データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

パソコンユーザーなら誰にでも一度はある予期せぬ故障やエラーによる保管ファイルやフォルダの喪失。そんな時にこそデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法を初めての方にもわかりやすく解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など破損トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


新着エントリー
HDDを誤って床や水に落とした時は?
古いHDDのデータを取り出しするには?
Windows10でシステムの復元を使うには?








コンテンツページの一覧リスト

各分野別のページへの目次リスト(サイトマップ)です。
主なコンテンツページを一覧にしてまとめています。

各コンピューター機器別の
データ復活方法一覧
memory


パソコンのハードディスクやメモリーカードなどの機器から失ったファイルを復元させていく方法について。
アプリケーション上で起こる
問題を修復する手法の一覧
computer


アプリケーションの起動中に起こりうる数多くの不具合の原因を発見して直すリカバリーの技法について。
トラブル・障害の原因と
システム回復手段の一覧
NotePC


コンピューターを使用している最中に発生するエラーや破損などのトラブルからシステムを復帰する手順について。
パソコンのファイルの復元と
リカバリーの手順の一覧
server


間違えてフォルダから削除したり壊してしまった拡張子などを元通りに復活させるための様々な方法について。
データのバックアップと
保護対策を行う技法の一覧
disk


大事なファイルを突然失わないようバックアップをしたり、RAIDやセキュリティ対策の強化で保護する手法について。
日本全国各地の
データ復旧サービス一覧
city


日本全国の都道府県別の地域や大きな都市ごとにまとめたデータ救出サービス業者の一覧リストです。

 【概要事項の説明】 
当HPの説明や著作権、免責事項、プライバシーポリシー、ヘルプ、
お問い合わせメールなどについての一覧ページです。

 


ホームページの案内
当ホームページでは、主にパソコンをはじめとする
コンピューター上の電子データを 誤った入力指示で消去してしまったり、
記憶装置の初期化、読み込みエラー、故障などのトラブルで開けなくなった時に、
何かの形で元に戻して修復する方法について紹介しています。

また予備のためのバックアップによる保存の仕方や、システムの取扱い、電子機器の保護など、
コンピューターとそれに接続する各の種記憶メディアを取り扱う上での疑問について、
初心者の方にもわかりやすいように詳しく解説してします。

データ記憶装置


【主な不具合による問題の事例】


削除してしまったファイルは元に戻せる?


コンピューターの内蔵ストレージやリムーバブルディスクといった
補助記憶装置(auxiliary storage)に一通り保存して収納されている
「フォルダー」の一覧を見て中身を整理をしている時に、

間違えて必要なファイルに「削除する」の操作をしてしまった時、
バックアップがない状態で拡張子を消去してしまった場合でも、
まだ元通りに以前のデータの復旧ができる見込みもあります。

主なオペレーティングシステムには削除した拡張子を一旦別の場所に保管しておく
「ゴミ箱」の機能が付いていますので、
デスクトップの隅のあたりの場所にあるアイコンからフォルダーに移動して確認できます。


また、定期的にコンピューターの状態を保存しておいて、後で問題が起きた時に
今起こっているアクシデントが発生する前の時間のポイントに遡るように
システムごと状態を直していくための機能もあります。

Windowsの「システムの復元」や「ファイル履歴」、Mac OS Xの「Time Machine」、
その他の多くのコンピューターのシステムにもリカバリー機能が標準で搭載されています。


これらの機能のセット状態がオフになっていて回復ができなかった場合でも、
まだ喪失前の状態にしっかりと再生する形で元に戻せる見込みはあります。

画面上の表示ではこのファイルは削除されました、というメッセージが出ているだけで、
実際には別のプログラムが上書きされるまでの間はまだ消去されずに残っています。

このセクタに残留した「拡張子の痕跡」をドライブのスキャンを実行して読み取る事で
元の状態にDATAの復元を行っていきます。


普通にフォルダーからマウスやキーボードの操作で削除した場合だけでなく、
「クイックフォーマット」を掛けて一つのパーティションを丸ごと初期化した場合でも、
同じようにファイルの復活の作業を実行する事ができます。

誤った削除、フォーマット、拡張子の破損といった仮想空間上での損傷による不具合は
「論理障害」という部類の問題で、これらの多くは上記のような手法で直す事ができます。



外部デバイスの機器が読み込めない時は?


