データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【物理障害・論理障害】のページです。パソコンの故障やエラーによる保管ファイルの喪失。そんな時にこそデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復や修理の手順など破損トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


こちらは『物理障害・論理障害』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧ページです。
物理障害・論理障害 のカテゴリ






ページ案内
下記のリストにてそれぞれのエントリーページの見出し文を新着順に掲載しています。

各文章の下部分にある、「エントリータイトル」と「続きを読む」と書かれたリンクから
コンテンツの本文と追記の一文が表示されたエントリーページへ入れます。

また、過去に作成したページも定期的に新しい内容に更新しています。

 


HDDを通電しないで故障した時のデータ復旧はできる?
パソコンやNAS、サーバ、RAID、レコーダーなど様々な電子機器に使用されている
主要な補助記憶装置のハードディスクドライブ(Hard Disk Drive)を
長い間コンピューターに差し込みして動かさず、しばらく通電しない状態が続いていた際、

ある時使おうとしたら自然に故障してしまったのかハードディスクが動かずコンピューターの
BIOSなどに反応しない時、後から状態を直す、またはデータ復旧はできる?という疑問について。

IDEハードディスク

まず、一度通電をしてもHDDが動かない場合は、ひとまず念のため、SATA/IDEケーブルが
正常にインターフェースに差し込まれているか、また電源ユニットの中間コネクタ、
あるいは外付けハードディスクケースにしっかりと接続されているかどうかを確認します。

最初の1回目の起動でBIOSまたはエクスプローラーに読み込めなくても、
長期間通電しない状態から付け替えたばかりではよくあることで、
再起動して2回目の通電では開けることがあります。

またマスターブートレコード(MBR)に問題が発生していたり、アクセスエラーが起きている時は、
パソコンから問題を修復するか、あるいはMac OS XやUbuntuのオペレーティングシステムが
インストールされた別のパソコンで開くと、読み込まれて復旧できることもあります。

なるべくであれば、さらなる状態の悪化の可能性を防ぐため、
先にプロのデータ復旧センターにて診断を受けてみることを推奨します。
物理障害・論理障害 | コンピュータ関連
HDDを誤って床や水に落とした場合は復旧できる?
ハードディスクを机の上から、または鞄に入れて持ち歩いている時 
誤って床や道路、あるいは水たまりなどに落としてしまった場合には、どのように
対処すればいい?また再読み込みやデータの復旧はできる?という疑問について。

HDDを落とした

主な外付けHDDケースの製品一覧


・ロジテック:HDDケース 3.5インチ 2Bay USB3.0 RAID機能搭載 LHR-2BRHU3
・Transcend:StoreJet 25S3 USB3.0 アルミニウム製SSD/HDDケースTS0GSJ25S3
・オウルテック:USB3.0/SATA3.0対応 HDD/SSD用外付けHDDケース OWL-EGP25U3V3-BK
・ORICO:3.5インチ HDDケース ツール不要簡単着脱 ブラック 3588US3-V1
・玄人志向:HDDケース USB3.0 USB2.0 3.5型 SATA接続 GW3.5AA-SUP3/MB
・I-O DATA:HDD ポータブルハードディスク 1TB EC-PHU3W1
・BUFFALO:HDDケース 低反発+EVAセミハード シルバー BBGHH01SVA



まず、ハードディスクの表面の様子を確認します。
特に何ともなければ、パソコンで読み込みできるかどうか繋げてみます。

そのまま無事に認識できても、後に回路に異常が発生することもありうるため、
念のためすぐに落としたHDDの保存データを別のHDDにコピーして
バックアップの予備分を作っておかれることをおすすめします。

ケーブルを差し込むインターフェースのピンが落とした衝撃で折れていたり、
激しく割れていると、電源ケーブルやSATA/IDEケーブルが差し込めなくなって
そのままではデータが読み込みできなくなってしまいます。

