データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

パソコンユーザーなら誰にでも一度はある予期せぬ故障やエラーによる保管したファイルやフォルダの喪失。そんな時にこそデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法を初めての方にもわかりやすく解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など、破損トラブルの解決のアドバイスやレスキューサービスを掲載しています。


新着エントリー
東芝製のハードディスクの故障をチェックして修復するには?
マウントしたハードディスクのデータを復旧するには?
HDDの差し込み口が欠けた時に復旧するには?







コンテンツページの一覧リスト

各分野別のページへの目次リスト(サイトマップ)です。
主なコンテンツページを一覧にしてまとめています。

各コンピューター機器別の
データ復活方法一覧
usbmemory


パソコンのハードディスクやメモリーカードなどの機器から失ったファイルを復元させていく方法について。
ソフトウェア上で起こる
問題を修復する手法の一覧
bluescreen


ソフトウェアの起動中に起こりうる数多くの不具合の原因を発見して直すリカバリーの技法について。
トラブル・障害の原因と
システム回復手段の一覧
NotePC


コンピューターを使用している最中に発生するエラーや破損などのトラブルからシステムを復帰する手順について。
パソコンのファイルの復元と
リカバリーの手順の一覧
nas


間違えてフォルダから削除したり壊してしまった拡張子などを元通りに復活させるための様々な方法について。
データのバックアップと
保護対策を行う技法の一覧
disk


大事なファイルを突然失わないようバックアップをしたり、RAIDやセキュリティ対策の強化で保護する手法について。
専門業者の
データ復旧サービス一覧
city


専門で回復の作業を行ってもらえるデータ救出サービス業者の一覧リストです。

 【概要事項の説明】   【サイトマップ】   【RSSフィード
当HPの説明や著作権、免責事項、プライバシーポリシー、ヘルプ、
各コンテンツのリスト、お問い合わせメールなどについての一覧ページです。





ホームページの案内
当ホームページでは、主にパソコンをはじめとする
コンピューター上の電子データを 誤った入力指示で消去してしまったり、
記憶装置の初期化、読み込みエラー、故障などのトラブルで開けなくなった時に、
何かの形で元に戻して修復する方法やリカバリーのサービスについて紹介しています。

また予備のためのバックアップによる保存の仕方や、システムの取扱い、電子機器の保護など、
コンピューターとそれに接続する各種のストレージを取り扱う上での疑問について、
初心者の方にもわかりやすいように詳しく解説してします。

データ記憶装置


【主な不具合による問題の事例】


削除してしまったファイルは元に戻せる?


コンピューターの内蔵ストレージやリムーバブルディスクといった
補助記憶装置(auxiliary storage)に一通り保存して収納されている
「フォルダー」の一覧を見て中身を整理をしている時に、

間違えて必要なファイルに「削除する」の操作をしてしまった時、
バックアップがない状態で拡張子を消去してしまった場合でも、
まだ元通りに以前のデータの復旧ができる見込みもあります。

主なオペレーティングシステムには削除した拡張子を一旦別の場所に保管しておく
「ゴミ箱」の機能が付いていますので、
デスクトップの隅のあたりの場所にあるアイコンからフォルダーに移動して確認できます。


また、定期的にコンピューターの状態を保存しておいて、後で問題が起きた時に
今起こっているアクシデントが発生する前の時間のポイントに遡るように
システムごと状態を直していくための機能もあります。

Windowsの「システムの復元」や「ファイル履歴」、Mac OS Xの「Time Machine」、
その他の多くのコンピューターのシステムにもリカバリー機能が標準で搭載されています。


これらの機能のセット状態がオフになっていて回復ができなかった場合でも、
まだ喪失前の状態にしっかりと再生する形で、データのレスキューサービスにより元に戻せる見込みはあります。

画面上の表示ではこのファイルは削除されました、というメッセージが出ているだけで、
実際には別のプログラムが上書きされるまでの間はまだ消去されずに残っています。

このセクタに残留した「拡張子の痕跡」をドライブのスキャンを実行して読み取る事で
元の状態にDATAの復元を行っていきます。


普通にフォルダーからマウスやキーボードの操作で削除した場合だけでなく、
「クイックフォーマット」を掛けて一つのパーティションを丸ごと初期化した場合でも、
同じようにファイルの復活の作業を実行する事ができます。

誤った削除、フォーマット、拡張子の破損といった仮想空間上での損傷による不具合は
「論理障害」という部類の問題で、これらの多くは上記のような手法で直す事ができます。



外部デバイスの機器が読み込めない時は?


