データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【ノートパソコン】のページです。パソコンの故障やエラーによる保管ファイルの喪失。そんな時にこそデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復や修理の手順など破損トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


こちらは『ノートパソコン』の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧ページです。
ノートパソコン のカテゴリ









ページ案内
下記のリストにてそれぞれのエントリーページの見出し文を新着順に掲載しています。

各文章の下部分にある、「エントリータイトル」と「続きを読む」と書かれたリンクから
コンテンツの本文と追記の一文が表示されたエントリーページへ入れます。

また、過去に作成したページも定期的に新しい内容に更新しています。

 


電源の付かないノートパソコンから内部データを復帰させるには?
普段お使いのノートパソコン(notbook PC)が、長い間の使用によるパーツの摩耗や経年劣化、
または持ち運びの時の外部からの物理的な衝撃や水濡れ、水没、電源回路の損傷といった
原因により故障して電源が付かなくなるほどに破損してしまった場合、
中身のデータがまだバックアップできていなかった際には、どうすれば復帰ができる?という疑問について。

[ノートブックパソコンの製品一例]

・東芝(TOSHIBA):Dynabook Satellite PB35RNAD483ADA1 Windows8.1 64Bit Celeron 4GB 500GB
・ASUSTek(アスース):ノートパソコン Chromebook Flip C100PA-RK3288
・HP(ヒューレット・パッカード):15-af100 Windows10 E2-6110 4GB 500GB
・NEC:LAVIE Windows10 Celeronデュアルコア1.7GHz 4GB 500GB IEEE802.11ac/a/b/g/n
・富士通:FMV LIFEBOOK AH42/T アーバンホワイト FMVA42TW
・Acer(日本エイサー):Aspire ES1-131-F14D/R Windows10 11.6インチ 4G 500GB
・mouse computer(マウスコンピューター):LB-W94C232SX-ZN Windows10 14インチ



バッテリーの確認


まず、電源が付かない場合、ノートパソコンの"バッテリー"を収納している蓋がユーザー個人で
簡単に取り外せて取り換えができる仕様の製品でしたら、
一度ドライバーで固定ネジを外すか固定レバーを引いて、蓋を開けて中身を確認します。

電池切れではなさそうで、その収納ケースの内部で専用の電池から液が出ていたり、
焦げ付いていたり、熱で膨張しているようでしたら、
そのバッテリーが破損または寿命で使えなくなっているおそれがあります。

バッテリー

その際には新しい専用の規格のバッテリーをメーカー先などから取り寄せて
交換をしてパソコンを直し、元通りに復帰させて使い直せる見込みがあります。

(電池との接続面も錆び付いていたり焦げている場合はノートパソコン本体ごと修理に出します。)

電源ボタンが押し込まれて引っかかっている場合は、試しに丁寧に指で押し返したり、
または針で隙間から押し上げてみます。
ノートパソコン | ノートパソコン
小型ノートパソコンからHDDを取り外してデータをサルベージ
ノートパソコンには大型の20インチから小型の10インチ以下のものなど
様々なサイズがあり、「ネットブック」(netbook)など廉価版のPCや
「MacBook Air」といった薄型の本体など、様々な形状の製品が登場しています。

ネットブック

ノートパソコンがある日、急に故障してしまった場合は、
内蔵してあるハードディスクドライブ(またはSSD)を
ひとまず起動できないパソコン本体の蓋を開けて取り出して、
別のPCから読み込む事で、中身の大事なデータをサルベージする事ができます。

しかし、小型や薄型の特殊な形状をしたパソコン本体の場合だと、
17インチくらいの大きさの普通のノートパソコンと違って
ハードディスクが一般個人で簡単に取り外せない位置に収納されていて、
購入者本人でのデータの救出作業もやや困難になるケースもあります。

そんな時のためのハードディスク取り出しの作業の一例を、
参考までの実践手順と写真画像付きで解説いたします。


PCケースの蓋の取り外し



まず、17インチサイズのWindows用のノートパソコンやMacBook Pro/Airなど、
多くのパソコンは本体の「蓋」が「キーボードのある面の裏側」に付いています。

ハードディスクもこれを開けて裏側から簡単に取り出せる位置に設置してあります。

ですが、ネットブックといった一部の小型のノートブックパソコンでは、
キーボードと同じ向きの面がPCケースの蓋になっている物もあります。

そしてキーボードごと蓋(フレーム)を取り外して中身を開けて、
2.5インチサイズのハードディスクを取り出す、という形になります。


※パソコン本体によってはフレームやパーツを取り外すのが大変で、
 外し方を間違えたり力を加えすぎたりするとプラスチック蓋が割れたり
 パーツのケーブルが切れたりして破損してしまうおそれがあります。

 また、ネジを回して蓋を開けたり固定シールを剥がして内部のパーツを開けると、
 メーカーのカスタマーサポートの「長期修理保証サービス」の対象外になって、
 それ以降は有償での修理の注文しか受け付けてもらえなくなる場合があります。

 ご自身でPC分解の作業を行われる際には、かならずきれいに掃除された室内で、
 丁寧に作業をして自己責任の上で行われる事を、あらかじめご留意ください。
ノートパソコン | ネットブック
ノートパソコンの2.5インチHDDを取り外してデータ復活
ある日、お使いのノートパソコンで急にオペレーティングシステムの障害や
電源ユニット、マザーボード、起動ボタン、メモリ、CPU等のパーツの故障が発生すると、
やはり中身のデータが開けなくなってしまう事も多いですね。

