データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

パソコンユーザーなら誰にでも一度はある予期せぬ故障やエラーによる保管ファイルやフォルダの喪失。そんな時にこそデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法を初めての方にもわかりやすく解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など破損トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


新着エントリー
ハードディスクのドライブ文字が変わりデータが開けない時は?
「この項目は見つかりませんでした」と出てデータが開かない時は?
「場所が利用できません」とエラーが出てデータが開けない時は?









コンテンツページの一覧リスト

各分野別のページへの目次リスト(サイトマップ)です。
主なコンテンツページを一覧にしてまとめています。

各コンピューター機器別の
データ復活方法一覧
memory


パソコンのハードディスクやメモリーカードなどの機器から失ったファイルを復元させていく方法について。
アプリケーション上で起こる
問題を修復する手法の一覧
computer


アプリケーションの起動中に起こりうる数多くの不具合の原因を発見して直すリカバリーの技法について。
トラブル・障害の原因と
システム回復手段の一覧
NotePC


コンピューターを使用している最中に発生するエラーや破損などのトラブルからシステムを復帰する手順について。
パソコンのファイルの復元と
リカバリーの手順の一覧
server


間違えてフォルダから削除したり壊してしまった拡張子などを元通りに復活させるための様々な方法について。
データのバックアップと
保護対策を行う技法の一覧
disk


大事なファイルを突然失わないようバックアップをしたり、RAIDやセキュリティ対策の強化で保護する手法について。
日本全国各地の
データ復旧サービス一覧
city


日本全国の都道府県別の地域や大きな都市ごとにまとめたデータ救出サービス業者の一覧リストです。

 【概要事項の説明】 
当HPの説明や著作権、免責事項、プライバシーポリシー、ヘルプ、
お問い合わせメールなどについての一覧ページです。

 


ホームページの案内
当ホームページでは、主にパソコンをはじめとする
コンピューター上の電子データを 誤った入力指示で消去してしまったり、
記憶装置の初期化、読み込みエラー、故障などのトラブルで開けなくなった時に、
何かの形で元に戻して修復する方法について紹介しています。

また予備のためのバックアップによる保存の仕方や、システムの取扱い、電子機器の保護など、
コンピューターとそれに接続する各の種記憶メディアを取り扱う上での疑問について、
初心者の方にもわかりやすいように詳しく解説してします。

データ記憶装置


【主な不具合による問題の事例】


削除してしまったファイルは元に戻せる?


コンピューターの内蔵ストレージやリムーバブルディスクといった
補助記憶装置(auxiliary storage)に一通り保存して収納されている
「フォルダー」の一覧を見て中身を整理をしている時に、

間違えて必要なファイルに「削除する」の操作をしてしまった時、
バックアップがない状態で拡張子を消去してしまった場合でも、
まだ元通りに以前のデータの復旧ができる見込みもあります。

主なオペレーティングシステムには削除した拡張子を一旦別の場所に保管しておく
「ゴミ箱」の機能が付いていますので、
デスクトップの隅のあたりの場所にあるアイコンからフォルダーに移動して確認できます。


また、定期的にコンピューターの状態を保存しておいて、後で問題が起きた時に
今起こっているアクシデントが発生する前の時間のポイントに遡るように
システムごと状態を直していくための機能もあります。

Windowsの「システムの復元」や「ファイル履歴」、Mac OS Xの「Time Machine」、
その他の多くのコンピューターのシステムにもリカバリー機能が標準で搭載されています。


これらの機能のセット状態がオフになっていて回復ができなかった場合でも、
まだ喪失前の状態にしっかりと再生する形で元に戻せる見込みはあります。

画面上の表示ではこのファイルは削除されました、というメッセージが出ているだけで、
実際には別のプログラムが上書きされるまでの間はまだ消去されずに残っています。

このセクタに残留した「拡張子の痕跡」をドライブのスキャンを実行して読み取る事で
元の状態にDATAの復元を行っていきます。


普通にフォルダーからマウスやキーボードの操作で削除した場合だけでなく、
「クイックフォーマット」を掛けて一つのパーティションを丸ごと初期化した場合でも、
同じようにファイルの復活の作業を実行する事ができます。

誤った削除、フォーマット、拡張子の破損といった仮想空間上での損傷による不具合は
「論理障害」という部類の問題で、これらの多くは上記のような手法で直す事ができます。



外部デバイスの機器が読み込めない時は?


