データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

パソコンユーザーなら誰にでも一度はある予期せぬ故障やエラーによる保管したファイルやフォルダの喪失。そんな時にこそデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法を初めての方にもわかりやすく解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など、破損トラブルの解決のアドバイスやレスキューサービスを掲載しています。


新着エントリー
メモリーカードのデータが開けなくなる状態から復旧するには?
電源関連の装置が動かない時にデータを取り出しするには?
ディスプレイが壊れた時にデータを救出するには?







コンテンツページの一覧リスト

各分野別のページへの目次リスト(サイトマップ)です。
主なコンテンツページを一覧にしてまとめています。

各コンピューター機器別の
データ復活方法一覧
memory


パソコンのハードディスクやメモリーカードなどの機器から失ったファイルを復元させていく方法について。
ソフトウェア上で起こる
問題を修復する手法の一覧
computer


ソフトウェアの起動中に起こりうる数多くの不具合の原因を発見して直すリカバリーの技法について。
トラブル・障害の原因と
システム回復手段の一覧
NotePC


コンピューターを使用している最中に発生するエラーや破損などのトラブルからシステムを復帰する手順について。
パソコンのファイルの復元と
リカバリーの手順の一覧
server


間違えてフォルダから削除したり壊してしまった拡張子などを元通りに復活させるための様々な方法について。
データのバックアップと
保護対策を行う技法の一覧
disk


大事なファイルを突然失わないようバックアップをしたり、RAIDやセキュリティ対策の強化で保護する手法について。
専門業者の
データ復旧サービス一覧
city


専門で回復の作業を行ってもらえるデータ救出サービス業者の一覧リストです。

 【概要事項の説明】   【サイトマップ】   【RSSフィード
当HPの説明や著作権、免責事項、プライバシーポリシー、ヘルプ、
各コンテンツのリスト、お問い合わせメールなどについての一覧ページです。





ホームページの案内
当ホームページでは、主にパソコンをはじめとする
コンピューター上の電子データを 誤った入力指示で消去してしまったり、
記憶装置の初期化、読み込みエラー、故障などのトラブルで開けなくなった時に、
何かの形で元に戻して修復する方法やリカバリーのサービスについて紹介しています。

また予備のためのバックアップによる保存の仕方や、システムの取扱い、電子機器の保護など、
コンピューターとそれに接続する各種のストレージを取り扱う上での疑問について、
初心者の方にもわかりやすいように詳しく解説してします。

データ記憶装置


【主な不具合による問題の事例】


削除してしまったファイルは元に戻せる?


コンピューターの内蔵ストレージやリムーバブルディスクといった
補助記憶装置(auxiliary storage)に一通り保存して収納されている
「フォルダー」の一覧を見て中身を整理をしている時に、

間違えて必要なファイルに「削除する」の操作をしてしまった時、
バックアップがない状態で拡張子を消去してしまった場合でも、
まだ元通りに以前のデータの復旧ができる見込みもあります。

主なオペレーティングシステムには削除した拡張子を一旦別の場所に保管しておく
「ゴミ箱」の機能が付いていますので、
デスクトップの隅のあたりの場所にあるアイコンからフォルダーに移動して確認できます。


また、定期的にコンピューターの状態を保存しておいて、後で問題が起きた時に
今起こっているアクシデントが発生する前の時間のポイントに遡るように
システムごと状態を直していくための機能もあります。

Windowsの「システムの復元」や「ファイル履歴」、Mac OS Xの「Time Machine」、
その他の多くのコンピューターのシステムにもリカバリー機能が標準で搭載されています。


これらの機能のセット状態がオフになっていて回復ができなかった場合でも、
まだ喪失前の状態にしっかりと再生する形で、データのレスキューサービスにより元に戻せる見込みはあります。

画面上の表示ではこのファイルは削除されました、というメッセージが出ているだけで、
実際には別のプログラムが上書きされるまでの間はまだ消去されずに残っています。

このセクタに残留した「拡張子の痕跡」をドライブのスキャンを実行して読み取る事で
元の状態にDATAの復元を行っていきます。


普通にフォルダーからマウスやキーボードの操作で削除した場合だけでなく、
「クイックフォーマット」を掛けて一つのパーティションを丸ごと初期化した場合でも、
同じようにファイルの復活の作業を実行する事ができます。

誤った削除、フォーマット、拡張子の破損といった仮想空間上での損傷による不具合は
「論理障害」という部類の問題で、これらの多くは上記のような手法で直す事ができます。



外部デバイスの機器が読み込めない時は?


