データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

[ごみ箱の削除後の復元]のページです。パソコンの故障やエラーによる保管ファイルの喪失。そんな時にこそデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復や修理の手順など破損トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


ページ案内

こちらは「ごみ箱の削除後の復元」の分野別にカテゴリー分けした見出しの一覧ページです。
下記のリストにてそれぞれのエントリーページの見出し文を新着順に掲載しています。

各文章の下部分にある、「エントリータイトル」と「続きを読む」と書かれたリンクから
コンテンツの本文と追記の一文が表示されたエントリーページへ入れます。

エントリーページの下部にあるコメントフォームから文章の投稿もできます。
また、作成したページの内容も補足文を追加して定期的な更新を行っています。





ごみ箱に捨てたファイルを元に戻して開くには?
Windowsのパソコン上でいらなくなった拡張子ファイルやフォルダを
普通にマイコンピュータから削除すると、すぐには消えずに一旦、
専用のごみ箱フォルダに移動して保管されます。
(※データの容量が大きすぎるとゴミ箱に入りきらずにそのまま消去されます。)

ですがその後で、捨てたファイルをもう一回使う必要が出てきた場合や、
間違えてまだ使うファイルをごみ箱のフォルダ内に移動させてしまった場合、
ごみ箱に入ったままの状態ではまだ開く事が出来ませんのでご注意下さい。

元に戻す手順


まずはフォルダ画面の中に表示されている必要なファイル名のアイコンを
右クリックして、『元に戻す』を押します。

するとアイコンが消えて、元々あったフォルダの方に移動しますので、
そちらをマイコンピュータから確認して、あとは普段どおりに専用ソフトウェアを
起動してそのファイルを開く事が出来れば無事完了です。
ごみ箱の削除後の復元 | ファイルのサルベージ
ゴミ箱ツールのデータを完全削除する必要
パソコンの内蔵ハードディスク上(Cドライブ)にあるフォルダの中に含まれている
ファイルの拡張子を普通に「削除」すると、OS上の自動的な仕組みによって、
消したファイルは一旦『ゴミ箱フォルダ』(Trush Box)の中に移動されます。

この中に保管されているファイルやフォルダは、
ごみ箱の容量が一杯になると次第に古い順から自動的に消去されていきます。

ですがパソコン本体を内蔵のHDDやSSDごと廃棄処分したり、誰かに譲渡する場合、
またはノートパソコンを貸し出したり他の人に使用を許可する場合は、
念のために事前に「ごみ箱を空にする」を使って削除しておかれるのが望ましいです。


ですがゴミ箱のフォルダの中にあったファイルは、実は現在では復旧がとても容易で、
たとえ削除しても数ヶ月以くらいの期間内でしたら、その気になれば
誰でも入手できるデータ復元のツールなどでも拡張子を修復できてしまいます。

例えばパソコンをハードディスクが入っている状態でそのまま捨てた後で、
もしも悪意のある第三者に拾われた場合、個人データや企業機密が書かれた
ファイルを見られて、最悪の場合、個人情報などが悪用されてしまう危険もあるのです。

OSのユーザープロファイル(ユーザーアカウント)は、
パスワードを設定して、他人が開けないように保護しておくと安全度が上がります。

しかし、セキュリティ強化を踏まえて、誰かにパソコンを渡したり廃棄する前には
もしもの事を考えて、全ての個人データなどの『痕跡』を完全消去して
誰かに見られないように対処を行う必要もあります。
ごみ箱の削除後の復元 | PC雑学
Macパソコンのゴミ箱ファイル復元を行うには?
不要になったファイルを右クリック操作などで削除した後、
一時的に消したファイルやフォルダを自動的に移し変えて取っておく
ゴミ箱フォルダの特殊ツールはWindowsパソコンだけでなく、
もちろんMacintosh(マッキントッシュ)OSのアップルPCにも搭載されています。

また、もともと「ごみ箱」(Trash)はMacで初めに作られたとも言われています。

マックのごみ箱の消去データ回復方法


PCでアプリケーションの操作中や保存データー、システムの整理中に
間違えて誤削除をしてしまった時でもまだゴミ箱に残っていますので
そちらを開いて元あったフォルダ場所に戻す事ができます。