外付けのポータブルハードディスクやDVDドライブので読み取るディスク、USBメモリ、
デジタルカメラかUSBカードリーダー/ライターから読み込みするSDメモリーカードなどの
外部記憶装置(external storage)などのデバイスをコンピューターで開こうとしたら
なぜか認識されずに中身の読み出しができない、という問題もよく起こりえます。

その読取装置か記録メディア自体が破損している可能性もあるのですが、
他のもっと簡単な原因で反応しない事もあります。


例えばWindowsの場合だとコントロールパネルにある「デバイスマネージャー」を開くと、
正常に読み込めない外部デバイスの名称の項目にエラー表示が出ている事があります。

この項目を選択して一度 削除を行って、USBポートなどから一回コネクタを外します。

もう一度つなげて再読み込みをすると、次はデバイスが正常に認識できる事もあります。


また以前に初めてその機器を接続した時にインストールされた「デバイスドライバ」が
エラーやファームウェアの障害で不具合を起こしたり、
間違えてフォルダをいじって削除や破壊をしてしまうと使用できなります。

その時にはコントロールパネルなどの場所から一旦アンインストールを行って、
もう一度インストールをし直してみてください。


他に、NASなどのネットワークストレージをお使いの時に
ルーターの電源がオフになっていたり、ネットワークカードが差し込まれていないと
ネットワークドライブのディレクトリにアクセスができない、といった原因もあります。

また、BDやMOのドライブ、カードリーダーなどの読込装置などが故障して開けない、
という事もあるのですが、その場合はメーカー先のカスタマーサポートの修理に出すか、
新しい製品を買い直して読み込み直す事もできます。

SDXCメモリーカードや小型のSSDなどの新しい記憶メディアが古い電子機器で読み取りできない、
という場合も、その製品に対応された新しい読み取り装置を使って正常に開く事ができます。



記憶装置が破損して故障したらどうすればいい?


補助記憶装置は重要な回路が物理的に破損してしまうと、
「物理障害」という故障の部類に当てはまり、
内部のファイルやシステムが全て読み込みできなくなる事が多いです。

しかし装置の中のメモリやディスクに深刻な損壊が出ていなければ、
まだ中身の大事なデータを引き出せる見込みもあります。

USBメモリやSDカードのケースやMOなどのカートリッジが少し割れたり欠けたくらいの状態で、
内部の基盤やコネクタの部分が無事であれば、
ひとまず割れた部分を簡単にテープなどで丁寧にくっつけて塞いでおきます。

そして再度パソコンにUSBケーブルかコネクタからつなげて読み込み直して
別の記憶装置にすべてバックアップして、新品に買い直して使うと一安心です。

CD-RやDVD-RW、DVD-RAM、BD-REなどのディスクメディアに汚れや傷が付いた時は、
クリーニングキットに掛けてきれいに汚れを洗浄して細かいキズを修繕すると、
また読み込める事も多いです。


パソコンのどこかの部品が壊れたり、オペレーティングシステムが破損して
デスクトップ画面の立ち上げがどうしてもできなくなった時は、

まず本体ケースの中のドライブベイから固定ネジを取り外して
ファイルを保存しているハードディスクをコンピューターから取り出します。

次に外付けハードディスクケースなどのカートリッジに差し込んで、
別のパソコンのUSBコネクタに接続してリムーバブルディスクとして開きます。

そして中身のフォルダーの一覧に入っている大事なデータをコピーして救出する事ができます。


しかし、コンピューター用の外部記憶装置「ハードディスク」(Hard Disk Drive)は
一度故障してしまうと、破損の具合によっては少しその対処が大変になる事もあります。

