データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【ファイルの破損・エラー】のページです。パソコンの故障やエラーによる保管ファイルの喪失。そんな時にこそデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復や修理の手順など破損トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


こちらは『ファイルの破損・エラー』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧ページです。
ファイルの破損・エラー のカテゴリ









ページ案内
下記のリストにてそれぞれのエントリーページの見出し文を新着順に掲載しています。

各文章の下部分にある、「エントリータイトル」と「続きを読む」と書かれたリンクから
コンテンツの本文と追記の一文が表示されたエントリーページへ入れます。

また、過去に作成したページも定期的に新しい内容に更新しています。

 


Tempフォルダーのtmpファイルを復元するには?
Microsoft Windowsのパソコンを使用中、Tempフォルダーという一時的なファイルを保存する
フォルダーにあるデータを、誤った削除動作で消してしまい、
後から復元させたい場合にはどうすればいい?という疑問について。


※こちらの一例では、Windows 10(ウィンドウズ・テン)で行なう場合について解説いたします。

まず、一時ファイルも拡張子として作製・保存されていますので、
Tempフォルダーに保管されるという点以外はデータの形自体は普通のファイルと同じです。

Tempフォルダーの場所を開くには、Windows 10のデスクトップ画面のタスクバー左にあります
「何でも聞いてください」と書いてあるボックスに「ファイル名を指定して実行」と打ち込みます。

「ファイル名を指定して実行」の項目を選択して、デスクトップアプリを開きます。

このボックスに「%temp%」と打ち込み「OK」を押します。(%は小文字に変換)

C:→Users→ユーザー名→AppData→Local→「Temp」のフォルダーが表示されます。

Tempフォルダー

ここにあります「.tmp」の拡張子が一時ファイルとなります。
Tempフォルダーにあるファイルは数か月くらいの間は残っているものが多いです。

このフォルダーで削除したファイルも、普通の消去の操作であれば、すぐになくならず
まずはゴミ箱のフォルダーに移行します。

ゴミ箱を開いて、対象のtmpファイルを選択して右クリック→「元に戻す」で
元のTempフォルダーに戻ります。

操作中もCドライブを常に回していてOSの上書きがされるため、
より確実に回復をしたい、という際にはそのままパソコンを動かさずに
データリカバリーサービスに出して診てもらわれることを推奨します。
ファイルの破損・エラー | フォルダ
破損したJPEGの画像ファイルを修復
デジタルカメラやモバイル端末、ノートパソコンなどで撮影した写真データや
画像編集ソフトなどのアプリケーションで作成したJPEGファイルが、

画面上で正常に映らずにぼやけていたり、画像の一部に白や黒の面が出ていたり、
砂状に荒れた部分があったり、もしくはファイルが開けない、といった場合には、
どうすれば対象のJPEGの拡張子を修復できる?という疑問について。

ドキュメントの破損

[主なデジタルカメラの製品の一例]

・Canon(キヤノン):EOS1DSMark IIIの21.1MPデジタル一眼レフカメラ
・Nikon(ニコン):デジタル一眼レフカメラ D4Sボディー D4S
・日立(HITACHI):500万画素デジカメHDC-503X HDC503X
・Leica(ライカ):デジタルカメラ ライカD-LUX6 1010万画素 光学3.8倍ズーム 18461
・Kenko(ケンコー):デュアルモニターデジタルカメラ DSC880DW IPX8相当防水 DSC880DW
・CASIO(カシオ):デジタルカメラ EXILIM EX-ZS27WE 広角26mm 光学6倍ズーム
・Panasonic(パナソニック):デジタルカメラ ルミックス SZ10 光学12倍 DMC-SZ10-W
・SONY(ソニー):デジタルカメラ Cyber-shot RX100M2 光学3.6倍 DSC-RX100M2
・SIGMA (シグマ):デジタルカメラ dp0Quattro FoveonX3 有効画素数2,900万画素
・RICOH(リコー):PENTAX中判デジタル一眼レフカメラ 645Zボディ 約5140万画素 645Z 16602



まず、静止画像の圧縮データの一つであるファイルフォーマット『JPEG/JPG』
(Joint Photographic Experts Group/ジョイントフォトグラフィックエキスパーツグループ)や
その他の拡張子は、一度破損してしまうと、Photoshopなどのグラフィックソフトや
プレビュー画面などで開けなくなるか、画像の一部が壊れた状態で表示されます。

エクスプローラーを確認して、ファイル名や拡張子名が書き変わっていた場合は、
『名前の変更』で元の「~.jpg」と書き直すと、正常な状態に修復できるケースが多いです。

拡張子のプログラム自体が破損していて、作り直しや撮り直し、再入手が難しい場合は、
一般個人として直すにはファイルフォーマットのプログラムの構造に詳しくなければ難しいため、
主に専用のファイル修復ソフトウェアを入手して使用していく事になります。
ファイルの破損・エラー | 画像処理
壊れたファイルを修復する回復機能とは?
パソコン上でアプリケーションソフトを使って拡張子ファイルを
作成・編集している時には、こまめに上書き保存する事がとても大切です。

しかし上書き保存中にエラーやバグ、もしくはフリーズや強制終了などの
急なトラブルが発生した原因で、稀にファイルが壊れてしまう事があります。

また、新しいパソコンやハードディスク、SSDへの引っ越しによるデータの移行中や
少し壊れたOSの修復作業といった作業の最中に、
稀にファイルの拡張子が破損してしまうケースもあります。

