データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【壊れたPCからの交換】のページです。パソコンの故障やエラーによる保管ファイルの喪失。そんな時にこそデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復や修理の手順など破損トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


こちらは『壊れたPCからの交換』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧ページです。
壊れたPCからの交換 のカテゴリ






ページ案内
下記のリストにてそれぞれのエントリーページの見出し文を新着順に掲載しています。

各文章の下部分にある、「エントリータイトル」と「続きを読む」と書かれたリンクから
コンテンツの本文と追記の一文が表示されたエントリーページへ入れます。

また、過去に作成したページも定期的に新しい内容に更新しています。

 


SATAのHDDを変換ケーブルでノートパソコンにUSB接続
日々ご使用のパソコンや外付けHDDケースといった電子機器が故障してしまい、
内蔵されているSATA(シリアルATA)方式のハードディスクのデータが開けなくなった際、
外部からケーブルなどを通して別のパソコンに接続して認識させるには
どのようにすればいい?という疑問について。

USB 3.0変換ケーブル

まず、ハードディスクはデスクトップパソコンの空いたドライブベイに差し込んで、
SATAケーブルと電源ユニットの中間コネクタを付けて増設する形でも読み込みができます。

ですが、例えばお手持ちの予備のパソコンがノートパソコンだけであったり、
かなり古いPC本体でIDE方式(Integrated Drive Electronics)にしか対応されていない、
という場合は、外部からUSB接続をする方法が適切です。

主に、IDE/SATAの変換機能付きUSBケーブル、HDD変換ユニット、
また長時間使う場合には、2.5インチ/3.5インチのサイズ、IDE/SATA方式それぞれに
対応された外付けハードディスクドライブケースなどの外部接続機器があります。
壊れたPCからの交換 | PC周辺機器
FaithのBTOパソコンから内蔵HDDのデータを救出
株式会社ユニットコム(UNIT.COM INC.)から開発・販売されているBTOパソコンのブランド
Faith』(フェイス)のBTO(Build to Order/ビルドトゥオーダー)のパソコンを使っているうちに、

ある日 急に電源が付かなくなったりWindowsやデスクトップ画面の立ち上げができなくなった時、
OSのリカバリーや部品交換による修理の作業に取り掛かる前にハードディスク(またはSSD)の
内部に保存していたデータを読み込んで復旧するにはどうすればいい?という疑問について。

Faithパソコン

Faith(フェイス)のBTOパソコンも他のメーカー製のPCと同じく、
ご自身でケースの蓋を開けてパーツを取り外したり交換や増設を行う事も可能です。

(※パソコン本体の製品を購入した時に付帯する1年間の基本保証や延長の3年保証のサービスが
 まだ有効期限内であるうちは、個人でPCケースを開いて中身のパーツをカスタマイズすると
 対象外になり有償での対応サポートになる可能性があるので、作業の前に確認してください。)

こちらの一例では、Faithの据え置き型デスクトップパソコンの本体から内蔵の
プライマリハードディスクをドライブベイから取り出しして、別のWindows8.1のパソコン本体に接続してから
中身のディレクトリとファイルを開いて内部のデータを救出する手順について解説いたします。

(※ノートパソコン本体や自作パソコンの組み立てキットからカスタマイズして 製作したマシンは
 一部、取り外しの手順が異なる場合があります。)
壊れたPCからの交換 | BTOパソコンの楽しみ
TSUKUMOのBTOパソコンのデータを復旧
パソコンのマザーボードやCPU、メモリ、ハードディスク、電源ユニットなどのパーツを
自身で指定して注文を取って店舗の方で組み立ててもらい、発送してもらって購入する
受注生産方式の『BTOパソコン』(ビルド・トゥ・オーダー/Build to Order)の製品本体を、

しばらく長い間使っているうちにどこかのパーツに原因がよくわからない故障が起きたり、
自身でパーツを取り換えてカスタマイズしたりOSを更新している時に深刻な不具合が発生して
すぐに修理ができそうにない状態になった時、ひとまず先に中身のHDDかSSDに保存された
大事なデータを取り出して何とか復旧させるにはどうすればいい?という疑問について。

