データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【メモリーカード】のページです。パソコンの故障やエラーによる保管ファイルの喪失。そんな時にこそデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復や修理の手順など破損トラブルの解決に関するアドバイスやレスキューサービスを掲載しています。


こちらは『メモリーカード』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧ページです。
メモリーカード のカテゴリ






ページ案内
下記のリストにてそれぞれのエントリーページの見出し文を新着順に掲載しています。

各文章の下部分にある、「エントリータイトル」と「続きを読む」と書かれたリンクから
コンテンツの本文と追記の一文が表示されたエントリーページへ入れます。

また、過去に作成したページも定期的に新しい内容に、サービスの更新を行っています。





初期化したメモリーカードのデータをMacパソコンで復元するには?
USBメモリやSDメモリーカード、xDピクチャーカード、コンパクトフラッシュといった、
電子データを書き込みして保存するための補助記憶装置メモリーカード(memory card)を、
誤ってクイックフォーマットなどを実行してすべてのファイルを初期化で消去してしまったら、
AppleのMac OS XまたはmacOSのパソコンからデータ復元をすることはできる?という疑問について。

メモリーカード

まず、Macパソコンでは外付けHDDやRAID、USBメモリといった補助記憶装置を
USBコネクタから接続している状態で、Finder(マイファイル)の画面から
ファイルを消去した場合には、外部記憶装置のデータもゴミ箱に一旦移動しますので、
ゴミ箱アイコンを開いて、そちらから元の位置に戻す形で復元することができます。

ですが、メモリーカードを丸ごとフォーマット(format)を実行して初期化すると、
すべてのファイルは表示の上では消えてしまい、ゴミ箱にも移行されません。

クラウドストレージの「iCloud」(アイクラウド)などのサービスに自動的に
バックアップデータを送信するように設定をされていましたら、
そちらを開いて、必要なファイルを探されてみてください。

しかし、常時パソコン本体に接続されていない外部記憶装置のデータは
クラウドサービスには直接的にはバックアップデータが送信されないため、
必要なファイルのバックアップが取れていないことも多いです。

特にフォーマットで削除したファイルの中でまだ必要なものが複数あり、
なるべく多くの消えたデータを復元したい、という際には、
それ以上はメモリーカードに新しいファイルを上書きせずに、
プロのデータリカバリーサービスに問い合わせて診てもらわれることがより確実です。
メモリーカード | ハードウェア
メモリースティックを初期化した時にデータを復元するには?
Sony(ソニー)より開発・発売されていますフラッシュメモリの小型メモリーカード
「メモリースティック」 (Memory Stick) 略称:メモステ/MSを電子機器でお使いの際、
誤った操作でメモリースティックにフォーマットをかけて初期化してしまったら、
前に保存したデータファイルを後から復元することはできる?という疑問について。

フォーマット

メモリースティックの製品一覧


・ソニー:メモリースティック PRO Duo 4GB Mark2 MS-MT4G
・LEXAR:メモリースティック ProDuo Mark2 32GB LMSPD32GBCAS
・サンディスク:メモリースティック PRO Duo 4GB



まず、フォーマットを行なった場合はデータ記憶メディアが工場出荷時の状態に初期化されて、
それまでに書き込みしていたすべてのデータが画面の表示上では消えてしまいます。

また、各種電子機器に備わっているゴミ箱ツールや、
Mac OS Xパソコンでのゴミ箱フォルダーといった場所にも移動されません。

そのため、パソコンの標準機能だけでそのままでは復元ができません。

もしバックアップデータを事前に保存していたり、定期的に自動的に
バックアップされるようにツールで設定していましたら、そちらを開いてみます。

また、データ記憶装置は通常、ファイルを削除した後でも、まだ拡張子の痕跡がセクタ上に残留しています。

初期化をした後で新しいデータを上書きすると、その痕跡ファイルが次第に
上書きされて消えていくため、ひとまず、それ以上のメモリースティックの使用は控えます。

プロのデータリカバリーセンターに問い合わせて初期化させたメモリースティックを提出して、
状態の診断とファイルの復元作業を行ってもらわれることを推奨します。
メモリーカード | 周辺機器
コンパクトフラッシュの寿命の際にデータ復旧はできる?
デジタルカメラなどのデータ記憶装置として導入されているフラッシュストレージの
コンパクトフラッシュ(CompactFlash/CF)を使用されている際に、
長年の経年劣化と摩耗でメモリーカードとしての寿命が来たような様子が見られて
正常に読み込みできなくなってきた際、データは復旧できる?という疑問について。

コンパクトフラッシュ

[主なコンパクトフラッシュの製品一覧]

・Transcend CFast Card
・SanDisk Extreme Pro コンパクトフラッシュ 32GB 90MB/Sec. SDCFXP-032G-J92
・MIT TECH:工業用コンパクトフラッシュカード、SLC、4 GB
・TDK コンパクトフラッシュカード CF 1GB GBDriver CFGA6A1GABC-AAA
・Cisco Systems:フラッシュメモリカード 512 MB コンパクト Refurbished
・Lexar:Professional 3400x256GB CFast 510MB/s LC256CRBNA3400



まず、少し読み込みが鈍くなっただけでまだ何とか完全に寿命が来ずに開ける場合には、
ひとまずそれ以上のデジカメでの使用は控えて、コンパクトフラッシュを
一度専用のUSBケーブルを通してデジカメからパソコンに読み込みます。

またはCFカードをデジタルカメラ本体から抜き出して、
USBカードリーダー/ライターに差し込みしてパソコンに接続します。

そしてWindowsのエクスプローラーやMac OS XのFinderで中身の写真データなどが
開けるようでしたら、すぐに外付けHDDなどにバックアップを取ります。