誤って削除してしまったデータの場合はごみ箱から元に戻したり、
まだ通常見えない領域に残っている痕跡から復元する方法が使えるのですが、
拡張子自体が壊れた場合だと、修復するのに特殊な機能での操作が必要になります。
ファイルの破損・エラー | 上書き・喪失ファイルの修復
壊れたファイルの修復を行う手段の一覧
パソコンをはじめとするコンピューターの操作中に、アプリケーションの画面を開いて
作成・編集していた「拡張子のプログラム」、または「ファイルの内容」が稀に、

「上書き保存の失敗」や「エラーの発生」、「急なシャットダウン」、「機能の不具合」
などの影響を受けた拍子に、破損してしまう事があります。

壊れたファイルはOSやアプリケーションから展開できずに開けなくなったり、
開いたらファイルの中の複雑なデータが消えていた、というケースも出る事例もあります。

ですがこれらのコンピュータートラブルは、一見すると元に戻すのが難しそうですが
事前に何かの対策手段を設定していればすぐ元通りに修復できる事も多いです。

破損したデータの主な直し方(簡単にできる作業順)
  1. bakファイルから開き直す。
  2. 以前のバージョン・セッションから修復する。
  3. 互換性のある別のアプリケーションで開く。
  4. ツールに搭載されたデータ回復機能を使う。
  5. システムの復元かファイル履歴(MacではTimeMachine)を使用する。
  6. 拡張子の種類と名前を変えてみる。
  7. HDDのエラーチェックを実行する。
  8. 別のOSでハードディスクを起動してみる。
  9. 専用のリカバリーのユーティリティーでスキャンする。
  10. プロのデータ復旧業者に依頼する。

まずは、壊れて使い物にならなくなってしまった対象の拡張子の「バックアップ分」が
アプリケーションの自動作成機能などでどこかに保管されていないか探してみましょう。
ファイルの破損・エラー | パソコンの破損
画像ファイルを多く開くと重さでウィンドウが閉じてしまう?
パソコン上で写真やグラフィックの画像といった容量が重くなりやすいファイルを
PhotoshopやIllustratorをはじめとする画像作成・編集ソフトで開く時や、
インターネットのブラウザでウェブページ作成等のために加工する時には、
あまりたくさんのファイルを一度に開きすぎると、一つのトラブルが起こりやすくなります。

元々サイズや解像度などで容量が大きいpsdやbmpといった拡張子ファイルは
コンピューターのメインメモリの使用量やCPUの処理能力を消費しやすく、
特にレイヤが多い編集中の画像では入力の処理に負担がかかりやすい点があります。

そのため、一度に10枚、20枚、とたくさんのファイルを開きすぎると、
アプリケーションがフリーズしたり、エラーが出て強制的に閉じてしまう事もあります。

複数展開


パソコンに負担がかかるパターン


・写真を一枚ずつ加工していたら、保存が終わった分を閉じていくのを忘れていて
 いつに間にか20枚くらいの枚数を同時に開いていた。

・数千×数千ピクセルの大型サイズの画像に数十~100枚以上のレイヤを重ねていて、
 一回の動作指示のたびに処理のスピードが遅くなってきた。

・いろいろなアプリケーションを経由してファイルを加工するために
 同時に複数のソフトウェアのウィンドウで別々の画像を開いている。

・インターネット上でアップロードする予定のウェブページを作っている時に、
 jpgやgif、png、動画ファイルなどが複数枚、簡易プレビュー画面に
 常に表示される状態にしたまま編集していって、キーやマウス入力のたびに
 プレビュー画面が頻繁に更新されて、ページ上で負担が掛かっている。

・Adobe AcrobatやPowerPointなど、画像ファイルを少しでも取り扱う
 アプリケーションで、機能やスペック以上の使い方をしてしまっている。

・動作環境が満たされていないパソコン本体に高性能のアプリケーションを
 インストールして使っている。

特に、パーツの性能があまり高くなく容量も抑え気味の古いパソコン本体の場合は、
次第に動作が重くなってきてウィンドウが突然フリーズしたり、
エラー、強制終了といったトラブルが起きやすいので注意が必要です。
ファイルの破損・エラー | パソコン操作の基礎知識
拡張子を変更すると、ファイルが開けなくなる可能性があります。の警告文
コンピューター上でデータをひとまとめにするプログラムである
『ファイル』(File)には様々な種類の「拡張子」が存在します。

.jpg,.gif,.png,.psd,.bmp,.exe,.doc,.cgi,.dll,.js,.mov,.ram,.sys,.war,
.txt,.css.,html,.dat,.bak,.lzh,.zip,.mp3,.mpeg,.org,.ppt,.tmp,.java 等。

パソコン上でフォルダを開くと、通常の設定では拡張子の種類の名称は表示されず、
ファイルの名前のみが一覧で表示されます。

フォルダのエクスプローラ画面で「整理」⇒「フォルダーと検索のオプション」
⇒「表示」タブ⇒「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外して
「OK」を押すと、拡張子の名称も出てくるので判別が便利になります。

ファイル名はいつでも変更ができるので並び替えなどに便利なのですが、
その際に入力ミスでうっかり末尾に別の拡張子の名前を付けてしまうと、
そのまま拡張子まで変更してしまいそうになる事があります。

