで一旦はセクタの整頓が完了するのですが、これだけではまだ
足りない部分も多いため、できれば以下のような作業も実行してみましょう。
コンピューター修理 | マシンの最適化
デスクトップの表示が消えた時に復活させるには?
デスクトップ(desktop)とは『机の上』を意味し、コンピューター上ではマイクロソフトの
Windowsやアップル社のMac OSをパソコンやサーバーで開いた時にあらゆる
アプリケーションソフトウェアやシステムを操作して使っていく時の入口(ENTER)となる画面です。

基本的に左上詰めでソフトのアイコンやフォルダが列になって表示され、
また下のタスクバーや、スタートメニューにも主なアイコンが出ています。

デスクトップに表示されているアイコンはいつでもドラッグ&ドロップで
好きな位置に移動したり、右クリックで削除することが出来ます。

プログラムの追加と削除』でソフトウェアをいアンインストールすると、
ショートカットのアイコンも自動的に消去されます。

しかし間違えてまだ使うソフトのアイコンをデスクトップから消してしまった時は、
まだごみ箱ツールに入っているのでドラッグして元の場所にすぐ戻しましょう。

またはマイコンピュータのProgram Filesからそのツールのフォルダに移動し、同じ形のマークを
見つけて右クリックで送る⇒デスクトップ(ショートカットの作成)と指示すれば再び表示されます。

なお、『WINDOWS』のフォルダはCドライブ:Documents and Settings
ユーザー名のフォルダに格納されています。
コンピューター修理 | デスクトップ改造
セーフモードで起動できないパソコンを復旧するには?
起動とはスタートアップ[startup]の意味で、パソコンや周辺機器など
コンピューターの電源スイッチボタンを押して立ち上げる事を指します。

PCの場合はOS(オペレーティング・システム)が起動ディスクから
読み込まれて、デスクトップ画面やソフトウェアが開きます。

しかし、このOSのプログラム上に問題が発生すると、パソコンが正常に起動できない場合があります。

Windowsパソコンのロゴマークが出なかったりと、正常に起動しない時は
緊急時に使用するセーフモードをPC起動時にF8キーを数回押して立ち上げる方法があります。

セーフモードは最低限の機能でコンピューターを起動させて、その間にWindowsの修復作業や
プログラムの削除、データのバックアップ等の措置を行うための機能なのですが、
PCの不具合の状態によってはセーフモードを使っても起動ができない時もあります。
コンピューター修理 | 起動・ログオン
古いファイルを削除する操作手順
パソコンのハードディスクドライブを軽くしたりフォルダを整理するために、
以前のいらなくなった古いファイルを削除する基本的な操作方法について。

まずはスタートメニューからマイコンピュータを開いて、ローカルディスクまたはマイドキュメント
などの場所から、ファイルを保存してある使用フォルダの位置まで移動して開ます。

消去したいファイルやフォルダにマウスでカーソルを合わせて右クリックを押して「削除」を押します。

一気に複数を選択する場合はShiftキーやCtrlキーを押しながら、マウスをスライドさせて選んでいきます。

これでまずはゴミ箱ツールの方に移動されます。
(特別に巨大なファイルなど、移行の一部対象外のものもあります。
また、リムーバブル・ディスクの中にあったファイルは直接消去されます。)

ゴミ箱に移動させずに直接、容量ごとデリートしたい時は
Shift+Deleteキーを押してファイルを選択して、削除します。

これでごみ箱には移行されずに、直接の消去が出来ます。
コンピューター修理 | 削除したファイルの復活と完全消去
HDD Regeneratorでハードディスク故障を修理
パソコンや外付け機器に使われる大容量記憶装置:ハードディスクドライブは一度故障が起きると
多くの場合では修復が利かず、特に物理的な破損が出ていると修理で直る見込みもかなり低いです。

しかしセクタ不良、磁性エラーなどの一部の障害は、
HDD Regenerator】(ハードディスクドライブ・リジェネレーター)
という復元ソフトウェアを使っていくと、おおよそ60%程の割合で
ソフトウェアのプログラムによる修復を施す事が出来ます。

