データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

パソコンユーザーなら誰にでも一度はある予期せぬ故障やエラーによる保管したファイルやフォルダの喪失。そんな時にこそデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法を初めての方にもわかりやすく解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など破損トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


新着エントリー
Windows10のパソコンでHDDを修復してデータを救出
NASを初期化した後でデータ復旧はできる?
ネットワーク対応ハードディスクが開けない時のデータ復旧







コンテンツページの一覧リスト

各分野別のページへの目次リスト(サイトマップ)です。
主なコンテンツページを一覧にしてまとめています。

各コンピューター機器別の
データ復活方法一覧
memory


パソコンのハードディスクやメモリーカードなどの機器から失ったファイルを復元させていく方法について。
ソフトウェア上で起こる
問題を修復する手法の一覧
computer


ソフトウェアの起動中に起こりうる数多くの不具合の原因を発見して直すリカバリーの技法について。
トラブル・障害の原因と
システム回復手段の一覧
NotePC


コンピューターを使用している最中に発生するエラーや破損などのトラブルからシステムを復帰する手順について。
パソコンのファイルの復元と
リカバリーの手順の一覧
server


間違えてフォルダから削除したり壊してしまった拡張子などを元通りに復活させるための様々な方法について。
データのバックアップと
保護対策を行う技法の一覧
disk


大事なファイルを突然失わないようバックアップをしたり、RAIDやセキュリティ対策の強化で保護する手法について。
専門業者の
データ復旧サービス一覧
city


専門で回復の作業を行ってもらえるデータ救出サービス業者の一覧リストです。

 【概要事項の説明】 
当HPの説明や著作権、免責事項、プライバシーポリシー、ヘルプ、
お問い合わせメールなどについての一覧ページです。

 

ホームページの案内
当ホームページでは、主にパソコンをはじめとする
コンピューター上の電子データを 誤った入力指示で消去してしまったり、
記憶装置の初期化、読み込みエラー、故障などのトラブルで開けなくなった時に、
何かの形で元に戻して修復する方法について紹介しています。

また予備のためのバックアップによる保存の仕方や、システムの取扱い、電子機器の保護など、
コンピューターとそれに接続する各種のストレージを取り扱う上での疑問について、
初心者の方にもわかりやすいように詳しく解説してします。

データ記憶装置


【主な不具合による問題の事例】


削除してしまったファイルは元に戻せる?


コンピューターの内蔵ストレージやリムーバブルディスクといった
補助記憶装置(auxiliary storage)に一通り保存して収納されている
「フォルダー」の一覧を見て中身を整理をしている時に、

間違えて必要なファイルに「削除する」の操作をしてしまった時、
バックアップがない状態で拡張子を消去してしまった場合でも、
まだ元通りに以前のデータの復旧ができる見込みもあります。

主なオペレーティングシステムには削除した拡張子を一旦別の場所に保管しておく
「ゴミ箱」の機能が付いていますので、
デスクトップの隅のあたりの場所にあるアイコンからフォルダーに移動して確認できます。


また、定期的にコンピューターの状態を保存しておいて、後で問題が起きた時に
今起こっているアクシデントが発生する前の時間のポイントに遡るように
システムごと状態を直していくための機能もあります。

Windowsの「システムの復元」や「ファイル履歴」、Mac OS Xの「Time Machine」、
その他の多くのコンピューターのシステムにもリカバリー機能が標準で搭載されています。


これらの機能のセット状態がオフになっていて回復ができなかった場合でも、
まだ喪失前の状態にしっかりと再生する形で元に戻せる見込みはあります。

画面上の表示ではこのファイルは削除されました、というメッセージが出ているだけで、
実際には別のプログラムが上書きされるまでの間はまだ消去されずに残っています。

このセクタに残留した「拡張子の痕跡」をドライブのスキャンを実行して読み取る事で
元の状態にDATAの復元を行っていきます。


普通にフォルダーからマウスやキーボードの操作で削除した場合だけでなく、
「クイックフォーマット」を掛けて一つのパーティションを丸ごと初期化した場合でも、
同じようにファイルの復活の作業を実行する事ができます。

誤った削除、フォーマット、拡張子の破損といった仮想空間上での損傷による不具合は
「論理障害」という部類の問題で、これらの多くは上記のような手法で直す事ができます。



外部デバイスの機器が読み込めない時は?