また、コントローラーのボードが大きく割れて破損した場合でも、
同じくHDDが正常に認識できなくなります。

※コントローラーは多くの場合、別のものに交換しても正常に認識ができません。

ですが、コントローラーやインターフェースが欠けただけの状態であれば、
まだ内部のデータを記憶するディスク部分であるプラッタまでは
ダメージが出ておらずに保存されたデータは無事で復旧できる可能性もあります。

一般個人で内部のファイルを抽出するのはほぼ不可能ですが、
専門業者のデータ復旧サービスセンターに注文をして、専用の設備で
内部のデータを別の記憶装置に移し替える形で救出してもらうこともできます。
物理障害・論理障害 | 初心者のために・・・
ハードディスクのインターフェース(コネクタ)が破損したら?
パソコンなどのコンピューター機器の内部で電源ケーブルやSATA/IDEケーブルを差し込んで
ハードディスクドライブを読み込む時にコネクタを接続する「インターフェース」の部分か
接続ケーブルの端子が物理的に割れたり、ピンが折れたり汚れや錆が付いて破損したら、
どうすれば読み込みの課の状態からドライブを回復できる?という疑問について。

3.5inchハードディスク

まず、ハードディスクのコネクタ(接続部分)は
「IDE」(パラレルATA方式)と「SATA」(シリアルATA)の二種類があります。

このうちIDEの方の場合、例えばインターフェースの大きな差込口の部分に
埃やゴミが詰まっていたら、それを丁寧に取り除きます。

もしピンが少し曲がって電源ケーブルが差し込みできなくなったら、
ピンセットなどを使って、折れて取れないように慎重にまっすぐな方法に直してみましょう。

SATAケーブルやIDEケーブルの方のコネクタが割れたり折れて破損した場合は
ひとまずケーブルの方を新しく買って交換して、再度接続してください。

電源ケーブルのコネクタの一つが少し割れてハードディスクの方の端子に差し込めない時は、
電源ユニットから伸びたコードの別のコネクタに差し換えてみてください。
物理障害・論理障害 | コネクタ、ケーブル全般
ハードディスクの基盤が故障したら交換できる?
パソコンや外付けHDD、レコーダー、RAID、NASなどのコンピューター機器で
データ記憶装置として使われる[ハードディスクドライブ]には、
表面に「コントローラ基盤」というパーツが取り付けられています。

コントローラボード

この基盤(ハードディスク・コントローラボード:hard disk controller board)は
読み込みに必要なファームウェアが書き込まれたフラッシュメモリや、
ケーブルを差し込みするための端子などの部品が一体化しています。

そしてプラッタやモーターといった他の回路と違い、ケースの外側に付いています。

そのため、ハードディスクを交換したり増設する時や外へ持ち運ぶ時には、
丁寧に取り扱わなければうっかり破損させてしまうおそれもあります。


[基盤が破損する一例]

・何かの角にかすって基盤に傷をつけてしまった。
・強い衝撃や圧迫で割れたりヒビが入ってしまった。
・ケーブルを差し込みするコネクタのピンが折れた。
・水分などが付着して、錆びて腐食していた。
・過熱や電気でボードの一部が焼き焦げて焼損した。

基盤に深刻な損傷が発生すると、パソコンやサーバ、NAS等に組み込んで
いざ接続した時に、デバイスが認識しなくなってしまいます。

そんな時、HDDの基盤の部分だけが故障している状態なら、
別のハードディスクの方から基盤を壊れていないものに交換すれば、
内部に書き込みしたデータを一時的に読み込み直しができる?という疑問について。
物理障害・論理障害 | ハードディスク
論理障害のデータ喪失とは?
パソコンのハードディスクやSDカード、USBメモリ、DVD-RAM、メモリースティック
といったデータの記録装置にトラブルが起きて中のファイルやフォルダなどが
消えてしまうアクシデントには「論理障害」と「物理障害」という種類があります。