例えばPCの電源を入れてスピンドルモーターが回転して動作している時に
強い振動や衝撃が加わったり、経年劣化による製品の寿命で回路が摩耗していくと、

通常時は層流を利用してわずかに金属部分から浮いてシーク動作をしている
「読み書きヘッド」という装置がディスク表面のクラスタ/セクタ(磁性体蒸着)に
吸着して異音が出るとともに読み取れなくなる故障が発生するおそれがあります。
そうなってしまうと一般個人ではほぼ読み込みが不可能になってしまうので、
そこで全国各地にあります物理障害に対応された専門の「データ復旧サービス」に
問い合わせをして、故障したドライブ装置の診断をしてもらってください。

もちろんハードディスクだけでなく、SDカードやUSBメモリなど他の補助記憶装置も
物理障害・論理障害の両方のトラブルともに大手の業者の方で診てもらえます。

補助記憶装置、またはそれらが内蔵された電子機器の本体ごと
郵送か持ち込みでセンターの方に出して、
ストレージの取り出しと内部回路の読み出し・分解・抽出といった作業によって、
高い割合で中身の大事なデータを救出してもらう事をおすすめします。

 


ハードディスクのドライブ文字が変わりデータが開けない時は?
Windowsのパソコンでエクスプローラーの画面から「コンピューター」を開いた時に、
通常はローカルディスク(C:)をはじめ、内蔵ハードディスクやSSD、
そして外付けのリムーバブルディスクなどのボリュームが一覧に表示されます。

この時に、以前に接続していたハードディスクドライブなどのデータ記憶メディアを
ある程度の期間が経ってから再度接続した際に、以前とはアルファベットのドライブ文字が
別のものになっている場合があります。

そうなると、一部のアプリケーションソフトでは、以前に開いていたソフトウェアやファイルの場所が
認識できずにそのまま直接には開けなくなっていることがあるのですが、
その際にはどうすれば元に戻せる?という疑問について。


まず、スタートメニューかデスクトップからコントロールパネルを開き、
「管理ツール」→「コンピューターの管理」→「ディスクの管理」と進みます。

一覧から対象のボリュームを選択して、「ドライブ文字とパスの変更」を選択します。

ドライブ文字

「変更」のボタン押して、「次のドライブ文字を割り当てる」の項目にある
アルファベットの選択枠で、以前に振り分けられていた文字を選択します。

そして「OK」→「はい」と選択して、変更作業は完了です。
パーティション変更 | トラブルシューティング
「この項目は見つかりませんでした」と出てデータが開かない時は?
Windowsのパソコンでエクスプローラー、またはアプリケーションソフトの画面から、
フォルダーに保存されているファイル拡張子のアイコンを選択して開こうとした際に、

「項目が見つかりません
この項目は見つかりませんでした。次の場所にはありません。この項目の場所を確認してから再実行してください。~」


という警告メッセージが表示されて、ファイルが開けない時はどうすればいい?という疑問について。


最新の状態に更新


※こちらの一例では、Windows 10(ウィンドウズ・テン)のオペレーティングシステムを
 使用している場合について解説いたします。


まず、「この項目は見つかりませんでした。」のメッセージが出た時は、
すでにそのフォルダーの場所から対象のファイルが削除されている場合があります。

たまにエクスプローラー画面で、データが消去されたことがすぐに反映されずに
まだ拡張子のアイコンや項目が表示されたままになっていることがあります。

一度画面を閉じて開き直すか、最新の状態への更新を行なうとその項目の表示が消えます。

更新

また、以前に開いていた時の記録がアプリケーションやシステムの方で残っていて
そちらの項目やアイコンから開こうとした場合にこれらのエラーメッセージが出て
ファイルが開かないことがあります。
プログラムが開けない | Windows
「場所が利用できません」とエラーが出てデータが開けない時は?
Microsoft Windows(ウィンドウズ)のパソコンでUSBメモリや外付けハードディスクなどの
データ記憶メディアに保存されているファイルを開こうとした時に突然、