外付けのポータブルハードディスクやDVDドライブので読み取るディスク、USBメモリ、
小型の製品の端末やUSBカードリーダー/ライターから読み込みするSDメモリーカードなどの
外部記憶装置(external storage)などのデバイスをコンピューターで開こうとしたら
なぜか認識されずに中身の読み出しができない、という問題もよく起こりえます。

その読取装置か記録装置自体が破損している可能性もあるのですが、
他のもっと簡単な原因で反応しない事もあります。


例えばWindowsの場合だとコントロールパネルにある「デバイスマネージャー」を開くと、
正常に読み込めない外部デバイスの名称の項目にエラー表示が出ている事があります。

この項目を選択して一度 削除を行って、USBポートなどから一回コネクタを外します。

もう一度つなげて再読み込みをすると、次はデバイスが正常に認識できる事もあります。


また以前に初めてその機器を接続した時にインストールされた「デバイスドライバ」が
エラーやファームウェアの障害で不具合を起こしたり、
間違えてフォルダをいじって削除や破壊をしてしまうと使用できなります。

その時にはコントロールパネルなどの場所から一旦アンインストールを行って、
もう一度インストールをし直してみてください。


他に、NASなどのネットワークストレージをお使いの時に
ルーターの電源がオフになっていたり、ネットワークカードが差し込まれていないと
ネットワークドライブのディレクトリにアクセスができない、といった原因もあります。

また、BDやMOのドライブ、カードリーダーなどの読込装置などが故障して開けない、
という事もあるのですが、その場合はメーカー先のカスタマーサポートの修理に出すか、
新しい製品を買い直して読み込み直す事もできます。

SDXCメモリーカードや小型のSSDなどの新しいストレージが古い電子機器で読み取りできない、
という場合も、その製品に対応された新しい読み取り装置を使って正常に開く事ができます。



記憶装置が破損して故障したらどうすればいい?


補助記憶装置は重要な回路が物理的に破損してしまうと、
「物理障害」という故障の部類に当てはまり、
内部のファイルやシステムが全て読み込みできなくなる事が多いです。

しかし装置の中のメモリやディスクに深刻な損壊が出ていなければ、
まだ中身の大事なデータを引き出せる見込みもあります。

USBメモリやSDカードのケースやMOなどのカートリッジが少し割れたり欠けたくらいの状態で、
内部の基盤やコネクタの部分が無事であれば、
ひとまず割れた部分を簡単にテープなどで丁寧にくっつけて塞いでおきます。

そして再度パソコンにUSBケーブルかコネクタからつなげて読み込み直して
別の記憶装置にすべてバックアップして、新品に買い直して使うと一安心です。

CD-RやDVD-RW、DVD-RAM、BD-REなどのディスクに汚れや傷が付いた時は、
クリーニングキットに掛けてきれいに汚れを洗浄して細かいキズを修繕すると、
また読み込める事も多いです。


パソコンのどこかの部品が壊れたり、オペレーティングシステムが破損して
デスクトップ画面の立ち上げがどうしてもできなくなった時は、

まず本体ケースの中のドライブベイから固定ネジを取り外して
ファイルを保存しているハードディスクをコンピューターから取り出します。

次に外付けハードディスクケースなどのカートリッジに差し込んで、
別のパソコンのUSBコネクタに接続してリムーバブルディスクとして開きます。

そして中身のフォルダーの一覧に入っている大事なデータをコピーして救出する事ができます。


しかし、コンピューター用の外部記憶装置「ハードディスク」(Hard Disk Drive)は
一度故障してしまうと、破損の具合によっては少しその対処が大変になる事もあります。

