データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

パソコンユーザーなら誰にでも一度はある予期せぬ故障やエラーによる保管したファイルやフォルダの喪失。そんな時にこそデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法を初めての方にもわかりやすく解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など破損トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


新着エントリー
故障したRAIDケースは分解で修理してデータを復活できる?
TeraStationの不調をウェブ設定画面で復旧するには?
Appleの電子機器のデータ復旧をするには?







コンテンツページの一覧リスト

各分野別のページへの目次リスト(サイトマップ)です。
主なコンテンツページを一覧にしてまとめています。

各コンピューター機器別の
データ復活方法一覧
memory


パソコンのハードディスクやメモリーカードなどの機器から失ったファイルを復元させていく方法について。
アプリケーション上で起こる
問題を修復する手法の一覧
computer


アプリケーションの起動中に起こりうる数多くの不具合の原因を発見して直すリカバリーの技法について。
トラブル・障害の原因と
システム回復手段の一覧
NotePC


コンピューターを使用している最中に発生するエラーや破損などのトラブルからシステムを復帰する手順について。
パソコンのファイルの復元と
リカバリーの手順の一覧
server


間違えてフォルダから削除したり壊してしまった拡張子などを元通りに復活させるための様々な方法について。
データのバックアップと
保護対策を行う技法の一覧
disk


大事なファイルを突然失わないようバックアップをしたり、RAIDやセキュリティ対策の強化で保護する手法について。
専門業者の
データ復旧サービス一覧
city


専門で回復の作業を行ってもらえるデータ救出サービス業者の一覧リストです。

 【概要事項の説明】 
当HPの説明や著作権、免責事項、プライバシーポリシー、ヘルプ、
お問い合わせメールなどについての一覧ページです。

 

ホームページの案内
当ホームページでは、主にパソコンをはじめとする
コンピューター上の電子データを 誤った入力指示で消去してしまったり、
記憶装置の初期化、読み込みエラー、故障などのトラブルで開けなくなった時に、
何かの形で元に戻して修復する方法について紹介しています。

また予備のためのバックアップによる保存の仕方や、システムの取扱い、電子機器の保護など、
コンピューターとそれに接続する各の種記憶メディアを取り扱う上での疑問について、
初心者の方にもわかりやすいように詳しく解説してします。

データ記憶装置


【主な不具合による問題の事例】


削除してしまったファイルは元に戻せる?


コンピューターの内蔵ストレージやリムーバブルディスクといった
補助記憶装置(auxiliary storage)に一通り保存して収納されている
「フォルダー」の一覧を見て中身を整理をしている時に、

間違えて必要なファイルに「削除する」の操作をしてしまった時、
バックアップがない状態で拡張子を消去してしまった場合でも、
まだ元通りに以前のデータの復旧ができる見込みもあります。

主なオペレーティングシステムには削除した拡張子を一旦別の場所に保管しておく
「ゴミ箱」の機能が付いていますので、
デスクトップの隅のあたりの場所にあるアイコンからフォルダーに移動して確認できます。


また、定期的にコンピューターの状態を保存しておいて、後で問題が起きた時に
今起こっているアクシデントが発生する前の時間のポイントに遡るように
システムごと状態を直していくための機能もあります。

Windowsの「システムの復元」や「ファイル履歴」、Mac OS Xの「Time Machine」、
その他の多くのコンピューターのシステムにもリカバリー機能が標準で搭載されています。


これらの機能のセット状態がオフになっていて回復ができなかった場合でも、
まだ喪失前の状態にしっかりと再生する形で元に戻せる見込みはあります。

画面上の表示ではこのファイルは削除されました、というメッセージが出ているだけで、
実際には別のプログラムが上書きされるまでの間はまだ消去されずに残っています。

このセクタに残留した「拡張子の痕跡」をドライブのスキャンを実行して読み取る事で
元の状態にDATAの復元を行っていきます。


普通にフォルダーからマウスやキーボードの操作で削除した場合だけでなく、
「クイックフォーマット」を掛けて一つのパーティションを丸ごと初期化した場合でも、
同じようにファイルの復活の作業を実行する事ができます。

誤った削除、フォーマット、拡張子の破損といった仮想空間上での損傷による不具合は
「論理障害」という部類の問題で、これらの多くは上記のような手法で直す事ができます。



外部デバイスの機器が読み込めない時は?