そんな時に、故障の診断や修理のためにパソコンサポートに出す前に
すぐに必要になるファイルを何とかして取り出したい、という際に、
ノートパソコンに内蔵されている2.5インチ(inch)のサイズの
ハードディスクドライブを取り外してデータ復活を行う工程について、解説いたします。

HDDの取り外し

今回はWindows7が搭載されたacer製(エイサー)の「ASPIRE5750」シリーズの、
15.6インチのノートパソコンから内蔵HDDハードディスクを取り外して、
別のデスクトップパソコンに外付けHDDとして接続する方法を実践しました。

ノートパソコンのメーカーの種類や製品の年代によっては、
2.5インチのハードディスクがそれぞれ異なる箇所に収納されていて、
どのようにすれば取り外せるかは大きく違う場合があるので事前にご確認ください。
ノートパソコン | ノートPC
ノートパソコンのデータを取り出しする方法とは?
[ノート型パソコン](notebook-sized personal computer)は
液晶ディスプレイやバッテリー、キーボード、タッチパッド等が一体化して
A4サイズ以下のコンパクトな形に収まった、持ち運びのできるPC本体です。

しかし逆に一体化の難点として、ノートパソコンのどれか一つのパーツに
急に不具合が出てシステムの破損や部品の物理的な故障が起こった時、
正常にコンピューターが開けず急に使用できなくなる場合も時にはあります。

そんなトラブルが起きた時、ひとまず内蔵のハードディスクにあるデータを
すぐに取り出しして保存し直したい、という時には
それぞれの故障に対してどのような方法で対処すればいい?という疑問について。


故障したパーツを代用して再起動


まず、ノートパソコンの故障したパーツがどの部分であるかによって、
それぞれ代用できるデスクトップPC用の周辺機器を別にお持ちであれば
一時的にそちらを替わりに繋げてみるとパソコンを開き直す事ができます。

例として、液晶モニタに深いヒビが割れたりパネルが破損して映らなくなった場合、
お使いのノートパソコンの側面部分にモニタ用の接続端子を繋ぐコネクタがあれば、
普段デスクトップ用に使っているモニタをノートPCの方に繋げると画面が映ります。

モニタ端子を接続

(お持ちのモニターの[Display Port](ディスプレイ・ポート)がアナログ用ではなく
[DVI-D]や[DVI-I]、[DVI-A]等で、本体のの方のコネクタと形が合わない時は、
別売の変換プラグや変換ケーブルを間に中継して接続してください。)
ノートパソコン |
iPad miniのデータをバックアップして復元
【iPad mini】(アイパッド・ミニ)とは、2012年にアップル社より発売された、
iOSを搭載したiPadの小型版であるタブレット型コンピューターです。

名称の通り従来のiPadに比べてサイズが小さく軽量で持ち運びやすく、
それでいてこれまでのiPadと同様の機能を備えています。

タブレットPC本体の外観やホーム画面のデザイン、iOSのオペレーティングシステム、
各種標準アプリの使い方などもこれまでのアイパッド・シリーズとほぼ同じです。

なので、使っていくうちに内蔵フラッシュメモリ(16GB・32GB・64GB)に保管する
データの管理やバックアップの方法も、これまでと同じ手順で取り扱います。

まず、iPadminiは他のメーカーのタブレット端末やノートパソコンと違い
本体にSDカードなどのメモリーカードを差し込めず、
最初は直接内蔵フラッシュメモリに写真や音楽などのファイルを保存する事になります。

もしiPad miniの中身のファイルをうっかり削除してしまったり、
タブレット端末本体が故障してしまった時にいつでもすぐにデータを復元できるように、
定期的に内部のフラッシュメモリのバックアップを行う事が大事です。

iCloudでバックアップ


まず、iPad miniを購入して最初に起動した時にアップルにユーザーアカウントの登録を
行う作業と同時に「iCloud」(アイクラウド)に登録を行ってみましょう。

自動的かつ一定期間おきにクラウドコンピューティング上にバックアップを送信できます。
(Wi-Fiや無線LANルーターでインターネットに接続する必要があります。)

カメラ機能で撮影したカメラロールの写真・ビデオのファイルやメール、アプリ、
メッセージ、連絡先、壁紙、カレンダー
といったデータを5GBまでiCloudに送信できます。

もしiPad miniのiOSに不具合が起きて一度リセットをする必要が出た時、
全ての設定とデータを初期化した後でiCloudにアクセスし直すと、
バックアップしておいた主なデータを引き出して復元する事ができます。

また一つのユーザーアカウントとして使えるので、iPad本体を後に買い換えて
データを移行する時や、Windowsパソコン・Macintoshパソコンなど別のコンピューター機器で
ファイルを共有して使うのにも便利です。
ノートパソコン | iPad mini
iPadの写真データを手動でバックアップ
Appleから発売されているタブレット端末の「iPadシリーズ」(アイパッド)は
パソコンやサーバと同じく、写真やムービー、テキスト、、住所録、メールなど
様々なデータを取り扱う事が出来ます。

iPadには他のタブレット端末と違いSDカードなどのメモリーカードを
差し込んで読み込みできるコネクタが搭載されていないため、
そのままでは作成・編集したデータを別の場所に書き込みできません。