例えばPCの電源を入れてスピンドルモーターが回転して動作している時に
強い振動や衝撃が加わったり、経年劣化による製品の寿命で回路が摩耗していくと、

通常時は層流を利用してわずかに金属部分から浮いてシーク動作をしている
「読み書きヘッド」という装置がディスク表面のクラスタ/セクタ(磁性体蒸着)に
吸着して異音が出るとともに読み取れなくなる故障が発生するおそれがあります。
そうなってしまうと一般個人ではほぼ読み込みが不可能になってしまうので、
そこで物理障害のアクシデントからの回復に対応された専門のデータ復旧サービスに
問い合わせをして、故障したドライブ装置の診断をしてもらってください。

もちろんハードディスクだけでなく、SDカードやUSBメモリなど他の補助記憶装置も
物理障害・論理障害の両方のトラブルともに大手の業者の方で診てもらえます。

補助記憶装置、またはそれらが内蔵された電子機器の本体ごと
郵送か持ち込みでセンターの方に出して、
ストレージの取り出しと内部回路の読み出し・分解・抽出といった作業によって、
高い割合で中身の大事なデータを救出してもらわれることをおすすめします。

 


Windows10のパソコンでHDDを修復してデータを救出
Microsoft (マイクロソフト)のオペレーティングシステム
Windows10(ウィンドウズ・テン)がインストールされたパソコンを日々お使いの際に、
内蔵ハードディスク、または外付けHDDに問題が発生してしまった場合、どうすれば
エラーなどを修復して、また中身のデータを救出することができる?という疑問について。

ストレージのデータ

まず、ハードディスクがアクセスエラーを引き起こしている場合は、
Windows 10の画面では、最初に、デスクトップ画面左下のマークを押して、
ギアの形をした「設定」のボタンを押して開きます。

Windows10の「システム」を開いて、メニューの「ストレージ」を選択して、
ローカルストレージのメニューに表示されたハードディスクの使用量を確認します。

もし空き領域がほとんど残っていなかった場合は、「空き領域を増やす方法を変更する」
などの機能で不要なファイルを削除して、容量を軽くしてHDDの状態を修復してみます。

また「バージョン情報」を開いて、パソコンのマザーボードをはじめとするパーツに
お使いのハードディスクの製品のスペックが足りていなさそうな場合は、
もっと容量が多く新しいSATAハードディスクなどに交換されてみてください。

「記憶域」を使ってRAIDアレイのように複数のハードディスクを使っている場合は、
読み込みエラーなどの問題が発生してきたら、一度必要なデータを別の外付けHDDやRAID、
NASやクラウドストレージなどにバックアップして、後で復旧できるようにします。

次にHDDの初期化をしてから、もう一度記憶域プールを構築し直してみます。
ウィンドウズ7・8・10 | Microsoft
NASを初期化した後でデータ復旧はできる?
ネットワークを通してパソコンをはじめとする複数のコンピューターのシステムに接続して
データを開いて使用することができるネットワーク対応ハードディスク:
通称「NAS」(Network Attached Storage/ネットワークアタッチストレージ)で、

誤ってハードディスクにフォーマット(format)をかけてデータを初期化しまった、
またはRAIDのディスクアレイを誤って再構築して初期状態にしてしまった際に、
削除したデータを後から復旧することはできる?という疑問について。

テラステーション

[主なNASの製品一覧]