今回はそのうちの『論理障害』について解説いたします。

コンピューターのハードウェア的な問題である物理障害に対して
論理障害とは、コンピューターのソフトウェア的なトラブルを指します。

例として、誤ってファイルを削除してしまったり、HDDやサーバーのダウン等の
ファイル読み込みのエラー、コンピューターウイルス障害といったデータ破損のことです。

主なデータ消失の実例
  • ゴミ箱を空にして削除
  • リムーバブルデイスクから消去
  • 誤ったフォーマット
  • ファイル拡張子の破損
  • OSの起動障害
  • コンピューターウイルス感染
  • 上書きミス

論理障害ではプログラムやファイルの拡張子そのものが消失している場合が
大半でゴミ箱から拾い上げたりアンドゥで元に戻せない事が多いです。

OSの機能やデータ保管用ソフトウェア、bakファイル、クラウドサービス等で
バックアップを取っていなかった場合は更に復元が少し難しくなります。
物理障害・論理障害 | データ消失
データ記録装置の回路を自分で分解すると故障を招く?
壊れたハードディスクやUSBフラッシュメモリなどのデータ記録装置を自分で分解してみたけど
直らなかった、という話題をたまに目にするのですが、パソコン本体の部品を取り外して
交換する作業とは違い記憶メディアの中身は、ご自身での分解修理は決してお薦めできません。

異物の侵入による物理的な破損


一般の方で専門知識の無い方ではそもそも、どの部品や回路がどう故障しているのか
正確に掴めないという事もあるのですが、一番の理由は中身を開いた瞬間に、空気中に浮遊している
ホコリや小さなゴミ、湿気がパーツの表面や隙間に付着してしまうためです。

ミリ以下の単位で構成されているパーツも含まれていますので、
ほんのわずかな異物が侵入だけでも十分に破損の危険があります。

間接的な原因であるハード・エラーではなく、本当に直接的な
物理障害が起きて完全な故障を招いてしまい余計に直せなくなってしまいます。

HDDの部品
プラッタ
数枚が重なって取り付けられている記録用のディスク。
スピンドルモーター
書き込み用の円盤を回転させるためのモーター。
磁気ヘッド
高速で回転するディスクにデーターを書き出す先端の装置。
アーム
ヘッド部分をスイングするための腕に当たるパーツ。
アクチュエータ
アームの根元に当たる部分で、動作を調節する仕組みを持つ部品。
シリンダ
数枚のディスクの同一円心上にあるトラックを纏めている回路。

上のような例としてハード・ディスク・ドライブ(Hard Disk Drive)は中でも
非常に精密に作られていて、ほんのわずかな異物の侵入も通さないように設計されています。
物理障害・論理障害 | パソコン分解
故障したハードディスクのデータは取り出しできる?
パソコンに内蔵されたハードディスクドライブが物理障害で故障して開けなくなったり、USBメモリや
DVD-Rが割れたり、SDメモリーカードの接続部分に傷や錆がついてしまう、といった物理的な破損で
完全にパソコンのエクスプローラー(マイ・コンピューター)などで読み込みができなくなった場合は、
復元システムやアプリケーション上では内部ファイルの復元やバックアップができなくなります。

そんな時には物理障害からの救出サービスを実施されているデータ復旧センターで
保存機器を分解、無事な内部データーの記憶部分を取り出してもらい、
他の媒体に移し変えて復旧してもらう事ができます。

しかし物理障害の場合は設備や作業の難易度・費用の面で料金が高くなりやすいです。
なので自分で機材の分解作業はできる?という疑問について。

まず、結論から書きまして、「ヘッドクラッシュ」など重度の物理障害が発生していると
クリーンな設備や技術力が必要になる作業のため、個人では残念ながらほぼ不可能です。