そのためiPadでは少し特殊な方法をメインにしてバックアップを行う必要があります。

・アップル製品専用の管理機能の「iTunes」(アイ・チューンズ)を
 PCにインストールして、同期させた時にバックアップを取る方法、

・アップル製品の内部ファイル保管のためのクラウドコンピューティングサービスの
 「iCloud」(アイ・クラウド)にアクセスして主要なデータを送信する方法。

ですが、カメラ機能で撮影した写真画像のファイルは、
パソコンにUSB接続する事で直接手動でいつでも簡単にバックアップを取る事が出来ます。
ノートパソコン | iPad
タブレットPCの内蔵フラッシュメモリのデータ救出
平らなボードの形をしたモバイルパソコンの「タブレットPC」(Tablet Computer)は
現在、ノートパソコンと同様に数多くの電子機器メーカーから発売されています。

・アップルのiPad(アイパッド)、
・SONYのXperia Tablet(エクスペリア・タブレット)、
・SHARPのGALAPAGOS (ガラパゴス)、
・富士通のARROWS Tab(アロウズ・タブ)、
・DellのStreak(ストリーク)
 など、

同じタブレット端末というモバイルコンピューターの中でも、
製品の種類や搭載されているやOSによって色々と仕様や性能が違ってくる部分もあります。

特にまず、カメラ機能で撮影した写真画像や送受信したメール、アドレス帳などの
大事なデータの保存の仕方が異なる場合があります。

特に使い始めの時にはうっかり間違えた保管の仕方をしてしまわれないように注意してください。
ノートパソコン | タブレットPC
タブレット端末のデータを復旧するには?
タブレット端末(Tablet)とは、指や液晶ペンでタップして操作するタッチパネル式
入力部を持った、平たいボード上で小型のコンピューター製品です。

インターネットの接続や電子メールなど、パソコンと同じツールを多数備えていて、
モバイル独自の機能やアプリケーションも多く、
「タブレットコンピューター」(Tablet PC)とも呼ばれます。

タブレット・コンピューターの一覧
  • iPad (Apple)
  • Dell Streak (デル)
  • TC1100 (ヒューレット・パッカード)
  • GALAPAGOS (SHARP)
  • Xperia Tablet (SONY)
  • Reader (SONY)
  • Light Tab (日本通信)
  • LuvPad (マウスコンピューター)
  • Nexus (Google)
  • ICONIA TAB (Acer)
  • Eee Pad (ASUS)
  • Aigo (レッドスター)

タブレット端末ではパソコンやサーバといったデジタル機器と同じく、
撮影した写真画像や送受信メール、テキスト、連絡帳、アプリなどをはじめ
非常に数多くのデータを作成・取り込みして、取り扱う事が出来ます。

しかしその分、突然コンピューター上で何かのエラーやダウンが発生したり、
端末の本体を何かの拍子に強い衝撃を与えて破損させてしまった場合、
中身のデータが開けなくなってしまうケースもあります。


Tablet PCでよくある不具合


:写真やメールのファイルを削除してしまった。
:液晶画面にひびが入って画面が見れない。
:タップ操作が全く効かなくなった。
:コンピューターウィルスに感染してしまった。
:強い衝撃を受けたり水の中に落とした影響で壊れてしまった。
:タブレット端末本体を紛失してしまった。
:パソコンから同期できない。
:バックアップが取れない。
:データを保存する前に画面を閉じてしまった。
:OSやアプリケーションをアップデートしたらシステムに深刻な問題が生じた。

タブレットPCもノートブック型パソコンと同様にある程度頑丈に出来ているので
少しの振動や衝撃くらいならあまり問題はなく使用できます。

しかしそれでも、時によほど強いダメージを受けてしまうと壊れてしまう事もあります。

上記のようなトラブルでタブレット端末の中に保存してあった大事なデータが
消去されたり読み込めなくなった場合に、何とかして復旧するにはどうすればいい?
という疑問について。
ノートパソコン | タブレットPC
iPadの写真をパソコンに取り込む手順が上手くいかない時は?
近年ではデジタルカメラやデジタルビデオカメラをはじめ、様々な電子機器の
電子機器にカメラ画像が付いていて、写真を撮るのがとても簡単で便利になっています。

「iPad」(アイパッド)や「GALAPAGOS」(ガラパゴス)などのタブレット端末、
ノートパソコン本体のビュー機能、その他数々のモバイル製品に標準搭載されています。

これらの機種で撮影した写真の画像ファイルや動画の映像ファイルは内蔵フラッシュメモリや
ソケットに差し込んだSDカード、メモリースティックなどに自動的に保存される仕組みです。

そしてUSBコードなどでお持ちのパソコンに接続、または同期をして、
バックアップやデータ移行のために写真を取り込む事もできます。

しかしこの作業中にたまに不具合が起きてしまい、なぜかフォルダが開けなかったり
モバイル機器がコンピューターに認識されずに取り込みできないケースが稀にあります。

iPadから取り込みする時の参照例


例として、AppleのiPadから写真を読み込むにはまず『iTunes』(アイチューンズ)を
パソコンにインストールしてから付属のUSBケーブルをUSBポートに差し込んで同期します。

少し待つと「自動再生」のバルーンが表示されますので、
「デバイスを開いてファイルを表示する」を選択してクリックすると、
ハードディスクのマークをしたiPadのアイコンのフォルダが出てきます。

自動再生

もし表示されなかったらスタートメニューから「コンピューター」を開くと、
ポータブルデバイスの「Apple iPad」というアイコンが出ますので、ここからフォルダに入ります。

このフォルダをInternal Storage⇒DCIM⇒番号、と進むと撮影した写真画像の一覧が
出てきますので、これをパソコンや外付けHDDにコピーして、取り込み完了です。