・BUFFALO:リンクステーション ネットワークHDD(NAS) 2TB LS210D0201C
・BUFFALO:テラステーション 管理者・RAID機能搭載 2ドライブNAS 2TB TS3200DN0202
・I-O DATA:ミラーリング対応 超高速 LAN接続型ハードディスク LANDISK 2.0TB
・I-O DATA:NAS 4TB RAID1(ミラーリング) デュアルコアCPU 高速モデル 2ドライブ
・センチュリー:シンプルNAS BOX PLUS 2BAY CSS35NAS2B
・Synology:DiskStation DS115j 多機能1ベイNAS CS4961 DS115j
・WD:NAS 2TB WD Cloud WDBAGX0020HWT-JESN
・QNAP(キューナップ):TS-251+ 専用OS QTS搭載 intelクアッドコア2.0GHz CPU 2GBメモリ
・TerraMaster:F2-220 2ベイ NAS 2.0GHz intelデュアルコア2GBメモリ
・ASUSTOR:NAS 2-Bay Marvell ARMADA-385 Dual-Core 512MB DDR3 GbE x1 USB3.0 AS1002T



まず、NASはUSBポートで直接パソコンに繋げているわけではなく、
PC(マイコンピューター)ではインターネット回線を通してでしか接続ができない仕組みです。

そのため、パソコン上の通常の機能や、リムーバブルディスクのみが対象となる
データ復元ソフトウェアでは、ドライブスキャンができない機器となります。

また、NASはWindowsやMac OS Xのファイルシステムと違い、
SGI XFS」といったフォーマットが使われています。

そのため、ハードディスクをNASから抜き出してパソコンに差し込みしても、
デバイスの認識自体はできても、エクスプローラーやFinderでは読み込みができません。

またフォーマットをかけたり、RAIDシステムのディスクアレイを再構築した時に、
全てのデータが消えてしまうのですが、NASはやはり1TB~数十TB(テラバイト)もの
大容量でデータの保存が出来る分、消去されるファイルもその分、大量になります。

そのため、個人でできるデータ復元ソフトでは、検出ができない分も多くなりがちです。

NASに対応されているプロのデータ救出サポートセンターに注文をして
リカバリーしてもらわれるのが最も確実に多くのデータを復旧できますので、
基本的にはそちらを推奨します。
NAS・LANDISKの不調 | ファイルサーバー、NAS
ネットワーク対応ハードディスクが開けない時のデータ復旧
パソコンなどのコンピューター装置に直接USBポートで接続せずに、
ネットワーク回線を通してアクセスする仕組みの「ネットワーク対応ハードディスク」
(NAS/Network Attached Storage/ネットワークアタッチトストレージ)をお使いの際、

ある時、PCなどのシステム上でアクセスが正常にできず開けない状態になった時には、
どうすれば内部のデータ復旧ができる?という疑問について。

ネットワーク対応HDD

まず先に、お使いの無線LANルーターがネットワークを正常に受信しているかどうかを確認します。

特に夏には部屋の温度の上昇により、熱暴走で電源が止まっていることが多くなりがちです。

また、夏場に暑い部屋にて長時間稼働させていると不調になり開けなくなるおそれがあります。

その際にも、一度ネットワーク対応ハードディスクの電源を止めて、機器を冷ましてから、
あまり熱が上がらない位置に置き換えて、再度稼働してみます。

LANケーブルをネットワーク対応ハードディスクとルーターに差し込むのを
忘れていないかどうかもお確かめください。

次に、ネットワークドライブの冷却ファンの通気口の部分に埃やゴミがたまっていると、
動作が不安定になったり、機械が熱暴走でダウンして開けない場合があります。

長い間使っていて埃やゴミが金網やプロペラに多く付着していたら、ネジを外してファンを空けて、
綿棒などで丁寧に除去します。
NAS・LANDISKの不調 | ネットワーク関連
ポータブルハードディスクが通電しない際にデータ復旧をするには?
主に2.5インチサイズでSATA方式のハードディスクドライブが使用されている
小型の外付け記憶装置である「ポータブルハードディスク」(Portable HDD)を
パソコンなどのUSBコネクタにUSBコードを差し込みしたら、電源ランプが付かず
通電しない状態になった、といった場合にはどうすればデータ復旧ができる?という疑問について。