場所が利用できません
 ~:¥は利用できません。このPC上の場所を指している場合は、デバイスやドライブが接続されているか、またはディスクが挿入されているかを確認してから、やり直してください。~
」(Windows10の場合)

というエラーメッセージが表示されてデータが見れない時は、
どのように回復すればいい?という疑問について。

コネクタ

[主なデータ記憶メディアの製品の一覧]

・I-O DATA:USB 3.0/2.0接続外付ハードディスク 3.0TB HDC-LA3.0
・I-O DATA:ポータブルハードディスク 1TB USB3.0/2.0対応、バスパワー対応 EC-PHU3W1
・BUFFALO:テラステーション 管理者・RAID機能搭載 2ドライブNAS 2TB TS3200DN0202
・BUFFALO:リンクステーション 高速モデル RAID1搭載 4TB LS420D0402C
・SanDisk:Cruzer Fit USBフラッシュメモリー 16GB SDCZ33-016G-J57
・Toshiba:SDHCカード 東芝日本製超高速 Class10 UHS-I 32GB
・Transcend:SDXCカード 128GB Class10 UHS-I対応 TS128GSDXC10U1
・Transcend:400倍速CFカード 32GB TS32GCF400
・富士フイルム:xDピクチャーカード 1GB タイプM+ DPC-MP1GB
・ASUS:バスパワー対応ポータブルDVDドライブ Windows Mac両対応 SDRW-08D2S-U LITE2014



接続の状態を確認



まず、「場所が利用できません」のメッセージの警告画面の一文の通り、
USBコネクタにUSBメモリーカードのコネクタ(connector)や
外付けHDD、カードリーダーなどのUSBコードがしっかりと差し込まれているかを確認します。

特にカードリーダーやアダプターを通して差し込みするデータ記憶メディアの場合は、
メモリーカードがしっかりと差し込みされているか、異物は挟まっていないかどうかをよくチェックします。

USBカードリーダー/ライターをお使いの場合、製品が古いものだと、
新型のSDXCメモリーカードなどには対応されていないために読み込みできないこともあります。
デバイスに認識しない | USB機器
Officeの保存せずに消してしまったデータを復元するには?
Microsoft社のOfficeスイートである『Excel』(エクセル)や「Word」(ワード)を開いて
マークシートにデータを記入をしている際、上書き保存する前にパソコンの電源が止まってしまい、
保存せずにファイルが閉じて消してしまった場合にはどうすれば復旧ができる?という疑問について。


こちらの一例ではWindows 10のパソコンで『Excel 2013』を使用している場合について解説いたします。

まず、電源が切れた、などの原因で閉じてしまったパソコン本体がまだ正常に立ち上がりそうでしたら、
電源ボタンを入れてウィンドウズデスクトップ画面を立ち上げます。

(デスクトップ画面が開かない時は一度ロゴ画面まで戻るか、電源ボタンを長押ししてパソコンを閉じてから
再度電源を立ち上げて、「セーフモード」で一度開いてみたり、
「スタートアップ修復」や「システムの復元」でコンピューターの回復を試みてください。)


デスクトップアイコンかスタート画面、Officeのフォルダー上のアイコンからExcelを起動すると、
画面の左側に

ドキュメントの回復:エクセルによって、以下のファイルが回復されました。
残したいファイルを保存してください。


というメッセージの項目が表示される場合があります。

ドキュメントの回復

[Book1]などの名前になっていまして、最後の自動更新で作成された日時も表示されています。

自動回復されたバージョンの日時で、その保存せずに消してしまったデータの分であるかを
大まかに判別します。
Excel・Word Office | EXCEL
リムーバブルディスクの読み書き禁止を解除してデータを開くには?
Windowsのパソコンに外付けハードディスクやUSBメモリー、SDメモリーカード、
xDピクチャーカード、コンパクトフラッシュといった「リムーバブルディスク」を
USBコネクタに接続してデータの読み込みや新規ファイルの書き込みをしようとしたら、

