データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

パソコンユーザーなら誰にでも一度はある予期せぬ故障やエラーによる保管ファイルやフォルダの喪失。そんな時にこそデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法を初めての方にもわかりやすく解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など破損トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。
新着エントリー
I-O DATA製のNASのデータ復旧







コンテンツページの一覧リスト

各分野別のページへの目次リスト(サイトマップ)です。
主なコンテンツページを一覧にしてまとめています。

各コンピューター機器別の
データ復活方法一覧
memory


パソコンのハードディスクやメモリーカードなどの機器から失ったファイルを復元させていく方法について。
アプリケーション上で起こる
問題を修復する手法の一覧
computer


アプリケーションの起動中に起こりうる数多くの不具合の原因を発見して直すリカバリーの技法について。
トラブル・障害の原因と
システム回復手段の一覧
NotePC


コンピューターを使用している最中に発生するエラーや破損などのトラブルからシステムを復帰する手順について。
パソコンのファイルの復元と
リカバリーの手順の一覧
server


間違えてフォルダから削除したり壊してしまった拡張子などを元通りに復活させるための様々な方法について。
データのバックアップと
保護対策を行う技法の一覧
disk


大事なファイルを突然失わないようバックアップをしたり、RAIDやセキュリティ対策の強化で保護する手法について。
日本全国各地の
データ復旧サービス一覧
city


日本全国の都道府県別の地域や大きな都市ごとにまとめたデータ救出サービス業者の一覧リストです。

 [概要事項の説明] 
当HPの説明や著作権、免責事項、プライバシーポリシー、ヘルプ、
お問い合わせメールなどについての一覧ページです。








ホームページの案内
当ホームページでは、主にパソコンをはじめとする
コンピューター上の電子データを 誤った入力指示で消去してしまったり、
記憶装置の初期化、読み込みエラー、故障などのトラブルで開けなくなった時に、
何かの形で元に戻して修復する方法について紹介しています。

また予備のためのバックアップによる保存の仕方や、システムの取扱い、電子機器の保護など、
コンピューターとそれに接続する各の種記憶メディアを取り扱う上での疑問について、
初心者の方にもわかりやすいように詳しく解説してします。

補助記憶装置


【主な不具合による問題の事例】


削除してしまったファイルは元に戻せる?


コンピューターの内蔵ストレージやリムーバブルディスクといった
補助記憶装置(auxiliary storage)に一通り保存して収納されている
「フォルダー」の一覧を見て中身を整理をしている時に、

間違えて必要なファイルに「削除する」の操作をしてしまった時、
バックアップがない状態で拡張子を消去してしまった場合でも、
まだ元通りに以前のデータの復旧ができる見込みもあります。

主なオペレーティングシステムには削除した拡張子を一旦別の場所に保管しておく
「ゴミ箱」の機能が付いていますので、
デスクトップの隅のあたりの場所にあるアイコンからフォルダーに移動して確認できます。


また、定期的にコンピューターの状態を保存しておいて、後で問題が起きた時に
今起こっているアクシデントが発生する前の時間のポイントに遡るように
システムごと状態を直していくための機能もあります。

Windowsの「システムの復元」や「ファイル履歴」、Mac OS Xの「Time Machine」、
その他の多くのコンピューターのシステムにもリカバリー機能が標準で搭載されています。


これらの機能のセット状態がオフになっていて回復ができなかった場合でも、
まだ喪失前の状態にしっかりと再生する形で元に戻せる見込みはあります。

画面上の表示ではこのファイルは削除されました、というメッセージが出ているだけで、
実際には別のプログラムが上書きされるまでの間はまだ消去されずに残っています。

このセクタに残留した「拡張子の痕跡」をドライブのスキャンを実行して読み取る事で
元の状態にDATAの復元を行っていきます。


普通にフォルダーからマウスやキーボードの操作で削除した場合だけでなく、
「クイックフォーマット」を掛けて一つのパーティションを丸ごと初期化した場合でも、
同じようにファイルの復活の作業を実行する事ができます。

誤った削除、フォーマット、拡張子の破損といった仮想空間上での損傷による不具合は
「論理障害」という部類の問題で、これらの多くは上記のような手法で直す事ができます。



外部デバイスの機器が読み込めない時は?