外付けのポータブルハードディスクやDVDドライブので読み取るディスク、USBメモリ、
デジタルカメラかUSBカードリーダー/ライターから読み込みするSDメモリーカードなどの
外部記憶装置(external storage)などのデバイスをコンピューターで開こうとしたら
なぜか認識されずに中身の読み出しができない、という問題もよく起こりえます。

その読取装置か記録メディア自体が破損している可能性もあるのですが、
他のもっと簡単な原因で反応しない事もあります。


例えばWindowsの場合だとコントロールパネルにある「デバイスマネージャー」を開くと、
正常に読み込めない外部デバイスの名称の項目にエラー表示が出ている事があります。

この項目を選択して一度 削除を行って、USBポートなどから一回コネクタを外します。

もう一度つなげて再読み込みをすると、次はデバイスが正常に認識できる事もあります。


また以前に初めてその機器を接続した時にインストールされた「デバイスドライバ」が
エラーやファームウェアの障害で不具合を起こしたり、
間違えてフォルダをいじって削除や破壊をしてしまうと使用できなります。

その時にはコントロールパネルなどの場所から一旦アンインストールを行って、
もう一度インストールをし直してみてください。


他に、NASなどのネットワークストレージをお使いの時に
ルーターの電源がオフになっていたり、ネットワークカードが差し込まれていないと
ネットワークドライブのディレクトリにアクセスができない、といった原因もあります。

また、BDやMOのドライブ、カードリーダーなどの読込装置などが故障して開けない、
という事もあるのですが、その場合はメーカー先のカスタマーサポートの修理に出すか、
新しい製品を買い直して読み込み直す事もできます。

SDXCメモリーカードや小型のSSDなどの新しい記憶メディアが古い電子機器で読み取りできない、
という場合も、その製品に対応された新しい読み取り装置を使って正常に開く事ができます。



記憶装置が破損して故障したらどうすればいい?


補助記憶装置は重要な回路が物理的に破損してしまうと、
「物理障害」という故障の部類に当てはまり、
内部のファイルやシステムが全て読み込みできなくなる事が多いです。

しかし装置の中のメモリやディスクに深刻な損壊が出ていなければ、
まだ中身の大事なデータを引き出せる見込みもあります。

USBメモリやSDカードのケースやMOなどのカートリッジが少し割れたり欠けたくらいの状態で、
内部の基盤やコネクタの部分が無事であれば、
ひとまず割れた部分を簡単にテープなどで丁寧にくっつけて塞いでおきます。

そして再度パソコンにUSBケーブルかコネクタからつなげて読み込み直して
別の記憶装置にすべてバックアップして、新品に買い直して使うと一安心です。

CD-RやDVD-RW、DVD-RAM、BD-REなどのディスクメディアに汚れや傷が付いた時は、
クリーニングキットに掛けてきれいに汚れを洗浄して細かいキズを修繕すると、
また読み込める事も多いです。


パソコンのどこかの部品が壊れたり、オペレーティングシステムが破損して
デスクトップ画面の立ち上げがどうしてもできなくなった時は、

まず本体ケースの中のドライブベイから固定ネジを取り外して
ファイルを保存しているハードディスクをコンピューターから取り出します。

次に外付けハードディスクケースなどのカートリッジに差し込んで、
別のパソコンのUSBコネクタに接続してリムーバブルディスクとして開きます。

そして中身のフォルダーの一覧に入っている大事なデータをコピーして救出する事ができます。


しかし、コンピューター用の外部記憶装置「ハードディスク」(Hard Disk Drive)は
一度故障してしまうと、破損の具合によっては少しその対処が大変になる事もあります。