外付けのポータブルハードディスクやDVDドライブので読み取るディスク、USBメモリ、
デジタルカメラかUSBカードリーダー/ライターから読み込みするSDメモリーカードなどの
外部記憶装置(external storage)などのデバイスをコンピューターで開こうとしたら
なぜか認識されずに中身の読み出しができない、という問題もよく起こりえます。

その読取装置か記録メディア自体が破損している可能性もあるのですが、
他のもっと簡単な原因で反応しない事もあります。


例えばWindowsの場合だとコントロールパネルにある「デバイスマネージャー」を開くと、
正常に読み込めない外部デバイスの名称の項目にエラー表示が出ている事があります。

この項目を選択して一度 削除を行って、USBポートなどから一回コネクタを外します。

もう一度つなげて再読み込みをすると、次はデバイスが正常に認識できる事もあります。


また以前に初めてその機器を接続した時にインストールされた「デバイスドライバ」が
エラーやファームウェアの障害で不具合を起こしたり、
間違えてフォルダをいじって削除や破壊をしてしまうと使用できなります。

その時にはコントロールパネルなどの場所から一旦アンインストールを行って、
もう一度インストールをし直してみてください。


他に、NASなどのネットワークストレージをお使いの時に
ルーターの電源がオフになっていたり、ネットワークカードが差し込まれていないと
ネットワークドライブのディレクトリにアクセスができない、といった原因もあります。

また、BDやMOのドライブ、カードリーダーなどの読込装置などが故障して開けない、
という事もあるのですが、その場合はメーカー先のカスタマーサポートの修理に出すか、
新しい製品を買い直して読み込み直す事もできます。

SDXCメモリーカードや小型のSSDなどの新しい記憶メディアが古い電子機器で読み取りできない、
という場合も、その製品に対応された新しい読み取り装置を使って正常に開く事ができます。



記憶装置が破損して故障したらどうすればいい?


補助記憶装置は重要な回路が物理的に破損してしまうと、
「物理障害」という故障の部類に当てはまり、
内部のファイルやシステムが全て読み込みできなくなる事が多いです。

しかし装置の中のメモリやディスクに深刻な損壊が出ていなければ、
まだ中身の大事なデータを引き出せる見込みもあります。

USBメモリやSDカードのケースやMOなどのカートリッジが少し割れたり欠けたくらいの状態で、
内部の基盤やコネクタの部分が無事であれば、
ひとまず割れた部分を簡単にテープなどで丁寧にくっつけて塞いでおきます。

そして再度パソコンにUSBケーブルかコネクタからつなげて読み込み直して
別の記憶装置にすべてバックアップして、新品に買い直して使うと一安心です。

CD-RやDVD-RW、DVD-RAM、BD-REなどのディスクメディアに汚れや傷が付いた時は、
クリーニングキットに掛けてきれいに汚れを洗浄して細かいキズを修繕すると、
また読み込める事も多いです。


パソコンのどこかの部品が壊れたり、オペレーティングシステムが破損して
デスクトップ画面の立ち上げがどうしてもできなくなった時は、

まず本体ケースの中のドライブベイから固定ネジを取り外して
ファイルを保存しているハードディスクをコンピューターから取り出します。

次に外付けハードディスクケースなどのカートリッジに差し込んで、
別のパソコンのUSBコネクタに接続してリムーバブルディスクとして開きます。

そして中身のフォルダーの一覧に入っている大事なデータをコピーして救出する事ができます。


しかし、コンピューター用の外部記憶装置「ハードディスク」(Hard Disk Drive)は
一度故障してしまうと、破損の具合によっては少しその対処が大変になる事もあります。

例えばPCの電源を入れてスピンドルモーターが回転して動作している時に
強い振動や衝撃が加わったり、経年劣化による製品の寿命で回路が摩耗していくと、

通常時は層流を利用してわずかに金属部分から浮いてシーク動作をしている
「読み書きヘッド」という装置がディスク表面のクラスタ/セクタ(磁性体蒸着)に
吸着して異音が出るとともに読み取れなくなる故障が発生するおそれがあります。
そうなってしまうと一般個人ではほぼ読み込みが不可能になってしまうので、
そこで全国各地にあります物理障害に対応された専門の「データ復旧サービス」に
問い合わせをして、故障したドライブ装置の診断をしてもらってください。