外付けのポータブルハードディスクやDVDドライブので読み取るディスク、USBメモリ、
小型の製品の端末やUSBカードリーダー/ライターから読み込みするSDメモリーカードなどの
外部記憶装置(external storage)などのデバイスをコンピューターで開こうとしたら
なぜか認識されずに中身の読み出しができない、という問題もよく起こりえます。

その読取装置か記録装置自体が破損している可能性もあるのですが、
他のもっと簡単な原因で反応しない事もあります。


例えばWindowsの場合だとコントロールパネルにある「デバイスマネージャー」を開くと、
正常に読み込めない外部デバイスの名称の項目にエラー表示が出ている事があります。

この項目を選択して一度 削除を行って、USBポートなどから一回コネクタを外します。

もう一度つなげて再読み込みをすると、次はデバイスが正常に認識できる事もあります。


また以前に初めてその機器を接続した時にインストールされた「デバイスドライバ」が
エラーやファームウェアの障害で不具合を起こしたり、
間違えてフォルダをいじって削除や破壊をしてしまうと使用できなります。

その時にはコントロールパネルなどの場所から一旦アンインストールを行って、
もう一度インストールをし直してみてください。


他に、NASなどのネットワークストレージをお使いの時に
ルーターの電源がオフになっていたり、ネットワークカードが差し込まれていないと
ネットワークドライブのディレクトリにアクセスができない、といった原因もあります。

また、BDやMOのドライブ、カードリーダーなどの読込装置などが故障して開けない、
という事もあるのですが、その場合はメーカー先のカスタマーサポートの修理に出すか、
新しい製品を買い直して読み込み直す事もできます。

SDXCメモリーカードや小型のSSDなどの新しいストレージが古い電子機器で読み取りできない、
という場合も、その製品に対応された新しい読み取り装置を使って正常に開く事ができます。



記憶装置が破損して故障したらどうすればいい?


補助記憶装置は重要な回路が物理的に破損してしまうと、
「物理障害」という故障の部類に当てはまり、
内部のファイルやシステムが全て読み込みできなくなる事が多いです。

しかし装置の中のメモリやディスクに深刻な損壊が出ていなければ、
まだ中身の大事なデータを引き出せる見込みもあります。

USBメモリやSDカードのケースやMOなどのカートリッジが少し割れたり欠けたくらいの状態で、
内部の基盤やコネクタの部分が無事であれば、
ひとまず割れた部分を簡単にテープなどで丁寧にくっつけて塞いでおきます。

そして再度パソコンにUSBケーブルかコネクタからつなげて読み込み直して
別の記憶装置にすべてバックアップして、新品に買い直して使うと一安心です。

CD-RやDVD-RW、DVD-RAM、BD-REなどのディスクに汚れや傷が付いた時は、
クリーニングキットに掛けてきれいに汚れを洗浄して細かいキズを修繕すると、
また読み込める事も多いです。


パソコンのどこかの部品が壊れたり、オペレーティングシステムが破損して
デスクトップ画面の立ち上げがどうしてもできなくなった時は、

まず本体ケースの中のドライブベイから固定ネジを取り外して
ファイルを保存しているハードディスクをコンピューターから取り出します。

次に外付けハードディスクケースなどのカートリッジに差し込んで、
別のパソコンのUSBコネクタに接続してリムーバブルディスクとして開きます。

そして中身のフォルダーの一覧に入っている大事なデータをコピーして救出する事ができます。


しかし、コンピューター用の外部記憶装置「ハードディスク」(Hard Disk Drive)は
一度故障してしまうと、破損の具合によっては少しその対処が大変になる事もあります。

例えばPCの電源を入れてスピンドルモーターが回転して動作している時に
強い振動や衝撃が加わったり、経年劣化による製品の寿命で回路が摩耗していくと、

通常時は層流を利用してわずかに金属部分から浮いてシーク動作をしている
「読み書きヘッド」という装置がディスク表面のクラスタ/セクタ(磁性体蒸着)に
吸着して異音が出るとともに読み取れなくなる故障が発生するおそれがあります。
そうなってしまうと一般個人ではほぼ読み込みが不可能になってしまうので、
そこで物理障害のアクシデントからの回復に対応された専門のデータ復旧サービスに
問い合わせをして、故障したドライブ装置の検査をしてもらってください。