ただし、USBフラッシュメモリやMicroSDカードなどの外部補助記憶装置に
書き出してる領域のファイルを消した場合はごみ箱には行かずに
そのまま消去されてしまいます。
(それでもデータの復元自体は一定確率で一応可能です)

Mac OS X V10.6をはじめとするマックのパソコンの操作でごみ箱の中身を
空にしてすべてのファイルをデリートした後、必要なデータが含まれていた事に
後から気づいてしまい、これを直したい、という場合は基本的に、
専用ツールか、ごみ箱復活のサービス店からの復旧作業が必要になります。
ごみ箱の削除後の復元 | Mac関連
削除したファイルがごみ箱に入っていない状態とは?
パソコンの使用中にフォルダに含まれる拡張子ファイルを削除したら
通常は『ごみ箱フォルダツール』(Trash Box:トラッシュボックス)の中に
一旦保管されるため、後でもう一度ドラッグ・アンド・ドロップやコピーで
移動して、簡単に元に戻す事も出来ます。

しかしゴミ箱にあると思っていたファイルがなぜか見当たらない、
という状況の場合、一部の例外に当てはまってしまっている場合があります。

ゴミ箱に移動されない場合


消去したデータがトラッシュボックスのフォルダに移動されるのは、
ローカルディスク(CドライブやDドライブなど、内蔵HDD/SSD内の領域)と
外付けハードディスクに保存されているものに限ります。

その他の外部記憶媒体に属するリムーバブルメディア、例えば
MOやSDHCカード、USBフラッシュメモリ、フロッピーディスク、携帯端末、
メモリースティック、コンパクトフラッシュ、BD-ROM、DVD-RAM、CD-RW
といった保存メディアのファイルを削除した場合は対象外となります。

ごみ箱に移らず直接消えてしまいますので注意しましょう。

また、すでにゴミ箱内部の空き容量が埋まっていると
移動日時の古いものから順に消えていってしまいます。

コントロールパネルのメニュー『プログラムの追加と削除』で
アンインストールしたソフトウェアのプログラムシステムも
そのまま抹消されますので、パソコン上から除去する前には
今後も使う予定が無い物であるか、ご確認下さい。
ごみ箱の削除後の復元 | フォルダ
ゴミ箱のデータは容量が埋まると消えていく?
ローカルディスク(内蔵HDD)に保存してある不要になったファイルを
右クリック等で削除すると、すぐには消去されずにまずは
ゴミ箱専用フォルダに移動して、こちらで保管されます。

なので間違えて必要なデータまで一緒に削除してしまっても
『ごみ箱を空にする』の操作をしなければいつでも引き出す事が可能です。

しかし、ごみ箱にも無限にファイルが収納できるわけではなく、一定量の
容量制限に達して入りきらなくなると、保管の古い分から順に
自動的に消去されて、消えていってしまう仕組みをご存知でしょうか?

例えば、PCメインの内蔵ハードディスクドライブはデフォルトの状態で
全容量のうち10%がゴミ箱の領域に使われています。

80GBのHDDでしたら、約8GBのデータがごみ箱に保存可能です。
これだけあれば、余程プログラムファイルの入れ替わりが
激しい使用でなければかなり長い期間は何もせずとも収納できるでしょう。

しかしいつかごみ箱の最大容量の設定を越えてしまったら、
いつの間にか前のファイルが消えてしまっている、というハプニングに
見舞われる可能性もありますのでご注意下さい。

ディスククリーンアップ等でうっかりゴミ箱の中身を全部消してしまっても
直後の段階でしたらデータ復元ソフトやツール、ファイル復旧サービスにて
元に戻す事も可能です。
ごみ箱の削除後の復元 | 削除したファイルの復活と完全消去
ごみ箱の最大サイズを減らして空き容量を増やすには?
デスクトップに表示されているゴミ箱ツールには、
何かアプリケーションのファイルやフォルダを削除するたびに
どんどん使っている容量が上がり、不要ななデータが蓄積していきます。