名前の変更ミス


『拡張子を変更すると、ファイルが開けなくなる可能性があります。変更しますか?』

という名前の変更の警告文がこの時に表示されます。
ファイルの破損・エラー | 拡張子
電源・バッテリーが切れてもデータは消えない?
コンピューター関連機材の「電源装置」(パワーサプライ/power supply)が、
市街地の停電や電線の断線、電源コンセントからのプラグの誤った引っこ抜き、
電源ボタンの押し間違え、強制シャットダウンなどの原因で急に切れた場合や、

電子機器の電池(バッテリー/battery)が不意に無くなって起動が終了した場合や
配線が切れたり間違えて引き延ばしてコネクタから抜けて落ちてしまった場合は、
記録していたデータの方は消えたりしない?という疑問について。

まず、電子上のデータ・ファイルは、電源が切れて電力の供給が急に無くなっても
基本的に消えないものと、消えてしまうものの2パターンがあります。

大まかに、「名前を付けて保存」しているものや上書き保存をしているもの
(自動的な保存を含む)は、ハードディスクドライブやUSBメモリ、SDカードなどの
「二次記憶装置」に書き込んでいれば、消えずにそのまま残ります。

例えばデジタルカメラやデジタルビデオカメラが使っている途中でバッテリー切れしても、
メモリーカードは「不揮発性メモリー」という、電池がなくなってもそのまま
ファイルが残るように作られている記憶メディアを使っているので大丈夫です。

後で充電をするか電源コードでつなげてもう一度 電子機器を起動した時に、
メモリーカードに保存した分はちゃんと残っていて読み込みができます。
ファイルの破損・エラー | 電源
ファイル名が長いと移動や削除ができない?
パソコンをはじめとするあらゆるコンピューターのシステム上で取り扱う
「ファイル」(File)というデーターは、見る人、PCともに、判別のため全てに
『名前』を付けるのが必須になります。

ファイル名は基本的には半角英数字で付けます。また大文字で付けた名前でも
通常での使い方やインターネットへのアップロード等は問題ありません。

ひらがなやカタカナ、漢字でファイル名を書いて保存する事も出来るのですが、
一部のアプリケーションソフトで開けなくなったり、サイトにアップロードが
出来なくなる場合もあり、またOSに重要なファイルの名称を書きき直してしまうと
システムに障害が出てしまう場合もあります。

なので基本としては半角英数字で名前を付けるようにするのが確実です。

しかし、ファイル名を何十文字~百文字以上とやたら長く表記して保存すると、
別のフォルダや外部記憶ディスクに移動する時に

ファイルまたはフォルダの移動エラー
「~ を移動できません。指定されたファイル名は、無効または長すぎます。
別の名前を指定してください。」

というエラーメッセージが出て失敗する場合があります。
ファイルの破損・エラー | コンピュータ関連
破損データを削除するには?
パソコンやサーバー、携帯電子機器で保存したり作成・上書きして取り扱う
電子上のデータファイル(拡張子プログラム)は、稀にソフトウェアのエラーや
コンピューター上の動作トラブルなどが原因で正常にフォルダに書き込みされず
プログラムが破損して、開けなくなって使い物にならなくなる事があります。

その拡張子を開くアプリケーションソフトによっては破損を修復する機能が
付いている物もあるのですが、それを使っても直す事ができなかった場合は
特別重要で替えが利かないファイルでなければ、壊れた場合は一度削除して、
ダウンロードし直したりバックアップから引き出して解決しても良いでしょう。

その際、故障している方の拡張子ファイルは、新しくダウンロードしたり
コピーから引き出す分、または新たに作り直す分と同じ場所のフォルダにあると
上書きがうまくいかなかったり、似たような名前が二重にあってややこしくなるので
別箇所に念のためにコピーか移動をして、フォルダから消去する事がおすすめです。
ファイルの破損・エラー | デジタル製品のトラブル解消サポート
ファイルが壊れています。修復できませんでした。のPDFエラー
Adobe Reader(アドビ・リーダー)やAdobe Acrobat(アドビ・アクロバット)の
ソフトでPDF(Portable Document Format)の文書ファイルフォーマットを
開いて閲覧しようとした時に、 

この文章を開くときにエラーが発生しました。
ファイルが壊れています。修復できませんでした。

というエラーメッセージが表示されてしまう場合について。

まず、その時にダウンロードしたPDFファイル、もしくはインターネット上に
アップロードされていてそのまま保存をせずに開いた場合で、
それとは別の、すでにマイコンピュータのフォルダにあるPDF文書か、
もしくは別のページのものを一度開いてみて下さい。

今まで開けていたPDFファイルがエラーもなく無事に開けた場合、
新しくダウンロードして開こうとしてエラーが発生した方のPDFファイルは、
今パソコンにインストールしているAdobe Reader/Acrobatよりも
新しいバージョンのAdobe Acrobatで作成されたものである可能性が高いです。
ファイルの破損・エラー | Adobe
DLLエラーを修復するには?
DLLとはDynamic Link Library(ダイナミック・リンク・ライブラリー)の略語で、
Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のOSにある特殊な機能です。

アプリケーションソフトウェアのプログラム等を.dllファイルの拡張子に
分けて、必要な分だけのDLLをメモリにロードして使用出来るようにして、
メモリの容量を節約するための仕組みです。