例えばPCの電源を入れてスピンドルモーターが回転して動作している時に
強い振動や衝撃が加わったり、経年劣化による製品の寿命で回路が摩耗していくと、

通常時は層流を利用してわずかに金属部分から浮いてシーク動作をしている
「読み書きヘッド」という装置がディスク表面のクラスタ/セクタ(磁性体蒸着)に
吸着して異音が出るとともに読み取れなくなる故障が発生するおそれがあります。
そうなってしまうと一般個人ではほぼ読み込みが不可能になってしまうので、
そこで物理障害のアクシデントからの回復に対応された専門の「データ復旧サービス」に
問い合わせをして、故障したドライブ装置の診断をしてもらってください。

もちろんハードディスクだけでなく、SDカードやUSBメモリなど他の補助記憶装置も
物理障害・論理障害の両方のトラブルともに大手の業者の方で診てもらえます。

補助記憶装置、またはそれらが内蔵された電子機器の本体ごと
郵送か持ち込みでセンターの方に出して、
ストレージの取り出しと内部回路の読み出し・分解・抽出といった作業によって、
高い割合で中身の大事なデータを救出してもらう事をおすすめします。

 


故障したRAIDケースは分解で修理してデータを復活できる?
ハードディスクに物理的な故障が発生してデータが読み込みできなくなるのを防ぐために
複数のHDDを組み合わせて多重化・仮想化してデータを保存するシステム
「RAID」(レイド/Redundant Arrays of Inexpensive Disks)で、

外付けのRAIDケースのタイプとして使用している筐体のコントローラやスイッチといった
パーツが故障してしまい読み込みできなくなった場合、ケースを分解して修理することで
保存データへの接続を復活させることはできる?という疑問について。

RAIDの分解

まず、購入したRAID製品がメーカーまたは店舗の保障期間内であった場合、
個人で分解による修理を試みると、その後、保証期間がまだ残っていても有償でしか
修理のサービスが受けられなくなる可能性があるのでご注意ください。

普通のプラスドライバーで回るネジが使用されて組み立てられている筐体であれば、
ケースの分解自体はさほど難しくはありません。

ですが、肝心のパーツが破損していると、交換できる代わりのパーツ自体が入手するのが
難しい場合があるため、基本的には、販売メーカー先のサポートに問い合わせて、
故障を直してもらわれることが無難です。

先にデータを復活させたい、という際も、プロのデータ復旧センターに注文をして、
HDDから必要なファイルを抽出してもらわれることが最も安全な解決方法です。
RAID・ミラーリング | 周辺機器
TeraStationの不調をウェブ設定画面で復旧するには?
バッファロー(BUFFALO)のNAS製品「TeraStation」(テラステーション)を
日々パソコンなどにつなげて使用している際に、あるいは購入して設定をする際に、
何かのエラーやデータが開けないトラブルが出る、といった不調が起きた時に、
WEB設定画面を開いて復旧を試みるにはどうすればいい?という疑問について。

Web設定

まず、テラステーション自体はパソコンに無線LANルーターなどでのネットワークを通じて
接続されているかどうか、Windowsのエクスプローラーなどを開いて確認します。

次に、管理用アプリケーションの「NAS Navigator2」(ナス・ナビゲーター2)を開きます。

ボリューム、または共有フォルダーのアイコンに赤い×などのエラーマークが付いていたり
しないかどうかを確認します。

一度テラステーション、無線LANルーター、パソコン全ての電源を切って、
またUSBケーブルを差し込み直してから再起動してみると、直る場合があります。

ネットワーク自体はつながるようでしたら、ブラウザのWEB設定画面からログインします。

その際、無線LANルーターで割り当てられた指定のIPアドレスの番号が変わっていて
無効なアドレスになる場合がありますので、その時にはもう一度、
「NAS Navigator2」を開いてから、メニュー画面でWEB設定画面に入ります。
TeraStation | NAS
Appleの電子機器のデータ復旧をするには?
Apple Inc.(アップル)から開発・販売されていますパソコンやモバイル端末をはじめとする
コンピューターの電子機器を日々お使いの際、内部のHDDやSSD、内蔵フラッシュメモリや
外付け記憶装置に保存していたファイルを誤って削除したり、読み込みができなくなった時には
どのようにすればデータ復旧の措置ができる?という疑問について。