ポータブル・ハードディスク

主なポータブルHDDの製品一覧


・WD:ポータブルHDD 2TB USB3.0 My Passport Ultra WDBMWV0020BBK-PESN
・Transcend(トランセンドジャパン):USB2.0 2.5インチ ポータブルHDD D2シリーズ 1TB TS1TSJ25D2
・Seagate(シーゲート): Backup Plus Slim Portable 1TB USB 3.0 2.5" External Hard Drive
・BUFFALO(バッファロー):ポータブルハードディスク ミニステーション 500GB USB 2.0
・I-O DATA(アイ・オー・データ):ポータブルHDD 1TB USB3.1Gen1/Type-C対応 HDPX-UTC1K



まず、多くのポータブル・ハードディスクは電源回路やバッテリーが搭載されていない構造で、
付属のUSBケーブルを電子機器に差し込む形で通電して電源ランプが点灯します。

USBコネクタに一度差し込みしてもストレージ(storage)が反応しない場合は、一旦外して、
別のUSBコネクタに差し込みしてみます。

また、その電子機器がUSBハードディスクドライブを読み込みできる仕様であるかもお確かめください。

ポータブルハードディスクかコンピューターか、どちらが故障しているかの簡単なチェックのために、
試しに別のパソコンや外付けのRAID、NASなどのUSBコネクタにも接続してみます。

次に、付属のUSBケーブルの差込口にゴミや汚れが付着していたら、拭き取って除去します。

またコードが折れ曲がっていたり、プラグ部分が割れていたりして破損していたら、
メーカー先のカスタマーサポートに問い合わせて、新品を取り寄せて交換します。

またはコンピューター販売店やパソコン修理店、データ救出サポート店を尋ねてみます。
外付けHDD | ハードウェア
故障したLinkStationを分解してデータ救出はできる?
BUFFALO(バッファロー)から発売されているネットワークアタッチストレージ(NAS)の
「LinkStation」(リンクステーション)を日々運用している際、ある時に製品が故障してしまい
内部に保存していたファイルが開けなくなったら、ケースを空けて分解して簡単な修理をして
データ救出を行うことはできる?という疑問について。

まず、LinkStationの機種のサイズや構造によって、筐体のケースを空けて分解する作業の
難しさが少し変わってきます。

冷却ファンにホコリが溜まって排熱が十分にできなくなり機械が熱暴走を起こす場合は、
ファンの周りにネジが付いていて、本体のカバーごと外さなくてもこれをドライバーで
取り外して掃除がしやすいように作られています。

冷却ファンの固定ネジを外したら、場合によっては接続コードもを外して、
網の部分とプロペラ、とその周囲を、綿棒などを使って丁寧にホコリやごみを取り除きます。

冷却ファン

ハードディスクドライブはケースの蓋を開けることで簡単に取り外しができるので、
RAID機能を設定していてHDDのうちの一台が故障した時には別のHDDに交換をして、
リビルド機能で復旧することができます。

壊れたハードディスクドライブを抜いたまま電源を起動すると故障するおそれがあるので
くれぐれもお控えください。

もし誤ってリビルドに失敗したり、RAID機能を使用していないLinkStationのHDDが壊れた時は、
NASに対応されている専門のデータ救出サービスに問い合わせて、中身のファイルを
復旧してもらわれることを推奨します。
LinkStation | ファイルサーバー、NAS
SSDのOSが破損した時に取り外してデータ救出をするには?
パソコンの内部のドライブベイにフラッシュメモリを用いた読み書きの速いデータ記憶装置の
「SSD」(SolidStateDrive/ソリッドステートドライブ)を内蔵して、
WindowsやMac OS Xといったオペレーティングシステムをインストールしたマシンが、

ある時、OSが深刻なエラーやシステム障害などで破損してしまい、内部に保存されている
まだバックアップしていなかった個人用ファイルなどが開けなくなったら、
本体から取り外してデータ救出をする方法を取る際にはどうすればいい?という疑問について。