このプログラムモジュールはパソコンの使用者は特に何も指示せずに、
Windowsの方で自動的に設定されていきます。

しかし稀に、ソフトウェアのプログラムが何らかの読み込み不良を起こした時、
DLLエラーというトラブルの症状が起こり、
IEの『UNLHA32.DLL COMCTL32.DLL WUAUBOOT』などのエラーメッセージが
表示されて、アプリケーションの実行が出来なくなる事があります。

これを修復するにはエラーを引き起こしているDLLファイルの状態を
改善する必要があるのですが、DLLファイルを単純に削除すると
今使えなくなっているソフトや、他の共有しているアプリケーションソフトが
使用出来なくなる可能性が高いため、他の方法で直していく必要があります。
ファイルの破損・エラー | プログラム
ファイルが壊れる理由とは?
パソコンやサーバ上で取り扱われているデジタル式のデータは主に、
ファイル形式(file fomart:ファイルフォーマット)という
記録形式で作成されて、フォルダという電子上の格納庫に保存されます。

エクセルやワード、PDFなどで作られたテキストファイルや、
画像、音声、映像等のバイナリーファイルといった様々な形で、
アプリケーションソフトウェアの機能で独自の拡張子により作成されます。

しかし、ソフトウェアツールでファイルを製作したり上書き、コピー保存を
行う際、稀にプログラム上の書き込みエラーが起こり、
拡張子ファイルのプログラムが壊れる事があります。

文字化けや画像の乱れといったエラーはこれが原因で起こる場合が多いです。

アプリケーションソフトウェアは正しく指定された手順に沿って使えば
普通は問題なく作業できるのですが、パソコンやOS上の動作環境が
満たされていなかったり、対応していない種類のファイルを無理に
開こうとすると、動作速度が鈍ったり書き込みに失敗する事もあります。

他で共有して使っているソフトウェアやハードウェアとの互換性の相性が悪い、
などイレギュラーな理由でもファイルやプログラムの破損を
引き起こしてしまうケースも存在します。

また、ヒューマンエラー(人為的な操作ミス)で壊れてしまう場合も
多いですので、予備のバックアップはなるべくこまめに取る事を推奨します。
ファイルの破損・エラー | トラブル対処ナレッジ
PDFファイルの破損を修復するには?
コンピューターの電子上で読むためのAbobe式のテキスト文章である
PDF【Portable Document Format:ポータブルドキュメントフォーマット】の
ファイルはインターネットのホームページ上からダウンロードして
Adobe Reader(アドビリーダー)で読み込んで購読ができます。

または市販ソフトウェアのAdobe Acrobat(アドビアクロバット)等で
PDFファイルの作成や編集する事も出来ますね。

ですが、配布先からダウンロードしたり、自分でアップロードした
PDFファイルを読み込んで開こうとすると、たまに

Adobe readerで○○○を開けませんでした。
ファイルの種類がサポートされていないか
またはファイルが破損している可能性があります。


というエラーメッセージの表示が出てしまう事もあります。

文書が開けない原因


まず破損や読み込みエラーの理由として考えられますのは、
ウェブスペース上のファイルマネージャにFTPソフトなどの
ファイル・トランスファー・プロトコル機能でアップロードされた時に
拡張子が破損して送信されているケースが、まず一つ。

次に、Adobe Readerで頻繁に行われているアップデートの影響で
プログラムにバグが出てしまっている可能性などが考えられます。

他にも、コンピューターウイルスの感染や、文書作成側の編集ミスといった
不具合の可能性も考えられます。
ファイルの破損・エラー | PDF
エラー修復時にファイルが直らないトラブルからの回復方法
パソコン上でソフトウェアやインターネットエクスプローラーなどの動作中に
よくいきなりアプリケーションエラーが起こって、
作業中にプログラムが止まってしまうトラブルがあります。

オペレーティングシステムのバージョンが低かったり、
メイン・メモリやCPUのスペックや容量が足りなかったりすると
よく中断エラーが起こり、警告バルーンの表示とともに止まってしまいます。


これらは大抵はソフトウェアを一度閉じてからまた開き直す事で再展開されます。

ですが、システムが修復しても、作成中・編集中だった拡張子ファイルや
アプリケーションシステムの設定が更新した分だけ消えてしまったり、
運が悪いと丸ごと破損して読み込めない事態もあります。

また、リカバリーツールなども使用してソフトウェア上のエラー修復が成功できても、
ファイルのデータが直らない場合は、それとは違う系統での特殊な直し方をする必要も出てきます。

Windows OSの場合で代表的なのは「システムの復元」を起動して
前回時のポイントまでパソコンの時間を巻き戻して復活させる方法ですね。

ただ、復旧できる更新データの範囲が数日単位だったりとやや大雑把な範疇となり、
タイミングが良くなければエラーが起きたその日その時間帯の分を修復できない場合も多いです。
ファイルの破損・エラー | エラー
エクスプローラが応答なしと出てファイルが開けない時の復旧
何かのアプリケーションソフトウェアでファイルを開こうとした時に
その内容を読み取る事が出来ずに、エクスプローラ画面に『応答なし』
と文字が出たまま何も動かなくなった場合は、いくつかのパターンがあります。

まず、暫く待機していると、ファイルが正常に開く場合と、
ある程度時間が経つと読み込みエラーの発生で中止されて動作が終了する場合、
また、時間がいつまでたっても何も応答せずに操作が出来ない症状等があります。