※ハードディスクの故障を直す、といってもシェアウェアを使用するため
 重度のヘッドクラッシュといった物理障害は直せないので注意してください。

ですが、内部の不良セクタといった比較的軽度の障害でHDDに異常が出て
読み込めないときは、HDD Regeneratorでの故障修理を試みる事ができます。
コンピューター修理 | パソコン修理
一時的に止まったパソコンの動作を再生するには?
パソコンにキーボードやマウス等で打ち込んだ操作の処理能力がシステムや性能上 追いつかずに、
一定時間急に動作が効かなくなるエラー障害をフリーズ、またはハングアップと呼びます。

パソコンを使った事のあるほとんどの方はおそらく何度も、急にPC作業が
止まるトラブルの体験をされていると思います。

最初のうちはフリーズが発生=故障、とつい勘違いしてしまい、電源ごと一度消してしまい
作業中の上書き前データが消えてしまった、運が悪いとファイルやフォルダが壊れてしまった、
という手痛い損失を受けてしまう可能性もありますので、ご注意下さい。

フリーズは一時的に操作が効かなくなるだけで、決してパソコンそのものが故障したわけではありません。

少し待ってみると1分~5分以内に、送った命令の処理作業が完了して
すぐにシステムがハングアップから回復する事も多いですので
ひとまずは無理に動かさずにしばらく待機してみましょう。

開いているアプリケーションソフトウェアの一つが止まっただけでしたら、
他の開いているソフトウェアプログラムを一旦全て閉じてみると
CPUやメモリの負担が大きく減って、すぐ元に戻る事もあります。

しかし厄介なのは『エラーが発生したため~を終了します』と表示された場合で、これが出てしまうと
大抵は強制的にウィンドウが閉じてしまい上書き前の更新データも保存されたまま消えてしまいます。

自動バックアップ&復元機能を持つソフト以外では再生が出来ないのが難点です。

また、パソコン全体が操作不能になってしまった場合もやっかいです。

やはり数分待ってみて、運が良ければPC動作が戻ってくるのですが、10分以上待ってみても
フリーズが回復されない場合は何時間そのままにしてもずっと止まったままな場合もあります。
コンピューター修理 | マシンの最適化
パソコンを改造するとメーカーの修理保証を失う?
パソコンをはじめコンピューター製品・電子機器の多くには、購入日から1年、3年、5年くらいの
期間の間でしたら故障や不具合が発生しても、メーカー先のサポートセンターにて
ハードウェアの状態診断や検査、修理交換などをしてもらう事ができます。

不具合を起こした製品のお預かり期間が2週間~1ヶ月ほどかかるのですが、
特に急いでいなければメーカーに出しておまかせするのが最適です。

しかし、過去に一度でもパソコンケースを取り外してマザーボードの交換やメモリ・PCカードといった
内部パーツの増設を行い、初期の部品構築の状態を変えてしまったらどうなる?という疑問について。

ソフトウェア的にはほぼ大丈夫なのですがハードウェア的にパーツの改造や換装をサポート期限内に
行うと、修理の保証が受け付けられず、有償での修復作業しか請け負ってもらえなくなる場合もあります。

普通のデスクトップPCだけでなく、自作パソコンやBTOパソコンを
改造した場合でも、多くの場合で保証サポート期間が無効になって消えてしまいます。

NGの可能性がある処理
  • 自己修理
  • 改造
  • 部品交換
  • 中身の掃除
  • ケース取り外し

どこまでがセーフで、どこからが保証対象外になるかは各製造・販売メーカー先の
カスタマーサポートセンターで指定されている案内によって若干異なります。

しかし自己改造をはじめ、上記のようにパソコンのケースを
一回ネジを外して空けるだけでも保証が使えなくなる場合もあります。

メモリやCPU・マザーボードなどのパーツ交換は基本的にできないため、修理保証期間を
残したい場合は自分でPC部品の換装や増設による改造・カスタマイズは行わない方が良いでしょう。

購入の際に最初からスペックの高いパーツで構築されたパソコン本体を選択して買うのもポイントです。
コンピューター修理 | 自作・改造
トラブル発生時の画面を画像ファイルに保存するには?
パソコンの操作中にアプリケーションやOSシステムのエラーが発生した時、
何らかの画面の乱れや警告メッセージのバルーンが表示される事が多いです。

そんな時にその状態の画面を画像ファイルとして保存しておけば、後にソフトウェアツールの製作元や
Windowsのセキュリティセンターに障害の状況を報告して解決策を相談する際に、役立ちます。