(まだパソコンの初心者でほとんど操作に詳しくない方でしたら、
 各地のPCサポートの専門業者の方にデータ移行の作業を行ってもらってください。)
ノートパソコン | iPad
高性能ノートパソコンで持ち運びの時にデータを保護
仕事や私用でノートパソコンを日々の通勤や通学の時に持ち運ぶ機会が多い人、
また国内の遠方や海外への出張や旅行、長期滞在による渡航で持ち出す機会が
多い人も、今はとても多い事と思われます。

しかしながらノートブック型パソコンは、内蔵のハードディスクドライブかSSDに
システムやデータを保管して稼動する機械であり、外部記憶装置の
USBフラッシュメモリやSDカード、マルチメディアカード、CD/DVD-RWのように
コンパクトで頑丈なケースに入れて持ち運ぶ、とはいかない難点もあります。

近年のノートパソコンは少しずつ頑丈で壊れにくい設計にはなっているのですが、
より安全性を重視していくなら、高性能で高価な値段のマシンを選んで
購入をされる方がやはり持ち運びや起動の時も安心して使えます。

まず、OSが最新のWindows7で、ハードディスクの容量は640GB~1TB以上、
メモリは2枚合計で4GB以上、CPU(中央演算処理装置)はintelのCOREi5の2.3GHz。

ほか、グラフィックボードやDVDドライブが搭載されてモニタ画面は17インチ、
と、これくらいのスペックがあるマシンなら、ほぼ問題はないでしょう。

性能が高ければフリーズやシステム破損、容量の超過といったソフトウェア的な
トラブルを最小限に抑えられるので、外出や遠方滞在の時にも安心です。
ノートパソコン | ノートPC
ノートパソコン持ち運びの時にケース・カバーで保護
ノートパソコン(notebook PC)はご存知、持ち運びでの移動が簡単で
コンパクトなサイズで薄型のパーソナルコンピューターです。

液晶ディスプレイ画面やスピーカー、タッチパッド、キーボード、そして
電源にバッテリー(電池)がすべてセットで収納されていますので、
持ち歩きが楽というだけでなく、どこでも開いて起動して使う事ができます。

またWiMAXといった高速モバイル通信サービスに契約して、無線LANカードを
差し込めば、電波が届く地域ならどこでもインターネットを活用できます。

しかし、元々繊細な精密機器を持ち運びするので、移動の際に掛かる衝撃には
常に気を配って、周辺機器も含めて丁寧に運んでいく事も重要です。

近年のノートパソコンはどれもある程度頑丈に作られているのですが、
製品によってマシンの各パーツにかかる衝撃の耐性にはやはり差もあります。

ネットブック(netbook)のように廉価版の製品は低価格がコンセプトなので、
高額で衝撃によるダメージを内部パーツが受けにくい工夫がされた作りの本体である
ノートパソコンに比べると丈夫ではない、という点もあります。

しかし値段に関わらずどの製品でも、床や道路にうっかり落としたり
角に思い切りぶつけてしまう、満員電車の中で圧迫されてしまう、など
強い衝撃を受けると壊れてしまう可能性もありますので、移動中はなるべく
カバーやケース、または専用のビジネスバッグに入れて保護をしましょう。
ノートパソコン | ケース
パナソニック:レッツノートのデータ復旧
ノートパソコンのブランドの一つであるレッツノート(Let'snote)とは、
日本の大手家電メーカー『Panasonic』(パナソニック株式会社)製のノートブック型PCの名称です。

サイズは10.4型、12.1型、14.1型などがあり、
シリーズはそれぞれ『F9、S9、N9、R9、C1』と、アルファベットで分類されています。

Let'snoteシリーズ製品の一例
  • CF-W8GWVAAS
  • CF-W4 W4GW9AXS
  • CF-W8GWJCJR
  • CF-S9 WiMAX
  • CF-S9KYFEDR

レッツノートにも、他のPCと同じくデータの記憶装置に
ハードディスクドライブ、またはSSDが内蔵されています。

普通にパソコンを使用している分には大抵はしばらく問題なく使えるのですが、
Let'snoteを購入して使い始めてからから5~6年ほど経つと、HDDやSSDは
装置の回路が寿命を迎えて使用不能になる、すなわち故障する事も多いです。

また、外出時に持ち歩く際に、カバーや鞄に入れていない状態で
床に落としたり、壁や角にぶつけてしまい、その衝撃で
ハードディスク内部の部品が壊れてしまう、という場合もありえます。

他に、レッツノート本体を水の中に水没させてしまったり、
落雷の影響で電源コンセントから高電圧が流れ込んでパーツが破壊される、
といった外的要因障害による破損トラブルも場合によっては起こりえます。

もしこういったアクシデントでHDDやSSDが壊れて、それまで保存していた
プログラムファイルやアプリケーションが読み込めなくなったため
何とかデータの復旧をしたい、という場合について。
ノートパソコン | Let's note 
iPad(アイパッド)のデータを管理・復元する手順
2010年5月28日より日本国内でも発売された、アップル社製の
最新タブレット型コンピューター/メディアプレイヤー
『iPad』(アイパッド)は、アメリカを中心に世界中で普及が始まり
頻繁にニュースにも上がっている事から大変注目されています。

iPad

同じアップル製のiPhoneやiPod touchと同じくボタンを使わず液晶画面上から
直接操作するマルチタッチで使っていくのも特徴です。
用途は様々ですが中でも電子書籍を購入して閲覧できるのが有名ですね。