もちろんハードディスクだけでなく、SDカードやUSBメモリなど他の補助記憶装置も
物理障害・論理障害の両方のトラブルともに大手の業者の方で見てもらえます。

補助記憶装置、またはそれらが内蔵された電子機器の本体ごと
郵送か持ち込みでセンターの方に出して、
ストレージの取り出しと内部回路の読み出し・分解・抽出といったデータリカバリーサービスでの作業によって、
中身の大事なデータを救出してもらわれることをおすすめします。

 


東芝製のハードディスクの故障をチェックして修復するには?
東芝(TOSHIBA)製のハードディスクドライブ(Hard Disk Drive)の製品を
パソコンや外付けの記憶装置としてお使いの際に、少し読み込みの調子がおかしくなってきたため
現在のディスクの状態の正常か、または長く使っていて故障の進行具合が進んでいないかを
チェックしたり修復するには、どうすればいい?という疑問について。

東芝製ハードディスク

「東芝製のHDD製品の一例」

・MQ01ABD100 1TB SATA 6Gbps対応2.5型内蔵ハードディスク
・DT01ACA100 1TB SATA 6Gbps対応3.5型内蔵ハードディスク
・USB3.0接続 ポータブルハードディスク 2.0TB CANVIO BASICS HD-AC20TK
・ポータブルハードディスク 500GB HDTB305FK3AA-D
・HD-ED-B20TK CANVIO DESK


まず、Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)をお使いの場合は、OSの標準機能の
ストレージのエラーをチェックして簡単な修復を行う、「エラーチェック」が使えます。

デスクトップ画面からエクスプローラーを開いて、対象のCドライブ、またはDドライブや
リムーバブルデバイスのアイコンを選択します。

右クリックで「プロパティ」→「ツール」のタブを開いて、
エラーチェック:ドライブのエラーをチェックします」というメニューにあります
「チェック」を押すと、スキャンが行なわれます。

「このドライブをスキャンする必要はありません」と表示されたら、キャンセルを押します。

「このエラーを修復する」と出た時は、「ドライブの修復」の項目を押して、
スキャンを行い、「~完了しました」と出たら、「閉じる」を押して、回復は完了です。

ドライブの修復

外付けHDDなどのリムーバブルストレージが正常に認識できていない時は、
パソコンにインストールされたデバイスドライバの方に問題が出ている場合があります。

コントロールパネル→デバイスマネージャーで、ポータブルデバイスの項目にある
対象のストレージ名を選択して、右クリックで「デバイスのアンインストール」を行います。

そして一度USBコネクタから取り外して、パソコンを再起動して、もう一度接続します。
コンピューター修理 | 急な故障をする前に、PCの事を知っておきましょう
マウントしたハードディスクのデータを復旧するには?
MicrosoftのWindwos10のコントロールパネルにある「ディスク管理」といった
ボリュームウィザードの機能などで、内蔵ハードディスクまたは外付けHDDに
新しくマウント(mount)をかけてフォーマットをして、後で誤って必要な保存ファイルまで
消去してしまったと気づいた場合に、後からデータを復旧することはできる?という疑問について。

HDDのマウント

まず、ハードディスクをマウントした場合、すなわちフォーマットをかけて
すべての保存データを初期化した場合は、WindowsやmacOSなどのゴミ箱フォルダーには
ファイルが移行されずに、そのまま画面の表示上ではアイコンが消えてしまいます。

「ファイル履歴」や「バックアップと復元(Windows7)」といった機能で事前に特定の
必要なデータをバックアップしていれば、そちらから開いて保存する形で復旧できます。

マウント作業は増設したHDDや分割したパーティション、外付けのリムーバブルストレージで
実行することが多く、OSの標準機能であるバックアップのシステムは主に
ローカルディスク(Cドライブ)の特殊なフォルダーなどを対象とするため、
フォーマットで失ったファイルの予備は保存されていない場合がどうしても多くなります。

別の外付けHDDやRAIDといったリムーバブルデバイスにバックアップしていたり、
ネットワーク上のクラウドストレージ、ファイルマネージャーなどのサービスに
ファイルをアップロードしていましたら、そちらを開いて確認してみましょう。
初期化・フォーマット後 | フォーマット
HDDの差し込み口が欠けた時に復旧するには?
デスクトップパソコンやノートパソコン、外付けHDDケース、RAID、NAS、サーバ、レコーダー
といったコンピューター装置で使用されている大容量データ記憶装置の
「ハードディスクドライブ」(hard disk drive)を、マザーボードなどの基板に接続する際に、
接続部の一部が欠けて差し込みできない場合は、どうすれば復旧できる?という疑問について。