外付けのポータブルハードディスクやDVDドライブので読み取るディスク、USBメモリ、
デジタルカメラかUSBカードリーダー/ライターから読み込みするSDメモリーカードなどの
外部記憶装置(external storage)などのデバイスをコンピューターで開こうとしたら
なぜか認識されずに中身の読み出しができない、という問題もよく起こりえます。

その読取装置か記録メディア自体が破損している可能性もあるのですが、
他のもっと簡単な原因で反応しない事もあります。


例えばWindowsの場合だとコントロールパネルにある「デバイスマネージャー」を開くと、
正常に読み込めない外部デバイスの名称の項目にエラー表示が出ている事があります。

この項目を選択して一度 削除を行って、USBポートなどから一回コネクタを外します。

もう一度つなげて再読み込みをすると、次はデバイスが正常に認識できる事もあります。


また以前に初めてその機器を接続した時にインストールされた「デバイスドライバ」が
エラーやファームウェアの障害で不具合を起こしたり、
間違えてフォルダをいじって削除や破壊をしてしまうと使用できなります。

その時にはコントロールパネルなどの場所から一旦アンインストールを行って、
もう一度インストールをし直してみてください。


他に、NASなどのネットワークストレージをお使いの時に
ルーターの電源がオフになっていたり、ネットワークカードが差し込まれていないと
ネットワークドライブのディレクトリにアクセスができない、といった原因もあります。

また、BDやMOのドライブ、カードリーダーなどの読込装置などが故障して開けない、
という事もあるのですが、その場合はメーカー先のカスタマーサポートの修理に出すか、
新しい製品を買い直して読み込み直す事もできます。

SDXCメモリーカードや小型のSSDなどの新しい記憶メディアが古い電子機器で読み取りできない、
という場合も、その製品に対応された新しい読み取り装置を使って正常に開く事ができます。



記憶装置が破損して故障したらどうすればいい?


補助記憶装置は重要な回路が物理的に破損してしまうと、
「物理障害」という故障の部類に当てはまり、
内部のファイルやシステムが全て読み込みできなくなる事が多いです。

しかし装置の中のメモリやディスクに深刻な損壊が出ていなければ、
まだ中身の大事なデータを引き出せる見込みもあります。

USBメモリやSDカードのケースやMOなどのカートリッジが少し割れたり欠けたくらいの状態で、
内部の基盤やコネクタの部分が無事であれば、
ひとまず割れた部分を簡単にテープなどで丁寧にくっつけて塞いでおきます。

そして再度パソコンにUSBケーブルかコネクタからつなげて読み込み直して
別の記憶装置にすべてバックアップして、新品に買い直して使うと一安心です。

CD-RやDVD-RW、DVD-RAM、BD-REなどのディスクメディアに汚れや傷が付いた時は、
クリーニングキットに掛けてきれいに汚れを洗浄して細かいキズを修繕すると、
また読み込める事も多いです。


パソコンのどこかの部品が壊れたり、オペレーティングシステムが破損して
デスクトップ画面の立ち上げがどうしてもできなくなった時は、

まず本体ケースの中のドライブベイから固定ネジを取り外して
ファイルを保存しているハードディスクをコンピューターから取り出します。

次に外付けハードディスクケースなどのカートリッジに差し込んで、
別のパソコンのUSBコネクタに接続してリムーバブルディスクとして開きます。

そして中身のフォルダーの一覧に入っている大事なデータをコピーして救出する事ができます。


しかし、コンピューター用の外部記憶装置「ハードディスク」(Hard Disk Drive)は
一度故障してしまうと、破損の具合によっては少しその対処が大変になる事もあります。

例えばPCの電源を入れてスピンドルモーターが回転して動作している時に
強い振動や衝撃が加わったり、経年劣化による製品の寿命で回路が摩耗していくと、

通常時は層流を利用してわずかに金属部分から浮いてシーク動作をしている
「読み書きヘッド」という装置がディスク表面のクラスタ/セクタ(磁性体蒸着)に
吸着して異音が出るとともに読み取れなくなる故障が発生するおそれがあります。
そうなってしまうと一般個人ではほぼ読み込みが不可能になってしまうので、
そこで全国各地にあります物理障害に対応された専門の「データ復旧サービス」に
問い合わせをして、故障したドライブ装置の診断をしてもらってください。