アクシデントが発生した際、まずその瞬間は何も操作せずにPrt Sor SysRqキーを押します。

次に、スタートメニュー⇒すべてのプログラム⇒アクセサリ⇒ペイントのツールを開きます。

ツールが開いたら、Ctrlキーを押しながらVキーを押します。

すると、Prt Sor SysRqキーを押した時にモニタで表示されていた画面が
そっくりそのまま表示されますので、これを画像ファイルとして、名前を付けて保存します。

画像データを保存する拡張子は「bmp」・「png」・「jpeg」あたりが良いでしょう。
コンピューター修理 | ツール
BIOSの起動プロセスにエラーが発生した時はすぐに修理!
パソコンを起動してデスクトップ/スタート画面を立ち上げて作業をするまでのプロセスとして、

まずは電源ボタンを押す

BIOS(バイオス)が起動する

システムブート(HDD)の読み込み

カーネル(OS)の起動

ユーザーアカウントの画面でパスワードを入力する。

デスクトップ画面またはスタート画面が開く。

個別システム・アプリケーションを起動させる、という工程になります。

しかしこの一番最初のBIOSの起動が失敗してしまうと、
PCのキーボードやマウスでの操作が全くできなくなり、非常に危険な状態です。

カーネル(Windows)やソフトウェアが起動しない時はシステム上での障害である事が
多いのですが、BIOSの起動プロセスの段階でトラブルが発生した場合は、
ハードウェア的な損傷の可能性が非常に高いです。

マザーボード(主基盤)か電源ユニットが焼き焦げたり破損しているなど、
おそらく物理的な故障が起きています。
コンピューター修理 | BIOS設定
マザーボードの接続パーツを交換・増設する前の準備
マザーボードには電源ユニットからメインメモリ・コネクタ・CPU・ハードディスクドライブ・
ビデオカード・サウンドカード・冷却ファンなど多くのパーツが取り付けられています。

またPCスペックやを上げるために、それまでの部品を外してより性能の高いマザーボードの
新製品に交換したり、拡張できる空き部分に拡張カードなどを取り付けて容量を上げる事も可能です。

しかし自分で基盤の換装作業を行う場合は、もしもの失敗や破損トラブルを
想定して、ある程度の安全と準備を整えてから行うようにしましょう。

部品を分解する際のチェック


まず最優先でやっておきたいのが、HDD内部データのバックアップです。

もしパーツ交換後にパソコンが動かなくなったりして直せなくなった場合、
代わりの予備PCやバックアップがなければ困ってしまう可能性があります。

次に、新しく設置する予定の部品は現在使われているマシンに
動作環境が相性が合っているかどうか、購入前にご確認下さい。

CPUやマザーボード一つだけ性能が良くても他のパーツが古い場合、
拡張後でもあまり転送速度や動作の処理能力が変わらないかもしれません。

また、近年でしたら動画などをスムーズに鑑賞するために、
高い性能のビデオカードやサウンドカードの搭載が標準になってきています。
逆にこれらのカードがなければ十分にパソコンを活用できない事もあります。
コンピューター修理 | マザーボード
パソコントラブル・故障のレスキューサービスとは?
お使いのパソコン本体の電源を入れても突然、急に起動できなくなったり、コンピューターウイルスに
感染してプログラムが稼動しなくなってしまうと、オペレーティングシステムが破損しているおそれがあります。

また、誤ってデータやシステムを削除ないしフォーマットしてしまい消去すると、
表示上では同じ物が開けなくなります。

正常にコンピューターが動かなくなった時、あるいはPC・機材やインターネットの操作方法が
わからなくて困ってしまった時には、パソコンの修理を受け付けている
レスキューサービスにて、様々なトラブルの解決をサポートしてもらうことができます。

HDにアクセスできない

主にインターネットへの接続からOS・ソフトウェアのインストール作業の代行、
また壊れたシステムの修復やデーターのバックアップ、消えたファイルの復元、
有害なコンピューターウイルスやスパイウェア、トロイの木馬の駆除、
故障したHDDやマザーボード、CPU、メモリ、電源ユニットといったパーツの交換作業など、

大抵のPCトラブルの解消作業の代行であれば、
店頭への持ち込み、または出張、郵送にて、機器の修理作業を請け負ってもらえます。
コンピューター修理 | コンピュータ関連
NECパソコンの不調をリカバリーするには?
パソコンメーカーで有名なNEC(エヌイーシー)とは日本電気株式会社
英文社名[NEC Corporation]の略称で、PC製品のロゴマークにも表示されています。