また、iPhoneOS(アイフォン・オーエス)のシステムが導入されています。

iPad内部の搭載フラッシュメモリ(最大容量:16GB・32GB・64GB)に
記録していくデータは、今までのApple製ポータブルメディアプレーヤーと
同様に、専用管理ソフトウェアの
『iTunes』(アイチューンズ)を使って保存・管理していきます。

これまでにiPod nanoやiPhoneを使われた事のある方でしたら
特になじみが深いかと思います。

iTunesはお持ちのパソコンにインターネット等からダウンロードして
インストールを指定の手順に従って行います。

セットアップが終わったらiPadを専用の付属USBコードから
パソコンに繋げて、同期接続を行いデータの交換を行う事ができます。
ノートパソコン | iPad
小型・薄型のパソコンから削除データの復元を施す対処法
近年では小型かつ薄型で最低限の機能のみがセッティングされた、
低価格で持ち歩きの簡単なノートPCの人気が高まっています。

ただ一方で、使用できる機能が限定されているパソコンへの
書込みファイルを削除してしまったり、プログラムが破損した場合、
どうすればデータの復元処置を施せる?という疑問について。

超薄型ノートブックと標準型の違い


ノートブックパソコン

まず、上の写真のノートパソコンのように、A4型、B4型といった
標準から大きめのサイズの製品はケース内部のスペースも十分にあります。

DVDドライブをはじめ必要な機能がデスクトップ機とそれほど変わりなく
一通り収納して設置できますのでこれらは特に不自由なく
復元プログラムが使用出来るでしょう。

しかし、以下のようなコンピューターにはディスクの読み込み用ドライブが
搭載されていないものがほとんどであるため、
まずデータ復活ソフトウェアのインストールの仕方がやや限定されます。

主な小型パソコン本体
  • 超薄型ノートブック
  • モバイルノートPC
  • ネットブック(Netbook)
  • ウルトラモバイルPC (Ultra-Mobile PC)
  • スマートブック(Smartbook)

Windows OSの標準機能である『システムの復元』や、
Vistaと7の上位エディションにある『シャドウコピー』でしたら
インストールが必要ないのでバックアップの事前の作成により
データを保護する方法を導入してみましょう。

インターネットから直接、データの復元ソフトウェア機能を
オンライン購入してHDDにダウンロードされる対処法も使えます。

ただ、、ネットブック等はハードディスクまたはSSD(メモリディスク)の
最大容量や、CPUやメモリの性能がデスクトップパソコンより低いため
外部接続ドライブ機器からソフトウェアやプログラムをインストール
しすぎるのはあまりお薦めできません。

そのかわり、自動更新バックアップ機能くらいでしたら
もしもの故障の時のために備えても良いでしょう。
ノートパソコン | モバイルノートPC
USBブートでネットブックのデータを救い出す手法とは?
ネットブック(Netbook)のように小型で機能が限定されていて
CD/DVDドライブが内蔵されていないパソコンの大事な内部データが、
間違えて消えてしまったり、プログラムエラーや電力供給ストップなどの
論理障害の衝動で壊れてしまい、読み取れなくなった場合について。

ネットブックは3万円から8万円くらいの低価格で購入できる小型のPCで、
液晶ディスプレイことモニター画面の大きさは14.1インチ以下であり
普通のノートブックPCと電子手帳の中間くらいの本体サイズが特徴です。

NETBOOKの販売メーカー
  • 日本エイサー
  • ASUSTeK Computer:アスーステック・コンピューター
  • 富士通:FUJITSU
  • 工人舎
  • 日本HP:ヒューレット・パッカード
  • TSUKUMO・ツクモ
  • MSI:エムエスアイ・コンピュータージャパン

他にデスクトップ型の『ネットトップ』(NETTOP)というマシンもあります。

asus eeeネットブック

USBコネクタからのソフトウェア起動


主にインターネットのサービスやアプリケーションの仕様を目的として
作られているミニサイズのパソコンは、機能や部品を縮小・省略しているため
ネットブックと多くの小型PCにはDVDドライブなどが内蔵されていません。

そのため、ノートパソコンデータ救出の作業に復旧ソフトのツールを使う場合、
マシン単体では新しいソフトウェアのインストールをCDディスクから
セットアップで読み込みして行うのができないデメリットもあります。

外付けDVDドライブを接続すればCDやDVDディスクの読み込みは可能です。

ただ、その場合は別途にドライブを購入する必要があります。

そこでもっと安価で済む方法としまして、USBフラッシュメモリに予め
復元ソフトのプログラムをコピーしておき、トラブル発生の際に
USBコネクタからメモリーカードを差し込んで使う事が出来る
「USBブート」(usb memory boot)という機能のあるソフトも登場しています。
ノートパソコン | ネットブック
Acer(エイサー)のパソコンのデータを復旧するには?
「Acer Incorporated」(日本エイサー)の製品のパソコンが、
急に内部パーツが故障してしまうなどのトラブルが起こり、
中身のデータが読み込みできなくなったら、どうすれば開いて復旧できる?という疑問について。

AcerのノートPC

主なAcer製品のシリーズ
  • Aspire
  • TravelMate
  • Timeline
  • Aspire One
  • Altos
  • PICA


まず、Acerのノートパソコンやデスクトップパソコン、サーバ、ワークステーションも、
他のメーカーのコンピューターと同じく、ファイルやアプリケーションなどのデータは
全て内蔵のハードディスクドライブ(またはSSD)に保管されています。

パソコンの故障=ハードディスクの物理的障害、または論理的障害、
というパターンも非常に多く、それはAcerの製品でもやはり例外ではありません。

ハードディスク自体に何か不調が出ていた時は、エクスプローラーから
ドライブのアイコンを右クリックして「プロパティ」⇒「ツール」⇒「チェック」で
ディスクのエラーチェックや最適化を行う事もできます。