もちろんハードディスクだけでなく、SDカードやUSBメモリなど他の補助記憶装置も
物理障害・論理障害の両方のトラブルともに大手の業者の方で診てもらえます。

補助記憶装置、またはそれらが内蔵された電子機器の本体ごと
郵送か持ち込みでセンターの方に出して、
ストレージの取り出しと内部回路の読み出し・分解・抽出といった作業によって、
高い割合で中身の大事なデータを救出してもらう事をおすすめします。


I-O DATA製のNASのデータ復旧
ハードウェア単独でネットワークを通してコンピューターからアクセスできる
ネットワークストレージ「NAS」(ナス/Network Attached Storage)の製品の一つである
I-O DATA(アイオーデータ)製の「LANDISK」(ランディスク)で、
ディレクトリ内部に保存していたファイルを削除した際のデータ復旧の作業を行ってみました。

I-O DATAのNAS

[主なNAS製品の一覧]

・I-O DATA:超高速LAN接続型ハードディスク(NAS) LAN DISK 4.0TB HDL2-A4.0/E
・アイ・オー・データ:HDL2-A2.0 ミラーリング対応 LAN接続HDD 2TB
・I-O DATA製NAS LAN DISK Z HDL-Z2WH2T/1D 2.0TB
・LAN&USB対応HDD LAN DISK Home HDLP-Sシリーズ 1.0TBモデル HDLP-S1.0
・LAN&USB接続ハードディスク「LAN DISK」2TB HDL-CE2.0B



まず、LANDISKは通常、Windowsパソコン上のエクスプローラーといった媒体では
「ネットワーク」での接続と内部ファイルの読み込みになります。

普通の外付けハードディスクやRAID、USBメモリといったUSBハブからリムーバブルディスクとして
アクセスする事ができず、システムファイルのフォーマットも異なり、
パソコン上では多くの自動バックアップ機能やアプリケーションに対応できません。

(「~にアクセスできません。パラメーターが間違っています。」
 といったエラーバルーンが表示されたりします。)

もし個人で中身のデータを復元したい時には少し特殊な方法でのやり方になります。
NAS・LANDISKの不調 | ファイルサーバー、NAS
データを戻す際に操作をやり直す方法とは?
パソコンを開いて入力などの操作をしている時にうっかり間違えて必要なファイルの上から
データを更新して上書きしてしまったり、誤って文章などを全文消去してしまった場合に
前の状態に戻すには、どのようにして操作をやり直しすればいい?という場合について。

キーボード

[主にPCでよく使われているアプリケーションの一覧]

・Microsoft Word(マイクロソフト・ワード)
・Microsoft Excel(マイクロソフト・エクセル)
・Windows Internet Explorer(ウィンドウズ・インターネットエクスプローラー)
・Google Chrome(グーグルクローム)
・アップル:Safari(サファリ)
・ジャストシステム:ホームページ・ビルダー
・Adobe Photoshop(アドビ・フォトショップ)
・Adobe Acrobat(アドビ・アクロバット)
・Mozilla Thunderbird(モジラ・サンダーバード)
・メモ帳(テキストエディタ/Notepad)
・Windows Live ムービーメーカー



まず「Microsoft Word」(マイクロソフト・ワード)や「メモ帳」(テキストエディター)
といったアプリケーションでは、「元に戻す」(アンドゥ)という修復機能が備わっています。

メニューの左上あたりにある逆時計回りの矢印ボタンを押すか「Ctrlキー+Zキー」を押すと、
一段階入力する前の動作の状態に戻す事ができます。

また同じ「元に戻す/戻る」のアクションを繰り返していくと、
メモリの容量やアンドゥできる最大限度回数の範囲内で何度でも一回ずつ遡って戻す事ができます。
上書き保存を元に戻す | パソコン初心者
Macで使うHDDからデータ取り出しをするには?
先日、「MacBook Air」で外付けハードディスクとして使っていたHDDの一つを、
読み込みのテストで別のオペレーティングシステムを使ってアクセスを行ってみました。