NECのPCをはじめとするコンピューター製品は基本的に性能が良いのですが
たまによく故障の起きやすいマシンに当たってしまうという話をよく聞きます。

筆者も、以前に一台、NEC製デスクトップパソコンを
使っていたのですが、当時はHDDが特によく壊れてしまい、何度か修理にも出していました。

しかし数ヶ月に一度故障が起きるという状態で、その都度ファイルも
消えてしまって結構な数のデータがなくなってしまったのが残念でした。

今はバックアップも心がけて、またPCや記憶装置も容量の高いものを選び、丁寧に使用するように
心がけていまして、パソコン修理についての知識も大分付けたので、
最近ではトラブルもほとんど起こらず快適にPCライフを過ごしています。

まず、実際にOSがおかしくなったりWindows画面が立ち上がらなくなり、
セーフモードからの操作でも元に戻らず調子がおかしくなった時には、
起動時にF11キーを数回押してリカバリーシステムを起動させる事で復元が行えます。
コンピューター修理 | PCメディア
VAIO-バイオ:SONY(ソニー)製パソコンのデータ復旧
大手電子機器メーカーのソニー株式会社[SONY CORPORATION]製の
VAIO(バイオ)のシリーズのパーソナルコンピューターを購入して日々お使いの際、

急にアプリケーションのエラーシステムの破損、パーツの故障などが発生してしまい、
内蔵ハードディスクのデータが読み込みできなくなった時には、
どのようにすればファイルを開いて復旧ができる?という疑問について。

まず、SONYのパソコンも他のメーカーのパソコンも他のメーカーの製品や
BTOパソコンと同じく、デスクトップパソコン、またはノートパソコンのケースに、
ハードディスクやCPU、メモリ、マザーボードなどの部品が収納されています。


どのコンピューター製品でもやはり、数年以上使用していると、
いつエラーや障害が発生しやすくなってもおかしくはありません。

もしパソコンのどこかのパーツが故障して動かなくなった時には、
PCケースの蓋を開けて、ハードディスクやSSDだけを取り外す事もできます。
コンピューター修理 | VAIO
落雷の被害で壊れたPCを修理するには?
夕立や台風などの悪天候で雷が鳴り出したら、パソコンや外付けハードディスク、RAID、
NAS、サーバをはじめとする電子機器は特に要注意です。

近くに雷が落ちた影響で電源の差込コードを通してOA機器や家電製品に
過電圧・過電流が電源ユニットに流れ込み、内部パーツの焼き焦げや
電圧変化のショートによる破壊を引き起こしてしまう可能性があります。

また発火による火災事故や怪我にも繋がりかねないため、落雷対策は必須とも言えます。

もし落雷によりパソコンが壊れた時はどうすればいい?という疑問について。


まず、落雷の直後にPCの電源が入らなくなったり焼き焦げた臭いがし始めたら
ほぼ間違いなく電源ユニットもしくはマザーボードあたりが破損しています。

それ以上は無理に電源を入れようとせずにまずは電源コードを抜いてください。

どのパーツが故障しているかはケースを開いて見なければ分からないため、自作パソコンに
詳しい方でしたら故障と疑わしいパーツを一つ一つ交換して試してみる方法が使えます。

しかし複数のパーツが損壊している可能性もありますし、下手にいじって
かえって症状が悪化してしまう事もありえます。

出来ましたらメーカーの保証や専門のPC修理サービス会社にお任せするのが一番確実です。

また、火災保険に加入していれば修理保険の対象にもなりえます。

数年以上前に購入されたパソコンの場合でしたら、新しく性能の良いPC本体に
買い換えた方が修理よりも色々とお得、という事もあります。

最近買ったもの、ないし、まだまだ使っていきたい高額なPCでしたら
基盤の修理交換に出されても良いでしょう。
コンピューター修理 | パソコン修理
コンピューター機器のデータ修復が成功した後は?
WindowsやMacパソコン、サーバ、携帯電話、iPod、メモリースティック、SDカードなど、
コンピューター機器に保管されているデータファイルはたとえ間違って削除してしまったり
ディレクトリごと壊れてしまったとしても、ファイルの回復機能や専用ソフトウェア、
データ復旧サービスによって修復することが可能です。