ハードディスクの差込口

まず、インターフェースの金属部分ではなく、プラスチックの部分が少し折れているだけ、
ということがあります。

たとえばSATA方式のHDDにあるL型の接続部は、稀に折れてしまい、
外側に向かって折れているために、基板(コントローラ)への接続の際に
引っかかって差し込みができないことがあります。

デスクトップパソコンの電源ユニットの電源ケーブルやSATA/IDEケーブルのコネクタ、
またノートパソコンの裏側などにあります蓋の内部にある、HDDを入れる差込口は、
接続の際に指で少し折れ曲がっている箇所を整えるだけでもすぐに当てはまりやすいです。

ですが、外付けHDDケースやRAIDケース、LinkStationやTeraStationといったNASのように、
HDDをドライブベイの奥に配置されているコントローラーボードのインターフェースに
差し込みするタイプの機器は、折れたプラスチックの部分が斜めに引っかかって、
なかなかうまくコネクタに接続できないこともあります。

その際には、決してピンを傷つけないように、慎重に接着剤か接着テープで、
ピンに決して付着しないようにしてプラスチックを元の形に接続して丁寧に差し込み直します。

通電のないプラスチック部分が破損しただけでしたら、接続によるデータの読み込み自体には
影響はないので、完全に折れ曲がって取れてしまっても、HDDを使い続けることはできます。

ですが、その分ピンに傷がつきやすくなるため、何度も取り外しをするHDDの場合は、
念のためすぐに、必要なデータのバックアップを一通り行っておかれる方が安全です。
物理障害・論理障害 | ハードディスク
USBメモリを接続したらパソコンが再起動する状態から修復するには?
Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のパソコンのUSBポートに
USBメモリなどのデータ保存メディアを接続したら、
青い背景と白い文字の出るブルースクリーンの画面に移り替わり、

問題が発生したため、PCを再起動する必要があります。再起動できます。
 停止コード PAGE_FAULT_IN_NONPAGED_AREA
」といったメッセージが表示されて、
操作ができなくなる場合は、どうすればその状態から修復して読み込みができる?
という疑問について。

ブルースクリーン

まず、上記のような問題が発生したら、パソコンは一旦電源を切って、再起動を試みます。

別のUSBメモリ、またはUSBケーブルで接続する機器をお持ちであれば、試しにそちらを
接続されてみてください。

また、もし別のPC本体をお持ちであれば、そちらにUSBメモリを接続して、
内部のディレクトリをデータが開けるかどうかを試されてみてください。

これで、USBメモリとパソコン本体のどちらに問題があるかがわかります。

ですが、ブルースクリーンが出た時は多くの場合、パソコン本体の方に問題が出ています。

まず、パソコンを起動した直後のロゴ画面で「F8キー」などの指定のキーを押して、
BIOS設定画面を開いて、特殊な設定に変更していたら、初期のモードに戻して起動し直します。

次に、Windowsをセーフ・モードで開きます。

次に、Windowsを最新の更新バージョンにアップデートします。

次に、詳細オプション画面、またはコントロールパネル→回復→システムの復元を開く→次へ
→「選択したイベント前の状態にコンピューターを復元します。」のウィンドウで、
パソコンに問題が発生する前あたりの日時の復元ポイントを選択して、OSを回復します。

これで、USBメモリを接続しても問題がなくなっているかどうか、一度確かめてみます。
USBメモリー | USBメモリー
デジタルカメラをSDカードのデータごと紛失した時の対処法は?
デジタルカメラやデジタルビデオカメラを普段、自宅や自社、外出中にお使いの際、
うっかりどこかで落としたり置き忘れるなどで紛失してしまった場合、カメラの本体と、
SDカードやxDピクチャーカード、コンパクトフラッシュなどのメモリーカードに保存していた
写真画像のデータを救出するのにはどうすればよい?という際の対処法について。

Canonのデジカメ

まず、最初は慌てずに周囲を見回して、自宅や自社、あるいは外出中か、
どの場所でカメラを紛失されてしまったかを大まかに思い返して、
もし自宅内・自社内にある可能性がありましたら、それらしきところを一通り探してみます。