Macで使う外付けHDD

主なアップル製品のパソコン本体の一覧


・Mac Pro:2.26GHz 8 Core Xeon MB535J/A 6GB 640GB
・MacBook Pro:13.3/2.5GHz Core i5 8xSuperDrive DL MD101J/A 4GB 500GB
・MacBook Air:1.7GHz Core i5 11.6 MD224J/A 4GB 128GB
・Mac mini:2.5GHz Dual Core i5 USB3/Thunderbolt MD387J/A 4G 500GB
・iMac:20インチ 2.4GHz Core 2 Duo 8x SuperDrive DL MB323J/A 1G 250G



iMacやMac Pro、MacBook、Mac miniなど、Apple社のMac OS Xのパソコン(Macintosh)で
フォーマットを掛けて使っているデータ記憶装置のハードディスクドライブは、

Windows 7やWindows 8.1の「NTFS」(NT File System)のファイルシステムではなく、
Mac OS拡張フォーマットのファイル構造の管理機能である
「HFS+」というファイルシステム(file system)でデータの読み書きが行われます。

そのため、WindowsのパソコンにMacパソコンで使っていたハードディスクなどの記憶装置を
そのまま増設したり、リムーバブルディスクとして読み込もうとした時、
BIOSやコントロールパネルでディスクの認識はされても、
エクスプローラー上や普通のアプリケーションでは、そのままだと開く事ができません。

アクセスできません。


もし、Macのパソコンがある時急に故障してしまい、内蔵ハードディスク(Macintosh HD)や
外付けHDDなどの外部データ記憶装置の内部ファイルが開けなくなった時に、
なんとかして中身のデータを取り出ししたい、という際の手順について解説いたします。
Macintosh | MacBook
Googleドライブでデータを自動バックアップして復旧
Google社からインターネット上で提供されている
クラウドコンピューティング(cloud computing)のウェブサービス
Googleドライブ』では、パソコンなどのコンピューター機器から
電子ファイルをアップロードしたり、いつでもバックアップとして引き出す事ができます。

Googleドライブ

近年、ネットワーク上でクラウドストレージのサービスが数多く提供されていて、
グーグルのアカウントを使って使用できる『Googleドライブ』では、
専用のアプリケーションをコンピューターのオペレーティングシステムに
ウェブブラウザなどからインストールして、特殊な専用フォルダーを作成して使っていきます。

Windowsパソコンのエクスプローラーなどの場所に新しく作成したGoogleドライブのフォルダーに
テキストや画像など普段使っているデータを保存すると、
オンラインストレージ上のマイドライブ(ファイルマネージャー)に同じデータが保管されます。

ログイン(サインイン)によるインターネットでのアクセスを通して
他のパソコンでシェアしたり、ファイルを引き出して、失ったデータを復旧する事も可能です。
クラウドストレージ | Google
ハードディスクにアクセスできない原因とは?
パソコンなどのコンピューター装置で使われている大容量のデータ補助記憶装置
ハードディスクドライブ」をパソコンなどのコンピューターで読み込もうとしたら
エクスプローラーなどの画面で認識されずにアクセスできないトラブルが出た場合に、
どのようにすれば修復をしたり、保存データの読み込みができる?という疑問について。

HDドライブ

HDDはDVD-RやUSBメモリよりも容量の面でずっと規模の大きい記憶媒体のため、
ファイルの書き換えの回数もその分多くなりがちで、時に何かの不具合が出てくる事があります。


主なハードディスクのメーカー別製品の一覧

:『WESTERN DIGITAL』(ウェスタン・デジタル) WD20EZRX WDC-WD20EZRX-R 2.0TB 
:『Seagate』(シーゲート) ST1000DM003 SEA-ST1000DM003 3.5インチ 1TB
:『HGST』(日立) Travelstar 5K1500 回転数 5400rpm 1.5TB
:『東芝』(TOSHIBA) MQ01ABD100 1TB
:『MARSHAL』(マーシャル)MAL33000SA-W72 3.5インチHDD SATA 3TB



フォーマットの違い


まず、ハードディスクの[フォーマット](format)がそのコンピューターの
オペレーティングシステムと異なる表示形式の場合、
デバイスマネージャーやBIOSでの認識はできても、アクセスができない事が多いです。

例えばMac OS XのMacintoshパソコンや、NAS、サーバなどパソコン以外の機器で
先にフォーマットを掛けて使用しているハードディスクは、
Windows(ウィンドウズ)のパソコンだと互換性が合わずにデータが読み込めない事も多いです。