また、「S.M.A.R.T.」(スマート)というディスクの状態の読み取り機能を使ったアプリケーションを
東芝(TOSHIBA)などハードディスクの製造元のメーカーのホームページからインストールして、
故障の状態の診断や簡易的な修復作業を行う事もできます。

(Hitach-日立製の内蔵HDDなど、
別のメーカー製のハードディスクをご使用されていた場合は、それぞれのメーカーで
対応されている専用のS.M.A.R.T.の読み取り機器を使って読み込みを行ってください。)


逆に、マシン本体のパーツのどれかが壊れてしまっても、HDDが故障せずに無傷であれば、
蓋のネジを外してPCケースから取り外し、他のパソコンに増設するか、
外付けHDDケースなどに接続して、データを読み出す事ができます。
ノートパソコン | Acer Aspire One
ノートパソコンが過熱で電源が止まった時のデータ復旧
ノートブック型パソコンはデスクトップ型パソコンよりもコンパクトなサイズで
液晶モニタの画面やキーボード、タッチパッド、スピーカーなどが一体化している分、
内部パーツ同士の空きスペースは少ない構造になっています。

ノートPCのハードディスク

また、テーブルの上に本体を横に置いて密着させて使うために熱が充満しやすく、
廃熱装置の調子が良くないとノートパソコンとテーブルに過熱が起きやすい傾向があります。

数年~、と長い事使用していると電源ユニットやCPUの冷却ファンに埃やゴミが
溜まっていき、十分な廃熱ができず、熱暴走のおそれにも繋がりますので
ノートパソコンの掃除は特に行う必要もあります。

また、パーツの老朽化などで冷却ファンの回転がまともに動かなくなると
急激にパソコンが発熱し、起動してから数分で電源が落ちてしまいます。

まず、熱暴走でフリーズ(ハングアップ)が起きて動作が止まって操作できなくなったら、
ひとまず電源ボタンの長押しでシャットダウンして電源をオフにします。
ノートパソコン | 故障
ノートブックパソコンのバッテリー切れによるデータ損失とは?
ノートブック型のパソコンはデスクトップ型PCのように電源コンセントから
電源コードを差し込んで電力を供給させて稼動させるだけでなく、
内蔵されている「バッテリー」に充電する事で、コードレスで起動させる事もできます。


外出先の宿泊地や乗り物での移動中の際にノートパソコンを開けて
文書を作成したりインターネットを閲覧、データを保存するなど、便利な使い方ができます。

しかし注意すべきなのが、電源コードがなければそのうちバッテリーの電力が尽きて
パソコンの起動が維持できず、強制的に電源がオフになってしまいます。

電池の残量ゲージの表示が底を尽く前にそれまでの作業で作成したデータを
すべて上書き保存して先にノートパソコンをシャットダウンするか、
コンセントから電力を供給する必要があります。


電池切れになる前に警告メッセージを自動的に表示させるように設定すると
良い防止対策になるのですが、うっかり見逃してしまったり、
電源を付けたまま長時間放置していると突然起動停止になってしまいます。


メモリもリセットされてしまいますので、それまでの書き込み中だったファイルや
システム設定などのデータが前回の保存状態まで元に戻ってしまいます。
ノートパソコン | ノートPC
ノートパソコンのハードディスク交換を行う時は?
ノートパソコンやモバイルパソコンが故障してしまう原因は、
持ち運び中の振動や落とした時の衝撃、雨や飲料による水濡れや静電気、
パーツの老朽化、ウイルス障害、システムの損壊など様々な理由があるのですが、
中でもHDD(ハードディスクドライブ)の故障が多い原因の一つです。

そのため、内蔵されているHDDを交換する事でまだ数年は使用できる
ようになりますし、また以前のノートPCのHDDの容量は20GBから40GBのものが
多かったのに対し、今では100ギガバイト以上のHDDも安価で購入できますので
以前よりも速く快適に作業ができるようになります。

acer ノートパソコン

実際に換装作業を行う前に、そのノートPCのメーカー保証の期間が
まだ残っているかどうかをご確認ください。

期間内であればHDD故障状態の時のみ無償で交換を行ってもらえます。
(他のパーツに異常がある場合はおそらくHD換装は行ってもらえません)

保証期間がとうに過ぎていた場合は自分で交換作業を行うか、自作PCに詳しい
知人にやってもらう、または全国各地のパソコン修理サービスにて依頼をする
といった方法があります。

ここで注意すべき事として、販売元や購入した店舗の保証対象外となってしまうため
全て自己責任の元で行う必要があります。

自分でハードディスク交換を行う時は、新しいものを買う際にお使いのノートパソコンに
対応されている製品かどうかを事前によくお調べください。
ノートパソコン | ノートPC
MacBook マックブックの電源が起動しない時に復旧
アップル社製のMacintoshノートパソコン『MacBook』(マックブック)とは、
2006年よりAppleより発表された、
PowerBook(パワーブック)やiBook(アイブック)の後継機に当たる新型のPC本体です。

「MacBook Air」(マックブックエアー)などの薄型ノートブック型パソコンが
Apple Store(アップルストアー)などの店頭にて販売されています。

Macbook air


主な搭載内蔵パーツ


・オペレーティングシステム:Mac OS X v10.4 (マックオーエステン)
・CPU:Intel Core Duo (シーピーユー・インテルコアデュオ)
・メモリ:1GBx2~2GBx2 (1ギガバイトから2ギガバイト)
・HDD:160GB~320GB (ハードディスク)
・DVD±R /DVD±RW/CD-RW (内蔵DVDドライブ) など。