また例えばTDK製のコンパクトフラッシュメモリーカードでしたら、
「TDK SMART」という、CF・SSD・SDメモリーカードの寿命推移を診断出来るソフトウェアが
配布されていて、パソコンでそれぞれのフラッシュメモリの状況を確認することができます。

メモリーカードの調子がおかしくなってきたら、こういったツールの自己診断機能で、
製品の寿命が近いのか、他のエラーなのかどうかをある程度判別する目安になります。

ですが、寿命の近づいた電子機器をパソコンやデジカメに差し込んで使うと
更にまた寿命が近づくため、なるべく安全にコンパクトフラッシュの中身のファイルを
救出したい際には、プロのデータリカバリーサービスに診てもらわれることを推奨します。
メモリーカード | データ復旧について
コンパクトフラッシュから消去したファイルを復元するには?
デジタルカメラで撮影した写真画像を電子データとして保存する記憶装置
コンパクトフラッシュメモリーカード』(CompactFlashmemory card)を日々お使いの際に、
誤って内部のファイルを削除してしまったり、フォーマットで丸ごと消去してしまった場合、
どのようにすればデータの復元ができる?という疑問について。

コンパクトフラッシュ

今回のこちらのページにて提示させていただきます作業の一例では、
Apple社より開発されています『Mac OS X』のパソコンでのデータ復旧作業の実例について、
解説させていただきます。

【主なCFカードの製品の一覧】

・Lexar:Professional 1066倍速 コンパクトフラッシュ 256GB LCF256CRBJP1066
・SanDisk(サンディスク):160MB/s 1067倍速 UDMA7対応 Extreme Pro SDCFXPS-256G-X46
・シリコンパワー:コンパクトフラッシュカード 1000倍速 128GB SP128GBCFC1K0V10
・コンテック:コンパクトフラッシュ8GB FIX DISK仕様 CF-8GB-A
・アイ・オー・データ機器:コンパクトフラッシュカード インダストリアル 2GB CFU-IV2G
・TEAM:CFカード高速タイプ 1000x128GB TCF128G100001
・Transcend(トランセンド・ジャパン):コンパクトフラッシュカード 256GB 800x TS256GCF800
・Kingston(キングストンテクノロジー):32GB CF Elite Pro 133倍速 CF/32GB-S2
・マイクロディア(MICRODIA):XTCF160-G004 00658 XTCF160-G004 00658
・Komputerbay:256GB Compact Flash メモリカード 1066X CF UDMA 7 RAW
・DELKIN:CFカード 500X 64GB UDMA6
・Wise:Advanced1000倍速 CFカード 64GB



Macパソコンの場合


まず、デジタルカメラにCFカードを差し込みしている時に写真画像を消去した場合、
パソコンや電子メールのような「ゴミ箱」の機能がないため、そのまま表示上では削除されてしまいます。

Microsoft Windowsのオペレーティングシステムがインストールされたパソコンに
デジタルカメラに付属されたUSBケーブルかUSBカードリーダー/ライターで接続して、
エクスプローラーで開いている時にパソコンから削除した場合も、ゴミ箱には移動されません。

ですが、Mac OS Xのパソコンの場合は、USBでつなげた外部のデータ記憶装置の中のファイルを
パソコン上のFinderなどの画面で削除した場合は、そのまま消去されずに一度『ゴミ箱』に移動します。

コンパクトフラッシュを接続したままの状態でDuckのメニューの右側にある
『ゴミ箱』を開くと、そちらにファイルが移動されていますので、ここから開いたり、
別のフォルダーの場所に移す形でデータを復元できます。
メモリーカード | PC周辺機器
フォーマットしたコンパクトフラッシュの写真を復活させる手順
デジタルカメラで使用する画像の記録媒体の一つ【コンパクトフラッシュメモリーカード】
(CF,compact flash)は、現在デジタル一眼レフカメラ等の機材で使用されています。

CFカードの主なメーカーには、Sandisk Extreme(サンディスク・エクストリーム)、
Transcend(トランセンド)、SILICONPOWER(シリコンパワー)、
GREENHOUSE(グリーンハウス)、BUFFALO(バッファロー)などがあります。

このコンパクトフラッシュカードは他のデジカメのSDカード等と同じく
日々カメラを使っているうちに、常に大量の写真や動画のファイルが作成されて、
容量が一杯になって削除、という動作を繰り返していく使い方が多いですね。

transcendフォルダ

しかしある時にうっかりデジタルカメラの機能で間違えてCFカード全体の
『フォーマット』(初期化)の指示を出してしまい、大事な写真やビデオムービーのデータが丸ごと
消えてしまった、という事態になってしまうトラブルが稀に起こってしまうケースもあります。

または、パソコンにUSBケーブルでの接続でCFを認識させている時に、
指示のミスでリムーバブルディスクの「クイックフォーマット」を
かけて消去してしまったため、すぐに復活させたい、という場合について。


まず、カメラやPCの機能からフォーマットの入力をして初期化すると
文字通りそれまでのデータがすべて削除された、という指示をメモリーカード内に出すことになります。

ですがフォーマットして直後の段階であれば、まだ以前に書き込まれた拡張子のデータそのものは、
フォルダの表示上では見えないのですが、大抵の場合は「痕跡」がまだ残っています。

特にコンパクトフラッシュのように小型のフラッシュ・メモリーカードなら
最大容量も低く、ディレクトリ全体のスキャンにも時間がかからないので
消えた写真や動画をご自身で復活させる作業もある程度行いやすいです。

ひとまずそれ以上はそのフォーマットさせたコンパクトフラッシュを使って
写真を新しく撮らないようにして下さい。

もしパソコンをご自身で一台お持ちであれば、
以下のような作業の例でCFの写真を元に戻す手順を試みる事が出来ます。


まずはデジタルカメラに付属しているUSBケーブルを取り出してコンパクトフラッシュを挿入した
デジタルカメラとパソコンを繋げてリムーバブルディスクとしてデバイスに認識させます。