外付けのポータブルハードディスクやDVDドライブので読み取るディスク、USBメモリ、
小型の製品の端末やUSBカードリーダー/ライターから読み込みするSDメモリーカードなどの
外部記憶装置(external storage)などのデバイスをコンピューターで開こうとしたら
なぜか認識されずに中身の読み出しができない、という問題もよく起こりえます。

その読取装置か記録装置自体が破損している可能性もあるのですが、
他のもっと簡単な原因で反応しない事もあります。


例えばWindowsの場合だとコントロールパネルにある「デバイスマネージャー」を開くと、
正常に読み込めない外部デバイスの名称の項目にエラー表示が出ている事があります。

この項目を選択して一度 削除を行って、USBポートなどから一回コネクタを外します。

もう一度つなげて再読み込みをすると、次はデバイスが正常に認識できる事もあります。


また以前に初めてその機器を接続した時にインストールされた「デバイスドライバ」が
エラーやファームウェアの障害で不具合を起こしたり、
間違えてフォルダをいじって削除や破壊をしてしまうと使用できなります。

その時にはコントロールパネルなどの場所から一旦アンインストールを行って、
もう一度インストールをし直してみてください。


他に、NASなどのネットワークストレージをお使いの時に
ルーターの電源がオフになっていたり、ネットワークカードが差し込まれていないと
ネットワークドライブのディレクトリにアクセスができない、といった原因もあります。

また、BDやMOのドライブ、カードリーダーなどの読込装置などが故障して開けない、
という事もあるのですが、その場合はメーカー先のカスタマーサポートの修理に出すか、
新しい製品を買い直して読み込み直す事もできます。

SDXCメモリーカードや小型のSSDなどの新しいストレージが古い電子機器で読み取りできない、
という場合も、その製品に対応された新しい読み取り装置を使って正常に開く事ができます。



記憶装置が破損して故障したらどうすればいい?


補助記憶装置は重要な回路が物理的に破損してしまうと、
「物理障害」という故障の部類に当てはまり、
内部のファイルやシステムが全て読み込みできなくなる事が多いです。

しかし装置の中のメモリやディスクに深刻な損壊が出ていなければ、
まだ中身の大事なデータを引き出せる見込みもあります。

USBメモリやSDカードのケースやMOなどのカートリッジが少し割れたり欠けたくらいの状態で、
内部の基盤やコネクタの部分が無事であれば、
ひとまず割れた部分を簡単にテープなどで丁寧にくっつけて塞いでおきます。

そして再度パソコンにUSBケーブルかコネクタからつなげて読み込み直して
別の記憶装置にすべてバックアップして、新品に買い直して使うと一安心です。

CD-RやDVD-RW、DVD-RAM、BD-REなどのディスクに汚れや傷が付いた時は、
クリーニングキットに掛けてきれいに汚れを洗浄して細かいキズを修繕すると、
また読み込める事も多いです。


パソコンのどこかの部品が壊れたり、オペレーティングシステムが破損して
デスクトップ画面の立ち上げがどうしてもできなくなった時は、

まず本体ケースの中のドライブベイから固定ネジを取り外して
ファイルを保存しているハードディスクをコンピューターから取り出します。

次に外付けハードディスクケースなどのカートリッジに差し込んで、
別のパソコンのUSBコネクタに接続してリムーバブルディスクとして開きます。

そして中身のフォルダーの一覧に入っている大事なデータをコピーして救出する事ができます。


しかし、コンピューター用の外部記憶装置「ハードディスク」(Hard Disk Drive)は
一度故障してしまうと、破損の具合によっては少しその対処が大変になる事もあります。