エクスプローラーやダイアログボックス、普通のアプリケーションなどで
ボリュームの一覧を開くと、そのHDDだけアイコンが表示されていない状態になります。

コントロールパネル⇒管理ツール⇒コンピューターの管理→ディスクの管理 の画面では、
フォーマットの違うボリュームはアルファベットが振り当てられず何も表示されない状態で、
[ディスク X ベーシック 容量 オンライン]とだけ、HDDのデータが表示されます。

操作も未割り当ての領域以外は「ボリュームの削除」のみしかできないため、
この原因によりそのままでは内部ファイルにアクセスする事はできません。

元々使用していたコンピューターのドライブベイにまた接続して、読み込んでみてください。
ハードディスクドライブ | ハードディスク
故障で操作できないパソコンをリモート接続でデータ救出
お使いのパソコン本体の液晶モニターに傷がついたり一部が割れて
画面が映ららなくったりキーボードが壊れてまともな操作ができなくなった場合、
内蔵の「ハードディスクかSSD」(ローカルディスクC:などのボリューム)に
保存されているデータもそのままでは展開・閲覧が正常にできなくなってしまいます。

ノートパソコン本体

デスクトップパソコンならまだ液晶ディスプレイやキーボードが故障しても
そのまま修理したり新品に取り換えればいいのですが、
ノートブック型パソコンやディスプレイ一体型のPCの場合は一体化しているため、
モニターやキーボードのパーツが破損すると正常に動かせなくなってしまいます。

ですが、まだノートパソコンの電源自体が付いて、
オペレーティングシステムが正常に立ち上げできれば、

もし事前に別にお持ちのパソコン本体とネットワーク回線を通して
リモート接続」による共有を設定していれば、壊れたパソコンに閉じ込められた
個人のファイルなどを救出できる見込みもあります。

※モニターやキーボードが壊れたままノートパソコンを動かし続けると
 場合によっては故障の状態がさらにひどくなるおそれがあります。

 もっと安全にデータ救出を行うには、2.5インチ型ハードディスクを取り出して
 別の予備のパソコンに増設したり外付けHDDケースに射れてUSB接続で読み込んだり、
 パソコン修理サービスで破損したモニターやキーボードを直してもらうか、
 
 専門のデータ復旧サービスに故障したノートパソコンを出して
 内部のファイルを取り出してもらう方をおすすめします。
画面上に表示されない | ネットワーク設定
LANDISKから削除したファイルの復元
ネットワークを経由してファイルサーバーを使わずに複数のコンピューターで
データの容量を共有できる⒥ハードウェアのドライブ装置
『NAS』(Network Arrched Storage/ネットワークアタッチストレージ)に分類する
I-O DATAのネットワークドライブ「LANDISK」(ランディスク)を起動してお使いの際に、

間違えてうっかり必要だったファイルを削除したら、後から復元できる?という疑問について。

ランディスク

まず、ネットワークドライブはパソコンのローカルディスクと違い外部のデータ記憶メディアで、
またUSBポートやDVDドライブなどで読み取るリムーバブルディスクではなく、
基本としてネットワーク回線の経由で中身のデータやディレクトリにアクセスします。

そのため、WindowsのエクスプローラーやMacのFinder、また多くのユーティリティーでは
フォーマットが読み込めずに保存されたファイルが読み取れない場合がほとんどです。

なので、基本的にはLANDISKやLinkStationなどのNASから重要なファイルを
削除してしまったりフォーマットを掛けて初期化してしまった場合は、
ネットワークドライブを取り扱われた「データ復旧サービス」への依頼による解決が適切です。
NAS・LANDISKの不調 | ファイルサーバー、NAS
Mac OS Xのゴミ箱から削除したデータ復元の方法
アップル社の「Mac OS X」(Macintosh)のパソコンを操作している時に
必要なファイルをDockの右側のゴミ箱フォルダーにうっかり移動させていて、
後で「ゴミ箱を空にする」の動作でまとめて削除してしまった場合、
後からデータ復元をするにはどうすればいい?という疑問について。