または『USBカードリーダー/ライター』にCFカードを差し込んで、
パソコンにUSBコネクタを繋げて読み込みます。

※コンパクトフラッシュを初期化してからすでに何度もファイルを上書きしている場合には、
 以前のデータの拡張子の痕跡が破損してる可能性が高いため、
 プロのデータ復元サービスセンターの方で状態を見てもらうことを推奨します。
メモリーカード | フォーマット
メモリーカードが古いカードリーダーで読み込めない時の復旧方法
先日、数年以上前に購入していた古い[USBカードリーダー/ライター]で
デジタルカメラのSDHCカードやmicroSDHCカード、microSDXCメモリーカードを
読み込もうとしたら、パソコンでデバイスが認識できないトラブルがありました。

usbcardreader.jpg

かなり以前に購入したUSBカードリーダー/ライターだったので、製品のパッケージや
取扱説明書がもうどこかへ行ってしまい対応の媒体や動作環境が確認できなかったのですが、
原因と復旧方法は大体すぐわかりました。

そのカードリーダーに差し込みしたのが最近発売された
16GBの[SDHCメモリーカード]や32GBの[microSDHCカード]だったので、
やはり古い型番の製品では非対応で読み込みできなかったのだと思われます。

だいぶ前に購入した別の容量の低い、SDカードやxDピクチャーカードの方は
しっかりと認識できてデータが開けて復旧できたので、機器の故障ではなかったようですね。
メモリーカード |
メモリースティックがPCで認識しない時に復旧するには?
SONYから発売されているデータ記録用メモリーカード媒体の
[メモリースティック](memory stick)に書き込みした様々なファイルを
PC上で読み込むために接続したら、なぜか認識しない場合の原因と復旧の方法について。

メモリースティック

カードリーダ/ライターを使う場合


まず、メモリースティックを電子機器本体から取り出してパソコンに接続する際に、
お使いのカードリーダー/ライターと専用の変換アダプターが
しっかりと正しい位置に差し込まれているか、確認してください。

うっかり逆の向きや別の差込口にメモリースティックを差し込んでしまうと、ファイルやフォルダが
読み込みできないだけでなく両方の機器の破損の原因となるおそれもあるので注意してください。

念のために小さなごみや埃が挟まっていないかも見てみましょう。

普段は正常に接続してデバイスに認識されていても、
たまたま読み込みできずエラーが出ただけ、ということもあります。

一度カードリーダーとアダプター、メモリースティックをすべて取り外して、
今度は別のUSBポートにコネクタを差込みして繋げ直してみましょう。

古い製品と新しい製品同士だと、特定の種類のUSBポートや周辺機器などに
対応できない事もありますので、差し間違えなどがないようにご注意ください。

またカードリーダ/ライターを通して読み込む場合、
互換性や相性の問題でデバイスに認識できないこともよくあります。

その時はハードウェア機器から直接、専用のUSBケーブルをPCに繋げて読み込んでください。

また、もしパソコンなどのコンピューターをお持ちでない場合は、
専門のデータリカバリーサービスにて、ファイルを開いて別のメモリーカードなどに
コピーしてバックアップをしてもらうこともできます。
メモリーカード |
メモリースティックが読み込みできない時に復旧するには?
パソコンやデジタルカメラ製品のデータ記録用カードとして幅広く普及している
「メモリースティック」(memory stick・MS)は、以前は4MB~32MB程の容量だったのが
現在では32GBの「HG」や2TBもの大容量を備えた「メモリースティックPRO XC-HG」
等が登場して、今も大変多くのユーザーに使われています。

しかし容量が非常に大きくなってきた近年のメモリースティックXCシリーズなど
一部の製品では、カードを認識して読み込みするコンピューターの方が
新製品のスペックに対応できず、書き込みデータを含めて読み込みできないこともあります。

まず、新しくメモステを買う時に、使用する予定のパソコンやデジタルカメラ、
USBカードリーダ/ライター、デジタルオーディオプレーヤーに
規格が対応されているかどうかを確認してください。

例えばかなり古いメディア製品やOSに最新のメモリースティックXC-HGなどの
転送速度が高性能で大容量の製品を差し込んた時に利用できないことがあります。

特にWindows2000以前や古いMacのOSなどの動作環境だと読み込みがしっかりできず、
デバイスに正常に認識されない可能性が高いです。

専門のデータリカバリーサービスの方で、メモリースティックの内部ファイルの
読み込みを行ってもらうこともできます。
メモリーカード | 記憶メディア
メモリーカードのファイルが消えて認識しない時の原因は?
メモリーカード(memory card)とは、半導体メモリ、すなわち電気を通しやすい導体と
電気を通さない絶縁体の中間物質(semiconductor)を用いた記録装置を使って
データを記録する、小型の保存用電子機器です。

USBメモリ、内蔵フラッシュメモリ、SDカード、コンパクトフラッシュ、メモリースティック、
マルチメディアカード、xDピクチャーカード、スマートメディア、SSDといった記録カードは
数十MB~数百GBの容量を保管できるので、一時的なファイルの持ち運びに便利です。

そのかわりデータの保持期間があるため、長期保存にはやや向いてない一面もあります。

microSDカード

USBメモリやSDカードにファイルを一度保存してから5年~10年~と長い時間が経って
その間全くコンピューター上で読み込みや新しい書き込み、上書き保存をしていなくても、
データがいつの間にか消えて認識しない状態になってしまう事があります。