ごみ箱ツールはハードディスクドライブの10%にサイズが設定されているのですが、
頻繁に『ごみ箱を空にする』を行っていけばそれほどの領域は
無くても大丈夫ですので、このゴミ箱に振り分けている容量の割合を
減らす事でHDDに使える領域部分も増やしていく事が出来ます。

まずはデスクトップ画面のごみ箱アイコンを右クリックし、
プロパティ画面を開きます。

すると最大サイズがデフォルトでは10%になっていますので、
つまみを左にずらしていき、5%くらいに調節してみます。

そしてOKを押して、空き容量の振り分けが完了です。

例えば100GBのHDDでしたら、ゴミ箱フォルダの領域は10GBから5GBに
変更された事になり、ローカルディスクの動作もややスムーズにできます。
ごみ箱の削除後の復元 | フォルダ
削除ファイルはごみ箱からコピーして元の場所に戻せる?
パソコンのCドライブ(ハードディスク)に入っているファイルやフォルダ、
アイコンは一度削除した時、すぐには消えずにデスクトップで表示されている
ゴミ箱ツールに移動して保管されています。

誤って削除してしまったり、一度は消したけどまた必要になった、という場合には
ゴミ箱ツールを左ダブルクリックして開き、復活させたいファイルをコピーして
元のあったフォルダの場所に貼り付けて元に戻す事ができます。

ごみ箱にファイルが入っている時はアイコンに紙くずが表示されますので、
これで現在、中身が空になっているかどうかも一目でわかります。
ごみ箱の削除後の復元 | データ消失
ゴミ箱ツールの削除ファイルを復活させたい時は?
パソコンをよく使うほどゴミ箱ツールの中には大量の削除ファイルが
保管されていまして、例えばお気に入りやいらなくなったフォルダをまとめて
抹消したり、インストールしたソフトウェアの作成フォルダを
プログラムの追加と削除』から消去せずにそのままマイコンピュータ画面から
ごみ箱に移送した場合は一気に数百メガバイト~数ギガバイトもの容量の
データが含まれることになります。

そしてファイルの量が多くなるほどPC全体の空き容量が少なくなり、
動作の遅延など若干の支障をきたすため時々「ごみ箱を空にする」や
「ディスククリーンアップ」で一括消去を行う必要があるのですが、

この際にうっかり必要なファイルまでまぎれてしまい、場合によっては数ヵ月後も
後になって気づいてしまうケースもあります。

あまり時間が経ちすぎると新しく入ってきた不要なファイルやフォルダ群に
上書きされていき、ごみ箱ファイル復元の出来る確率も下がってしまいます。

空にする前でしたら、もちろんまだフォルダの中に残っていますので
マウスによるドラッグやコピー・ペーストでマイコンピュータや
デスクトップに貼り付けてアンデリート(undelete)が出来ます。

ごみ箱の中身を一層してしまっても、すぐに気づけばまだ
データ復活ソフトウェアやシステムの復元機能、または
リカバリーサービスセンターで消去ファイルの修復ができます。

しかし何ヶ月も経った後では何度もごみ箱のデータ(HDDのセクタ)の
中身や痕跡が入れ替わってしまい、ゴミ箱データ復元のできる確率が
かなり下がってしまいますのでご注意下さい。
ごみ箱の削除後の復元 | ファイル
ゴミ箱アイコン内の保存ファイルは時々削除するべき?
WindowやMacintoshなどのOS画面上にはゴミ箱アイコンが表示されています。
パソコン作業の中でいらなくなったファイルやフォルダを削除すると、その多くは
すぐにコンピューター内から完全に抹消されるわけではなく、この『ごみ箱』の
フォルダ内に一旦移動して保管されます。

インターネット・エクスプローラー(ウェブプラウザ)の「お気に入り」や画像ファイル、
ユーティリティプログラムなどを右クリックで削除した場合にゴミ箱に移されるのですが
ゴミ箱フォルダに移転できる容量を越えてしまう場合や大容量のプログラムが
含まれたフォルダを消去する場合はそのまま完全削除されてしまうのでご注意下さい。