「場所が利用できません ~にアクセスできません。アクセスは拒否されました。」
「対象のフォルダーへのアクセスは拒否されました この操作を実行するアクセス許可が必要です」


といったメッセージが表示された場合には、どのように設定を変更すれば
アクセス拒否の状態を解除してデータを読み書きできる?という疑問について。

アクセスは拒否されました

まず試しに別のリムーバブルディスクを差し込みして、そちらの記憶メディアも同じように開けない場合、
お使いのパソコンにアクセス制限が掛かっている可能性があります。

ほかの誰かから譲与または貸し出ししてもらったマシンや中古で購入したマシンの場合に、
事業などでの特殊な設定で使われていた場合に出てくる可能性のあるトラブルのひとつです。

もしほかのパソコンをお持ち、またはほかのオペレーティングシステムをインストールされていましたら、
そちらにて接続してデータを開かれてみてください。
外部接続型周辺機器 | リムーバブルディスク
動画ファイルを削除した後で復元するには?
パソコンのムービー編集ソフトで作成した、またはビデオカメラなどの機器で撮影した映像を収めた
動画(movie・video)のファイルを誤って削除してしまった場合には、
普通の画像ファイルと同様に復元することはできる?という疑問について。

動画の映像

まず、動画ファイルを保存している場所がパソコンのCドライブやDドライブ内であれば、
例えばエクスプローラーの画面上で誤って消去した時には「ゴミ箱」のフォルダーに移動されています。

ゴミ箱へ移動

デスクトップからゴミ箱を開いて、ファイルが移行されていれば元の場所に戻します。

またMac OS Xのパソコンの場合は、SDカードやUSBメモリなどの
外部記憶装置に保管されたデータもゴミ箱に表示されます。

もしゴミ箱に入っていなかった場合には、Windowsなら「ファイル履歴」、
Mac OS Xなら「Time Machine」、あるいはバックアップソフトやクラウドサービスによる
自動更新バックアップを事前にセットアップしていれば、

「ビデオ」や「個別フォルダー」にあった分の予備のデータを引き出して
動画ファイルを復元できる見込みもあります。
ビデオカメラ動画の回復 | ファイルのサルベージ
パソコンのHDDが動かない時にデータ復旧はできる?
パソコンの電源を付けてもハードディスクの稼働音がせず、動かない状態になっていたり、
BIOSで認識はされてもオペレーティングシステムやファイルの読み込みができない場合は、
起動できるようにしたり、データを復旧するにはどうすればよい?という疑問について。

hdd

まず、現在発生しているHDDの動かないトラブルは何が原因でどのような状態にあるかを
把握していく必要があります。

パソコンをはじめとする電子機器の場合によくある、電源スイッチがオフになっていたり、
電源コンセントやACアダプターがコネクタに差し込まれていない状態になっていないかを確認します。

またノートパソコンの場合にはバッテリーが切れていたり、本体から外れていないかご注意ください。

バッテリーやACアダプターが経年劣化や強い衝撃で故障して破損していたら、
やはりパソコンに電源が通らずハードディスクも動かないため、新品に交換する必要があります。

デスクトップパソコンで、交換時にSATA/IDEケーブルや電源ケーブルのコネクタが
インターフェースにしっかりと差し込みされていない状態になっていないか
パソコンケースの蓋を開けて、外れかかっていたら差し込み直しをされてみてください。
デバイスに認識しない | HDDについて
Windows10をシステムイメージでバックアップして復元
Microsoft(マイクロソフト社)より販売されていますオペレーティングシステム
Windows 10」(ウィンドウズ・テン)を使用している際に、
もし急にシステム上のトラブルが発生して問題が出てくると、
原因を直すために場合によっては再インストールをする必要が出る可能性もあります。