例えばPCの電源を入れてスピンドルモーターが回転して動作している時に
強い振動や衝撃が加わったり、経年劣化による製品の寿命で回路が摩耗していくと、

通常時は層流を利用してわずかに金属部分から浮いてシーク動作をしている
「読み書きヘッド」という装置がディスク表面のクラスタ/セクタ(磁性体蒸着)に
吸着して異音が出るとともに読み取れなくなる故障が発生するおそれがあります。
そうなってしまうと一般個人ではほぼ読み込みが不可能になってしまうので、
そこで物理障害のアクシデントからの回復に対応された専門のデータ復旧サービスに
問い合わせをして、故障したドライブ装置の検査をしてもらってください。

もちろんハードディスクだけでなく、SDカードやUSBメモリなど他の補助記憶装置も
物理障害・論理障害の両方のトラブルともに大手の業者の方で見てもらえます。

補助記憶装置、またはそれらが内蔵された電子機器の本体ごと
郵送か持ち込みでセンターの方に出して、
ストレージの取り出しと内部回路の読み出し・分解・抽出といったデータリカバリーサービスでの作業によって、
中身の大事なデータを救出してもらわれることをおすすめします。

 


メモリーカードのデータが開けなくなる状態から復旧するには?
USBメモリやSDカード、xDピクチャーカード、コンパクトフラッシュといったメモリーカード媒体を
使用しているうちに突然コンピューターに認識しなくなり、内部のファイルやフォルダーに
アクセスできなくなった時は、どのような原因で、どうすれば復旧できる?という疑問について。


まず、USBメモリなどを長時間、パソコンに差し込んで使っていると、
メモリーカードまたはパソコンの製品によっては、過熱が強くなることがあります。

かなり過熱した状態でパソコンやUSBハブ、またはカードリーダー/ライターの
USBポートから引き抜いて、すぐに別の機器に差し込み直すと、
一時的にコンピューターにデバイスが認識できないことがあります。

この場合は、しばらく待ってメモリーカードが冷えると、元に戻ります。

加熱が頻繁に起こる場合は、製品の寿命が短くなり故障してデータが開けなくなる
トラブルの可能性も高まりますので、そのパソコン等への接続は短時間で済ませるか、
別のメモリーカードへの交換をおすすめします。

次に、パソコン本体の方のUSBポート、または経由で読み込んでいる読取装置が、
長年の使用により状態が物理的に壊れかかっていると読み込みできなくなることがあります。

差し込み直しをしたり、別のUSBポートに接続することで復旧できる場合が多いです。

しかし、メモリーカード自体のコネクタが破損しかかっていると、壊れる間近の状態である
可能性が高いため、なるべく早めに交換とデータの移行をされることをおすすめします。
メモリーカード | コンピュータ
電源関連の装置が動かない時にデータを取り出しするには?
デスクトップパソコンやノートPCをはじめとする電子機器で使用されている電源ユニット、
またはバッテリー(電池)やその関連の機器が突然動かない状態になった時、
どうすれば内部のデータを無事に取り出すことができる?という疑問について。

ACアダプター

まず、デスクトップパソコンの電源ユニットやノートPCのバッテリー、
または付属の専用のACアダプターやケーブルが故障してしまい、
すぐには替えが効かないためデータを先に取り出ししたい、という際には、

外付けHDDケースやUSB変換ユニットをお持ちであれば、
HDDまたはSSDをPCから取り出して、そちらで別のパソコンで読み込む方法もあります。

または別のデスクトップパソコンの空いているドライブベイに増設して
予備の中間ケーブルのコネクタとSATAケーブルを接続して、
D~ドライブとして内部の保存データのフォルダーを開いて回収することができます。