トラブル再発の防止


拡張子や機材の破損状態にもよるため必ず救出できるとは限らないのですが、
性能の高い復活プログラムや良いサポートでしたらその大部分は成功できます。

また、データの復旧に無事成功した後はシステムの調整やバックアップなど
いくつか行うべき作業がありまして、今回ではその部分について解説いたします。

まずは改めて全データのバックアップを撮っておく事が大切です。

例えばHDDの故障がおきていた場合、一度交換してもまた再発してしまう可能性も0ではないため、
他の外部接続型の大容量保管メディアにコピーをとっておくとその後も安心して管理・運営ができます。

新しくPCをフォーマットし直した時はシステムをチェックして整え直す必要もあります。

コンピューターウイルス感染のために破損したファイルやプログラムを復元させた時の
場合は、念のためすぐにウイルスバスターなどの検索機能でまだウイルス障害に
かかったプログラムファイルが残っていないかどうか必ずチェックして検査しましょう。

パソコンにまだ何らかの不具合や障害が残っていると、データ損失トラブルの再発に
繋がるおそれがあるためです。
コンピューター修理 | PC不調
パソコンのCPUを新品に換装して修理するには?
PCのマザーボードに取り付ける「CPU」 [シーピーユー]
(Central Processing Unit -セントラルプロセッシングユニット-の略称)とは、コンピューターが行う計算や
各機器の制御を担う言わば心臓部のような部品です。中央演算処理装置とも呼ばれます。

Intel [インテル]のCeleron [セレロン]やPentium [ペンティアム]、Core2Duo、Core5、Core7などの
バージョンのブランド製品がありまして、それぞれ種類によって性能や値段も違ってきます。

また性能が良いものほどシステムの処理能力(読み込み速度)が上がって作業効率もよくなります。

しかし、今もしパソコンが重くて動作が遅くなったり、フリーズや強制終了のエラーが多発する状態で
上書き保存の前にデータが消えてしまったり、ファイルやシステムが一部影響で破損してしまうなど、
日々の操作に不満を感じてしまわれる状態でしたら、
他のCPUとの性能比較をして、一度交換してみるのも有効な方法です。

CPUはマザーボードに取り付けられている「ファン」(CPUクーラー)の真下に設置されています。

ひとまず、デスクトップパソコンかノートパソコンの筐体の蓋(カバー)を外して、CPUクーラーの
プロペラ部分に埃や小さなゴミが溜まっていましたら、廃熱性が低下して熱暴走を起こしやすくなります。

CPUファンや周囲の部分、マザーボード、電源ユニットなどに付着した異物を
綿棒や針、ピンセット、クリーニング用キットを用いて丁寧に掃除をしてみます。

その他、あらゆる考えられる可能性の問題を解消してみて、タスクマネージャーやコンピューターの
診断機能を用いてCPUに問題がありそうでしたら、新品のより性能の良いCPUを購入してみます。
コンピューター修理 | CPU
パソコンの故障を修理するか、買い替えるかは価格次第?
日々お使いのデスクトップパソコンやノートパソコンの本体がある時 突然、
故障してしまう要因には、パーツの破損やエラー障害などによって様々なケースがあります。


・ハードディスクドライブのクラッシュ障害。
・電源ユニットの焼き焦げ。
・パーツ同士の接続不良。
・加熱によるフリーズやファンの負荷によるCPUの損傷。
・物理的衝撃による精密機器へのダメージ。
・ノートパソコンに液体をこぼしてしまいショートしてしまった。
・コンピューターウイルスの感染。
・誤ったシステム削除やカスタマイズによる論理的な動作不良。
・各パーツの差込プラグが折れてしまったり捻じ曲がってしまう。
・長年の使用によりハードウェアとしての寿命が来てしまう。


パソコン自体は、専門の修理サービスに出して診てもらうとで直せる場合が多いです。

1年(3~5年)の保証サポートの期間内であれば、
いざという時にはメーカー先のカスタマーセンターに預かってもらう事をおすすめします。

しかし保障期間外であった場合は、すべてのトラブルの場合で有料になり、
パソコン修理の注文にある程度の料金がかかります。

故障の具合によって価格も違ってくるのですが、
まだあまり使っていない比較的新しいPCであれば、問題の度合いも軽くて済む場合があります。

私設の専門業者の方で有償の修理を申し込むのも良いでしょう。
コンピューター修理 | パソコン関連お役立ち情報
パソコン修理の際に故障したハードディスクを交換するには?
お使いのデスクトップパソコンやノートパソコン、またはその他のPC/AT互換機に
以下のようなハードウェア・ソフトウェア的な不具合の症状が表れた場合、
今まで入れていたハードディスクドライブが故障し始めている可能性があります。