メモリーカードは数千回~一万回くらいの書き込みの繰り返しが可能とされていて
それほどすぐに製品としての寿命が来るわけではないので、
購入してから数ヶ月~2,3年以内くらいの間なら大抵は問題なく使用できます。

しかし何もせずに長期間、引き出しや棚、収納庫に閉まってある状態でも
「トンネル効果」という現象のために、機器の内部にある「セル」から
電子がほんの少しずつすり抜けてしまい、次第にファイルを保持できなくなっていきます。

また、物理的に壊れたメモリーカードは、一般個人ではファイルが開けなくなる場合が多く、
デバイスの認識をするには、プロのデータリカバリーサービスに注文をして、
内部のファイルを取り出ししてもらうことを推奨します。
メモリーカード | 記憶メディア
読み込みを軽くするために記録メモリのデータを整理
デジタルカメラやデジタルビデオカメラ、ノートブック型パソコンなどの写真・動画撮影のための
レンズ機能が付いている電子機器で写真を撮って、あとでUSBケーブルでパソコンに同期して
接続した時、異常に読み込みが重くてなかなかフォルダが開かない、といった場合について。

最近のデジカメに使われているSDHCメモリーカードやコンパクトフラッシュ、
内蔵フラッシュメモリは、数十GBもの大容量での保存が可能で、
jpegやpngなどの写真画像ファイルをはじめ、あらゆるデータの大量保存ができます。

もちろん非常にたくさんの写真が撮れたり、多くのユーティリティーやファイルを
保存できたりと、とても便利でなのですが、
使っていくうちに一つのフォルダ内に何百何千と大量にファイルが増える事もあります。

特に写真を保存しているフォルダを、PCから同期して専門のソフトウェアを使わずに
大容量の保管先専用フォルダを開く時などに、
一枚一枚が重い写真の画像を一度に何千、とフォルダでプレビュー表示すると、
読み込みして開けるまでに数分~10分以上かかってしまいます。

CPUやメモリの性能が低いパソコンで読み込もうとすると特に重くなりやすく、
時間がかかりやすいだけでなく、読み込みエラーで開けない事もあります。

また、外部記憶メディアと本体、コンピューターにも若干負担が掛かりやすいです。
メモリーカード | スマートフォン
メモリーカードの容量がいっぱいに埋まった時に整理するには?
色々なデータを記録して保管するための「メモリーカード」という記憶メディアは
まだハードディスクドライブほどは書き込みできる最大容量が多くなく、
少し前は数十MB~数百MB、最近のカードでしたら数GB~数十GBが限度の容量です。

例えばデジタルカメラで使うmicroSDHCカードやxDピクチャーカード、CFカード、
マルチメディアカード、マイクロドライブ
は現在、1GBから32GBはあるので、
1枚1枚が重くなりがちな撮影写真や撮影動画をたくさん撮って保存し続けても、
そうそうすぐにはメモリーカードの容量は埋まらず、ある程度の枚数を保管できます。

しかし、それでも何百枚、何千枚と写真画像を保存し続けたり、
容量の重いビデオムービーや音楽のファイルなどを数多く保存していくうちに
いつかはメモリーカードの容量がいっぱいになって埋まってしまいます。

そうなると新しいファイルやフォルダが書き込みできず、また読み込みの速度
遅くなってきて、エラーが発生する確率も上がってしまいますので、
一度全てのメモリーカード内の全てのデータを整理する必要があります。
メモリーカード | 記憶メディア
RAM(メインメモリ)の容量不足を解消
RAM(ラム)とはRandom Access Memory(ランダムアクセスメモリ)の略語で、
半導体素子の使われているデータ記憶装置です。

DRAM(ダイナミックRAM)とSRAM(スタティックRAM)の二種類に大きく分けられ、
DRAMは集積度が高く安価で、SRAMは高速アクセスが出来て省エネなのが特徴です。

コンピューター上ではパソコンのマザーボードに取り付けられるメインメモリを
指す場合が多く、ハードディスクドライブと違い、一時的にデータを保存するための
装置で、一度PCをシャットダウンして電源を切ると内容がリセットされます。

再書込みのできないRやROMと違い、パソコンを再起動するとRAMは初期化されて
また使用領域がほぼ0の状態から使い直す、といった仕組みです。

エラー・フリーズの要因


ですが一回のパソコン起動の中でも、常駐ソフトでメモリの容量を使いすぎたり、
元々のRAMの容量が少ないとエラーやフリーズが出るトラブルもよく発生します。

各アプリケーションソフトウェアの動作速度が遅くなってきたり、ファイルの読み込みが重い、
と感じてきたら、Ctrlキー・Altキー・Deleteキーの3箇所を同時に押してタスクマネージャを開き、
パフォーマンスのタブでCPU使用率やページングファイル使用量を確認してみましょう。

また、プロセスのタブでメモリが何のプログラムにどれくらい使用されているかも
チェックして、状態を確認されてみて下さい。
メモリーカード | メモリ
USBがメモリーカード等を読み込まない時に復旧するには?
外部機器を接続する『USBコネクタ』の差込口は現在の全てのパソコンに搭載されています。

この接続部分により、USBメモリを初めとする数多くのデータ記憶装置や、
外付けハードディスク、複合機、デジタルカメラ、USBハブ、RAIDなどの専用装置を
PCに認識させて、保存したファイルやマシンの機能を読み込ませる事が可能です。

また周辺機器の外部ドライブ装置やUSB2.0カードリーダー/ライターといった
読み込みのためのUSBハブもシリアル・インターフェースに対応されています。

これにより外付けHDDやCD-RW、DVD-RAM、SDHCカード、メモリースティック、xDカードなど
USBコードが付属していない機器でも間接的に読み込ませる事が出来ます。