しばらく待機しても直らない場合


書き込みミスなど何らかの理由でそのファイルが壊れていると、
ソフトウェアのプログラムは読み込みをしようと暫くは動作するものの
最後にはエラーにより中止・強制終了してしまうか、
ずっと止まったままフリーズしてしまいます。

10分くらい待ってもフリーズが直らないようでしたら、一旦エクスプローラ右上の
×ボタンかスタートメニュー右から『閉じる』を使ってソフトを終了させましょう。

一時的にたまたまファイルが開けない事もあるのですが
何度試してみても読み込みできない場合は、
データ記憶装置への読み書きの時に誤作動が引き起こされてデータが破壊されたか、
使っている各機器のどれかにハードウェア的な破損が起きている可能性が高いです。

インターネット・エクスプローラー(IE)の応答なし表示とは少し違い、
ファイルの読み出しに反応しないこのトラブルは解決もやや難しくなります。

例えば、Windowsフォトギャラリーで撮影した写真画像や
ホームビデオムービーを見ようとしてフォルダからファイルを開いた時に、

『フォトギャラリーでこの画像またはビデオを開けません。
このファイルは破損しているか壊れています。』

といった不具合が出た場合、USBフラッシュメモリやMO、SDカード、DVD-RWなどの
外付けの保存メディアにデータを書いていたら、ディスクの傷による破損や
製品の寿命という原因の可能性も十分に考えられます。
ファイルの破損・エラー | プログラム
データ表示ができない状態を直すには?
インターネットのホームページやウェブログ・独自サービス等を
作成してサーバーのホスティングサービス、ファイルマネージャ上に
アップロードした後で確認したらなぜかページが表示されない、

または一部のHTMLやコンテンツがちゃんと見れなかったり、
他ネットワーク上のデータ表示が出来ない、というトラブルは
複雑な構図のインターネット上では頻繁に起こりえます。

主なデータ非表示状態の原因

・URLアドレスの文字が一部間違っていて何もないページを開いている。
・アップロード/インポートがFTPでちゃんと出来ていない。
・別のディレクトリかファイルマネージャにファイルを転送している。
・HTMLソースの記入を書き間違えている。
・CGIやPHPのプログラムが一部損壊している。
・データベースに有害ウイルスなどの感染が発生している。
・一時的にユーザーアクセスの増加でサーバーがダウンしている。
・アカウントサービスが終了または休止・停止している。
ホスティングサービスのドメイン有効期限が切れている。
・ウェブブラウザがIE以外で対応できないページを開いている。
・最大容量が100%使用状態になっている。
・HPサービスによってはPHPなど一部のプログラムが使用できない。

上記のような事例の中で、サイトのデータ構造上で問題があると思われる場合は
各プログラムやアカウントサービスの操作マニュアルに沿って修正していく事で
直していくことが出来るかと思います。
ファイルの破損・エラー | (X)HTML/CSS
インストール失敗で壊れたファイルを直すには?
新しくマイコンピュータのプログラムファイルフォルダ内にアプリケーションソフトウェアを
CD/DVDドライブからインストールしてセットアップを試みたところ、

途中でパソコンがフリーズしたり強制終了してしまったり、
電源が止まった、システム的にセットアップが完了できなかった、
などのトラブルでインストールが失敗してしまった場合のデータ復元の方法について。

こういった際には途中までダウンロードしていたプログラムファイルが
ハードディスク内に残っているとオペレーティングシステムの状態や、
次回のインストールの際に支障が出てしまうおそれがあります。

やり直しの方法


まず、セットアップに失敗した直後に表示されるアンインストールのプログラムで自動的に
一旦作成されたフォルダごと削除するか、または表示されなかった場合は手動で消去します。

その際、間違って同じ親フォルダにあるほかのソフトウェアのプログラムや
以前作成したデータまで消されてしまわないようにご注意ください。

また、インストールは何度でも行えますので、一度パソコンを再起動して
メモリやCPUの負担を下げた後にもう一度行われてみましょう。
ファイルの破損・エラー | パソコンの破損
このプログラムは応答していません、とエラーが出る時は?
IEやユーティリティなどアプリケーションソフトウェアの動作中に、
突発的に操作が効かなくなり、ウィンドウが真っ白い画面になって
プログラムの終了』と書かれたエラーメッセージが表示される事があります。

このプログラムは応答していません。
Windows に戻ってプログラムの状態を確認するには、
[キャンセル] をクリックしてください。


というテキストが表示され、ここで終了を押すととりあえず
アプリケーションプログラムのウィンドウは閉じられます。

しかし代わりにそれまで作業していた分のでーたが上書き前に消去され、
多くのソフトでは後からもう一度開いても復元ができなくなります。

そのため、プログラム終了のエラーが何度も頻繁に発生する場合には
一度、パソコンのスペックやHDDの空き領域などを見直してみましょう。

強制停止の回避方法


動画や音楽、大きな画像をはじめサイズの大きなファイルを取り扱う
アプリケーションの起動中には特によく起きる事で、

CPUやメモリの負荷により強制終了してしまうパターンが、
[このプログラムは応答していません]のダイアログボックスが表示される
障害が起きる理由の最も大きな要素です。

2~4GBのメインメモリを導入したり500GB~TBのハードディスクに
交換するなど、PCパーツの基本的性能を上げる事で大幅に回避できます。
ファイルの破損・エラー | プログラム
アップデート中に中断するとプログラムが壊れやすい?
アプリケーションソフトウェアのアップデート中、
またはインストール・セットアップ・ダウンロード・OSのアップグレード中など、