・処理動作のスピードが次第に遅くなっていっていく。
・急にフリーズ(FREEZE)してOSが止まり、BIOS画面を開いたらボリュームが正常に認識されていない。
・機械の中からカリカリ、ガリガリ・・と変な音が鳴る。
・WindowsやMacintoshのデスクトップ画面が開けず、ロゴ画面の次にエラーメッセージの画面が表示される。
・アクセスランプがオレンジ色に点灯して、読み込み不可のトラブルが発生している。
・アプリケーションソフトでの作業の途中でUSB接続機器が認識されなくなり、
 オペレーティングシステムにも動作不良が出始めてきている。


パソコン故障の原因はその多くが、HDD-ハードディスクという
内部に設置された記録用の固定ディスク装置の異常によるものと言われています。

メーカーのサポートセンターや修理業者にパソコン修理を依頼する場合、
ハードディスクドライブは外部からの埃や湿気に大変弱い精密機器であるため
修理がほぼ利かず、正常な新品HDDの交換という形での修理作業となります。

例外としてデータの空き容量不足やコンピューターウイルスの感染、OSの破損など、
論理的な障害の場合は機材の交換をしなくても済むシステム内部での修復が可能です。

専門業者の方でパーツ換装作業の代行をしてもらわれる場合には、
サポート店の受付への持ち込みや送付、出張サービス、格安プランなど
各メーカーや修理サービス会社によって様々な方法での依頼を行う事が出来ます。
コンピューター修理 | コンピュータ関連
ハードディスクを交換する時に保存データも修理するには?
パソコンが故障した時にハードディスクを別の新品に交換して、
OSを再度インストールして起動し直す際、引き続きこれまでのデータも同じものを
元に戻す形で修理することはできる?という疑問について。

HDD交換

まず、ハードディスクやSSDはメモリ、CPU、マザーボードなどのパーツと違い
OSのデータや個別のファイルを保存して記憶している装置になります。

なのでこちらを取り外すと、OSやユーティリティーは後から別のストレージに
インストールし直せばほぼ手間はかかっても元通りに出来るのですが、

[個人がオリジナルで作成したり集めて揃えたデータ]の方は、
新しく交換してOSをインストールした方のHDDには通常、記録されていません。

そのためパソコンから取り外して換装した古い方のHDD、または壊れたRAIDやNASを
そのまま置いておくと経年劣化でデータを失ってしまう可能性があるので注意してください。

コンピューターの故障によってドライブやOSが開けなくなっただけで
中身のデータ自体がそのまま破損せずに残っていれば、
まだドライブの内部から個人ファイルを救出できる見込みは十分にあります。

しかし、できれば事前に故障や操作ミス、エラーなどのトラブルに備えてデータのバックアップを
しっかりと行っていれば、いつでも修復ディスクなどから復帰できます。

他にも大事なデータを失ってしまう多くの要因で、
・誤ってファイルをフォルダ―上から消去してしまった。
・間違えてクイックフォーマットをかけてしまった。
・コンピューターウイルスの感染によりシステムが破損した。
・ハードディスクのプラッタにヘッド障害などで大きな傷が付いた。
・データ記憶メディアが物理的に割れたり欠損して壊れてしまった。


といった災難に遭われてしまった時のために、事前にオペレーティングシステムの
イメージディスクやドライブにある主要なファイルの差分バックアップのデータを
別の外付けハードディスクなどの記憶メディアに保存して作成しておきます。
コンピューター修理 | PCパーツ
パソコン修理とデータ復旧は一緒に注文できる?
お使いのパソコン本体が、水害、落雷、過熱、高熱、異物混入などによる
ショートといった障害の影響などで物理的に故障して完全に動かなくなった時、
内蔵ハードディスクドライブが一緒に壊れてしまうおそれがあります。

またはシステムエラーやコンピューターウイルス障害などで開けなくなった時、
データのバックアップをとっていなかった場合は内部ファイルの損壊で
OSとともに貴重な個人データが損失してしまうケースもあります。