自動認識画面が出ない場合


普通はUSBポートに周辺装置を差し込んだだけでパソコンのOSが自動認識して、
リムーバブルディスク(F:)といった名称のウィンドウか専用のソフトウェアの画面が開きます。

しかし、パソコンの状態によっては接続音が鳴るだけで何も反応が起こらず、
USBメモリーカードなどを読み込まないエラーが出たように見える時があります。

これらの読み取りの障害が発生した時は
どうすれば復旧してデータを読み込み直せる?という疑問について。


まず、実際にはちゃんとデバイスマネージャーには認識されている場合も多く、
スタートメニューのマイコンピューターで確認すると、
しっかりと新しいリムーバブルディスクのアイコンが追加されているパターンもあります。

そのアイコンをダブルクリックするか、専用のアプリケーションで
手動で立ち上げるとしっかりとUSB機器を認識できる事も多いです。
メモリーカード | USBパーツ
PSPのセーブデータ破損を修復するには?
ソニー・コンピュータエンタテインメントから発売されています現在の携帯ゲーム機の一種である
PSP(プレイステーションポータブル)はゲームのセーブデータを保存する際、
本体のメモリやカートリッジでなくメモリースティックPRO Duo(プロ・デュオ)等を挿入して書き込みます。

ゲームのセーブデータはクリアまでの所要時間や、やりこみ度によって数十回、数百回と時間をかけて
行われてプレイされていく方も多く貴重なものなのですが、間違えて別のセーブと上書きしてしまったり
削除してしまうトラブルなども時々出る場合もあります。

しかしそれらゲームプレイ中の操作ミス的な障害とは別に、セーブファイルやダウンロードした
コンテンツが上書き時のエラー発生などの理由で破損してしまうトラブルも稀にあります。

セーブデータが壊れる主な原因


・上書き保存中にメモリースティックDuoを抜いてしまった。
・セーブ中に急に中断したり、バッテリーが切れた。
・PSPの起動中に本体に強い衝撃を与えたり、水を被せて壊してしまった。
・ネットワークからのダウンロードやアップデートに失敗した。
・保存している容量が一杯になっているところを上書きした。
・古いバージョンのPSP本体で最新ゲームのPSP専用UMDを稼動させた際のバグ。
・ゲームシステムのプログラムエラーによる損傷。
・パソコンからコピーしたセーブデータに問題が出ている。
・Memory Stick自体が物理的に破損して読み込み不可になっている。
・MHP2G(モンスターハンターポータブル2)などの一部のセーブデータだけが
 メモステの内部で破損している。

この他、通常の問題のない状態の時でも不可解な書き込みエラーが発生して
ファイルが破損してしまう事も稀に起こりえます。

携帯ゲーム機も技術やスペックの進歩と共にシステムが複雑化していくため
普段の使い方や活用法によっては予期せぬアクシデントが起こる可能性もやはり0ではありません。
メモリーカード | PSP セーブデータ
xDカードが破損した時データを復旧するには?
デジカメで撮った静止画の写真を画像ファイルで保存する小型メモリーカード
「xDカード」(xD-Picture Card)は、スマートメディアの後継として開発された製品です。

xDピクチャーカード

新発売された当初はまだ16MB・32MB・64MB・128MBくらいの容量だったのですが、
現在に至るまでの間に256MBや512MB、Typeシリーズの1GB・2GBが登場しています。

xDピクチャーカードは1.7mmと、非常に薄い厚さで長方形のコンパクトな形状を形をしているのですが
フラッシュメモリーカードの一種で、将来的に8GB程までの大容量化が予定されています。

デジタルカメラに普段からxDカードを何度もカードリーダーに差し替えて使用していくうちに、
次第に差込口が徐々に傷んでいき、また書き込み・削除ができる回数も無限ではなく、
最終的な使用限度を迎えてくるとファイル記録の調子が悪くなってくる事もあります。

他、デジカメ本体ごとxDピクチャーカードを海や川、水溜りに
落としてしまったり雨に濡れる、飲料がかかる、などで水分に濡れると壊れてしまう事もあります。

フラッシュメモリはわりと丈夫に出来ているので少し水が付いたり、もしくは洗濯機で衣類と一緒に
洗ってしまってもカードだけは無事、という場合もあるのですが、それでも破損する可能性も高いです。

また、薄い形状のため、踏みつけたり強打して掛けたり割れてしまう物理的な損傷が起きて、
デジタルカメラ本体やカードリーダー、カメラ屋やコンビニでの
読取装置からは完全に読み込み出来なくなるトラブルも時には出てしまいます。
メモリーカード | カード
メモリースティックPRO Duoが読み込めなくなったら?
メモリースティックプロ・デュオは、SONY(ソニー)の
コンピューター製品にも使われています、データ保存用のメモリーカードの規格の一つです。

SDカードやCFと同じく、電子機器に差し込んで記録したデータなどの拡張子ファイルを
カードリーダーを通じてパソコンに移し変えるといった用途もあります。

メモリースティックPro Duo

Memory Stick PRO Duoの読み出しトラブル


メモリースティックPRO Duoの中身が急に読み込めなくなったり、パソコンのデバイスマネージャーや
サーバ機器、デジタルカメラに認識されなくなった時は、まず接続の状態を見直してみましょう。

『主な破損ミスの一例』

・ハードウェアの差込口にしっかりと差し込まれていない。
・機器を下に落としたショックで装置から外れた。
・雨水や飲料水をかぶった。
・持ち運び中に強い衝撃を受けた。
・熱のある場所に置きっ放しにしていた。
・メモリースティックやカードリーダーの差込口が欠けたり汚れている。

例えば外でも持ち運びで使用している最中に、どこかにぶつけたり地面に
落としたりすると、メモリースティックまたはディスクが機器から
外れてしまうこともありますので、ひとまずは差込みをやり直してみてください。