Apple製パソコン

まず、AppleのMac Book Air/Pro、iMac、Mac Proといった
Macパソコン(Macintosh/マッキントッシュ)の場合、
誤って必要なファイルをFinder(マイファイル)から削除した場合は、
ゴミ箱のフォルダーに一度移行しますので、そちらを開いて元の位置に移し替えて復旧します。

Mac OS Xパソコンでは外付けHDDやSDカード、USBメモリなどの外部記憶装置の
フォルダーから操作で消去したファイルも、ゴミ箱に移動します。

また、各電子機器を購入して使い始める時に、バックアップ機能のTime Machine(タイムマシン)や
Appleで提供されているクラウドサービスのiCloud(アイクラウド)を設定しておくと、
特定のフォルダーに保存されているファイルやデータの状態が自動的にバックアップされます。
Macintosh | Apple
RAIDのコントローラーが故障した時にデータ復旧はできる?
ハードディスクドライブの物理障害の対策として、HDDを多重化してデータを保存する
「RAID」(Redundant Arrays of Inexpensive Disks/レイド)を使用している際、
ケースに内蔵されているコントローラーボードが ある時故障した、と思われる場合、
データ復旧をすることはできる?という疑問について。

RAIDの故障

まず、RAIDのコントローラーが破損すると、そのままではデータの読み込みができなくなり、
コンピューターが認識されなくなるため、多くの場合、個人では復帰ができません。

また、システム面でも同時にディスクアレイが崩壊している可能性があります。

赤いランプが複数のドライブベイの箇所で付いたり、パソコン上でも複数のディスクでの
エラー表示が出ると、HDDを入れ替えても直らない場合が多く、特に注意です。

コントローラーが故障すると、新しいものに交換しなければ直せないのですが、
パソコンのマザーボードなどと違いRAIDケースの場合は市販では基本的に売られていません。

そのため、RAIDケースをメーカーの修理に出すことで直してもらうことになりますが、
それまで保存していたデータはセキュリティ上、初期化により消去されます。

そのため、専門業者のデータ復旧センターに出して診てもらうのが最も安全です。
RAID・ミラーリング | コンピュータ関連
LinkStationの問題をWeb設定画面で修復するには?
BUFFARO(バッファロー)より開発・販売されているNAS(ネットワークドライブ)製品のひとつ
LinkStation(リンクステーション)を普段使用している際に、
エラーが発生したりデータが開けなくなった時にはどうすれば修復できる?という疑問について。

まず、LinkStationの管理ソフトウェア「NAS Navigator2」(ナス・ナビゲーター2)が
インストールされているパソコンを立ち上げます。

WindowsのエクスプローラーやMac OS XのFinder、または「NAS Navigator2」を開いて、
ボリュームやフォルダーのアイコンに何らかのエラーマークが表示されていないかを確認します。

LS

専用のIPアドレスのWeb設定画面を開けるかどうかを確認します。

IPアドレスの番号が変更されている場合があるので、ブラウザからウェブアドレスが
繋がらない場合は、もう一度「NAS Navigator2」からウェブ設定画面を開き直します。

ウェブ設定画面にログインできましたら、何かの通知メッセージが表示されているか確認します。

ファームウェア アップデート

例として、ファームウェアのアップデートの通知が出ていましたら、
システム→メンテナンス→「ファームウェア アップデート」の項目で
「アップデート実行」を押すと、リンクステーションの更新が行われて問題も修復されます。
LinkStation | 周辺機器
HDDを通電しないで故障した時のデータ復旧はできる?
パソコンやNAS、サーバ、RAID、レコーダーなど様々な電子機器に使用されている
主要な補助記憶装置のハードディスクドライブ(Hard Disk Drive)を
長い間コンピューターに差し込みして動かさず、しばらく通電しない状態が続いていた際、