ソリッドステートドライブ

ソリッドステートドライブの製品の一覧


・Intel(インテル):内蔵SSD 2.5インチ 1.6TB (MLC NAND/SATA 6Gbps) SSDSC2BB016T4P
・Transcend(トランセンドジャパン):SSD 120GB 2.5インチ SATA3 6Gb/s TS120GSSD220S
・東芝(TOSHIBA):512GB 2.5インチ 内蔵ソリッドステートドライブ
・SanDisk(サンディスク):ウルトラIIモデル SDSSDHII-480G-G252.5
・Kingston(キングストン):SSD 120GB SATA3 TLC NAND採用 A400 SA400S37/120G
・Crucial(クルーシャル) [Micron製]:内蔵SSD 2.5インチ MX300 525GB CT525MX300SSD1/JP


まず先に、たとえばWindowsパソコンで、セーフ・モードで起動できるかどうかを試してみます。

もし事前にシステム修復ディスクを作成していましたら、そちらをDVDドライブに差し込んで
「修復インストール」や「システムの復元」、「コマンドプロンプトのchkdsk」などの回復手段を
実行したりと、一通りのトラブルシューティングを行ってみます。

それでもOSが起動できなかったら、データの初期化による再インストールを実行する前に、
もし別のパソコンをお持ちか、別の場所でパソコンを使える環境がありましたら、
そちらに一時的にSSDを増設、またはUSBを接続して読み込んでみる方法があります。
SSD内部の救出 | SSD
故障したNASを分解で修理してデータ復旧はできる?
NAS(ネットワ―クアタッチストレージ/Network Attached Storage)が故障して、
ネットワークを通じてパソコンなどの機器に接続できなくなった場合、
筐体を分解して修理したりデータ復旧をすることはできる?という疑問について。

NASの分解


NASの主な製品一覧


・BUFFALO:テラステーション WSS 2012 R2 Standard Edition搭載 NAS 16TB WS5400DN1604S2
・BUFFALO:ネットワーク対応HDD LinkStation 1.0TB LS-CH1.0TL
・アイ・オー・データ機器:WDRed搭載RAID6 NW接続HDD LANDISK XVW2.0T
・TerraMaste:F4-220 4ベイNAS 2.41GHz Intel デュアルコアCPU搭載 2GBメモリ
・ロジテック(エレコム):WSS2012 R2 std搭載RAID5 BOX型NAS/4TB
・QNAP(キューナップ):Systems Inc. TurboNAS TS-870U-RP HDD-Less Model TS-870U-RP
・NETGEAR:ReadyNAS 626X 4TB Enterprise HDD x6(24TB) RN626XE4-100AJS
・Synology:ネットワークHDD(NAS)ケース 12ベイ「DS2415+」 DS2415+



まず、BUFFALOのTeraStation(テラステーション)、LinkStation(リンクステーション)や
アイ・オー・データのLANDISK(ランディスク)などは、NASの製品の種類と構造にもよるのですが、
筐体の内部にはハードディスクが収納されていて、これにデータが保存される仕組みです。

HDDの交換をするための蓋があるTeraStationやLinkStationの場合は、
先にこの蓋を開けてハードディスクをNAS本体から取り出しします。

NASの分解自体は多くの製品はプラスドライバーで固定ネジを取り外して、
そして外部カバーを外すことで比較的簡単にできます。

ハードディスクが一台のみ搭載されているLANDISKの場合は、
ケースを空けて分解をして取り出さなければならないこともあります。

また取り出しても、WindowsやMac OS Xのパソコンとはファイルシステムのフォーマットが違い、
外付けハードディスクケースなどに入れてリムーバブルディスクとしてデータを読み込んで
復旧を行おうとしてもエクスプローラーやFinderでは開けない場合があります。

そのため、NASが故障した場合は、プロのデータリカバリーサービスに出して
HDDを読み込んでもらってデータ救出を行ってもらわれることを推奨します。
NAS・LANDISKの不調 | ファイルサーバー、NAS
故障したRAIDケースは分解で修理してデータを復活できる?
ハードディスクに物理的な故障が発生してデータが読み込みできなくなるのを防ぐために
複数のHDDを組み合わせて多重化・仮想化してデータを保存するシステム
「RAID」(レイド/Redundant Arrays of Inexpensive Disks)で、