PC修理とデータ修復を同時に依頼


日本全国のコンピューターのサポート業者の中には、[パソコン修理]と[データ復旧]の
処置のサービスを両方とも請け負われている受付センターも数多くあります。

例えば、ウィンドウズに障害が起きてデスクトップが立ち上がらなくなったため
オペレーティングシステムを再インストールしてもらう作業と、
その初期化初期化の前に先にPCの内蔵HDDから必要なデータを読み込んで
取り出ししてバックアップによる救出を行ってもらう作業が注文できます。
コンピューター修理 | パソコン修理・サポート
データ復活サービスとPC修理サポートとの違いは?
パソコンなどで使われているハードディスクドライブやメモリーカード、NASといった
補助記憶装置の「データ復旧サービス」と、「PC修理サポート」、
この二つのサービス・業種はどう違う?という疑問について。

一見イメージが似ているようで、内容は大分異なります。

うっかりデータ復旧サービスとパソコン修理サポートセンターを間違えて
目的が違う方のセンターにお問い合わせをされるケースも考えられますので、ご注意ください。


データ修復とパソコン修理の相違点


まず[パソコンの故障]の修理サービスは、主に壊れた部品やパーツの交換、
組み立てのサポート、ハードウェア・ソフトウェアの破損状態を
チェックして不具合の出る部分を直してもらうサービスです。

HDDやCPU、マザーボードといった部品の交換の修理もこの作業に分類されます。

次に[データ復旧]とは、補助記憶装置の故障、またはコントローラーの破損により
記憶媒体の読み込みが利かなくなったパソコン本体のSSDやネットワークドライブのHDD、
デジタルカメラのSDカードなどのあらゆるデータ記憶メディア媒体から
内部の修復可能なファイルを引き出し回収を施す作業です。

起動しなくなったパソコンなどのメディア本体そのものを修理するわけではなく、
故障または破損した保存媒体から復活可能なデータを引き出して、
別のメディア媒体にデータを書き写して回収するというサービスです。
コンピューター修理 | データファイルの復旧・復元
パソコンのサポートサービスに修理を申し込む前の状態確認
パソコン関係のアクシデントが起きてしまった時の相談先には、
製造メーカー先や購入した店舗の長期保証サポートだけでなく、他にも数多くあります。

同じくメーカーで実施されているハードウェア製品のカスタマーサポート受付や、
私設のパソコン修理サービス会社、その他の周辺機器専門の家庭用・企業用を問わずに
請け負われている修理業者、そしてデータ復旧サービスの事業社、など、
PC関連のサポート企業は全国に沢山ありますので誰でもお気軽に申し込みができます。

また自宅・自社から最寄りの地区にある支店や事務所の窓口だけでなくとも、
電話やファックス、電子メール、HPのメールフォームにて日本全国のどこからでも
郵送にて修理をしてもらえるサービスもは多くあります。

さらに地域ごとでの出張サービスを実施されている
会社もありますので近年では大変便利なサポート環境が整っています。

ですがサポートセンターによって請け負われているトラブルの対処が多少違うこともあり、
どのようなアクシデントが起きたかによって依頼を申し込む所が違ってくる場合もあります。

まずはコンピューターに問題の起きている状態をある程度把握して、
各種専門の解決サービスの窓口の方に連絡をするようにご注意下さい。

主なパソコントラブルの一例


・WindowsやMac、LinuxなどのOS画面が開かなくなった。
・セーフモードでも起動ができない。
・電源が付かず、ファンの音が回らない。
・ハードディスクドライブのあたりからカチカチ・・・とした音が聞こえてくる。
・インターネットへの接続ができない。
・USBカードなどの外部デバイス装置が読み込めない。
・キーボードやマウス、プリンターの操作入力が効かなくなった。
・コンピューターウイルスに感染してしまった。
・ノートパソコンやモバイルPCを水の中に落としてしまった。
・一度再セットアップをしたいけどやり方がよくわからない。
・間違えて消してしまったデータまたはプログラムファイルを復元したい。
・マイコンピューターやシステム設定のカスタマイズに失敗してしまった。
・容量が重過ぎて読み込み動作がいつも遅くて困ってしまう。
・コピー機やファックス、スキャナが動かなくなってしまった。
・ソフトウェアのインストールとセットアップができない。
・手持ちの組立パソコンに最適なメーカー部品を取り付けたい。
・空き容量を増やしたいけどどれを消去していいのかわからない。
・メモリの増設やパーツの交換をしてもらいたい。
コンピューター修理 | パソコン修理・サポート
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-category-30.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.