TSUKUMOパソコン

(※こちらの一例では、『TSUKUMO』(九十九電機/ツクモ)で購入したBTOパソコンの
 「eX.computer」(イーエックスコンピューター)の製品本体から
 2.5インチ型のSSD1台と、3.5インチ型のシリアルATAハードディスク1台を
 内蔵のドライブベイから取り出しして、別のパソコンで読み込む手順を解説いたします。

 またこちらのデスクトップパソコンは元々は3.5インチのSATAハードディスクを
 Cドライブ(ローカルディスク(C:))として使っていたのですが、
 今は 新しく自身でIntel製のSSD(ソリッドステートドライブ)を増設して、
 WD製のHDDの方はセカンダリハードディスクにして、Windowsも8.1に更新して使っています。)


SSDとHDDの取り出し


まず、TSUKUMOの「eX.computer」のデスクトップパソコン本体に接続していた
電源コードやUSBケーブル、LANケーブル、ディスプレイケーブルなどをすべて取り外します。

BTOパソコンはオーダーを取ったパーツの種類やケースの大きさによって変わるのですが、
基本的には普通のメーカー製のPC本体と構造はあまり変わりなく、
ほぼ同じ手順でデータ記憶装置などを交換・増設したり取り出しを行うことができます。

(※TSUKUMOの製品の修理保証や交換保証、延長保証の期限がまだ残っている場合は、
 なるべく先にパソコンの本体を一度修理に出される事をおすすめします。)
壊れたPCからの交換 | BTOパソコン
壊れたパソコンの内部データを交換して開くには?
パソコン本体を買って使い始めてから、故障して完全に動かなくなるまでの寿命は一定的ではなく、
使い方や起動の回数/頻度、外部の環境やアクシデント、パーツの性能などの要因に大きく左右されます。

PCパーツ

10年以上使える場合もあれば、1年~3年くらいで壊れてしまう事もあり、
逆に言えばいつ動かなくなるかは、なかなか予測できません。
(S・M・A・R・Tである程度、異常発生の時期をチェックする事は出来ます)

また、事故や水濡れ・災害等を除けば、パソコン内部の部品が一気に全部
故障するという事はほとんど無く、破損したパーツのみ取り外して
新しく購入した替えのパーツに交換接続する事で再度使えるようになります。

PCパーツ一覧
  • マザーボード
  • HDD
  • CPU
  • メインメモリ
  • FDD
  • CD/DVDドライブ
  • パソコンケース
  • 電源スイッチ
  • CPU-FAN
  • ケーブル
  • LANカード
  • チューナー
  • キーボード
  • グラフィックカード
  • サウンドボード
  • スピーカー
  • モニター
  • 静音パーツ
  • 冷却ファン
  • 電源ユニット
  • 背面コネクタ

上記のうち、パソコンのあらゆるファイルやフォルダ、プログラム、システム設定
といったデジタルデータはHDD(ハードディスクドライブ)に格納されています。

なのでたとえLANボードや電源スイッチ・ランプなど別のパーツが故障しても
HDDが壊れていなければ、データを引き出す事は難しくありません。

大まかに、以下の対処方法で中身のデータを開く事が出来ます。

・機能が何らかの損傷で破壊されている部品を特定して新品に換装してパソコン本体の状態をを直す。

・ハードディスクをひとまずドライブから取り外して別のパソコンに 接続して読み込みを行う。
壊れたPCからの交換 | ファイルのサルベージ
BTOパソコン内の破損データは復旧してもらえる?
[BULT TO ORDER PC](ビルト トゥ オーダー パソコン=BTO PC)は
ビックカメラやヨドバシカメラ、さくらや、コジマ、ケーズデンキなどの電器店舗で
市販されている普通の完成品とは少し異なるパーソナルコンピューターになります。

BTOパソコン

「ストーム」や「フェイス」、「クレバリー」、「マウスコンピューター」、「パソコン工房」などの
全国各地の専門店で、購入の前に自分でパーツの組み合わせを選択する事ができます。

そしてHDD/SSDやメモリ、CPU、マザーボード、電源ユニット、インターフェースカードなど、
ご自身の用途に合った部品の構成にカスタマイズ的に組立をしてもらって購入できる、
自由幅の広い特徴の製品です。