小型のデジカメやビデオカメラは、ズボンやコートのポケットに入れたままにしていることも多いです。

うっかりデジタルカメラを入れたまま、服を洗濯機に入れて回してしまわないのようにご注意ください。

一眼レフデジタルカメラなど大型の本体は、持ち運びのバッグの奥や車の中などを探してみます。

また、SDカードやxDピクチャーカード、コンパクトフラッシュなどのメモリーカードを先に
カメラから交換などで取り外していましたら、本体ではなく、そちらにデータが残っているので
USBカードリーダー/ライターに差し替えて、パソコンにUSBポートからリムーバブルディスクとして
WindowsのエクスプローラーやmacOSのFinderでデータを開き直すことができます。

また、SDカードなどの写真画像データは使用した一日おきにこまめに別の補助記憶装置や、
クラウドストレージサービスなどにバックアップを取っておくと、後の復元作業にも便利です。
デジタルカメラの写真画像 | デジタルカメラ
外付けHDDを落として動かなくなった時にデータを復旧するには?
普段お使いの外部用データ記憶装置である外付けハードディスク(USB-HDD)を、
うっかり硬い床や道路などの場所に落としてしまい、その後、電源が付かなくなったり、
パソコンで読み込めなくなった場合、データを復旧することはできる?という疑問について。

USBハードディスクケース

まず、外付けHDDは、ディスク製品の本体を保護する外部のカートリッジで覆われて、
こちらが壊れていても、内部のハードディスク、またはその更に内部のプラッタ(円盤)が
無事であれば、中身の保存しているファイルはまだ無事である可能性が高いです。

ひとまず、外付けケースの電源が付くけれど、USB接続での読み込みができない、という場合は、
付属のUSBケーブルか、またはコネクタが、落下時の床への激突による衝撃などで
折れて破損している可能性があります。

もしほかのコンピューター製品の付属で、同じ形状のUSBケーブルをお持ちであれば、
そちらと一時的に交換をして、接続ができるかどうか試されてみてください。

電源ボタンが凹んでいて動かなくなった場合は、針などで押し上げたり、
ケースを軽く分解して、蓋を開けてから横から押し上げる、などをされてみてください。

電源ランプが付かないけれど正常なディスクの回転音は鳴る、という場合は、
ランプの部分だけが衝撃で割れる、折れる、などで破損した可能性があります。

USBケーブルをパソコンのUSBポートに接続して普通にデータが開ければ、
ランプが壊れたのみで、そのまま使うことはできます。

ですが、後でさらに深刻な故障の症状が出て動かなくなる可能性もあるので念のため、
外付けHDDの保存ファイルの中で必要なデータをバックアップされることをおすすめします。
外付けHDD | 周辺機器
モバイル端末の保存用ストレージからデータを救出するには?
普段お使いの、スマートフォンやタブレット端末(タブレット・コンピューターといった
モバイル端末がある日、突然モニター画面が正常に開けなっくなったり、電源が付かない、
メモリーカードのファイルが読み込みできない、といった問題が発生したら、
どうすれば保存したデータを内部のストレージから回収して救出できる?という疑問について。


パソコンからの同期を試みる


まず、モバイルコンピューターの電源が正常に入るけれど操作が正常にできない、という場合は、
パソコンをお持ちであれば、USBポートから接続してデータを回収する方法があります。

最近のXperia XZ1(エクスペリア)などのスマートフォンの中には、
パソコンに同期するためのUSBケーブルは、「USB Type-C」対応の製品など、
充電用アダプターとは別売で購入する必要のある製品もあります。

また、パソコンのUSBポートに接続して同期をした時に、そのまま自動的に内部のフォルダーが
Windowsのエクスプローラーなどに読み込まれず、一度スマートフォンの
Android(アンドロイド)の画面で、「ファイルの転送」を選択する画面が出ます。

ファイルを転送する

そこで「ファイルを転送する」といった項目を選んでタップしなければ、
エクスプローラーからは「このフォルダーは空です」と表示されるのみで、
初期設定でパソコンでの読み込みができない仕様の場合もあります。

操作ができないと読み込みができなくなるのですが、もし画面が映らないだけで、
タップ自体は反応して出来るようでしたら、該当するボタンの位置に指を当てて、
そのまま入力して開ける可能性もあります。
ハードウェアの症状 | 問題と解決
メモリーカードのデータが開けなくなる状態から復旧するには?
USBメモリやSDカード、xDピクチャーカード、コンパクトフラッシュといったメモリーカード媒体を
使用しているうちに突然コンピューターに認識しなくなり、内部のファイルやフォルダーに
アクセスできなくなった時は、どのような原因で、どうすれば復旧できる?という疑問について。