メモリースティックの金属部分に小さな穴ができている、など、
物理的な破損でメモリースティックが読み込めなくなった場合は、

メーカー先のカスタマーサポートに出してみるか、 物理障害に対応されたデータ復旧サービス業者に
出して 中身のファイルを別のデータ記憶装置に移し替えてもらわれるのが最も確実です。
メモリーカード | 記憶メディア
トランスフラッシュカードやFISHのデータ復元も可能?
トランスフラッシュカード(TransFlashCard)とはSDカードの一種で、
サンディスク(SanDisk)より開発された128MB/256MB程の容量のデータファイル記録用の小型カードです。

FISH(フィッシュ)は Flash Internal Semiconductor Hard-drive
【フラッシュ・インターナル・セミコンダクター・ハードドライブ】の
略称で、 同じくフラッシュデバイス媒体の一種です。

(セミコンダクターとはシリコンなどの半導体の事を指します。)

また、『UFC』(ユーエスシー)は、UniversalSerialBus FlashCard
【ユニバーサル・シリアル・バス・フラッシュカード】の略称で、
USBフラッシュメモリーカードの規格の一つです。

こちらは1~2GBの物があり、またいずれ16GBにまで拡張されると言われています。

これらトランスフラッシュやUFC,FISHは、SONYやBUFFALO、Transcend等のメーカーから発売されている
普通のUSBメモリーカードほどの知名度はないものの、他の媒体と同じように拡張子ファイルの
書き込みや書き換え、USBコネクタやカードリーダーを通してのパソコンから読み込んで使用します。

そして、デバイスドライバ(PCのOS)にリムーバブルディスクとして通常通り認識されれば、
中身のデーターを消してしまったりファイルの展開が不可になった時でも、
USBフラッシュメモリと同じくデータ復元ソフトウェアを使って復帰を試みる事も出来ます。
メモリーカード | マルチメディア
割れたメモリーカードからファイルを取り出すには?
デジタルカメラの写真画像ファイルやデジタルビデオカメラのムービーのデータ、
エクスポートした電子メールの履歴、パソコンの作成ファイルをはじめ、

拡張子ファイルといったデジタルデータはご存知、専用メモリーカードで
USBポートからカードリーダーやケーブルを通して接続して、
パソコンと他のコンピューター機器とのデータの移行やバックアップができます。

SDHCカード

いっぱいになった空き容量の入れ替えなどで、よく頻繁にファイルの保存を行うために
USBカードリーダーやデジタルカメラ本体から繋ぐUSBケーブルで
メモリーカード内部のデータの取り出しをよく行っていくことになります。

主な外部のデータ記録媒体には、1.8インチHDD2プラッタ、ExpressCard/54、
ICカード、iVDR、microSDXCカード、SDメモリーカード、SIMカード、USBFlashCard、
USBメモリ、xD-PictureCard、コンパクトフラッシュ、スマートメディア、
トランスフラッシュ、マイクロドライブ、マルチメディアカード、ミニチュアカード、
メモリースティックDuo、など数多くの製品があります。

これらのデジタル記録カードは外見の通り、大きさは縦横数cm、厚さは数㎜ほどで、
取り外しや持ち運びの際に、うっかり強く押してしまい割れてしまうトラブルも珍しくありません。

一般の方が自力で、割れたカードからデータを取り出すのはほぼ不可能なため、
まずは専門の「データ復旧サービスセンター」(物理障害を取り扱ってもらえる業者先)に
連絡をして破損状態を伝えて診断をしてもらうことが、最も確実な方法になります。
メモリーカード | フラッシュメモリ
メモリーカードから失ったデータを復元するには?
メモリーカード』(memory card、またはメモリーユニット)とは、
USBアダプターやカードリーダーからパソコンなどに接続して、ファイルの保管、移動、
または持ち運びを行うのに役立つ、リムーバブルメディア(データの補助記憶媒体)です。

主に型番やメーカーによって、メモリースティック、USBフラッシュメモリー、
CF(コンパクトフラッシュ)、SDメモリーカード、microSDカード、MMC(マルチメディアカード)、
xDピクチャーカード、SM(スマートメディア)、MD(マイクロドライブ)といった種類があります。

また、上記のうちのほとんどの製品は、USBカードリーダー/ライターを通して、
パソコンから読み込んでデータのコピーや書き込み・削除を行うことができます。

SDカード

これらのメモリーカードから、もしある時に、書き込みしていたデータを、誤って削除したり、
フォーマットをかけたり、長期間の未接続による問題発生などで失った場合には、
どうすれば記憶媒体からファイルを復元できる?という疑問について。
メモリーカード | SDメモリーカード
cf card memory内のファイルを復旧できない時は?
Sandisk[サンディスク]など、デジタルカメラ等でお使いのcf card memory
(コンパクトフラッシュメモリーカード)内の記憶ファイルを
カードリーダーとUSBポートを通してパソコンから読み込もうとしたら、

『ディレクトリが壊れています』 『フォーマットしますか?』 『アクセスできません』といった
バルーンが表示されて、あるいはデバイスが認識されず読み込みできないというトラブルが
発生してしまう時があります。

データーを修復させる主な手法


CFカードが急に読み込めなくなった場合は物理的な衝撃や水害で破損してしまった可能性が
高いのですが、まずは別のPCやカードリーダーから接続してみる、
デバイスマネージャの操作でUSB機器を再認識させてみる、
ファイナルデータ8.0などの復旧プログラムソフトで読み込んでみる、といった復旧方法を試してみてください。
メモリーカード | ★カメラ&レンズ・機材
PSPのメモリースティックデータが消えた時に復元するには?
SONY-ソニーの大人気携帯ゲーム機:
PSP【PlayStation Portable】(ピーエスピー・プレイステーションポータブル)は、
1000、2000、3000シリーズともに、メモリースティックDuo/PRO Duoハイスピードという
メモリーカードをハードウェア本体に差し込む事でプレイ中のセーブデータを保存します。