もちろんハードディスクだけでなく、SDカードやUSBメモリなど他の補助記憶装置も
物理障害・論理障害の両方のトラブルともに大手の業者の方で診てもらえます。

補助記憶装置、またはそれらが内蔵された電子機器の本体ごと
郵送か持ち込みでセンターの方に出して、
ストレージの取り出しと内部回路の読み出し・分解・抽出といった作業によって、
高い割合で中身の大事なデータを救出してもらう事をおすすめします。

 


HDDを誤って床や水に落とした時は?
ハードディスクを机の上から、または鞄に入れて持ち歩いている時 
誤って床や道路、あるいは水たまりなどに落としてしまった場合には、
どのように対処すればいい?という疑問について。

HDDを落とした

主な外付けHDDケースの製品一覧


・ロジテック:HDDケース 3.5インチ 2Bay USB3.0 RAID機能搭載 LHR-2BRHU3
・Transcend:StoreJet 25S3 USB3.0 アルミニウム製SSD/HDDケースTS0GSJ25S3
・オウルテック:USB3.0/SATA3.0対応 HDD/SSD用外付けHDDケース OWL-EGP25U3V3-BK
・ORICO:3.5インチ HDDケース ツール不要簡単着脱 ブラック 3588US3-V1
・玄人志向:HDDケース USB3.0 USB2.0 3.5型 SATA接続 GW3.5AA-SUP3/MB
・I-O DATA:HDD ポータブルハードディスク 1TB EC-PHU3W1
・BUFFALO:HDDケース 低反発+EVAセミハード シルバー BBGHH01SVA



まず、ハードディスクの表面の様子を確認します。

特に何ともなければ、パソコンで読み込みできるかどうか繋げてみます。

そのまま無事に認識できても、後に回路に異常が発生することもありうるため、
念のためすぐに落としたHDDの保存データを別のHDDにコピーして
バックアップの予備分を作っておかれることをおすすめします。


ケーブルを差し込むインターフェースのピンが落とした衝撃で折れていたり、
激しく割れていると、電源ケーブルやSATA/IDEケーブルが差し込めなくなって
そのままではデータが読み込みできなくなってしまいます。

また、コントローラーのボードが大きく割れて破損した場合でも、
同じくHDDが正常に認識できなくなります。

※コントローラーは多くの場合、別のものに交換しても正常に認識ができません。

ですが、コントローラーやインターフェースが欠けただけの状態であれば、
まだ内部のデータを記憶するディスク部分であるプラッタまでは
ダメージが出ておらずに保存されたデータは無事である可能性もあります。

一般個人で内部のファイルを抽出するのはほぼ不可能ですが、
専門業者のデータ復旧サービスセンターに注文をして、専用の設備で
内部のデータを別の記憶装置に移し替える形で救出してもらうこともできます。
物理障害・論理障害 | 初心者のために・・・
古いHDDのデータを取り出しするには?
購入してからだいぶ年月が経ち使わなくなった古いパソコンや
故障して動かなくなって開けないコンピューターに設置されている、
IDE方式などの古いハードディスクドライブに保管されたデータが必要になったため、

今のパソコン環境で別のデータ記憶装置に移し替えるような形で取り出ししたい場合には、
どのように作業をすればいい?という疑問について。

古いHDD

IDE/SATAの変換アダプタ・ケーブル一覧


・サンワサプライ:IDE-SATA変換アダプタ TK-AD40SATAD2
・サンワサプライ:IDE/SATA-USB3.0変換ケーブル 0.9m USB-CVIDE5
・Inateck:USB3.0HDDコンバータ SATA&IDE-USB3.0変換アダプタ
・玄人志向:セレクトシリーズ mSATA SSD SATA変換アダプター KRHK-MSATA/S7
・フルスイング:SATA-USB 2.0 変換アダプタ 2.5インチ SSD/HDD SATA USB ケーブル
・GREEN HOUSE:SATA/IDE-USB2.0変換アダプタ 2.5インチHD対応 GH-USHD-IDESA
・cyberplugs:IDE - SATA双方向変換アダプタ I 型
・タイムリー:GROOVY HDDをUSB IDE接続3.5/5.25"ドライブ専用 UD-301S