また一般ユーザー用の他に、業務/オフィス専用のMacBook Pro(マックブックプロ)も
発売されています。


歴代のアップル社製品でも最も売れたPCとして人気を得ているのですが、

・稀に電源が落ちてしまう。
・ボディの色が変色してしまう。
・シャットダウン(強制終了)が度々起きてしまう。
・外面の強度が弱く、割れたり欠けたりしてしまう。
・フリーズが発生してしまう。

といったシステムエラーや不具合のクレームも報告されています。


そんな場合でのある時に、電源が突然消えてしまったり起動できなくなった場合について。

マックブックに搭載されているバッテリーは5時間程度とされているため、
電源コードを抜いた状態で長時間使用されているとバッテリー切れになってしまう事も多いです。

ライトの点灯が一個のみになったらすぐにシャットダウンするか、
電源をコンセントより差し込みして充電してください。

その際に念のため、持ち運びによりプラグの接続部分にゴミや水分が付着していないかご確認ください。

接続したデバイスは一度外しておいた方が良いでしょう。

電源が急に付かなくなった場合は、長時間の稼動によるCPUの熱暴走やHDDの故障、
持ち運び時に強打してしまった、などの破損が起きている可能性があります。


パソコンが開かない時は半日ほど電源を抜いて熱を冷ましておくと直る場合もあります。

時間に余裕がある時は少し待ってみるようにしましょう。

無理に電源ボタンやキーボードを何度も押すとかえって症状が悪化する場合もあるので、
負荷を大きくしてしまうような操作は控えるべきです。
ノートパソコン | ノートPC
ノートパソコンのHDDをデスクトップPCに増設してデータ復旧
今までに使っていたノートパソコンがある時、
マザーボードやCPU、メモリ、電源、液晶モニター、キーボードなど
どこかの部品の故障してしまうと正常に動かせなる事がよくあります。

そうなると内部に保存していたファイルも開けなくなるので、

そこで一度パソコンを分解してハードディスク(またはSSD)を取り出して、
別のデスクトップパソコンのドライブベイに増設する形で読み込んで
必要なデータを復旧させたい、という際の手順について解説します。



まずはノートパソコンの本体のフタを開いて、
カバーやパネル、キーボード、引っかかりやすい他の部品などのパーツを
内蔵ハードディスクの固定された層まで、順に丁寧に取り外します。

※HDDやSSDの交換用の蓋が付いているパソコンなら
ネジを数本外すだけで簡単に分解できるのですが、

その際、ノートパソコンのメーカー製品によっては
普通の十字型のネジを外すプラスドライバーだけでなく、
星形のネジを取り外すための専用の
ペンタローブスクリュードライバーやトルクスドライバーが必要な事もあります。

ノートパソコンの分解

本体のコネクタからゆっくりと指でスライドして
2.5インチハードディスクを取り外します。

マザーボードに繋がったコネクタやケーブルから取り外して分離したり
新しい記憶装置に交換してはめ込む時は、
うっかり設置の仕方を間違えたりプラグが折れ曲がってしまわないように
慎重かつ正しい手順で分解・取り付け作業を行ってください。
ノートパソコン | データファイルの復旧・復元
ASUSのノートパソコンからHDDを取り出してデータ復旧
先日、数年前にパソコンショップで購入してから ある程度の期間使用していた
[ASUSTeK Computer Inc.](アスース/エイスーステック・コンピュータ)の
ネットブック(NETBOOK)という廉価版ノートパソコン「Eee PC」(イーピーシー)の
マシンを起動しようと電源を付けたら、画面が真っ黒のまま開かなくなっていました。

(※2014年4月:おそれながらページの内容を変更させていただきました。)

Eee PC

「Windows 7 Starter」(ウィンドウズセブン・スターター)の方のファイルシステムが
破損して起動できなくなりオペレーティングシステムが立ち上がらないわけではなく、
「内部のパーツ」に異常が起きていたため、BIOS画面なども開かない状況でした。

低価格を重視した廉価版の製品であるため故障率の低さの面では劣る部分もあるのですが、
マザーボードやCPU、電源ボタン、電源ユニット、メモリ、液晶モニターなどの部品が
物理的に故障してASUSのパソコン本体に不具合が出て起動ができなくなると、
やはりそのままでは中身のデータが読み込めないトラブルも同時に出てしまいます。

ネットブックはデスクトップ用パソコンと少し違い、従来のノートパソコンと同じく
内蔵の「2.5インチ型のハードディスク」にデータファイルを保存します。

このデータ二次記憶装置である内蔵された「ハードディスクドライブ」の方が
特に問題なく故障していなければ、パソコン本体の蓋を開けて取り外して、
そこから別のコンピューターに接続して中身のファイルだけ救出する事もできます。


ハードディスクの取り外しと別のパソコンなどでの読み込みを行うために、
今回は別のコンピューターから内部のデータを開く方法を実践いたしました。

まず、「Eee PC」のネットブックに使われている2.5インチサイズでSATA方式のHDDに対応された
「USB外付けハードディスクケース」などの「カートリッジ」かUSB変換ユニット、

または電源ケーブルのコネクタとマザーボードのSATAケーブル用コネクタが2つ以上ある
デスクトップパソコンなどのコンピューター本体と、螺子を外すドライバーが必要です。