たとえばハードディスクを下手に分解すると大気中の埃や塵、水分が
非常にデリケートな精密機器部分に付着し、かえって症状を悪化させてしまいます。

また記憶部分のチップを取り出してもそこからデータファイルを抽出できる装置を
持っていなければ他のメディアに移し変える事ができません。
物理障害・論理障害 | データファイルの復旧・復元
プログラミングの作業中にバグや障害が出た時に復旧するには?
IT用語としてよく見かける『プログラミング』(Programming)とは簡単に書きますと、いわゆる
コンピューター上のシステムを機能させるプログラムを制作する事、あるいはその製作技術のことを指します。

これらを作り上げるクリエイターを『プログラマー』(Programmer)と呼びます。

メモ帳やエクセル・ワードに似た、ソースコードというオンライン上のシートに複雑な
テキスト文章の書き込みを行う事で作成していきます。

非常に複雑かつ多種多様な言語や単語を論理的に記述するため誰でもすぐ簡単に作れる
というわけではないのですが、初心者入門の講座やネットワーク上で
公開されているWEBマニュアルまたはスクールなどで学び覚えていく事ができます。

プログラマーの方や、ホームページのHTMLタグを作成された事のある方でしたら馴染みが深いと思割れます。

しかし、プログラム一枚のテキストファイルだけで大量のアルファベットや記号、
タグが羅列されており、その一文字おきに重要な意味と役割が含まれています。

そのため一つ打ち間違えてしまっただけでもエラーやバグの原因となりえます。

プログラムは一度書いただけではなかなか簡単には完成しないものです。

必ずエラー・バグの障害が起こらないかをチェックするためのデバッグ作業をして
ミスがないかどうかの確認を様々な起動・動作パターンで念入りに行うようにしていきましょう。
物理障害・論理障害 | プログラミング
HDDのHead Crash(ヘッド吸着不良)による物理障害とは?
パソコンやサーバ、レコーダーなどのコンピューターに内蔵されている「ハードディスクドライブ」、
または「USB接続の外付けHDDに、内部回路の「磁気ヘッド」部分がプラッタ(ディスク面)に
くっついて吸着不良を引き起こしてしまう故障の症状『ヘッドクラッシュ』(Head Crash)と思われる
深刻な物理障害が起きてしまったら、そこからデータは開ける?という疑問について。

ハード・ディスクの内部を構成する、アームの動作を制御する「アクチュエータ」や
「スイング・アーム本体」、「磁気ヘッド」、「プラッタ」、「スピンドルモーター」など、
そのいずれかが老朽化や衝撃、異物混入などで異常を起こしてしまうと
精密なHDDは 物理障害で故障して動かなくなるしまう確率が高くなります。

そうなってしまうと重要なOSの設定やファイル、アプリケーションを保存するための
記録ディスクの部分にアームが吸着してしまい、データの読み書きができなくなったり、
円盤に傷が付いてしまうおそれが出てきます。
物理障害・論理障害 | IT関連
ハードディスクから異音が鳴り始めたら?
パソコンやサーバ、NAS、レコーダーなどのコンピューターに内蔵するデータ記憶装置や
外付けのUSBデバイスとして使用している[ハードディスクドライブ]で、いつの間にか
変な音が鳴り始めてどう対処すればいいか困った、という場合について。

IDEハードディスク

まず、パソコンから「ビイイー…」と一定のテンポで大きな稼働音が出ている時は、
モーターやファンの回転に合わせて振動が出ているだけの場合もあります。

デスクトップパソコンのケースに何かケーブルや置物、壁がくっついていたり、PC本体と
下の置台の間に何か異物が挟まっていると、強い異音がずっと鳴り響く事があります。

コンピューターの周囲を見回して、くっついている物を離してみてください。

また、内部のCPUクーラーの冷却ファンや電源ユニットのファンと排気口に
埃やゴミが詰まっていたら、きれいに除去します。

だいぶ前に作られたIDE方式のハードディスクをお使いの場合、
「ジー…」と稼働音がかなり大きく鳴る場合があります。

最近のS-ATA方式のHDDやSSDはだいぶ静音に作られているので、
急にIDEのハードディスクを使うとその音の大きさの違いで、
故障につながる異音が鳴り響いている、と思われる事もあるかもしれません。