まず、デスクトップパソコンを一台以上お持ちであれば、
PCケースの内部にある空きのドライブベイに古いハードディスクを差し込んで、
一時的に増設する形でHDDを開き、データを取り出しする方法があります。

ですが、現在のパソコンで使われているHDDは基本的にSATA(シリアルATA型の)
製品で、IDE型の古いハードディスクの場合はケーブルの形状が合わないため、
そのままでは接続ができません。

別のまだ故障していないIDE方式のHDDを使っている古いデスクトップパソコンをお持ちでしたら、
そちらのドライブベイに増設するか、
一時的にUbuntuやKnoppixなどLinuxディストリビューションのオペレーティングシステムを
DVDドライブに差し込んで起動します。

そしてそちらのOSからHDDを開いて、別の外付けハードディスクやUSBメモリに
必要なファイルをコピーして保存します。

古いパソコンは今の高いスペックのマシンと比べて動作の処理がかなり遅いため、
ある程度の時間がかかる場合があります。

古いパソコンが壊れている場合は、先に簡単にそちらを一時的なパーツ交換などで
修理をして最低限動かせるようにする必要があります。
Dataの取り出しの案内 | 問題と解決
Windows10でシステムの復元を使うには?
Microsoft Windows 10(マイクロソフト・ウィンドウズ・テン)のパソコンを
日々ご使用の際に、何かのアプリケーションソフトのインストールをした後や、
設定の変更、Windowsのアップデートが実行された後で、

コンピューターの動作遅延やフリーズ、強制終了が頻繁に起こったりと問題が発生したため、
コンピューターを少し前の状態に戻したい時にはどうすればいい?という場合について。


Windows10には、これまでのウィンドウズと同じく、OSの状態を
定期的に状態を保存した時刻に戻すための『システムの復元』という機能が
標準で搭載されていますので、主にこの機能を使っていきます。

まず、デスクトップ画面からコントロールパネルを開きます。

「システムとセキュリティ」⇒「システム」⇒「システムの保護」と進みます。

まだシステムの復元ポイントを作成していない時は、「作成」を押します。

新しく作る復元ポイントの説明を入力して「作成」を押します。

システムの保護

「復元ポイントは正常に作成されました。」と出たら、「閉じる」を押します。

次に、同じ「システムのプロパティ」の「システムの保護」タブにある
「構成」のボタンを押します。

こちらでは「システムの保護を有効にする」を選択して「適用」、「OK」を押します。

これでシステムの復元機能が有効になり、定期的に復元ポイントが自動で作成されます。
システムのリカバリー | Windows10
Windows10のバックアップと復元機能を使用するには?
Windows 10(ウィンドウズ・テン)のオペレーティングシステムが搭載されたパソコンを購入、
またはアップグレードをして使用しているパソコンで、データのバックアップをするため、
バックアップと復元』の機能を使ってファイルを保存したり復旧させるには
どのような手順で行えばいい?という疑問について。


まず、パソコン本体とは別に外付けのハードディスクドライブが一台必要になります。

購入した外付けHDDをUSBコネクタに接続して、フォーマットを行います。

操作方法はこれまでのWindows 7やWindows 8とほぼ同一で、まずは
デスクトップ画面のコントロールパネル(control panel)を開きます。

「システムとセキュリティ」のメニューにある「バックアップと復元(Windows 7)」を選択します。

「バックアップの設定」を押します。

(すでに設定したものの変更の際には「オプション」を押して、
「バックアップ設定の変更」を選択します。)

ボリュームの一覧画面から外付けHDDの項目を選択して、「次へ」を押します。

コントロールパネル

「自動推奨」⇒「設定を保存してバックアップを実行」で、
Cドライブのデータバックアップが開始されます。

しばらく時間がかかるので、待機をします。
ウィンドウズ7・8・10 | Windows10
Tempフォルダーのtmpファイルを復元するには?
Microsoft Windowsのパソコンを使用中、Tempフォルダーという一時的なファイルを保存する
フォルダーにあるデータを、誤った削除動作で消してしまい、
後から復元させたい場合にはどうすればいい?という疑問について。