ある時使おうとしたら自然に故障してしまったのかハードディスクが動かずコンピューターの
BIOSなどに反応しない時、後から状態を直す、またはデータ復旧はできる?という疑問について。

IDEハードディスク

まず、一度通電をしてもHDDが動かない場合は、ひとまず念のため、SATA/IDEケーブルが
正常にインターフェースに差し込まれているか、また電源ユニットの中間コネクタ、
あるいは外付けハードディスクケースにしっかりと接続されているかどうかを確認します。

最初の1回目の起動でBIOSまたはエクスプローラーに読み込めなくても、
長期間通電しない状態から付け替えたばかりではよくあることで、
再起動して2回目の通電では開けることがあります。

またマスターブートレコード(MBR)に問題が発生していたり、アクセスエラーが起きている時は、
パソコンから問題を修復するか、あるいはMac OS XやUbuntuのオペレーティングシステムが
インストールされた別のパソコンで開くと、読み込まれて復旧できることもあります。

なるべくであれば、さらなる状態の悪化の可能性を防ぐため、
先にプロのデータ復旧センターにて診断を受けてみることを推奨します。
物理障害・論理障害 | コンピュータ関連
emlファイルのメールデータを復元するには?
電子メールで使用されているEml形式の拡張子「.eml」のメールデータを
バックアップなどで保存していて、ある時ファイルを誤って削除してしまったら、
後から復元するにはどうすればいい?という際の解決方法について解説いたします。

emlファイルは普通の拡張子のファイルと同じく、ウィンドウズのエクスプローラーや
Mac OS XのFinderのフォルダーなどに保存して収納できるため、そちらから削除した場合は
まずゴミ箱のフォルダーに移行します。

ゴミ箱を開き、お探しのEmlファイルがあればそちらを選択して「元に戻す」で復元します。

Emlファイル

Macパソコンの場合は外付けHDDなどの外部記憶装置に保存していたファイルでも
一度ゴミ箱に移動しますので、同じように元の位置に戻します。

また、MicrosoftのOutlook(アウトルック)やMozillaのThunderbird(サンダーバード)、
Windows Liveメールなどのメールソフトで開いた状態で誤って削除した場合でも、
「削除済みアイテム」(ごみ箱)のフォルダーに移動されていますので、
そちらを開いて元のフォルダーに移動することもできます。
電子メールの復活 | メール
システム修復ディスクが起動せずリカバリーできない時は?
Micorosoft Windows(マイクロソフトウィンドウズ)のOSに異常が起きた時に備えて
作成していたリカバリー用ディスクの「システム修復ディスク」を使おうとしたら、
パソコンの電源を付けた時にシステム修復ディスクが起動せずリカバリーできない、
という場合の修復方法について。

ディスクメディア

まず、Windowsが一部が問題を起こしているだけでまだ正常に起動する状態の場合は、
BIOS画面でWindowsが優先して読み込まれて立ち上がる場合があります。

パソコンを起動してからロゴ画面で指定のキーを押してBIOS画面を開きます。

各PC(マザーボード)ごとの操作手順に従って、システム修復ディスクを差し込んだ
DVDドライブなどを優先して読み込みするように設定を変更して、再起動します。

または起動オプションの画面でF12キーなどの、パソコンごとに設定されたキーで
ドライブ装置に指定して試されてみてください。

その後で「Press any key to boot from CD or DVD…」というメッセージが表示されたら、
同じく指示に沿って指定のキーを押してシステム修復ディスクを開きます。
システムのリカバリー | パソコン修理・サポート
MacBook Airに外付けHDDが読み込みできない時は?
アップル社から開発・販売されている薄型のノートブック型パソコン
「MacBook Air」(マックブック・エアー)はデスクトップPCではなく、
またデータ記憶装置にはメモリーカード型の薄いSSDが使われている仕様の製品です。