このPSPデータはパソコンのカードリーダーにメモリースティック(略称:メモステ、MS)を挿す事によって
PC上、または外付けHDD、RAID、NASなどにコピーしてバックアップを取ったりすることもできる、
互換性と多様性に優れた便利なデータ記憶装置です。

しかしもし誤ってデータを上書きまたは削除してしまったり、持ち歩きの時の衝撃やエラーなどで
データが消えてしまった場合、パソコンのファイルのように復旧・復元はできる?という疑問について。

PlayStation Portableのセーブデータ復活方法


まず、有名なファイナルデータ【FINALDATA】などのサルベージソフトは
PSP専用のMemory Stick PRO Duoやマジックゲート、マイクロ 、XCといった
あらゆる外部記憶装置からの検出に対応されています。

パソコンをお持ちでしたら復元ソフトウェアをインストールしてから次にカードリーダーないし
カードライターにメモリースティックを差し込んでUSBコネクタから接続してデバイスドライバに
リムーバブルディスクとして読み込みをさせます。

そしてソフトウェアの画面を起動して、デバイスマネージャーに
確認されているメモステをスキャンして、復元を試してみましょう。
メモリーカード | PSP
CF(コンパクトフラッシュメモリーカード)を復旧するには?
CompactFlash(コンパクトフラッシュ)とはCF(CFカード)とも呼ばれる、
大きなチップ型のデータ保存カードの規格です。

CompactFlash

アメリカ合衆国の企業「サンディスク」(SanDisk)にて開発された、
フラッシュメモリ型のメモリーカードになります。

主にデジタルカメラのコンパクトフラッシュメモリーカードなど、
データファイル保管用の小型メモリーカード型の保存媒体として広く普及しています。

[CompactFlashの主なメーカー製品]
・Transcend(トランセンド・ジャパン) 4GB CF CARD (133X、TYPE I) TS4GCF133
・Sandisk(サンディスク)Extreme 16GB 60MB/s 400X UDMA CF 海外パッケージ
・BUFFALO(バッファロー) コンパクトフラッシュ 1GB RCF-X1GY
・SILICONPOWER(シリコンパワー)200倍速CFカード 8GB SP008GBCFC200V10
・グリーンハウス 433倍速(65MB/s)ハイスピードコンパクトフラッシュ 16GB GH-CF16GFX
・ALL-WAYS コンパクトフラッシュメモリーカード133倍速2GB
  容量2GB転送速度読み書き最大で20MB/秒UDMA5対応 ACF-133-2G

CFカードのデータが消えてしまったら?


誤ってメモリ内に保存していた写真や動画などのデータを削除してしまったり、上書きしてしまった、
また外部からの衝撃やショート、破損などの物理的な障害でCFカードからデータが読み込めなった、
といった場合にはどうすれば中身のファイルを復旧できる?という疑問について。

まずはカメラ本体の挿入口から一度CFを抜き出し、それ以上の上書き使用を控えます。

そして、削除してしまったファイルを個人での修復作業で行いたい場合には、
コンパクトフラッシュのデータ復元の作業をパソコン上で実行する事になります。

CFカードはSDカードと同じく外付けのリムーバブル・ディスクであるため、
Windowsの「システムの復元」や「シャドウコピー」、Macの「タイムマシン」といった
OS搭載のアプリケーションでは内部の写真画像を削除すると復旧できません。

そのため、まずはAOSテクノロジーズの『フォトリカバリー』やWinRecovery Softwareの
『CardRecovery』(カードリカバリー)などの写真画像向けのデータ復元ソフトウェアを購入して、
パソコンにインストールしてからスキャン機能を使ってみましょう。
(購入する前に体験試供版を入手して先にスキャンだけ行える製品もあります。)
メモリーカード | PCパーツ
メモリースティックのデータを復旧するには?
メモリースティック(memory stick)は今パソコンをはじめ、
様々な機器に大容量のデータ保存メモリーとして幅広く使われています。

memorystick Pro Duo

パソコン本体に外部接続して使うUSBカードリーダーに差し込み、
デバイスマネージャーに認識させて内部のディレクトリを読み込んで使用できます。

MemoryCardとは?


メモリースティック(メモリーカード)はソニー(SONY)が中心に開発された半導体メモリ搭載の
小型IC記録メディアです。

大まかにパソコン用のUSBメモリと、デジタルカメラやモバイル端末用のSDカードに次いで、
ある程度メジャーな補助記憶メディアでもあります。

フラッシュメモリや超小型ハードディスクなど大容量の保存メディアと同様に優秀で、
小型で持ち歩きやすくMOやDVD-ROMのようにカートリッジの読み取りの
本体機器もいらないので、大変便利なデータ保管カードとして活用できます。

SDカードやMOと同じく、書き込んだファイルは何度でも消去・書き換えが可能です。

その分、誤って必要な拡張子の誤った削除や上書きをしてしまう破損のトラブルもよく起こりえます。

そんな時に、どうすれば中身の保存していたファイルを復旧できる?という疑問について。

まず、お使いのコンピューター装置で、例えばアップルのMac OS Xのパソコンのように、
本体の内蔵ハードディスクやフラッシュメモリだけでなく、外付けの補助記憶装置のデータを
削除した場合でも、そのまま消去されずに一度「ゴミ箱」に移行するシステムもあります。

Windowsでは通常、リムーバブルディスクからウィンドウズのアクションで消去したファイルは
ゴミ箱には入らず直接消去されるのですが、他のコンピューター装置をお使いであれば、
メモリースティックの中のデータがひとまずゴミ箱などに入っていないか、確かめてみます。