Macのゴミ箱

まず、「システム環境設定」の「Time Machine」を開いてみます。

設定が「入」になっていて「最古のバックアップ」や「最新のバックアップ」の日付時刻が
ファイルをMacパソコンに保存した時間や削除してしまった時間とタイミングが合えば、
外付けハードディスクなどのバックアップ先からデータを引き出して復元できます。

設定が「切」になっていたり、「遅延」の状態でバックアップが取れていなかったら
TimeMachineからでは消えたデータの回復ができず、
他のバックアップ・ユーティリティーなどのセットアップしていなかったら、
そこから先はまた別の方法を試してみる事になります。

一般個人で実行できる一つの修復方法として、Mac OS X用の「データ復元ソフト」を
入手・購入して使用する手順があります。
ごみ箱の削除後の復元 | Macintosh
Windows8のレジストリエディターでシステムを復元
Microsoftのオペレーティングシステム「Windows」(ウィンドウズ)で
それぞれのアプリケーションやシステムの設定を保存しているデータベース
レジストリ」(registry)は、しばらくの長い間パソコンを使い続けていると
次第に容量が肥大化して、徐々に不調が発生し始める事があります。

レジストリが破損するとWindowsの機能やユーティリティーが正常に動作しなくなり、
十分に使用できなくなったり、読み込みの速度が低下したり止まるおそれがります。

そんな時に備えて、「Windows8」や「Windows8.1」のバージョンには標準として
「レジストリエディター」(registry editor)という、
ファイルの編集やバックアップ、復元を行うための機能が搭載されています。


まず、Windowsが正常な状態の時にレジストリのバックアップを手動で取っておくと、
後でオペレーティングシステム上で深刻な問題が起こった時に、そこから修復できます。

(レジストリは一日に一回、最初にWindowsが起動した時の状態が
 自動でバックアップされるようにもなっているのですが、手動で保存しておくと
 システムの問題や破損がだいぶ前から積み重なっていた場合の時の復元に便利です。)


最初にスタート画面の右側で表示されるメニューバーの虫眼鏡アイコンか、
Windowsキー+Xキーで表示する「ファイル名を指定して実行」の入力欄に
「regedit」と入力して、「regedit.exe」という名称のレジストリエディターを開きます。

regedit.exe

regedit

ウィンドウの左側のボックスにはそのパソコンのWindows8/8.1でインストールされている
内部のアプリケーションのフォルダーが一覧で表示されています。

これらを編集したり統合して細かにカスタマイズしていく事もできるのですが、
今回の説明では簡単にできるバックアップ(エクスポート)の方を解説いたします。
ウィンドウズ7・8 | Windows8
LANDISKのハードディスクのデータ取り出し
「I-O DATA」(アイオーデータ機器)から開発・販売されています
NAS(Network Access Server:ネットワークアクセスサーバー)の製品
LANDISK』(ランディスク)を日々、データの保管庫(サーバ)としてお使いの際、

ある時何かの問題が起きてネットワークに接続できなくなりファイルサーバーとして
使用できなくなったり、CPUやコントローラーボードや電源スイッチなどのパーツが故障して
ネットワーク接続ハードディスクがアクセスできなくなった場合、
中身に書き込まれた保管データはどうすれば復旧ができる?という疑問について。

LANDISK

まず、LANDISKを購入した時のパッケージにNAS本体と一緒に同梱された
必ずお読みください」と書かれた取扱説明書を開いて、
「ランプ表示一覧」の項目を見て、トラブルの状態をチェックしてみます。

また、同梱されたCDディスクをパソコンのCD/DVD/BDドライブ装置のトレーに
差し込んで読み込み、「画面で見るマニュアル」の項目を開いて、
トラブルシューティングの方法を一通り見て、問題の修復作業を試みます。

それらを順に試していっても、どうしてもネットワークにアクセスできなかったり、
もしくは電源が正常に入らず物理的に故障してしまったのかと思われる場合、

データのバックアップが事前にできていなかったらそのままでは開けなくなるので、
中身の内蔵ハードディスクドライブを何とかして開かなければならなくなります。

※こちらの一例ではLANDISK(Network Attached Storage:ネットワークアタッチストレージ)
 の本体ケースからハードディスクを取り出しして、パソコン本体に接続して
 中身のファイルを読み込みする方法について解説していきます。
NAS・LANDISKの不調 | ファイルサーバー、NAS

URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/
Copyright (C) 2007-2014 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.