※こちらの一例では、Windows 10(ウィンドウズ・テン)で行なう場合について解説いたします。

まず、一時ファイルも拡張子として作製・保存されていますので、
Tempフォルダーに保管されるという点以外はデータの形自体は普通のファイルと同じです。

Tempフォルダーの場所を開くには、Windows 10のデスクトップ画面のタスクバー左にあります
「何でも聞いてください」と書いてあるボックスに「ファイル名を指定して実行」と打ち込みます。

「ファイル名を指定して実行」の項目を選択して、デスクトップアプリを開きます。

このボックスに「%temp%」と打ち込み「OK」を押します。(%は小文字に変換)

C:→Users→ユーザー名→AppData→Local→「Temp」のフォルダーが表示されます。

Tempフォルダー

ここにあります「.tmp」の拡張子が一時ファイルとなります。
Tempフォルダーにあるファイルは数か月くらいの間は残っているものが多いです。

このフォルダーで削除したファイルも、普通の消去の操作であれば、すぐになくならず
まずはゴミ箱のフォルダーに移行します。

ゴミ箱を開いて、対象のtmpファイルを選択して右クリック→「元に戻す」で
元のTempフォルダーに戻ります。
ファイルの破損・エラー | フォルダ
ポータブルHDDをフォーマットで消したデータは復元できる?
データの保存・持ち運び用などで使用している外付けHDDの
ポータブル・ハードディスク」を使用中に間違えて、
クイックフォーマットなどを掛けて初期化してしまった場合、
保存していたデータは消した後から復元できる?という疑問について。

誤ってフォーマット

主なポータブルHDDの一覧

・Transcend(トランセンドジャパン):USB3.0/2.0 2.5インチ ポータブルHDD TS1TSJ25M3
・I-O DATA(アイオーデータ):ポータブルハードディスク 1TB USB3.0 EC-PHU3W1
・WD(WESTERNDIGITAL):ポータブルHDD 2TB Elements Portable WDBU6Y0020BBK-EESN
・BUFFALO(バッファロー):2.5インチ 外付けHDD 1.0TB ブラック HD-PCF1.0U3-BBD
・Seagate(シーゲート):ポータブルハードディスク 1TB USB3.0 Backup Plus Slim 1K9AA2



まず、フォーマットを掛ける前に、他のHDDやNAS、パソコン本体などのデータ記憶媒体、
あるいはクラウドサービスといった場所にバックアップを取っていれば、
そちらを確認して、コピーによって元に戻すことができます。

しかしバックアップがどこにもないと、フォーマットは普通の削除と違い
ゴミ箱にデータが移行されずにそのまま消去されてしまいます。


ですが、そのままデータを完全に消したというわけではなく、エクスプローラーなどでの
表示上はファイルがなくなっていますが、データの痕跡は残留している可能性が高いです。

初期化をした後でその上にさらに新しくファイルやアプリケーションを保存すると
以前のデータの拡張子の痕跡も次第に上書きされて消えていってしまいます。

そのためひとまず、新しくファイルをポータブルHDDに書き込まないようにご注意ください。
初期化・フォーマット後 | フォーマット
パソコンの内蔵ハードディスクが認識しない時は?
新しく購入したデスクトップパソコンを起動した時や、
内蔵HDDが壊れたため新品に交換した時、またはドライブベイに増設をした時、
BIOSやデバイスマネージャー、エクスプローラーで表示されずに認識しない、
という場合にはどうすれば復旧ができる?という疑問について。

内蔵ハードディスク

3.5インチ型HDDの製品一覧



・WESTERNDIGITAL(WD):内蔵ハードディスク 3.5インチ 1TB WD10EZEX SATA3.0
・Seagate(シーゲート):内蔵ハードディスク BarraCuda 2TB 3.5インチ SATA ST2000DM006
・HGST(日立):Ultrastar 6tb 7200 RPM SAS 12 Gb/Si 3.5インチハードディスクドライブ
・I-O DATA(アイ・オー・データ機器):Serial ATA III対応 2.0TB HDI-S2.0A7
・TOSHIBA(東芝):3.5インチ 6TB Generic Data Storage HDD MD04ACA600/N SATA3.0
・BUFFALO(バッファロー):3.5インチ Serial ATA用 内蔵HDD 2TB