あらゆるソフトウェア(ユーティリティ・ツール)のプログラムを新しく書き出ししたり
更新をしている際には、基本的に何もせず、システムに任せるようにしましょう。

例えばアップデートにやはら時間がかかったり急に予定が入ってしまったからと、
途中で中断してしまうと、更新が失敗してしまうばかりか、
プログラムの動作に異常を出してしまう可能性が高いです。

アップグレード失敗による破損


アプリケーションソフトの場合は一度アンインストールするか、専用フォルダを削除して
もう一度インストールしなおす事で大抵は解決できます。

WindowsやMac OSXなどオペレーティングシステムの新しいバージョンを購入して
アップグレードを行う際も同様です。

途中でパソコンがフリーズしたり電力の供給が遮断されたりしないように、
なるべく負荷を掛けないように周囲の設備などパソコン環境の準備を整えてから行います。
ファイルの破損・エラー | アプリケーションの障害
データクラッシュでファイルが壊れて読み込みできない時は?
パソコンの内蔵HDDや外付けハードディスクなどのデータ記憶媒体に保存したファイルを
再度、アプリケーション上で開こうとしたら
『データが壊れています』または『読み込めません』といったエラーメッセージが出て、
開けなくなる事が稀に起こりえます。

これらの障害を『データクラッシュ』(data crash)ともいいます。

ディレクトリやシステム、プログラムファイル1個がまるごと破損している状態を指します。

データドライブのフラグやファイル一つが壊れてしまった時はまず、
他の保存している同じく拡張子のファイルが同じアプリケーションで
正常に開けるかどうか、試しに展開してみます。

もし、その補助記憶装置にある他のデータのみが開けない時には、
一度パソコンや外部記憶装置の電源を切っみます。

USBポートも外して暫くして電子機器を冷ましてから、もう一度接続して起動します。

そして、再度 読み込みを試してみてください。

管理者の経験としましては、3回に2回くらいは一時的なデバイスの認識エラーで
再起動によってステータスが回復されます。
ファイルの破損・エラー | トラブル
壊れたファイルが修復不可能な時に復旧業者へ注文
記憶メディア内から一度消えてしまったデータはディレクトリの損壊やウイルス感染・
上書きなどで書き出しの痕跡が抹消されてしまい、ソフトウェアなどを使っても
復活できない場合があります。

また、ハードディスクのヘッドクラッシュや機材の物理的なショート、焼き焦げなどの
理由で物理的に破損してしまい記憶チップの部品が故障してしまう場合など、

ファイルの復旧の標準機能でも取出しが行えない事もありまして、
個人では残念ながら決して100%の救出が可能というわけではありません。

プログラムの読み取り


しかし例外として場合によっては、何らかの方法で消えてしまった全体のうち
一部を元に戻せたり、また見落としがちな保管場所があとで見つかる事もあります。

ネットユーザーの方にはインターネット上のファイルマネージャにはよく
自分で作成した書き込みデータをアップロードや転送により日々送信されている方も
多いかと思れわます。

すなわち自宅・自社のパソコン内に入っていたデータがなくなってしまっても、
ネットワークドライブやレンタルサーバー上のファイルマネージャに残っていたり、

トラックバック送信先やRSSリーダー、フリーメールの送受信フォルダなどに
テキスト文章の一部やJPG・GIF・PNG形式などの画像ファイルがまだ保管されているなど
結構見落としがちな所にはPC内で消えたファイルがよく含まれていたりします。
ファイルの破損・エラー | ファイル
ブルーバック・ブルースクリーン画面のエラーを解消するには?
Windowsパソコンが急に再起動してしまい、その後ウインドウズの起動画面が
表示されず、かわりに青い英文の画面が表示されてしまう場合があります。

この場合はブルーバック(ブルースクリーン)画面のエラーで、
Windows・OSが正常に作動できない状態となってしまっています。

重いプログラムのソフトウェアを動かしている時などに起こりやすい障害で、
旧型のパソコンには特に発生の多いエラーですね。

ウイルス探知機能やディスククリーンアップ、ディスクデフラグなど、
長時間稼動させているプログラムが途中でフリーズしたり、
終了と同時に再起動した場合などに、ブルースクリーン画面になってしまう例もよくあります。

ブルーバック画面

一度シャットダウンしてもう一度起動させてみたり、しばらく待ってから電源を
入れなおしてみると正常に戻る事もありまして、またブルーバック画面が映った時に、

10秒カウントのメッセージが表示されている場合は10秒以内にENTERキーを押すと
通常のWindows画面が起動されてブルースクリーンからデスクトップ画面が復旧されます。

何度も自動的に再起動されてしまったり、いくら起動とシャットダウンを繰り返しても
ブルースクリーンの表示が直らない時は、一度電源を入れてからF8キーを数回押します。

黒いセットアップ画面に映り通常のWindowsを起動します。

またはセーフモードで起動のボタンを選ぶと直る場合もあります。
ファイルの破損・エラー | ハードディスク
失ったファイルを修復するユーティリティソフトウェアとは?
パソコンを日々使っているうちに『ユーティリティ』という単語を目にした事がお有りでしょうか?