またはバックアップの機能などで何らかのファイルの保管を行っていましたら、そちらをチェックしてみます。
メモリーカード | 記憶メディア
PSPの削除セーブデータを復元する方法は?
現在大人気のソニーの携帯ゲーム・PSP-PlayStation Portable
(読み方:ピーエスピー・プレイステーション・ポータブル)
のセーブデータをメモリースティックDuoからうっかり削除してしまった場合について。

PSP プレイステーションポータブル

せっかく進めていたPSPゲームのセーブが消えてしまった場合に何とか回復させたく思いますよね。

そんな時に、プレイステーション・ポータブルのメモリースティックデュオに
含まれていたセーブデータを、パソコンに接続して復元させる事が出来ます。

まず、PSPメモリーカードが物理的に破損していなければパソコンにアダプタを通して
USBポートから接続し、デバイスにメモリースティックデュオのフォルダを認識させます。

セーブデータが入っていないように見えますが、削除して早い段階なファイルの痕跡は残っています。

プレイステーションポータブル(PSP-3000)の携帯ゲーム機本体が
水濡れした場合はどうやって対処すればいい?という場合は、

まず、本体に差し込んだメモリースティックデュオなどが特に水をかぶっていなかった場合は
しっかりと念のためそのまま乾かせば、多くの場合はそのまま使えます。

PSP本体がどれくらい水をかぶったかにもよるのですが、仮に雨に濡れた程度でしたら、
中身に差し込んでいるメモリースティックProDuoまでは水分の浸入が到達していなければ、
一度カードを抜き出して念のために乾いた布でふき取ってしばらく置いてみてください。

もしプレイステーションポータブルが壊れてしまった場合は修理に出すか、
買いなおしてみて、その後メモリースティックを読み込んでみると大抵は大丈夫です。

どうしても気になる際には、メモリースティックも買い替えてみるのも一つの方法です。

洗面器や洗濯機、池や川などの溜まり場に起動中のPSPをゲームソフトのディスクや
メモリースティックを差し込んだまま落として数十秒以上水に浸かってしまうと、ショートや浸水、
錆び付き、湿気の影響がソフトウェアやメモリーカードにまで出てしまう可能性があります。

こういった深刻なトラブルの場合は、念のために水に濡れたもの全てを
修理サポートに出してみることをお薦めします。

メモリースティック・デュオなどのどうしても必要なセーブデータが読み取れない時は、
専門業者のデータ復旧サービスにて修復してもらわれることを推奨します。
メモリーカード | PSP
メモリーカードから消去した保存データを復旧するには?
これまで使用していたメモリーカード(memory card)を落としたり、硬い壁や机などにぶつけたり
水濡れや水没に遭われた場合、内部の回路のクラッシュにより破損してしまった手痛い経験を
持つ人は、他のコンピューターをお使いの方と同じく非常に多いかと思われます。

デジタルカメラやデジタルビデオカメラなどメモリーカードを差し込んでいる
小型のコンピューター機器の本体そのものが破損するのも手痛いですが、
内部に登録していたデータを失う方が痛いことも多いものです。

メモリーカード内の主なファイル


まず、アドレス番号、着信履歴、インターネット、お気に入り、
待受画像、カメラ写真、電子メール、アプリ、メモ帳のテキストなど、
使い込んだメモリーカードに入れたデータを挙げてみると相当に膨大なファイルが
一瞬で破損してしまうのが最も深刻なトラブルになりがちです。

SDカードやmicroSDXCメモリーカード、コンパクトフラッシュ、スマートメディア、
メモリースティック、xDピクチャーカード、USBメモリ
といったデータ記憶媒体は、

ハードディスクに比べると最大容量が小さいため、パソコンや外付けHDDに
バックアップをしていればある程度は自己でデータ復旧ができます。
メモリーカード | 記憶メディア
メモリーカードで削除したデータファイルを復元するには?
ファイルを記録する「メモリ」をカード型の規格に収納した
メモリーカード」(memory card)は今ではUSBメモリやSDカードをはじめ、
複数の種類の媒体が様々な電子機器のデータ記憶装置として普及しています。

メモリーカード

小型で軽く、簡単に持ち歩きが簡単で 接続・取り外しがすぐにできて交換可能で
非常に便利なメモリーカードは、フラッシュメモリなのである程度の頑丈さもあります。

メモリーカードを使用する主な電子機器には、パーソナルコンピューターをはじめ、
モバイル端末、デジタルオーディオプレーヤー、サーバー、NAS
デジタルカメラ、デジタルビデオカメラ、ネットワークカメラ、と数多くの製品があります。

一方でよく使いやすい分、保存していたファイルを別の場所にバックアップを取る前に
うっかり上書きや削除で以前のファイルを消してしまうトラブルもよく起こります。

例えばWindowsのパソコンにカードリーダーで接続したメモリーカードのデータから
ファイルを削除すると、ローカルディスクのCドライブや増設したDドライブといった
内蔵のハードディスクやSSDと違い、「ゴミ箱」にファイルが一旦移動して保管されず、
そのまま拡張子が消去されて、通常の動作では元に戻らなくなります。

ファイルの削除

また、Windowsで他の一緒に読み込みしている別のデータ記憶メディアと間違えて
[クイックフォーマット]を掛けてしまったり、デジタルカメラなどに差し込んでいる時に
誤った操作でカードを[初期化]してしまうと、全てのファイルが削除されてしまいます。

そんな時にはどうすれば消えたデータファイルを復旧できる?という疑問について。
メモリーカード | 記憶メディア
 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-category-23.html
Copyright (C) 2007-2018 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.