まず、最初にパソコンを起動した段階では新しいドライブ装置を
コンピューターが認識ができない場合があり、もう一度起動をし直してみます。

一度ご自身でハードディスクを内蔵されていた場合は、
デスクトップパソコン本体のPCケースのカバーを開き直します。

(※店舗で完成品として購入した新品のパソコンの場合は、
 内蔵パーツをあまり分解したり取り外すと保証が無効になることがあります。)

HDDに接続していますSATA/IDEケーブルと電源ケーブルが正常に
インターフェース部分に差し込まれているか、目視で確認をします。

またSATA/IDEケーブルがマザーボードのコネクタに差し込まれているか、
電源ユニットがマザーボードと接続できているか、確認をします。


オペレーティングシステム起動用のプライマリハードディスク(またはSSD)が
起動できない、という場合は、別のストレージが優先的に認識されていることがあります。

USBメモリや外付けHDD、DVDドライブなどをPC本体に接続していましたら、
それらを一旦パソコンから取り外して再度起動します。
デバイスに認識しない | デバイス機器
外付けHDDのデータが消える原因とは?
パソコンの補助記憶装置などで普段使っているデータ保存用の
外付けハードディスクドライブをUSB接続したところ、
なぜか一部のデータが消えた、またはデバイスの認識はできるのに
フォルダーなどが開けない、という場合の主な原因と対処方法について。

外付けハードディスク

『主な製品の一覧』

・東芝(TOSHIBA):Windows&Mac両対応 USB3.0接続 Portable 500GB HDTB305EK3AA
・MARSHAL(マーシャル):外付けポータブルHDD MAL2320EX3-BK
・WD(WESTERNDIGITAL):ポータブルハードディスク 2TB WDBBKD0020BBK-PESN
・ELECOM(エレコム):USB3.0対応 外付けハードディスク ELD-XED020UBK
・BUFFALO(バッファロー):ミニステーション ターボPC EX2 HD-PCF500U3-BC
・LaCie(ラシー):2.5インチポータブルHDD USB3.0 500GB rikiki LCH-RK005U3
・SONY(ソニー):TV録画用 据え置き型外付けHDD 2TB HD-U2
・Seagate(シーゲート): USB3.0接続 外付けハードディスク SGD-JNX020UBK
・Transcend(トランセンドジャパン): USB3.0 ポータブルHDD TS2TSJ25H3B
・Logitec(ロジテック):耐衝撃USB3.0対応のポータブルハードディスク



前回の操作の状況を確認



まず、前回使用していた時に、どのようにして外付けHDDを取り外したか、
あるいは最後にどのような操作を行っていたかを一度、見直されてみてください。

タクスバーのメニューから行う「ハードウェアの安全な取り外し」を施してから
USBコネクタを外していなかった場合、稀に外部記憶装置に異常が発生するケースがあります。

あるいは停電や落雷、電源コードの引き抜きなどのアクシデントで
ファイルの読み込み・書き出し中の動作中にパソコンの電源が落ちてしまうと、
内部データへのアクセス中だった外付けハードディスクにも問題が出るおそれがあります。

(UPS/無停電電源装置を設置していれば急な停電などによる強制停止は防げます。)

一度パソコンをシャットダウンしてからUSBコネクタを外して、
別のパソコンをお持ちであればそちらに差し替えをされてみてください。


会社内などでほかの人と共有してUSBデータ記憶装置を使用している場合は、
前に使った人が隠しフォルダーを設定していたり、
または誤ってファイルを削除していたために表示が消えた、というケースもありえます。