SDカードの差し込み

まず、USBメモリなどを長時間、パソコンに差し込んで使っていると、
メモリーカードまたはパソコンの製品によっては、過熱が強くなることがあります。

かなり過熱した状態でパソコンやUSBハブ、またはカードリーダー/ライターの
USBポートから引き抜いて、すぐに別の機器に差し込み直すと、
一時的にコンピューターにデバイスが認識できないことがあります。

この場合は、しばらく待ってメモリーカードが冷えると、元に戻ります。

加熱が頻繁に起こる場合は、製品の寿命が短くなり故障してデータが開けなくなる
トラブルの可能性も高まりますので、そのパソコン等への接続は短時間で済ませるか、
別のメモリーカードへの交換をおすすめします。

次に、パソコン本体の方のUSBポート、または経由で読み込んでいる読取装置が、
長年の使用により状態が物理的に壊れかかっていると読み込みできなくなることがあります。

差し込み直しをしたり、別のUSBポートに接続することで復旧できる場合が多いです。

しかし、メモリーカード自体のコネクタが破損しかかっていると、壊れる間近の状態である
可能性が高いため、なるべく早めに交換とデータの移行をされることをおすすめします。
メモリーカード | コンピュータ
電源関連の装置が動かない時にデータを取り出しするには?
デスクトップパソコンやノートPCをはじめとする電子機器で使用されている電源ユニット、
またはバッテリー(電池)やその関連の機器が突然動かない状態になった時、
どうすれば内部のデータを無事に取り出すことができる?という疑問について。

ACアダプター

まず、デスクトップパソコンの電源ユニットやノートPCのバッテリー、
または付属の専用のACアダプターやケーブルが故障してしまい、
すぐには替えが効かないためデータを先に取り出ししたい、という際には、

外付けHDDケースやUSB変換ユニットをお持ちであれば、
HDDまたはSSDをPCから取り出して、そちらで別のパソコンで読み込む方法もあります。

または別のデスクトップパソコンの空いているドライブベイに増設して
予備の中間ケーブルのコネクタとSATAケーブルを接続して、
D~ドライブとして内部の保存データのフォルダーを開いて回収することができます。

中にはケース内部の構造が複雑でハードドライブの取り出しが一般個人では想定されておらず
難しい製品もあり、その際には、専門のデータ救出センターに問い合わせて、
換装作業を行ってもらわれることを推奨します。
壊れたPCからの交換 | PC周辺機器
ディスプレイが壊れた時にデータを救出するには?
パソコンなどのディスプレイ(モニター)が壊れて画面が映らなくなってしまい、
HDDやSSD、内蔵フラッシュメモリに保存していたファイルやフォルダーが開けなくなった時には、
どうすればデータを救出することができる?という疑問について。

ディスプレイ

まず、モニターのコンセントやケーブルを差し込むコネクタ(差込口)が筐体の横ではなく、
下から上に向けて接続するタイプの製品である場合、しっかりとネジで固定がされていなければ
時間がたつごとに重力に引っぱられて、次第に外れかかっていくことがあります。

VGAケーブルやDVIケーブルは、ネジを回してしっかりとピンを固定することが必要です。

また、ディスプレイ本体またはパソコン本体を動かしたときなどに、
電源コードやケーブル、USBコネクタが引っぱられて外れることがありますので、ご注意ください。

ノートパソコンの画面が開かない時は、ディスプレイ用のコネクタがあるマシンであれば、
デスクトップパソコン用のモニターにディスプレイケーブルを通してつなげて、
そちらで画面と内部データを開くこともできます。

デスクトップパソコンや通常のノートパソコンは、ハードディスクやSSDを取り外して、
別のPCに一時的に増設したり、USBケースで読み込んで、データを救出することができます。

保証期間内に機材の分解をすると、保証が効かなくなってしまうことがあるため、
個人でPCやモニターのパーツを交換してみる、という際にはご注意ください。

ディスプレイの修理や部品交換は、私設のパソコン修理サポート店で行ってもらうこともできます。
外部接続型周辺機器 | モニタ



URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/
Copyright (C) 2007-2018 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.