しかし、そのため普通のパソコンの故障時と違い内部データの復旧に余計に
お金が掛かったり、受付をしてもらいにくいような事はある?という疑問について。
壊れたPCからの交換 | BTO
故障したマザーボードの修理・交換を行う時は?
パソコンを構成するメインパーツの一つ、マザーボード [Motherboard](メインボード [Mainboard])は、
上の写真のように無数の精密b品やチップ、配線が複雑に設置された一つの電子回路基板です。

メモリや拡張スロット、CPUなどの他パーツを取り付ける事から、マザー・MB。MBU
(Motherboard Unit)と呼ばれています。(Macintosh用の母板はロジックボード。)

自作PCを製作された事のある方でしたら馴染みが深いと思うのですが
組立の際に電源ユニットやUSBポート、CPU、ビデオカード、音源、IDEなど
いくつものコンポーネントを接続しなければならないため、
組み立てるには結構な手間と知識、そして精密作業が必要になります。

マザーボード

組立パソコン制作の経験がない方でもメモリの増設などパーツの取り付け
くらいの作業でしたら、取扱説明書に沿って進めるだけでわりと簡単に接続する事ができます。

ですが、一度PCケース開けてしまうとメーカーや販売店舗の年間保証サポートが
受けられなくなるため、市販のパソコン製品の場合は必ず保証期間が過ぎてからにしましょう。

組み立てや交換、接続の作業中にマザーボード本体の部品に傷が付いてしまったり
プラグや接続面が曲がってしまうとそれだけで故障の原因となりえますので、
取り扱いの際には決して乱暴には扱わず、ひとつひとつの作業を慎重に進めるようにしましょう。

また、CPUの接続面など、取り付ける各主要コンポーネントの方でも差し込み方が
悪いとプラグが折れたりして使い物にならなくなる事もあるため作業の正確さが大変重要になります。
(かくいう管理人も一度、交換に失敗してしまったことがあります。)

インテル製、ギガバイト製などメーカーによっても相性などが違いますので、
マザーボードや部品の購入の際にはよくチェックをしておくす必要もあります。

Motherboardのメーカー一覧
  • ASUS
  • ABIT
  • ALBATRON
  • AOpen
  • ASRock
  • BIOSTAR
  • DFI
  • ELITEGROUP
  • FOXCONN
  • GIGABYTE
  • Intel
  • JETWAY
  • MSI
  • Supermicro
  • TYAN
  • VIA

コンピューター本体のサポート保証期間がまだ残っている場合は
よほど急いでいなければ、自分で行うよりもメーカーや私設のPC修理サービスの方へ
送付してマザーボードや部品を修理交換してもらった方が確実です。
壊れたPCからの交換 | パソコン分解
パソコンの内蔵HDDが壊れた時の対処方法は?
パソコンに内蔵されているハードディスクが壊れたと思われる場合、
中身を開けて壊れていないパーツを取り出ししてデータを救出したり、
破損した部品を交換して直したりする方法はある?というご質問について。


まず、中身のプラッタやヘッドなどの部品を交換して修理するとなると、
プロのスタッフと専門設備でもかなり難易度が高くなり、ほぼ不可能になります。

そのかわり故障したハードディスクを分解して
データ記録部分から無事な領域を抽出してもらうことは可能です。

ですが、それでも専門のクリーンルームや機材で行う必要があるため、
自分でHDDのケースを開いて壊したりしないように、ご注意ください。

古いHDDをUSB外付けハードディスクケースに入れてケーブルで繋いでみた際、
別のパソコンでもエクスプローラーに表示されない、という場合、
「ディスク管理」や「デバイスマネージャー」「デバイスとプリンター」
などに表示されて形跡があれば、まだ故障はしていない可能性があります。

パソコンが壊れてしまい全然開かなくなった場合、内蔵のハードディスクを
PCから取り出して外付けHDDケースに入れて別のパソコンにUSB接続をして開けば、
写真などの多くの個人データはそのまま読み込めてコピーできます。

(※コンピューターウイルスに感染してシステムが破損していると、
 他のファイルも破壊されているケースもあります。)

ですが、もしハードディスクの回路が壊れていて開けない場合は、
外付けHDDとしてパソコンに認識できていないこともあります。

その際には、物理障害に対応された専門のデータ復旧サービスの業者に出して、
中身の分解・抽出による作業を行ってもらう手段もあります。
壊れたPCからの交換 | パソコンサポート
自作組み立てパソコンのデータも復旧できる?
マザーボード、CPU、メモリ、HDD、インターフェース、電源ユニット、ケース、といった
PCパーツを一通り組み立てて自分で作ってみた「自作パソコン」で、
内部に保存したデータをある時うっかり削除したり、フォーマットして消してしまった時、