Mac OS Xのパソコンで削除をしていた場合は、同じパソコンに
もう一度その外付けハードディスクを付け直すと、
Macパソコンのごみ箱フォルダーに消えたデータが表示されます。
外付けHDD | USBパーツ
外付けのSSDが認識しない時は?
フラッシュメモリを使用した高速読み書き型のデータ記憶メディアである
SSD」(SolidStateDrive/ソリッドステートドライブ)の外付け用の製品を使用、
あるいはUSB外付けケースやUSB変換ユニットで外部データ記憶装置として使用する際に、

パソコンに正常に読み込まれずに認識しない場合にはどうすれば開ける?という疑問について。

SSD

[主な外付けSSD関連の製品一覧]

・ELECOM(エレコム):外付けSSD 128GB USB3.0 MLC ESD-E0128U3F
・Transcend(トランセンドジャパン):外付けSSD 128GB USB3.0 MLC TS128GESD400K
・Transcend:StoreJet 25S3 USB3.0 アルミニウム製SSD/HDDケースTS0GSJ25S3



こちらのページではWindowsパソコンでUSB外付けケースないし変換ユニットを経て
SSDを接続した場合について、解説いたします。

デバイスマネージャーでエラーをチェック



まず、デスクトップ画面からコントロールパネル→デバイスマネージャーを開きます。


「ディスクドライブ」の項目にSSDが表示されていて、エラーのマークが出ていましたら、
一度「削除」をして、パソコンを再起動をすると、問題が修復して認識できる場合があります。

デバイスマネージャー


最初にそのSSDを初期化した時に掛けたフォーマットがWindowsに対応されていない形式だと、
ドライブ装置の認識自体はできるのですが、そのままではデータの読み込みができません。

その際には、コントロールパネル→管理ツール→コンピューターの管理→「ディスクの管理」
を開いて、外付けSSDのボリュームを選択→フォーマットをして
「NTFS」などWindowsで認識できる形式に変更します。
SSD内部の救出 | SSD
外付けHDDをパソコンに内蔵してデータを読み込みするには?
デジタルデータの外部記憶装置として幅広く需要のある
『USB外付けハードディスクドライブ』を日々使用している際にある日、
急に電源が付かなくなったりデバイスの認識ができなくなったため、

応急処置として外付けHDD本体のカートリッジから
お手持ちのデスクトップパソコンの方に中身のハードディスクを移し替えて
内蔵する形で接続してデータを読み込みするにはどうすればいい?という疑問について。

USB外付けハードディスク

[外付けハードディスクの製品一覧]

・BUFFALO(バッファロー):外付けハードディスク 2TB HD-LC2.0U3/N
・Transcend(トランセンドジャパン):USB3.0/2.0 2.5インチ ポータブルHDD 1TB TS1TSJ25M3
・I-ODATA(アイオーデータ):HDD ポータブルハードディスク 1TB EC-PHU3W1
・WESTERNDIGITAL(ウェスタンデジタル):2TB WD Elements Portable WDBU6Y0020BBK-EESN
・Logitec(ロジテック):WDドライブ搭載 USB 3.0 外付けハードディスク 3TB LHD-ENA030U3WS


製品の仕様を確認


まず、外付けハードディスクの形状や形式、フォーマットの種類などを確認します。

3.5インチ型の規格であれば、そのままデスクトップパソコン内部の空いている
ドライブベイに差し込みができます。

2.5インチ型の規格の場合は、HDD変換マウンターへの取り付けによる
ドライブベイへの差し込みの補助をなるべく付けることをおすすめします。

現在の市販の製品はほとんどがS-ATA形式の仕様ですので、多くの場合は
パソコン、外付けHDDともに予備のSATAケーブルと電源ケーブルで内蔵が可能です。

もし片方がIDE方式の場合は、SATA⇔IDEの変換ケーブルか
USB変換ユニットを購入して、そちらを使用してデバイスを接続します。

パソコン以外のコンピューター機器に外付けHDDを使用していてフォーマットが
WindowsやMac OS X対応でない場合は、そのままではパソコンでデータの読み込みができません。

その際には、別の外付けHDDケースを購入してハードディスクをそちらに差し替えて
その電子機器に接続し直すか、
特殊なフォーマットを掛けたデータ記憶メディアを読み込みできるアプリケーションソフトを
購入して、パソコンにインストールして、ドライブベイに内蔵してファイルを読み込みします。
外付けHDD | ハードディスク

URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.