それまでずっと静かにモーターが回転していたのにある時、急に大きな異音が「ジジッ、ジジッ」
普段よりやや不定期な間隔で鳴り出したら、何かディスクに異常が出てきた可能性もあります。

まだハードディスクが普通にデータを読み込みできるようであれば、そのHDDの製造元メーカーの
ホームページから、ディスクの検査ソフトをインストールして、一度診断をかけてみましょう。

HDDのメーカーの名前を調べるには、ドライブの表面に貼ってあるシールを見るか、
「BIOSの設定画面」や「ディスクの管理」の画面を開くとわかります。

ハードディスクの状況をチェックする「S.M.A.R.T.」(スマート)という
報告機能を読み取って、残りの推移寿命や破損の具合をモニタリングして
何かの障害が発生していないかを確認したり、エラーの修復を実行できます。
物理障害・論理障害 | トラブル
物理障害の破損からデータ復旧するには?
パソコンや周辺機器などの記憶装置に内部システムや保存ファイルに
機能の障害や消失、破損が起こり、データの復旧が必要となるケースは、
大きく分けて[物理障害・論理障害] の2パターンに分類されます。

今回はそのうちの『物理障害』について解説いたします。

まず、物理障害とはデータというよりは「電子機器の記録装置」そのものが
破損しているケースで、名称の通り内部回路が物理的に破壊されている状態を指します。

例として、パソコンなどの本体に物理的な強い衝撃がかかったり、電源のショートにより
ハードディスクなどの精密な部分が破壊されて動かなくなるといったパターンなどがあります。

機材破損の実例
  • HDDのヘッドクラッシュ
  • 携帯電話の水濡れ
  • SDカードがのコネクタが破損
  • USBメモリが割れる
  • 落雷でパソコンがショート
  • CD-RW・DVD-RWに傷
  • 記録メディアの磨耗による寿命
  • 液晶画面が割れて見れない
  • 経年劣化による老朽化

物理障害は一見するとかなり深刻なトラブルで、故障したコンピューターが起動できなくなり、
ソフトウェアやOSシステムを使ってデータを復元する事もできなくなります。

しかし論理障害と違いクラッシュしたハードディスクドライブやUSBフラッシュメモリに
保存していた中身のプログラムファイルやシステムは、セクタやICチップなどの
記憶装置部分が無傷であり、データそのものは全く破損していない事例も多いです。
物理障害・論理障害 | データ消失
データを失う可能性が起こるトラブル障害とは?
パソコンのハードディスクやUSBメモリ、SDカード、外付けHDD、NASなどをはじめとした
電子ファイルをデジタル上に保存する『データ記憶メディア』。

これらには常に[データファイルの損傷や消失]のトラブルという危険もあります。

具体的にどういったトラブルでデータを失うことが起こりうるのか、その事例を一覧にして並べてみます。


データトラブルの事例


・HDDなどのパーツの物理的な故障による読み込み不可の状態。
・WindowsやMacOS Xなどのオペレーティングシステムのエラーの発生。
・DVD-RWやコンパクトフラッシュ、xDピクチャーカードなどの保存メディアの故障や寿命。
・操作中に誤ってファイルを削除してしまう。
・誤ってディスク(ボリューム)をフォーマットしてしまう。
・コンピューターウィルスやスパイウェアによる被害。
・落雷による電源のショートによる作業の中断事故。
・外部からの衝撃によるクラッシュ。
・第三者による誤った操作による共有フォルダーのデータの削除。

この記事を読まれた皆様もこういったデータトラブルの事例のどれかに
遭遇した経験がお有りではないかと思われます。

ファイルを間違って消去してしまうアクシデントの場合とディレクトリが論理的(システム的)に
壊れてしまう場合、そしてOA機器や保存したディスクが物理的に損傷してしまう場合と、
主にこの3つのトラブルパターンが考えられます。
物理障害・論理障害 | データ消失
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-category-25.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.