外付けのRAIDケースのタイプとして使用している筐体のコントローラやスイッチといった
パーツが故障してしまい読み込みできなくなった場合、ケースを分解して修理することで
保存データへの接続を復活させることはできる?という疑問について。

RAIDの分解

まず、購入したRAID製品がメーカーまたは店舗の保障期間内であった場合、
個人で分解による修理を試みると、その後、保証期間がまだ残っていても有償でしか
修理のサービスが受けられなくなる可能性があるのでご注意ください。

普通のプラスドライバーで回るネジが使用されて組み立てられている筐体であれば、
ケースの分解自体はさほど難しくはありません。

ですが、肝心のパーツが破損していると、交換できる代わりのパーツ自体が入手するのが
難しい場合があるため、基本的には、販売メーカー先のサポートに問い合わせて、
故障を直してもらわれることが無難です。

先にデータを復活させたい、という際も、プロのデータ復旧センターに注文をして、
HDDから必要なファイルを抽出してもらわれることが最も安全な解決方法です。
RAID・ミラーリング | 周辺機器
TeraStationの不調をウェブ設定画面で復旧するには?
バッファロー(BUFFALO)のNAS製品「TeraStation」(テラステーション)を
日々パソコンなどにつなげて使用している際に、あるいは購入して設定をする際に、
何かのエラーやデータが開けないトラブルが出る、といった不調が起きた時に、
WEB設定画面を開いて復旧を試みるにはどうすればいい?という疑問について。

Web設定

まず、テラステーション自体はパソコンに無線LANルーターなどでのネットワークを通じて
接続されているかどうか、Windowsのエクスプローラーなどを開いて確認します。

次に、管理用の「NAS Navigator2」(ナス・ナビゲーター2)を開きます。

ボリューム、または共有フォルダーのNASのアイコンに赤い×などの
エラーマークが付いていたりしないかどうかを確認します。

一度テラステーション、無線LANルーター、パソコン全ての電源を切って、
またUSBケーブルを差し込み直してから再起動してみると、直る場合があります。

ネットワーク自体はつながるようでしたら、ブラウザのWEB設定画面からログインします。

その際、無線LANルーターで割り当てられた指定のIPアドレスの番号が変わっていて
無効なアドレスになる場合がありますので、その時にはもう一度、
「NAS Navigator2」を開いてから、メニュー画面でWEB設定画面に入ります。
TeraStation | NAS
Appleの電子機器のデータ復旧をするには?
Apple Inc.(アップル)から開発・販売されていますパソコンやモバイル端末をはじめとする
コンピューターの電子機器を日々お使いの際、内部のHDDやSSD、内蔵フラッシュメモリや
外付け記憶装置に保存していたファイルを誤って削除したり、読み込みができなくなった時には
どのようにすればデータ復旧の措置ができる?という疑問について。

Apple製パソコン

まず、AppleのMac Book Air/Pro、iMac、Mac Proといった
Macパソコン(Macintosh/マッキントッシュ)の場合、
誤って必要なファイルをFinder(マイファイル)から削除した場合は、
ゴミ箱のフォルダーに一度移行しますので、そちらを開いて元の位置に移し替えて復旧します。

Mac OS Xパソコンでは外付けHDDやSDカード、USBメモリなどの外部記憶装置の
フォルダーから操作で消去したファイルも、ゴミ箱に移動します。

また、各電子機器を購入して使い始める時に、バックアップ機能のTime Machine(タイムマシン)や
Appleで提供されているクラウドサービスのiCloud(アイクラウド)を設定しておくと、
特定のフォルダーに保存されているファイルやデータの状態が自動的にバックアップされます。
Macintosh | Apple

URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.