中にはケース内部の構造が複雑でハードドライブの取り出しが一般個人では想定されておらず
難しい製品もあり、その際には、専門のデータ救出センターに問い合わせて、
換装作業を行ってもらわれることを推奨します。
壊れたPCからの交換 | PC周辺機器
ディスプレイが壊れた時にデータを救出するには?
パソコンなどのディスプレイ(モニター)が壊れて画面が映らなくなってしまい、
HDDやSSD、内蔵フラッシュメモリに保存していたファイルやフォルダーが開けなくなった時には、
どうすればデータを救出することができる?という疑問について。

ディスプレイ

まず、モニターのコンセントやケーブルを差し込むコネクタ(差込口)が筐体の横ではなく、
下から上に向けて接続するタイプの製品である場合、しっかりとネジで固定がされていなければ
時間がたつごとに重力に引っぱられて、次第に外れかかっていくことがあります。

VGAケーブルやDVIケーブルは、ネジを回してしっかりとピンを固定することが必要です。

また、ディスプレイ本体またはパソコン本体を動かしたときなどに、
電源コードやケーブル、USBコネクタが引っぱられて外れることがありますので、ご注意ください。

ノートパソコンの画面が開かない時は、ディスプレイ用のコネクタがあるマシンであれば、
デスクトップパソコン用のモニターにディスプレイケーブルを通してつなげて、
そちらで画面と内部データを開くこともできます。

デスクトップパソコンや通常のノートパソコンは、ハードディスクやSSDを取り外して、
別のPCに一時的に増設したり、USBケースで読み込んで、データを救出することができます。

保証期間内に機材の分解をすると、保証が効かなくなってしまうことがあるため、
個人でPCやモニターのパーツを交換してみる、という際にはご注意ください。

ディスプレイの修理や部品交換は、私設のパソコン修理サポート店で行ってもらうこともできます。
外部接続型周辺機器 | モニタ
ポータブルHDDのランプが付かず接続できない時にデータを救出
2.5インチ型のSATAハードディスクが組み込まれている小型の外部ドライブケース
「ポータブルHDD」(portable hard disk)を普段お使いの際に、ある時、

通電のサインであるボタンなどの位置にあるランプが光らなくなって
接続音も鳴らず、内部の保存データが開けなくなってファイルやフォルダーに接続できない時は、
どうすれば再読み込み、またはファイルの救出ができる?という疑問について。

ポータブルHDD

[ポータブル・ハードディスクの製品の一覧]

・BUFFALO:ミニステーション USB3.1 Gen1/USB3.0用ポータブルHDD 2TB HD-PCFS2.0U3-BBA
・Transcend:USB3.1 2.5インチ スリムポータブルHDD 耐衝撃 M3シリーズ 1TB TS1TSJ25M3S
・I-O DATA:ポータブルハードディスク 1TB USB3.0バスパワー対応 日本製 EC-PHU3W1
・東芝:USB3.0接続 ポータブルハードディスク 1.0TBCANVIO BASICS HD-AC10TK
・WD:HDD ポータブルハードディスク 2TB WD Elements Portable WDBU6Y0020BBK-WESN USB3.0
・MARSHAL:miniSHELTER ポータブル 2.5インチ 外付け HDD 1TB
・Seagate:ポータブルハードディスク Expansion Portable Hard Drive 2TB
・シリコンパワー:2.5インチポータブルHDD 1TB USB3.0/2.0対応 Armor A30 SP010TBPHDA30S3K



再接続を試してみる


まず、多くの場合は、パソコンなどのコンピューターに配置されていますUSBポートで
読み込みの一時的な失敗が、外部でバスの接続時にはよく起こります。

ボタンを押して、特に反応がなく接続できないようでしたら、
一度、別のUSBポートに、ポータブルHDDのUSBケーブルを差し替えてみてください。

または、試しに別のパソコン本体などに接続してみると、開けることもあります。

また、ポータブル・ハードディスクのケースに差し込まれているUSBケーブルのコネクタが
本体から外れかかっていたら、差し込み直します。

もしコードが物に挟まれて圧迫されていたり、大きく折れ曲がっていたり、切れかかっていると、
正常につながらなくなり、コードの交換が必要になることもあります。

Windowsパソコンの場合に外部記憶装置が正常に認識されていない時は、
コントロールパネルのデバイスマネージャーを開いて、
ポータブルデバイスの項目で、お使いのポータブルHDDの名称にエラーマークが出ていたら、
右クリック→デバイスのアンインストール→パソコンを再起動して再度、接続します。