ユーティリティー [Utility]とは「役に立つもの」「有用性」という意味の
英単語で、パソコン用語では機能を追加するソフトウェアなどの事を指します。

パソコンの内蔵ハードディスクに保存していたファイルを誤って削除してしまったり、
操作のミスでUSBメモリや外付けHDD、SDカードから接続中にデータを抹消してしまった場合は、
後でファイルを復元する事はできる?という疑問について。

そのためには、市販で販売されています『データ復元ソフト』というユーティリティーを使用して、
以前のデータでまだ残留している見込みのある痕跡からサルベージして修復できる可能性があります。


データ復元機能の主な種類



標準搭載型の機能

Windows8のパソコンのコントロールパネルに搭載されたアクセサリツールの一つ
『ファイル履歴』や『記憶域プール』のように、標準のバックアップツールとして
付属している機能を外付けHDDや増設したドライブに適用して、バックアップや多重化の保存ができます。


一時的なデータの保管機能

パソコンやNASには、「ゴミ箱」という特殊なフォルダーが設定されています。
エクスプローラーやFinderの画面からフォルダー内のデータを間違えて消去して失った時は、
このゴミ箱を開くと、基本的にそちらに一度移行しています。

これを元の位置のディレクトリに戻す事で回復ができます。 

Microsoft Excel、Word、Accseeなどのオフィススイートには、
急にパソコンでフリーズが起こったり強制シャットダウンしてしまうトラブルに備えて、
一定時間ごとに自動バックアップする復元機能も搭載されています。

ホームページビルダーのソフトウェアでは新しいHTMLファイルの作成による保存と同時に
「bakファイル」という拡張子がもう一つ作成されます。

もし表向きのファイルを誤って消去したえい、何かのエラーが破損した場合は、
この[.bak]の拡張子を[.html]に名前を変更すると、以前と同じデータに変更できます。
ファイルの破損・エラー | ソフトウェア
データファイルが壊れた時は入力操作に要注意!
それまで保管していたファイルやフォルダが突然『ディレクトリが壊れています』
などの警告メッセージのバルーンが表示されて開けなくなってしまった時は、
あまりにも急なアクシデントでつい慌ててしまいがちですよね。

パソコンのシステムやプログラムにはどんなに性能や保存性の良いものでも
バグのエラーやファイルの損傷が起こってしまう可能性も決してではありません。

そんな時にはうっかり勢いであちこちのフォルダやマイ コンピュータのデバイスを
片っ端から開いてどこかに解決策がないか、または予備の保管データが
残っていないか、色々な入力操作を一気に試してみる事になると思われます。

しかしここで慌てたまま勢いであちこちのシステムをいじってしまうと
ファイルの痕跡を間違って抹消してしまったり、他の正常なプログラムを
消したり上書きしたりしてかえって状態を悪化させてしまう事も多く、
逆に取り返しの付かない事態を招いてしまう危険性もあります。

まずは一度冷静に状況を見据えて、どこに問題が発生しているのかを
慎重に確認する必要があります。
ファイルの破損・エラー | トラブル
アプリケーションソフト上で発生する問題の修復方法一覧
コンピューター上にインストールして使うアプリケーションソフトや
システムのプログラム上で起こりうる数多くのデータトラブルについて、
それぞれの原因とファイルの復活方法などを紹介した目次ページです。

ユーティリティに備わったバックアップ機能や復元機能、
またそれぞれのソフトウェアで取り扱うファイル拡張子が破損したり
削除してしまった場合の修復方法を一覧リストにしてまとめています。

お使いのツール別に詳しく問題解決方法を探していく際にご参照ください。
ファイルの破損・エラー | IT関連
LZH/ZIP/RAR/CAB等の圧縮形式ファイルも復元できますか?
「圧縮形式」の拡張子である
[.lzh、.zip、.rar、.cab、.tar、.gca]といった容量の大きい拡張子、
または多数の大容量ファイルを転送したりインターネットから保存する際に、
稀に展開での不具合が起こる場合があります。

たとえば圧縮ファイルを解凍する際に、拡張子が壊れていて
開けなかった場合はどうすればよい?
特殊なファイル形式だから復旧させるのは難しい?
という疑問についての解説を記述いたします。


まず、失った拡張子をバックアップがない状態から元に戻すには、
なるべく早い段階のうちに適切な手順に沿って
手早く修復作業を行います。

どこかの外部のウェブサイトやCD/DVDのディスクメディアから
入手されていたファイルであれば、もう一度そこから
再度インストールやコピーができるか試されてみてください。

開発元のページがすでに閉鎖されていた場合は、
インストール用のミラーページやオフライン配布のCD/DVDディスクが
まだ別にあるかどうかチェックしてみます。
ファイルの破損・エラー | プログラミング
コンピューター内で壊れたファイルの修復ツールとは?
パソコンやハードディスク内の貴重なファイル・フォルダをうっかり消して
しまったり、エラーや機材の故障でデーターが破損してしまった時には、
自分自身でデータ修復ツールないし付属の回復システムを用いて
喪失ファイルの復元を試してみる事もできます。

『データ修復ツール』と『データ復元ソフト』の違いは、前者は主に
搭載システムやダウンロードタイプのツール、後者はインストール・
市販のソフトウェアといった所なのですが、機能タイプは基本的に
よく似た構造で特にこれといった明確な境界線があるわけではないので、
類似語のように見ていただければと思います。