あるいは自身で取り付けたハードディスクドライブがヘッドクラッシュなどの故障を起こしてしまった場合、
普通の市販のデスクトップ/ノートパソコンと同じようにデータを復旧できる?という疑問について。

自作パソコンの内部に取り付けたハードディスクやSSDなどのパーツや周辺機器のUSBメモリ、
DVDディスクなどの場合も、普通の市販のものであればもちろんデータ復旧に対応されています。

メーカー製の期間保証が付いていない状態でも大丈夫です。

HDDは中身のモーターやヘッド、ディスクが壊れると一般個人では直すこともデータの取り出しも
不可能であるため、どうしても専門の業者へ注文をする必要が出てきます。
壊れたPCからの交換 | データファイルの復旧・復元
自作パソコンのトラブルでパーツやHDDの破損から修理するには?
自作パソコンの組み立てや実際の使用、調整は物理的、論理的にもやってみると
非常に奥深いものです。

自分自身での組み立て作業の実践による技術や知識の習得はかなりのものですし、
普段使っているパソコンの内部構造などが大変よくわかります。

安全かつ確実に組み立てて使いこなすにはそれなりに深い予備知識も必要です。

一方でトラブルが起こりやすい事と、意外にも結果的に市販のパソコンを買うよりも
出費が大きくなりやすい、というデメリットもあります。

パーツそのものは一年~三年あたりの保証をつける事ができます。

しかし組み立てて完成させたパソコンそのものには市販のパソコンと違って
メーカーからの修理保障が付かない、という事です。

原因がよくわからずに故障してしまったら、修理に出す時に
通常の市販で保証期間のあるパソコンよりも修理費用がかさみがちです。

なお、ハードディスクの内部のファイルを損失してしまった時に
データ復旧サービスに注文をされる際には、それほど関係はなくなるのですが、
PCの構造によってはメーカー製とで多少の差が出てくる可能性もあります。
壊れたPCからの交換 | 自作パソコン
自作パソコン組み立て制作時のトラブルとは?
自作でパーツをつなげてパソコンを組み立てる際に、特に注意すべき事はやはり、
CPU、マザーボード、電源、メモリ、ハードディスクなど各パーツの接続時です。

すなわち、ケーブルのコネクタやプラグの一本でも差し間違えて、
もし曲がったりしてしまったらその部品が使えなくなってしまう事もよくあります。

どれも高価で貴重な機材なので組み立て時には十分に慎重を重ねて作業してください。


組立パソコン製作の注意ポイント


よく起きてしまいがちな制作ミスのトラブル例として、
・マザーボードへの配線接続ミス。
・CPUの取り付けミスによる折れ曲がり。
・電源ボタンを押しても起動しない。
・冷却ファン(クーラー)の回転が回らない。
・ハードディスクドライブが認識されず、モーターが回転しない。
・パーツの表面に傷や汚れが付いてしまう。
・OSのインストールに失敗してしまう。
 といったものがあります。
壊れたPCからの交換 | 自作パソコン
自作組立パソコン製作作業時の注意点とは?
『自作パソコン』(hard made PC-組み立てパソコン)とは、市販の完成されている
全ての必要なパーツが最初から組み込まれたオーソドックスなパソコンと違い、
ハードディスク、マザーボード、電源、メモリ、ドライブ、PCケースなど、パソコンを構成する部品を
全て自分で選択して個別に買い集めて、各パーツを組み立てて完成させたPCのマシンを指します。


組み立てPCのメリット


組み立てPCはパーツを自由に選択して購入できるので、
自分の使い方に合った理想的スペックで作り上げられています。

また購入に使っていく予算の程も細かく調節できます。

また[BTOパソコン](読み:ビーティーオー)でしたら、
お店のスタッフの方に組立作業を代行してもらう事が出来ます。

自作のPCは、基本的に普通のパソコンより低コストで入手できます。

ですが、組み立てにはちょっとした知識と技術が必要になり、
プラグの配置もかなり正確な配置が求められるので、作ってみると最初は結構難しいものです。
壊れたPCからの交換 | 自作パソコン
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-category-28.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.