かなり古い延長コードやUSBハブを経由してパソコンに繋げている場合は一度取り外して、
直接USBコネクタをつないでみると、今度は正常につながってデータを救出できることもあります。

一連の点検と作業は、パソコンサポート店やデータリカバリーサービスで
ひと通り、より安全かつ確実な手順で行ってもらうこともできます。
外付けHDD | PC周辺機器
ウェブ上に保管したデータにアクセスできない時に復旧するには?
インターネット上で普段使用しているウェブサービスに、
ある時何らかに原因でログイン(サインイン)ができなくなったり、
特定のデータにアクセスできない時には、どうすれば復旧できる?という疑問について。

Apple ID

まず、取得されていた専用アカウントにログイン(サインイン)ができなくなった場合には、
ひとまずアカウント名やパスワードの入力を間違えていないかどうかを確認します。

以前にパスワードを変更していて、そのパスワードを忘れてしまった、といった場合には、
再取得の手続きを行うことで、多くのサービスでは再設定を行うことができます。

アカウント名やパスワードが合っているはずなのにログインできない時には、
ウェブサービスに登録されていたメールアドレスに、
何か通知のメールが受信されていないかどうかを確認します。

何らかのルールに抵触した、引っ越しで住所を変更していて、登録データを更新し忘れていた、
サービスが一時メンテナンス中になっていた、仮登録の状態のままで本登録の手続きを忘れていた、
といった原因で、管理ページや保管したデータにアクセスできなくなることがあります。

パソコンやモバイル端末で使用されているウェブブラウザが古いバージョンだったり、
一部のブラウザでのみ対応されてるページの場合には、ログインや閲覧ができないことがあります。

その際には、そのページにアクセスするには指定のウェブブラウザをインストールして、
そちらで開くことが必要になります。

ウェブブラウザやクラウドなどでご自身では一部設定が難しい、という際には、
パソコンのサポートサービスに注文して設定の代行作業をしてもらうこともできます。
インターネットのトラブル | インターネット関連
初期化したメモリーカードのデータをMacパソコンで復元するには?
USBメモリやSDメモリーカード、xDピクチャーカード、コンパクトフラッシュといった、
電子データを書き込みして保存するための補助記憶装置メモリーカード(memory card)を、
誤ってクイックフォーマットなどを実行してすべてのファイルを初期化で消去してしまったら、
AppleのMac OS XまたはmacOSのパソコンからデータ復元をすることはできる?という疑問について。

メモリーカード

まず、Macパソコンでは外付けHDDやRAID、USBメモリといった補助記憶装置を
USBコネクタから接続している状態で、Finder(マイファイル)の画面から
ファイルを消去した場合には、外部記憶装置のデータもゴミ箱に一旦移動しますので、
ゴミ箱アイコンを開いて、そちらから元の位置に戻す形で復元することができます。

ですが、メモリーカードを丸ごとフォーマット(format)を実行して初期化すると、
すべてのファイルは表示の上では消えてしまい、ゴミ箱にも移行されません。

クラウドストレージの「iCloud」(アイクラウド)などのサービスに自動的に
バックアップデータを送信するように設定をされていましたら、
そちらを開いて、必要なファイルを探されてみてください。

しかし、常時パソコン本体に接続されていない外部記憶装置のデータは
クラウドサービスには直接的にはバックアップデータが送信されないため、
必要なファイルのバックアップが取れていないことも多いです。

特にフォーマットで削除したファイルの中でまだ必要なものが複数あり、
なるべく多くの消えたデータを復元したい、という際には、
それ以上はメモリーカードに新しいファイルを上書きせずに、
プロのデータリカバリーサービスに問い合わせて診てもらわれることがより確実です。
メモリーカード | ハードウェア
置き換えで上書きしたファイルを復元するには?
パソコンなどの機器を使用している際に、新しいファイルを保存する時に同名のファイルを
同じフォルダー(ディレクトリ)に誤って置き換えして上書きしてしまった場合には、
どのようにしたら後からデータを復元することができる?という疑問について。