HDD復旧ツールは主にWindowsやMacintoshのOSに標準で使える
アクセサリのプログラムなどを差しますが、

xDカードやCFカード、USBメモリ、SDカードといった外付け媒体にも
対応できるファイル修復ツール
基本的に、パソコンショップでソフトウェアのパッケージを購入して
ライセンスを取得し、PCにインストールして復旧ツールを入手します。
ファイルの破損・エラー | 便利ツール
台風・洪水など災害時の保管データ損失とは?
交通機関や農作物の被害,水害,停電,強風などによって、人身被害や経済面などで
災害は非常に多くの悪影響を及ぼします。そして屋内に設置されて物理的に
ほぼ安全なパソコンとその内部にも被害が及ぶケースもまたあります。

強風により突発的に起こりうる停電やネットワークの切断、ショートによる
電源装置の破損、窓や隙間からの雨水の浸入による水害などが挙げられます。

データ喪失の防止策


突然の事故や災害は何の前触れもなく起こってしまいます。
すぐに復旧対策をすればある程度は被害を軽減防げるものの、常に電源を稼動
させなければならないパソコンやシステムの場合、停電や事故、ダイヤル遅延等の
被害に遭ってしまったら痛いですよね。

今やデータにも[レスキュー、サルベージ]の必要な時代になってきました。
ファイルの破損・エラー | データ消失
パソコン内のプログラムファイル破損トラブルとは?
全てのコンピュータやハードディスクは長く使うほどエラーが起こりやすくなり、
データ復旧または事前のデータ保存が必要となるケースも多々出てきます。

データ損失の予防として具体的にどういった症状が現れた始めたら注意が必要か、
そのパソコントラブルの主な事例を挙げてみます。


主なデータ消失アクシデント



・基盤チップが焼けている。

・突然システムが落ちた。

・停電などにより電源が落ちた。

・電源が付かない。

・ファイルを誤って削除、フォーマットしてしまった。

・ウイルス感染、ハッキングを受けて操作できなくなった。

・パーティション(区画)を開放してしまった。

・HDDを増設したら認識されなくなった。

・熱、水害などでパソコン本体が破損した。

・外部からの衝撃でクラッシュしてしまった。

・水害で水に浸かって動かない。

・カチカチと異様な音が出る

・焦げ臭い、などの異臭がする。

・Windowsが一時的に開けない。

・ドライブが認識されてない。

・モーターが回っていない。



パソコンのアクシデントに遭遇した場合、後にパソコンが自然に回復しても
まだ注意が必要で、万全のためすみやかに外付けハードディスクやDVD-Rなどの
データ記憶メディアにファイルをコピーしてバックアップを実行される事をおすすめします。
ファイルの破損・エラー | データ消失
不調なファイルデータの回復が可能な状態とは?
誤操作で消してしまったファイルや壊れた補助記憶装置からデータを救出してもらえる
プロの[データ復旧サービス業者]では、

パソコン本体に搭載されたハードディスクやSSDなどのパーツをはじめ、
外部から接続するUSBメモリやデジタルカメラのSDカード、外付けハードディスク、RAID、
NAS、CD-RW、DVD-RW、MOなど、あらゆる記憶媒体でのリカバリーに対応してもらえます。

しかしながら壊れた補助記憶装置の機材やディスク、メモリチップの破損した状態によっては
常に確実にデータ復旧ができるとも限らないケースも存在します。


データ回収の不可能な事例



フラッシュメモリの記憶チップの部分がショートなどで焼き焦げたり、
強い衝撃によって潰れたりして完全に読み込めなくなった場合にはリカバリー
物理的に不可能というケースもありめます。

ですが、内部の記憶装置自体が無事であれば復旧できる見込みがあります。

必ずしもファイルのレスキューが可能というわけではないのですが、
それでもやはりデータ復旧サービスは
高い確率で破損データの修復ができる心強いサポートです。
ファイルの破損・エラー | データ復旧について
エラーで破損したファイルを修復するには?
長くパソコンに親しんできたユーザーならどなたにでも一度以上は遭遇してしまう、
思わぬアクシデントによるデータの損失に遭われてしまった経験がお有りかと思われます。

そしてデータの損失はPCに限らず、外付けハードディスクやNASなど、
データを保存する機器すべてに起こりうる可能性があります。

破損ファイル

もちろん常日頃からこまめにデータを他のデータ記憶メディアに
バックアップして保管しておく事が、一番安全で確実な復旧の方法です。

しかし、突然の予期せぬパソコンのアプリケーションエラーや
急な強制シャットダウン、停電などの事故の影響でシステムやファイルが破損してしまう、
という事態が起こってしまうケースがあります。

そんな時には、どうすれば破損したデータを修復できる?という疑問について。


バックアップデータを探してみる



まず、上記の通り、バックアップデータがどこかに保管されていないかについて、
一通り確認します。

例えばジャストシステム社製の「ホームページビルダー」で作成した
[.html]のウェブページ用のファイルが壊れて開けなくなった時は、

名前を付けて保存をした時に一緒に作成されている、[.bak]という拡張子の
BAKファイルを、エクスプローラーなどの画面の同じフォルダーで探してみます。

この拡張子を選択して、右クリックでファイル名を変更して[.html]に
拡張子を変えると、破損する前の同じファイルに変更できます。


テキスト関連のデータが文字化けなどを引き起こしてしまっている場合は、
ファイル変換ソフトでバイナリエディタを別の文字コードに変更してみると、
正常な文章に直せる見込みがあります。
ファイルの破損・エラー | データファイルの復旧・復元
 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-category-18.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.