ゴミ箱にたくさんの不要なファイルが詰まっていると、もしあとでまた削除データが
必要になった場合はすぐにコピーしたりドラッグ移動する事で簡単に元に戻す事が
できるので便利です。

ただ、コンピューターのシステム上、マイ コンピュータ内に入った
プログラムファイルが多いほど動作が若干遅れたり
一時的に読み込みや互換性に支障が出る場合もあるので(特に古いパソコンであるほど
なるべく容量を軽くしてHDDや他パーツへの負担を減らすためにも、
時々ごみ箱は空にして空き容量を少しでも増やしておく必要もあります。
ごみ箱の削除後の復元 | ファイル
Windows VistaまたはXPのゴミ箱アイコンを復元するには?
ゴミ箱

Windows OSのデスクトップ画面にある削除ファイルの保管場所となる
ゴミ箱アイコンは、XPをはじめとする今までのOSでしたら通常はデスクトップ上から
消す事ができないようになっているのですが、最新OSであるWindows Vista
(ウインドウズ・ビスタ)では右クリックで削除できるようになっています。

そのためうっかり消してしまい、元に戻そうにもゴミ箱のフォルダに行けない為
復元の仕方がわからない、という事もあるかと思われます。

ごみ箱アイコンの修復方法


まずはデスクトップ画面を右クリック

『アイコンの整列』を選択

『デスクトップアイコンの表示(D)』を選択

『個人設定』を選択して開く

タスクにある『デスクトップ アイコンの変更』を選択して開く。

『デスクトップ アイコンの設定』を開く。

『ゴミ箱』にチェックをつけて『OK』を選択。

これで再びデスクトップ上に表示されます。
または非表示になっている場合、デスクトップを→クリック→表示→
『デスクトップアイコンの表示』にチェックを入れて、ゴミ箱を表示できる事もあります。
ごみ箱の削除後の復元 | Windows 全般
ごみ箱に残ったデータを空にする前には?
普段パソコンをお使いの際にはいらなくなったプログラムやお気に入りページへの
リンク、画像ファイル、音楽ファイルなどさまざまなデータファイルを
ごみ箱のツールに移動・削除していきますよね。

ゴミ箱に移し変えてもまだデータは保管されたままで容量は残っているので、
パソコンを軽くするためにも定期的にごみ箱を空にする必要もあります。

この時、うっかり必要なデータまでいつの間にかごみ箱に移動させていないか
確認した方が確実で良いでしょう。

ゴミ箱内の必要なファイルを消してしまったら?


パソコンを長く使っているとうっかり大切なデータを何かと一緒に
まとめてごみ箱に移動してしまった、または後からまた必要になってきた、
というケースが稀にあるかと思います。
ごみ箱の削除後の復元 | パソコン初心者
ゴミ箱で削除したファイルの修復方法は?
パソコンを仕事や日常で日々使っていると、デスクトップアイコンの
ゴミ箱ツールに不要なファイルがだんだん増えていきますね。

そのままにしておくと容量を食うので定期的に一括削除すべきなのですが、
うっかり必要なファイルまで消してしまったり、あとでやっぱり必要に
なってきて困った場合はどうすればよいのか?

ごみ箱内の消去データの修復

ゴミ箱ツールは自分で作成するフォルダとは違う、WindowsやMac OS X、Ubuntuの
特殊なフォルダで、主に一回削除されたファイルをここに収納します。

内蔵のCドライブや増設したHDDにSSD、また外付けのハードディスクといった
ドライブディスク装置のデータが主にここに入ります。

一方でUSBメモリやSDカード、メモリースティックなどの媒体は
「リムーバブルディスク」として扱われるため、
これらの保存ファイルを削除すると一旦完全になくなるので注意してください。

(データの痕跡は残っています。)

ごみ箱の削除後の復元 | トラブル













[データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法・トップページへ]


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-category-1.html
Copyright (C) 2007-2014 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.