置き換え

まず、置き換えを含めて上書き保存をしてしまったファイルの以前の状態のデータは、
ゴミ箱フォルダーに移行せず、通常ではそのまま表示上は消えてしまいます。

そのため、どこかの場所にファイルのバックアップを保存している必要があります。

まずは、外付けハードディスクやRAID、NAS、DVD-Rなどに予備のバックアップデータを
保存していれば、そちらを開き直して引き出します。

もし、置き換えしてしまった時に、そのファイルを何かのユーティリティーで
開いていましたら、そのまま閉じずに、「上書き保存」または「名前を付けて保存」で、
以前の状態のデータを復元することもできます。

クラウドストレージのサービスを使用して自動更新バックアップを設定していた場合には、
誤ってパソコン上のファイルを置き換えで上書きしてから、ウェブサーバ上のディレクトリに
保存されているファイルが上書き更新されるまでタイムラグが出る場合があるので、
すぐにそちらを開いて、パソコン上にデータを引き出すことで復元できることもあります。

また、Windows 10の「ファイル履歴」や「バックアップと復元(Windows 7)」、
Mac OS X/macOSの「Time Machine」(タイムマシン)を事前にセットアップしていましたら、
そちらを開いて、バックアップのデータから引き出します。

設定や復元の仕方が自身では難しい、という際には、パソコン修理サポート店や
データリカバリーサービスにて、作業を代行してもらうこともできます。
上書き保存を元に戻す | フォルダ
ノートパソコンのHDDのデータを変換ケーブルで救出するには?
ノートパソコンに搭載されている2.5インチ型のハードディスクドライブが
コンピューター上でBIOSに認識できなくなったり、オペレーティングシステムが
破損して開かなくなったため、外付けで他のパソコンにつなげてボリュームを読み込み、
内部に保存されたデータを救出するにはどうすればいい?という疑問について。

HDD変換ケーブル

まず、ほかのデスクトップパソコンを一台お持ちでしたら、空いているドライブベイに
ハードディスクを差し込み、またはドライブベイが空いていなくても、PCケースを開けて、
どこか近くかPCケースの適当な場所にHDDを置いて、一時的に開くこともできます。

その際には、予備のSATAケーブルと電源ケーブルの中間コネクタ、またはその延長コードを
購入して接続して、セカンダリ・ハードディスク(D~ドライブ)として読み込みます。

二台のパソコンのうち、どちらかがかなり古いマシンで、IDE方式である場合には、
USB変換ケーブル、またはIDE⇔SATA変換用コネクタを取り付けて、SATAハードディスク用の
パソコンで読み込みができるようにして繋げます。

そして、Windowsのエクスプローラーなどでドライブ装置が認識できてフォルダーやファイルが
開けましたら、データを別の記記憶装置にバックアップして救出します。

お持ちのパソコンが小型・薄型のノートパソコンで、内蔵のハードディスクやSSDが
取り出しにくい構造で自分では分解作業が難しそう、という際には、
私設のパソコン修理店やデータリカバリーサービスにて、代行作業をしてもらうことができます。
ノートパソコン | ノートPC
マイクロソフトオフィスで削除したファイルを復元するには?
Microsoftから販売されていますオフィススイート「Microsoft Office」(マイクロソフトオフィス)の、
ExcelやWordといったソフトウェアで作成したファイルを、誤って削除してしまった時には、
どうすれば復元することができる?という疑問について。

Excel

まず、マイクロソフトオフィスのウィンドウを展開している時に、
フリーズや強制終了のエラーなどが発生して画面が閉じてしまった場合には、
ExcelやWord、PowerPointなどでは「自動保存」の機能を使って復元することができます。