ハードディスクドライブの増設や交換ができず、そのため大容量のデータを保存するには、
USB外付けハードディスクドライブなどの記憶装置を使用していきます。

ですが接続の際に外付けHDDと内部のデータが読み込みできない場合は、
どうすれば復旧できる?という疑問について。

外付けHDDの接続

USBハブの確認


まず、MacBook Airはデスクトップパソコンや大きめのサイズのノートパソコンと違い、
USBポートが側面に一箇所付いているのみです。

そのままではUSB機器が一つしか使えないため、同時に複数のハードウェアを接続するためには
Mac OS Xに対応されているUSBハブを差し込みます。

もし、このUSBハブに差し込んだ際に外付けHDDが読み込みできない、という場合は、
一度コネクタを取り外して、USBハブを経由せずに直接MacBook Airのコネクタに繋げてみます。

プラグにゴミや埃が挟まっていないかどうかも確認してください。

もし水濡れの影響でコネクタが錆びていたり、強い圧迫の影響で割れていたりしたら、
USBケーブルが取り外し可能な製品であれば、メーカー先のカスタマーサポートセンターに
問い合わせて、代わりのUSBケーブルを取り寄せて交換します。

MacBook Airの方のUSBポートが破損している場合は、代わりになるUSBポートがないため、
アップルサポートか私設のパソコン修理サービス店に問い合わせて修理をしてもらう必要があります。
デバイスが認識しない | Macintosh
外付けHDDの中身の領域のデータが見えない時に復旧するには?
外付けHDDをパソコンなどのコンピューターにUSBコネクタを通して
差し込みしたところ、中身のディレクトリ(領域)にあるはずのデータが
画面上で表示されず見えない場合、どのようにすれば復旧できる?という疑問について。

外付けハードディスクケース

[外付けHDDの一覧]

・I-O DATA:HDD ポータブルハードディスク 1TB USB3.0 EC-PHU3W1
・BUFFALO:ミニステーション ターボPC EX2対応 USB3.0ポータブルHDD 1TB HD-PLF1.0U3-BB
・Transcend:USB3.0/2.0 2.5インチ ポータブルHDD M3シリーズ 1TB TS1TSJ25M3
・WD:HDD ポータブルハードディスク 2TB WD Elements Portable WDBU6Y0020BBK-EESN
・Seagate:HDD ポータブルハードディスク 1TB USB3.0 Backup Plus Slim 1K9AA4



OSの機能からチェック


まず、Windowsパソコンの場合は、USBコードを接続してから自動検出のバルーンが表示されず、
特に反応がない場合、最初にエクスプローラーのウィンドウを開きます。

「PC」(マイコンピューター)の項目を開いて、
ハードディスクドライブの新しいボリュームが表示されているかどうかを確認します。

Mac OS X(Macintosh)パソコンの場合はFinder(マイファイル)を開きます。

アイコンのマークはあるけれどアクセスエラーが出てしまい領域が見えない場合は、
ボリュームのアルファベットアイコンを右クリックして、
プロパティ→ツール→「チェック」と「最適化」で問題の解消を試みます。

Mac OS Xパソコンの場合はLaunchPad→ディスクユーティリティの「First Aid」を試みます。

フォルダーにロックが掛かっていると開けないので、プロパティを開いたり、
暗号化・複合化したソフトウェアを開いて、ガイドラインに従って設定を解除します。

特定のファイルやフォルダーが表示されずに見えない、という場合も、
プロパティ画面を開いて、隠しフォルダーに設定されていないかどうか確かめます。

Windowsのエクスプローラーでは「表示」タブにある「隠しファイル」に
チェックを入れると、外付けHDDなどの中身の領域のデータが見えるようになります。
外付けHDD | 周辺機器

URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.