※ネットブックのように小型・薄型のコンピューターはカバーの開閉や部品の分解が難しく、
慎重に作業を行わなければミスをしてパーツをかえって破損させてしまうおそれもあります。

もし購入した際に付いた数年間の長期保証サポートの期間がまだ残っていた場合は、
パソコン本体の蓋を開けて分解すると保証が効かなくなる事があるので事前にご了承ください。
ノートパソコン | Eee PC
Dynabook ダイナブック ノートパソコンのデータ復元には?
ダイナブック(Dynabook)とは、東芝情報機器株式会社(東芝・TOSHIBA
より開発、販売されているノートパソコンのブランド名です。
マシン本体の大きさはA4・B5サイズ等がメジャーです。

元々はアラン・ケイにより提唱されたパーソナルコンピューターの名称で、
ダイナミックパーソナルメディア(dynamic personal media)が入る、
本(書籍媒体)のような物という意味で名づけられました。

ダイナブックPCのデータ破損


外へ持って運ぶ事も簡単に出来るノードブック型のパソコンである分、
Dynabookをうっかり道路や床面の固い場所に落としたりテーブルから
落ちてしまう場合、また飲み物をキーボード部分にこぼしてしまったり
通勤・通学中の電車移動中などの振動で激しく揺れた影響で
壊れてしまう可能性も0ではありません。

内部破損の影響で中身のファイルやシステムが開けなくなった時の解決方法として、
通常、パソコンの開発・販売メーカー元では、修理・交換のサポートのみなのですが、
Dynabookでは東芝情報機器株式会社にて直々にに有料のデータ復旧サービス
提供されています。
ノートパソコン | ノートPC
中古ノートパソコンを修理・データ復旧するには?
ノートパソコン』(notebook PC)も今や中古でありながらも性能はかなり高く、
しかも5万円以下くらいの値段で購入できるものも多いので大変お得な商品でもあります。

AcerのノートPC

筆者も一台、薄型・軽量型で性能の良いノートパソコンを購入した事もあります。

しかしながら、中古で買ったノートパソコンをしばらく使っていて突然故障してしまったり、
内部のHDDやSSDのデータを誤って消してしまったらどうすれば良いのか?という疑問について。

例えばWindows95やWindows98といったオペレーティングシステムで大分前に発売された
ブランドのシリーズの場合は、中身の部品やシステムの点で上手く修復しづらいのでは?
という疑問もあるかと思われます。

中古PCは保証サポートを受けづらい?


中古店舗での製品の保証期間は、新品を通常のパソコンショップで購入する場合と比べて
基本的に大幅に短くなってしまい、
保証サポートのサービスを有償でしか受けられないケースも多いです。

(最近の店舗は中古でもポイント制などの併用で3年保証などが付帯できる事もあります。)

中古店舗での保証の有効期間やメーカーの対応サポートがすでに切れていたら、
私設のパソコンショップまたは修理センターにて、即日診断などのサポートプランを受けて
破損した部品の交換やシステムの回復といった作業を依頼する方法もあります。
ノートパソコン | ノートPC
ノートパソコンのデータを復元するには?
ノートブック型パソコンのハードディスクドライブやSSDに保存していたデータを
間違えて削除してしまった場合にはどのようにすれば復元ができる?という疑問について。

ノート・パソコン

最近よく聞くモバイルパソコン(mobilePC)とは、
ノートパソコンの中でさらに小型、軽量パソコンの事を指します。

実際に手のひらサイズになるほど小さいわけではないですが外出、家庭内・会社間などで
持ち運びをするのに非常に適しています。

ただ、それだけパソコン機能を小型の本体に凝縮するために
デスクトップパソコンに比べて値段は高めです。

ディスプレイ(モニタ)やキーボード、ハードディスクなど基本的に
小型のパーツが集められて構成されています。

モバイルパソコンももちろんOSなどのシステムファイルは普通のパソコンと同様です。

マイコンピュータ内のフォルダにあるデータを間違えて消去したり上書きしてしまった場合でも
すぐにバックアップデータから引き出したり、データ復元ソフトウェアを
インストールしてスキャンする事で復旧させる事ができます。
ノートパソコン | ノートPC
ノートパソコン内のファイルが破損した時に復旧するには?
ノートパソコンが安価で購入できるようになり、広く普及して久しいこの近年。

ノートブックパソコン

このデスクトップパソコン本体との違いは、ノートパソコンが液晶モニター、キーボード、スピーカー、
バッテリー(電池)、タッチパッドなどの必要不可欠なサプライをコンピュータ本体と
すべて一体化してコンパクトに持ち運べるようになってどこでも使える点ですね。

小型化、軽量化されて内部も頑丈に設計されているためノートパソコンは
非常に使いやすく便利です。

しかし通勤や移動の最中にラッシュや何かの弾みで強い衝撃を受けてしまうと
エラーや故障を起こしてしまう事もあります。

ノートPC内データ損失例


・内蔵の2.5インチハードディスクにモーター不良やヘッド吸着が起こる。
・持ち歩きの際に水濡れ・衝撃・圧迫といった物的被害が出る。
・ノートブックPC本体の盗難や紛失に遭ってしまう。
・外部接続ででコンピューターウイルスが感染してしまう。
・フォーマットや誤った手動削除でファイルを消してしまう。
・ディレクトリやレジストリのシステムが破損。
・同名の拡張子ファイルで上書きしてしまう。

長く使ったパソコンや旧型のパソコンは特に可能性が高まります。
ノートパソコン | ノートPC
 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-category-13.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.