上部メニューの「ファイル」のタブにある「オプション」を開いて「保存」の項目を選択します。

「次の間隔で自動回復用データを保存する」と
「保存しないで終了する場合、最後に自動保存されたバージョンを残す」に
初期状態でチェックが入っています。

もし急にマイクロソフトオフィスの画面が閉じた時は、もう一度ウィンドウを開き直した時に、
「Ecxelによるファイルの復元が終了しました。復元したファイルは、そのまま使うことができます。」
といったメッセージが、一覧の左上に表示されます。

「復元されたファイルの表示」を選択して、次に、
「ドキュメントの回復」の「選択可能なファイル」の項目にあるデータを選ぶと、
マイクロソフトオフィスのシート上に、以前の状態のファイルが表示されます。

拡張子自体が重度の破損を起こしてしまい正常に開かなくなってしまい、
自身では復元が難しそう、という際には、ファイルの損傷からの修復のサポートに対応された、
プロのデータリカバリーサービスに問い合わせて、直してもらわれることを推奨します。
Excel・Word Office | Officeのトラブル
HDDが振動による衝撃で故障したらデータは復旧できる?
ハードディスクドライブ(hard disk drive)は、持ち歩きによる振動などの強い衝撃を受けて、
内部のパーツにダメージが出て故障してしまう場合があります。

そんな場合での故障をなるべく防ぐにはどうすればいいか、
また電子機器の破損が出た時には、内部のデータを復旧することはできる?という疑問について。

ハードディスク

【ハードディスクの製品の一覧】

・Seagate:st9320421as F/W : sd14 P/N : 9 ge144 286 Wu 320GB
・東芝(TOSHIBA):内蔵ハードディスク 2.5インチ 500GB 8MB SATA 6 Gbit/s 9.5mm
・NETCNA:00 wh121 IBM 8-tb 7.2 K 3.5 SAS 12 G NL 512e g2hs互換製品
・日立(HITACHI):0 F10630 Hitachi 2tbエンタープライズSATAハードドライブ
・WD:HDD 内蔵ハードディスク 2.5インチ 1TB WD10JPVX SATA3.0 5400rpm 8MB 9.5mm


まず、特にパソコンやNAS、外付けHDDケースやRAIDケースなどを通電した状態で
移動させている状態だと、プラッタの回転とヘッドの読み書きの動作で掛かる振動と、
機器を動かした時に掛かる震度のリズムが合わさった時の共振により、
異常が発生して故障が起こる可能性があります。

デスクトップパソコンやネットワークアタッチストレージなどの電子機器の筐体は、
稼働中に配置をずらすなどで動かして振動を与えることは極力、控えることが賢明です。

また、ノートパソコンのようにある程度衝撃がかかることを前提とした構造の製品でも
電源を付けてHDDが回転している状態の時は、あまり移動をしないようにして、
また乗り物に乗って移動している最中も、テーブルの下にマットを敷くなどして、
振動を少しでも緩和できるようにすることが、故障をある程度防ぐ一つの対策です。

ですが、強い振動などの衝撃が掛かると、たとえ製品を購入してはじめの頃でも、
HDDの使用年数にかかわりなく故障してしまう可能性があります。

一度ハードディスクの本体自体が振動などの物理障害で故障して読み取りができなくなると、
中身のデータは個人では開けなくなってしまうことが多いです。

ですが、デスクトップパソコンやノートパソコン、外付けHDDケースやRAIDケース、NASなどの、
ハードディスクを組み込んでいる機器の別のパーツが故障しただけの場合なら、
まだHDD自体は無事で、別の外付けHDDケースやデスクトップパソコンの空いたドライブベイに
移し替えて読み込みをする復旧の措置をして、ファイルが救出ができる可能性が高いです。

どの部品が破損しているかは、電源がまだ起動できれば、
ビープ音(エラー音)やアクセスランプの点滅の具合などである程度、判別ができます。

複雑なパーツ構成のPCで、ハードディスクやSSDの取り出しが自身では難しい、という際には、
パソコン修理サポート店やデータ復旧サービスで行ってもらうことができます。
物理障害・論理障害 | HDDについて



URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/
Copyright (C) 2007-2018 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.