ですが、これまでのウィンドウズと同じく事前にOSの「システムイメージ」のデータを
バックアップして保存しておくことで、後からその状態に戻す形で復元させることができます。


こちらの一例では、外付けHDDにデータをバックアップする方法について解説いたします。

まず、パソコンのUSBコネクタにある程度(なるべく500GB以上)の容量のある
外付けハードディスクドライブを挿入して、フォーマットを行います。

コントロールパネルを開いて「バックアップと復元(Windows7)」を開きます。

左側のメニューにある「システムイメージの作成」を選択します。

バックアップの保存先は「ハードディスク上」の接続したHDD名を選択して、「次へ」を押します。

「どのドライブをバックアップに含めますか?」の画面で
データが必要なドライブ(ボリューム)の領域を選択して、「次へ」を押します。

バックアップ領域

「バックアップの開始」を押すと作業が始まりますので、しばらく待機します。

システム修復ディスクを作成しますか?のメッセージが表示されますので、
一緒に作成する時は、「はい」を押します。

DVD/BDドライブにDVD-RやBD-Rのディスクを挿入して「ディスクの作成」を押します。
ウィンドウズ7・8・10 | Windows10
Mac OS Xのアップグレード前にデータをバックアップ
Apple社(アップル)から開発販売されていますパーソナルコンピューターのOS
Mac OS X』(マック・オーエス・テン)では、インターネットのウェブブラウザ「Safari」など、
Apple独自の数多くのアプリケーションがインストールされていて使用することができます。

[主なMacパソコンの製品の一覧]

・APPLE MacBook Air:1400/11.6 MD711J/B
・APPLE MacBook Pro:13.3/2.5GHz Core i5/4GB/500GB/8xSuperDrive DL MD101J/A
・APPLE Mac mini:(1.4GHz Dual Core i5/4GB/500GB/Intel HD 5000) MGEM2J/A
・APPLE iMac:20インチ/2.4GHz Core 2 Duo/1G/250G/8x SuperDrive DL MB323J/A
・APPLE Mac Pro:2.26GHz 8 Core Xeon 6GB 640GB MB535J/A



一方で、アプリケーションは定期的に新しいプログラムへのアップデートが必要になり、
更新を行うにはこれまでのMac OS Xのオペレーティングシステムのままでは動作の基準が満たないため
OSごと定期的に"アップグレード"を行う必要も出てきます。

Macパソコン

その際、システムの更新によるデータ書き換えのエラーが発生したり、
途中で電源が落ちたりパソコンい強い衝撃がかかったはずみで作業が中断してしまうおそれもあります。

そうなってしまうとオペレーティングシステムのアップグレードに失敗するばかりでなく、
パソコンのOS自体が次回の起動以降に正常に立ち上がらなくなってしまう可能性が高いです。

念のためにMacパソコン内部に保存されています重要なデータファイルはアップグレードの前に
一通りのバックアップを行われていくことが安全です。
バックアップ保存の手順 | macユーザー
Macパソコンのメールデータを復元するには?
アップル インコーポレイテッド(Apple Inc.)から開発・販売されているMacintoshパソコンの
オペレーティングシステムである『Mac OS X』(マックオーエステン)に標準のアプリケーションで
搭載されています電子メールクライアント『メール』(Apple Mail)を使用している際に、

間違えて必要な受信・送信メールを削除してしまった場合には、
どうすればデータの復元ができる?という疑問について。

ゴミ箱

まず、Macパソコンのメールのソフトウェアにあるフォルダー『ゴミ箱』を開いて、
そちらに電子メールデータが移動されていないかどうかを確認します。

必要なメールが移行されていればそちらを開いて受信箱などに移し替えるか、
テキストをメモ帳などにコピーして、外付けハードディスクといった場所にバックアップを取ります。
電子メールの復活 | メールトラブルの簡単解決法

URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.